単語記事: 20世紀少年

編集

20世紀少年とは、浦沢直樹の漫画、またそれを原作とした映画である。

20世紀少年

概要

20世紀少年とは、1999年から2007年までビッグコミックスピリッツで連載された浦沢直樹漫画である。正式名称は『本格科学冒険漫画 20世紀少年』。(このタイトルは作品舞台となった昭和時代の雑誌をイメージしたもの)「20世紀少年」の部分はT-REXの「20th Century Boy」から付けられており、ストーリーもこの楽曲が流れるシーンから始まる。また、映画版のテーマ曲でもある。

漫画1999年から2006年ビッグコミックスピリッツで掲載され、2007年一月から七月まで完結編の21世紀少年が連載、2008年には映画化もされた。コミックスは「20世紀少年」が22巻、「21世紀少年」が上下巻(2巻)の計24巻。

主人公遠藤健児は、作者浦沢直樹がそのまま元になっており、浦沢直樹の自伝的作品の要素を含んでいる。浦沢直樹漫画家になっていなければ音楽家になっていたと言うほど歌が上手い。(実際にライブハウスで活動したり、歌手デビューもしている)そのため、作品の重要な鍵となる「Bob Lennon」は彼がそのまま作詞作曲を手がけている。(単行本の初回おまけとして付いた)

ストーリー漫画自体に仕掛けを仕込んでいることが多く。その中で特に有名なのは登場キャラが図書室で本の中に隠された一枚の切れ(内容は子供の文字で書かれている)を発見するという重要なシーンがあるが、読者が本屋さんで買ってきた単行本を読むときに、そのシーンページを開くと『実際にその切れを再現してはさんでいた』ことは有名である(初版のみ)そのため当時の読者には度肝を抜ぬかれた者も多くいる。単行本にはどこにもそのをはさんであることについての言及はない。(あれほど漫画で驚いたことはなかったよ。驚きすぎて心臓発作で死ぬかと思った。)

連載開始前はタイトルに正式な名前を付けずに、本来タイトルを入れるべき場所に『人差しを立てた手にマーク』だけが書かれている作品にしようという案があった。(単行本の表や雑誌連載時にマークのみの表示で、作品の名前を呼ぶときは浦沢直樹の新作>などの名前で呼ばれる予定だったらしい)そっちのほうが話題性があって、面いという話で進んだが、いろいろと大人の問題が発生し没になってしまったとのこと。

コピーライター糸井重里は、この作品は面すぎて、単行本で一気見する分にはいいけど、週刊誌で毎週読むには続きが気になりすぎて苦しいだろうなとった。実際に、毎週ビックコミックスリッツで、読むには、次週が楽しみで楽しみで楽しみで苦しみまくった人間が多くいた。

また信じられないが作者が、『20世紀少年』と『MONSTER』を同時に連載していたこと。片方は映画化、片方はアニメ化と快挙を成し遂げた。

あらすじ

ロックバンド歌手していた中年男、遠藤健児。彼は子供の頃にノートに遊びで『よげんのしょ』と呼ばれる内容を書いた。 その内容は『20 せいきのおわりに、悪のそしきがせかいせいふくにうごきだしました。かれらはさいしょに、おそろしいさいきんへいきでサンフランシスコロンドンをおそいました。 』『次にかれらがさいきんをばらまいたのは、大阪です。日本中がきょうふにふるえあがりました。 』の様な内容で、大人になった彼は、そんなノートのことなどすっかり忘れていました。

しかし・・・彼の子供時代の知り合いにそれを実行する者がいて・・・

登場人物

物語の核心についてのネタバレあり。
原作映画版とで設定が大きく異なる人物が多く、映画版にはそもそも登場すらしてない人物もいる。
このため、原作映画版の両方の設定について記述する。 

主な登場人物

遠藤健児(映画:唐沢寿明)

あだ名はケンヂ。本作の主人公コンビニの店であり、ともだちの計画を阻止世界を救う救世主。すべての始まりである“よげんの書”を作った本人。
要人物の中でも「ともだち」の存在に気づき、「ともだち」の予言を阻止しようとしていたが、それらがすべて裏に出てしまい、実家コンビニは「ともだち」の信者によって全焼し、ケンヂ自身もテロリストとして指名手配される羽となってしまった。

2000年血のおおみそかでロボットごと爆発に巻き込まれ、死亡されたものとされていたが、実は記憶を失いながらも奇跡的に一命を取り留めていたことが判明。西暦の終わりと同時に記憶を取り戻し、テロ絶望の淵にいた人々を歌で救うこととなる。

主人公ということもあり、設定に大幅な違いがない。

遠藤カンナ(映画:平愛梨)

通称、カンナ。本作のもう一人の主人公ケンヂのの子供。強気でなところがあり、父親代わりであるケンヂを本当の父親のように思っている。

実の父親は「ともだち」で、超能力も彼から受け継いでいる。後に穏健ヨシツネと対立する形でレジスタンスを立ち上げ、氷の女王二つ名を得る。

落合長治(映画:豊川悦司)

あだ名はオッチョ。元はエリート会社員だったが、息子の死にあってからインドで世捨て人になる。その後はバンコクで裏稼業を行って生活していた。現地では「ショーグン」と呼ばれていた。ケンヂの呼びかけを受け帰し、行動を共にする。

「血のおおみそか」の後、海ほたる刑務所に投され、「3番」と呼ばれ懲罰房に封印されるが、後にやってきた角田と共に脱獄。その後密漁船を利用し逃亡。世界滅亡後、ともだちになると東京内にび込み、カツオとサナエに匿われたあと、カンナと合流する。その後、ともだちにより発射されたUFOを撃墜する。

映画版では、暴走するロボットジープで突撃し横転させることに成功している。

「ともだち」のシンボルを考案したのは彼。

瀬戸口雪路(映画:常盤貴子)

あだ名はユキジスポーツが得意で勝気。ブルースリー(3号)と共に税関職員をやっていた。ケンヂ達に加わるものの、カンナの世話係を任され直接的には作戦に参加しなかったためか他のメンバーとは違いテロリストには加えられず、そのままカンナの面倒を見続けた。ケンヂの初恋女の子

皆本剛(映画:香川照之)

あだ名はヨシツネ。気の弱い冴えないサラリーマンで、メガネ君

血の大みそかの際にケンヂ、マルオと共に死亡したとされていたが、実際は逃亡の際よく似た他人の近くで財布を落としてしまっただけで、ほぼ傷で生存していた。その後は「ゲンジ」のリーダーとしてレジスタンス活動を行っており、ともだちランドの清掃係として潜入捜も行い、その過程で小泉響子と知り合うこととなる。

映画版ではロボットを止めようとしたが、結局止められず、乗り込んできたケンヂに操縦しているものと誤解される羽になった。

丸尾道浩(映画:石塚英彦)

あだ名はマルオ。臆病者だが、いざというときには立ち上がる文房具店ファンシーショップの店。成人後もケンヂたちと同じ商店で暮らしていた。

上記の通り、血の大みそかの後、ヨシツネと共に死亡したとされていたが、民的演歌歌手波夫に匿われ、マネージャーとしてと行動を共にしていた。

子門真明(映画:宇梶剛士)

あだ名はモンちゃん。庭で育った。ラグビーが得意。
幼少期に彼が教室水槽ポンプのスイッチを入れ忘れたことが原因で(実際はスイッチは入ってた)ドンキーは「あるもの」を撃することとなる。
1997年当時はドイツで働いていたが、一時帰ドンキーの葬式(映画版は同会)でケンヂたちと再会し、彼の発言によりタイムカプセルの存在を思い出させた。実は医師から不治の病を宣告されていた。

血の大みそかの2年後、病床に伏していた彼を見舞いに来たユキジに「しんよげんのしょ」のコピーを渡したり、「ともだち」とつながりがあるとされるサダキヨに接触するなど、積極的に「ともだち」を調していたが、接触していたサダキヨに殺される。彼が遺したメモは後に「モンちゃんメモ」と呼ばれ、ケンヂのキリコ行方などの手掛かりとなる。

福田啓太郎(映画:宮迫博之)

あだ名はケロヨン。というか劇中ではそれでしか呼称されない(上記の本名は映画版でつけられたもの)。
カエルに似た貌で、自身も「ゲロゲーロ」が口癖である。
幼少期は「カエル帝国」として、ケンヂたち忍者部隊とで撃ち合いをしていた(もちろん遊び)。
その後実家蕎麦屋を継ぎ、1997年結婚し子供も授かるが、度々店を放り出してクラブで遊んでいたためさんに想を尽かれて後に離婚。血の大みそかには蕎麦屋の経営に忙しいことを理由にケンヂからの誘いを断った。ケロヨンは後にこのことをひどく後悔していた。

2015年には、成長した息子と共にアメリカ蕎麦の修行をしている途中、ウイルスによって滅びた集落を訪れ、ケンヂのキリコミシガン畔の製工場でワクチンを製造していることを知った。その後何者かによって放火された工場からキリコを救出した。

ともだち以降は東村山キリコと共に最終ウイルスのワクチンの研究を手伝っていた。

木戸三郎(映画:生瀬勝久)

あだ名はドンキー。いつも鼻水を垂らしており、小学校ではよくいじめられていた。後に工業高校科学教師なるほど科学が好きで、1969年アポロ11号面着陸の生中継をケンヂのでずっと見続けていた。一方で幽霊などの非科学的な存在は一切信じない。あと、裸足なのに足がとても速い。

自身の教え子だった田村マサオが「ともだち」に入信したことをきっかけに「ともだち」の計画にいちく気づくも、「ともだち」の信者学校屋上から突き落とされ死亡した。

実は1971年に後の「ともだち」による「奇跡」を撃していた。その際、あまりの恐怖でから飛び降り、そのまま逃げてしまった。

服部哲也(映画:佐々木蔵之介)

あだ名はフクベエ。同会でケンヂたちと再会する。3人の子供がいるが、他の女性と遊んでばかりだったため妻に逃げられ、その妻は「ともだち」の教えにのめりこんでしまった。ケンヂにいつもお面をかぶって宇宙人と交信していたサダキヨという人物が怪しいと伝えた。

2000年、3人の子供を実家に預け、ケンヂからの招集に応じた。万丈事務所に盗聴器を仕掛けるなどして「ともだち」の行動を観測しようとした。血の大みそかの際、ビルの屋上ロボットを操縦するリモコンを「ともだち」と思われる男と取り合っていたが、操っていた男もろとも落下し、死亡した。

「ともだち」

忍者ハットリくんのお面をかぶった謎の男ケンヂの友達かだということはわかっているが、それ以上はに包まれている。ケンヂの作った“よげんの書”を用いて、世界を破滅させようとしている。

その正体はフクベエだった。以下はフクベエ本来の概要である。

プライドが高く嫉妬深いが、聡明な男。超能力まがいのことができる。
かつて万丈によって番組に超能力少年として取り上げられる予定だったが、イカサマがばれて放送されず、いじめられたことを根に持って計画を実行する。このため、ケンヂに直接的なきっかけがあるわけではない。作中で何度もケンヂを名ししたのは、よげんの書を作った本人であったことと、秘密基地グループリーダーであったこと、さらに幼少期に駄菓子屋バッヂを盗んだ罪をケンヂになすりつけられたことが理由と思われる。

血の大みそかの際にビルから転落死したと見せかけ、姿を消した。その後ヤマネに射殺されるが、もうひとりの「ともだち」が後を継いだ。なお、映画版ではカツマタと立場が入れ替わっており、映画版では彼の行動は全てカツマタが起こしたことになっている(逆に、フクベエは幼少時に死亡している)。

万丈目胤舟(映画:石橋蓮司)

本名は万丈一朗。「ともだち」の側近であり、組織の幹部。
ともだちと知り合う以前は露で物を売ったりプロダクションの経営をしていたが、1980年、「ともだち」からの誘いがきっかけで組織を作り上げる。

原作では「ともだち」の入れ替わりに気づき、カンナ達に暗殺を依頼するも、同じく幹部の高須に裏切られ、ヴァーチャルアトラクションに接続中に暗殺される。 ヴァーチャルアトラクション内に思念が残り、その後やってきたケンヂと出会い、成仏する。

映画版では関東総統の行動の一部が彼の行動となっており、罪の意識に苛まれケンヂに全てを打ち明けた後ケンヂ達の前に正体を現したともだちを射殺するが、直後に倒れてきたロボットに押し潰される。

小泉響子(映画:木南晴夏)

ただの高校生パンクバンドエロイム・エッサイムズの追っかけで、全ツアーを付いて回ったりしている。カンナ同級生

適当歴史自由研究のテーマを「テロリストケンヂ」にしてしまったためにともだちランドに送られる事となる。そこでヨシツネに助けられ、以後彼と行動を共にすることになった。また、この件をきっかけに遠藤カンナとも知り合うこととなる。最終的には神様に才を見いだされ、プロウラーとしてデビューすることとなる。

神様(映画:中村嘉葎雄)

本名・永球太郎。 予知夢を見るホームレス。そのため、周りのホームレスからは扱いされている。

実はケンヂの秘密基地トドメを刺した人物。

血の大みそか以降はそのを使いで大けし、最終的には史上初の民間宇宙飛行士にまで上り詰める。 が、結局ともだちには破産し、ホームレスに戻ってしまった。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/20%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%B0%91%E5%B9%B4
ページ番号: 2766338 リビジョン番号: 2116219
読み:ニジッセイキショウネン
初版作成日: 09/04/11 22:02 ◆ 最終更新日: 14/11/16 00:40
編集内容についての説明/コメント: ドンキーを追加、フクベエの紹介文を改竄、ケロヨンを加筆修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


その時 空は青かったはずだった

20世紀少年

ぐーたらーら、すーだららー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

20世紀少年について語るスレ

104 : ななしのよっしん :2015/09/02(水) 23:27:44 ID: bhCck+561y
まあ分からんでもないけどさ
別に昭和を肯定することは平成を否定することではないし
むしろこの漫画に描かれている「こんな未来」は昭和継続しようとした結果なんじゃないか?
105 : ななしのよっしん :2015/09/10(木) 20:19:12 ID: RJiYCg7Khw
>>101
ってか自身で言ってるようにあの昭和は嫌悪感しか抱かないじゃん
クレヨンしんちゃん大人帝国の逆襲と同じで賛同者はただの逃避にしかなってないし
それを強制しようとする連中は進歩した科学で賛同者以外は洗脳しようとしてるわけだし

むしろその辺の矛盾と欺瞞に満ちた描写を見て読者が抱くイメージ
昭和懐古厨きっしょ」
しかないと思うがw
106 : ななしのよっしん :2015/09/12(土) 10:27:44 ID: zulPE8vgU9
平成が終わったら平成が良かったっても増えると思うよ
107 : ななしのよっしん :2015/09/19(土) 23:54:52 ID: ZXs8mcFoJs
ニコ動の変遷と一緒やな
まぁGINZAが良かったと言われる日は来ないと思うが
108 : ななしのよっしん :2015/09/20(日) 00:08:00 ID: CIXdfd1EI0
現在平成初期のバブルを懐かしむ作品が多くなってきた気がする
109 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 10:15:43 ID: PuQ1nRNwzj
カツマタくん?
110 : 削除しました :削除しました ID: TA25t3v+6H
削除しました
111 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 23:02:01 ID: frsHSJMlAZ
最初ロボット作る所で、いかにも頭の悪そうなオタクみたいな
ガンダムみたいなの作りたいって言って博士に徹底的にこき下ろされるんだけど、
オタクはこんな事も分からないんですよ(笑)って一般人にわざとらしくアピールしてる感じがして鼻につく。
実際あんなでかい的でしかない巨大ロボット兵器になりうる訳がないし、
ガノタはそんな事100も承知で見てるっつーの。

112 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 16:22:03 ID: RJiYCg7Khw
というかそういう夢物語ばかりって現実の問題を想像しようともしない種類の連中で
トモダチシンパが構成されてるよってだけの描写じゃないの?

ガノタでも軍オタでも多少はそういうのいるよ
政治経済視して軍事るのは、工学視して製造をるのと大差ないし
113 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 20:04:18 ID: U4YBWWzldu
この漫画いてるやつはひぐらしと同じ匂いがする
犯人分からなくて逆ギレしてる感じ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015