単語記事: 5億年ボタン

編集

概要

5億年ボタンとは、週刊SPA!で連載されていた菅原そうたCGマンガ作品『みんなのトニオちゃん』に登場する話のネット上での俗称。正式なエピソード名は「アルバイト(BUTTON)」。さらに正確に言うと2001年に発売された週刊少年ジャンプの増刊(GAG Special 2002)に掲載された『BUTTON A PART TIME JOB』という漫画『みんなのトニオちゃん』の単行本に収録する際に、キャラクターの造形と名前が差し替えられたものである(話の筋は全く同じ)。

BUTTON A PART TIME JOB アルバイト(BUTTON)
ゴンゴン トニオちゃん
たくや スネ郎
タナヤン ジャイ太

内容

内容は、何もない間で5億年過ごすだけで100万円が貰えるというアルバイトを持ち掛けられる、というもの。

ボタンを押すと間に飛ばされて、そこは餓死などの心配もなく、寝る事も出来ない。自分の身一つで5億年生きられる設計となっている。5億年経過すると、全ての記憶が消去され、元の場所へ戻る。

そして100万円を入手できる。

押した本人はボタン押して、ただ100万円出てきた様な錯覚に陥るが、実際は気が狂う程の5億年を過ごしている。
作中でも大した事いと思い、再びボタンを押してしまい、また気の長い5億年を体験するハメになる。


因みに5億年というとピンとこないが、他の単位に換算すると

これが5億年分となる。やっぱりピンとこない。

更に別表現で補足すると

地球で言うと古生代カンブリア紀あたりで、ゴンドワナ大陸の誕生とか、ロディニア大陸の分裂とか、
類・陸上植物・巨大恐竜の出現とか、カンブリア紀動物群が進化を始める頃から現代までがだいたい5億年。

寝ないで過ごした1日がどれだけ長いか経験はあるだろう。

ためしに一回だけ押してみませんか?

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/5%E5%84%84%E5%B9%B4%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3
ページ番号: 4771226 リビジョン番号: 2053774
読み:ゴオクネンボタン
初版作成日: 11/11/25 17:29 ◆ 最終更新日: 14/07/14 06:30
編集内容についての説明/コメント: 動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

5億年ボタンについて語るスレ

262 : ななしのよっしん :2014/10/17(金) 10:22:26 ID: nJA1pTv7GG
>>261
「運命のボタン」という映画があってな
ある日不思議な男が訪ねてきて、押すと100万ドルもらえるが代わりに自分たちの知らないかが死ぬというボタンを渡してくる。っていう始まりなんだが
実はそのボタンは、外宇宙生命体が人間は滅ぼすべきか否かを見定めるために持ち込んだもので、押した人数が人類の過半数を越したらめでたく人類は滅亡することになってる
この5億年ボタンも同じように「人類を試す」ための装置なのかもしれない
押すやつと押さないやつどちらが多いか、5億年の間にどんなものを生み出す人がどのくらいいるか、そんな統計を取ってたりするのかも
263 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 13:25:59 ID: HhgXJiVpZS
これの二次創作SS好き
キャラごとに反応がユニーク
264 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 00:56:27 ID: 45j+rrWc72
このボタンを作ったの意図は分からないけど、もし仮に的が
「人間が5億年生存した場合の観察」だったとするのならば
・「ボタンを押すだけで終わり(一で終わる)」
・「5億年経過した後の記憶は消去する」
というのはもの凄く重要な要素だよね

例えばある人間に5億年を経験させたとして、今回の場合は1億(略)年後に
宇宙の真理に到達したようだけど、観察する側としては同じ条件で実験した場合に
同じ年数で真理に到達出来るのか?宇宙の真理は同じ結論になるのか?というのが
気になる要素だよね

そこでこのボタンの場合だと記憶を消された被験者の体感としては一で終わって
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
265 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 01:19:48 ID: O0G8mClWOv
がないと死ぬ時以外やらねーな
266 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 03:31:59 ID: cqA4bzvZQF
こんなボタンだったらどうだろう。
押した間に五億年の命を得る代わりに外界との接触が一切絶たれるボタン。その間に自分のコピーが作られ、自分と置き換わり、コピーの自分が100万円を受けとる。
ボタンを押した自分はコピーの自分が100万受けとるのをただをくわえて眺めるだけ。これはかなり怖い。

しかし何のために五億年ボタンが作られたのかはかなり気になるな
やはり五億年という時間のなかで生み出された哲学を買い取るってのが的なんかな。原作でもかなり主人公は高度な悟りを開いてたっぽいし。
267 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 21:16:33 ID: 7LTTN6Tk7D
マジレスになっちゃうんだけど、今までの人間の知恵を使えない状況じゃ、
よっぽどの天才じゃない限り5億年でも宇宙の真理にはたどり着けないと思う
268 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 21:28:13 ID: U+9T5RCkO4
>>266
何度も言われているけど、それを自分自身はどちらなのか、という見方によって押す人と押さない人が分かれるんだよね。
「押す」って人は「自分が100万受け取って、自分自身のコピーが5億年放置される」と考えるから、「押す」って言えるわけで。
ちょっと旨は違うけど、スワンプマンの思考実験に似ていると思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3
269 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 21:42:44 ID: TRDO0+t8+f
蟲師の「棘のみち」と攻殻機動隊1期の最終回を一緒に見て
継続される自とそうでないものの界はどこなのか、ボタンを押すべきか押さざるべきか本格的によく分からなくなってきたわ
まあ「よく分からないなら押さない」がの結論だが
270 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 21:49:31 ID: +5sdJh5NQy
>>267
5億年あったらそれこそ内知識をベースに学術史を一人再現できると思う
問題は外部保存で情報の精度を上げにくいということだが、それさえされれば
271 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 21:58:52 ID: t2ZDHlgl2G
みんな何を難しく考えてるのか分からんのよね。
記憶が消える前も後もその人間は自分自身に決まってるだろ。
記憶喪失した人間は記憶が消える前後で別人になってるのか?
人間の観的な自継続していれば、その途中の記憶の断絶なんぞ何の問題にもならんだろ。
実際は頻繁に5分前の記憶も忘れてるしなw今書き込んでるこの記憶はさすがに残ってるだろうが
数分後のの記憶は多分、10分後の裏から消えてると思うwでもそれを予期しながら怖いとはまったく思わんがね。
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015