単語記事: 9・18事件

編集  
ほんわかレス推奨です! ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
誹謗中傷的な発言は控えるようにしてください。
※敵は私たちプロデューサー(消費者)ではありません。
主張を扱う記事 この記事は一部のプロデューサーを取り扱った記事です。
アイマスP、ニコニコ大百科および編集者未来検索ブラジルの見解・ではないことはご留意ください。
                   ※注意※

この記事はageという点も含めて当初記事作成・編集した一部ユーザーをさも正しいのように書いている状態を維持しております。

現在は一連のPの行動に対しては評価が分かれており、この記事に初めていらっしゃった方は記事をに受ける前に最新の情報を調べたり下の掲示板を確認したりして色々な意見に触れた上で自分の意見を確立してから1つの意見としてこの記事を閲覧ください。

また当記事は気に入らない会社をくための場所ではないことを常に留意して御覧ください

9・18事件』とは、9月18日に起こった大事件のことである。点抜きで『918事件』と表記されることも。
怒首領蜂大往生デスレーベルクリアに関しては→ MON(シューター)
9・18事変については→満州事変

本記事は、2011年以降の9月18日に本件に匹敵する出来事が起こるなどの特別な事例がい限り、2010年9月18日土)に、バンダイナムコゲームスゲームソフトアイドルマスター2』が原因で起こった一連の炎上騒ぎについて説明する。

なお、本記事および掲示板現行のアイマスシリーズ展開に対してネガティブかつ攻撃的な論調で書かれており、閲覧する人によっては不快感や嫌悪感を抱く恐れがあるため閲覧の際は十分注意されたし。

事件の内容

まず、9月18日が元々何があった日かを簡単に説明すると、この日は東京ゲームショウ2010一般開日だった。その中でもアイマス関連に絞って言えば、そこでは一般プレイヤーが初めてアイマス2を試遊できる日でもあり、そして同日13時15分からはイベントステージで「プロデューサー決起集会」というイベントが行わることになっていた。

その決起集会ではアイマス2に関する最新情報の告知がなされるということで、期待に胸を膨らませた全兄(c)(c)達が多数幕張メッセを訪れていた。

 

そして惨劇は、この決起集会を舞台に始まるのだった・・・

 

13時15分に始まった決起集会だが、まずはミニライブ形式でアイマスガールズが歌を披露するなどし、会場のファン達もサイリウムを振ったり歓を上げるなど、かなりの盛り上がりを見せていた。

そしてデモプレイが終わると黒井社長乱入。実は、961プロからの新キャラクター登場というネタは前々から告知されていたので期待の新要素の一つだったのだが、ここで惨劇の幕を開ける第一の核弾頭が投下された。

いきなりこれである。新キャラクターというもが注する玉要素に「ヒロインと絡むレギュラーポジション男性キャラクターを追加」というギャルゲー萌えコンテンツタブーを犯すという暴挙に出たのだ。あまりにも衝撃的な事実を前に、このPVが終わっても歓ブーイングも上がることはなく、客席は全に固まってしまった。その様子はUstreamでの公式実況サイトからモニター越しに見ても会場が凍りついたのが解るほどであり、壇上に居た中の人達も異様な雰囲気を察した様子が伺えるほどだった。坂上陽三プロデューサーもまた、ジュピターPVを見て然としている客席をして「ドン引きでしたからね!」と言い放っていた(関係は不明だが、ちょうど2か後、アイマス2ゲーム中の団結ステータス(特殊状態)の一つに『ドン引き』という状態があることが明らかとなる)。
そして観衆のテンションがだだ下がりの中、続々と新情報開示された。2011年ライブの告知等、プラスネタもないわけではなかったが、それをぶっ飛ばす程悪い方向にインパクトがある告知や事件の絨毯爆撃だったのである。列挙すると大体こんな感じ。

恐らくトドメをさしたのは、坂上陽三プロデューサーの「アイマス2では竜宮小町(の4人)はプロデュースできませんけども」という発言である。

竜宮小町の存在と、『プレイヤー竜宮小町以外の9人のアイドルから選んでプロデュースする』ということは、TGSに先駆けて発売された週刊ファミ通で発表済みだったのだが、「移植作のSPで美希をP不可にしたときの騒動を考えれば、正統続編で4人もP不可にしたら大荒れになるのは公式もわかってるはず」、「PV2で仲良く踊ってたのにプロデュースできないなんてありえないだろ(笑) どうせ一度ゲームクリアとかしたらプロデュースできるようになるさ」と希望、もしくは楽観視していたPも多かったのだ。TGSの決起集会ではその点への言及も期待されていた。しかし飛び出たのは期待とは逆の発言。

ただでさえ盛り下がっていた会場のテンションはこの時、大底を抜け千早スパイラルなどという言葉では生温いと思える程の勢いでダダ下がりした。

そして坂上プロデュース不可の事実を告げると何の説明もせずそそくさとステージを離れ、気まずい空気ステージにはガールズのみが残されてしまった。

もはや開始直後のような熱気は既になく、ガールズの掛けに応える歓サイリウムの反応も脊髄反射のように弱々しくなっていた。「これが本当にアイマスイベントなのか!?」と疑ってしまっても理はないレベルである。退場の際も、良くも悪くも半ば恒例となっている「アイマス最高!」の掛けが上がることはなく、撤収作業は黙々と進んだ。つまり、「アンコールが起こらないライブ」のように観客の満足の印がなかったのである(事実アイマスライブでは、異例どころか史上初めて「アンコールが起こらないライブ」になってしまった)。当然、担当達も相当困惑していたようで、決起集会の動画で撤収中に舞台裏右側のカーテンがチラチラ動いている様子が映し出されていた。

ちなみにディレ1こと石原章弘は後述のインタビューで「とにかく、こっそり言うのはイヤだったんです。さらっとこの情報を言うと、逆にこの情報を後ろめたい雰囲気に取られちゃうかなと思って」とっている。しかしust動画を見てもわかるとおり坂上プロデューサープロデュース不可の事実を「さらっと」「後ろめたそうに」発表している。

序曲ですらこの破壊であったが、事件はこれで終わらなかった。同日19時石原へのファミ通インタビュー開されたのだが、その内容はTGSの内容のフォローではなく、TGSで深手を負った人たちの傷を更にえぐり、しかもそこにをすり込むようなものだったのである。

ここに、まさかの誰得情報役満完成したのである
インタビューからは、制作なりに色々考えて練った挙げ句の結果であったことが伺える。
しかし決起集会における坂上氏の態度の一部始終の辺りにした後だと、額面通りに信じていいものか疑わしく思えてくるのも理からぬ事である。

追加攻撃~ラジオにて~

を破壊され、心が荒野と化したP達は、9月19日 再び絶望に支配された・・・。

前日のあの悪夢序曲で惨劇は終わるであろう…と思われていた怒りの日から一夜明けた9月19日、「THE IDOLM@STER STATION!!!」第60回放送。
60回、61回、62回の放送では、サプライズゲストとして、ジュピター中の人たちがそれぞれの回に出演。それぞれが演じるキャラクターに関してのトークミニドラマなどが放送された。

以下は60回放送のミニドラマの終盤のやりとり。
冬馬「フッ…良いことを教えてやってんのに、聞く持たずか…わかったよ、消えてやるから仲よしこよしゴッコでも一生やってろお前らなんか眼中にもないぜ。じゃ、あばよ」 
(冬馬喫茶店を出ていく)
貴音…失礼な御仁でしたね…」 
(冬馬喫茶店に戻ってくる)
「うわ、また帰ってきたぞ」
冬馬「あー、すまねぇ店員さん、お会計を」
店員いつもありがとうございます…ピッピッピ…クリームソーダ一点、400円になります」
「く、クリームソーダ…?ぷぷぷっ、なんだかカワイイなあ」
冬馬「じ、ジロジロ見てるんじゃねえ!…ま、お前らに実があれば、もしかしたらまた会うかもな…いや、ま、会わねえか、はっはっはっは…」
(冬馬喫茶店を出ていく)
千早「…何かしらこの感じ…が近いような気がする…」 (※ファンからすれば放送時点でのドん中でした)

石原ディレクターいわく「憎まれ役」であるという冬馬が、このミニドラマ内では憎めないキャラ描写がされていた。
TGSショックが尾を引いていたこともあり、総統閣下のお言葉「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」がまさに現実になったのだ。
ちなみにラジオ放送前半では、女性パーソナリティらと冬馬中の人による(常時ならば)微笑ましいトークが展開されていた。

現状、開発側は「Jupiter765プロアイドル恋愛い」としているが、これまで中の人要素を積極的に盛り込むことが多かった公式だけに不安が残る状況である。

一応追記しておくと、第60アイステは収録がTGS前の為、このような一連の騒動が起こるとは知る由もかった頃に収録されたものである。
更に付け加えるならば、パーソナリティゲストに否定的になれるはずもない上ラジオには『台本』というものがあることも忘れないようにしたい。
しかし、冬馬中の人パーソナリティの振りに対して非常に困った様子で慎重に言葉を選び、かつ(ライブ来てーとか一緒のステージに立ちたいなどの振りに対して)否定的な発言で炎上回避に専念していたという事実も忘れてはならない。
結果、冬馬中の人には同情的なコメントが寄せられる反面、ラジオ内で好意的にっていた貴音中の人に対する非難が集中するという不幸な事態に。もちろん、こういった非難には従来のファンではない便乗の荒らし愉快犯が多々含まれているのが常である。

決起集会の発表内容にも言えることだが、このラジオは色々な意味でタイミングが最悪だったのだ。
なお、その一週間後の第61アイステTGS後の収録となっており(本来ならば2週撮り貯めされているはず)
パーソナリティゲストも慎重な言葉使いが立つなど明らかに今回の事件の影がうかがえる内容となっていた。

追加攻撃~団結2010~

もはや何も失うものなどないはずのP達は、9月22日 みたび絶望に支配された・・・。

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue」発売。

このCDもまた、何の因果なのであろうか、Pにとって最悪の状況で発売されてしまった。

このCDに収録されている『団結2010』は、以前歌われた『団結』に貴音を加えたアイマス2仕様とでも言うべきリミックス版なのだが、歌詞について、以下の特徴がある。

さらに美希亜美パートで「ハニー」「兄(c)」が存在している歌詞が有るが、律子歌詞でも明らかなように今回の団結2010プロデューサー(=プレイヤーである私達)が765プロに入社する前を歌ったものである。
つまり、ハニー」「兄(c)」はプロデューサー以外のという内容になってしまっている。使い回しによる矛盾点が明らかになった事例と言えよう。

普段のニコマスP達であれば、多少の混乱はありつつも、まだ笑って受け入れる事のできたかもしれないリミックスされた曲、歌詞であった…が、9・18、9・19と2日連続でショックを与えられ、衰弱し、失望し、疑心暗鬼となっているプロデューサー達にとって、更なるトドメに他ならなかった。

なお、『団結2010』の歌詞担当は、『団結』と同じく、石原章弘ディレクターである。

歌唱ユニット選抜レースの顛末~AKB商法疑惑問題

9月18日の決起集会にて、坂上陽三プロデューサーは『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON-(以下MA2FS)』を紹介するなかで、次のように発言した。

「今回はユニット、3人ユニットCDを同時に発売していこうと思います。で、ここでですね、選抜レースといいますか、いわゆる『The world is all one !!』のCDを出そうと思っているのですが、それを選ぶメンバーをですね、これを三枚の・・・3ユニットでですね、(歌うメンバー3×3ユニットMA2FS発売キャラ」)決めていきたいなとおもっています。選抜の詳細、やり方の詳細はですね、後日コロムビアさんのサイトで発表します。選抜結果は1月パシフィコ横浜ライブで発表させていただきます。」

この時点では選抜方法については伏せられていたものの、その話しぶりや、竜宮小町ジュピターなどの件によるショック公式への信頼が失われていたこともあり、ファンの多くに「CD売上、またはCD封入の投票を使って選抜するAKB商法である」と解釈され、その解釈が各所へと蔓延してしまった。その結果生まれた批判が以下。

以上の批判はまとめて、アイマス2への大きな批判の一部となった。

9月24日コロムビアMA2FSの第1~3弾の発売日を『制作上の都合』により10/20から11/3への変更と発表。

そして10月1日コロムビアよりも先に、アメーバブログアイドルマスター公式ブログにて詳細が発表された。http://ameblo.jp/project-imas/entry-10664217590.html

※この「律子ではないプロデューサー」が何をし示しているのかは10/1時点では不明であったが、10/15より始まったパシフィコ横浜ライブ先行予約受付の申し込みページに、以下の注意事項が記載されていた。
『当日、ご来場頂きましたお客様と出演者による、音の収録、および日本コロムビアより発売予定の
 CD等への収録の可性がございますので、あらかじめご了承頂きますようお願い致します。』
このことから、「プロデューサー」=「ライブ参加者」である可性が高い(ただし、ライブには伊織あずさ中の人が出演しない上、おそらくM@STER VERSIONになるであろう曲をライブにするのか?という疑問もあるが)と見られていた。
そして後の11月22日公式ブログにて「プロデューサー」=「ライブ参加者」であることが発表された。穿った見方をすればライブに参加しない人はプロデューサーではないという公式見解でもある。

この発表により、あからさまにCDを一人に複数枚買わせる、というものではないことが判明したため、結果発表によるファン裂の恐れはくなり、AKB商法疑惑も一応の終息を迎えた。
とはいえ、円満解決というわけではなかった。追加補である『765プロみんなで合唱(ユニットF)』という圧倒的に強な存在と、また皮にもCD購入で投票券が得られる場合はオリコンチャートなどで第三者から売り上げ数が表されるため、ある程度投票か否か判断可だったのだが、「携帯サイトによる投票形式(注)1携帯で1回しか投票できないのは確認済み」では投票が行われたかは第三者からは見えない。

そういったこともあり、出来レースと揶揄される結末となってしまったのも事実である。他にも「MA2FS発売延期」「投票選択の追加」「結局選抜投票そのものは行う」ということなどにより、結局、詳しい裏事情は不明だがファンの多くから「元々は本当にAKB商法をやるつもりだったのでは?」と不信感を募らせるだけの結果となってしまった。
前述の「10/15日時点で1月横浜ライブ参加者への音収録の可性を明らかにした」という事実も、出来レース感に拍をかけることとなった。

11月20日CDThe world is all one !!』の情報開された。以下の通りである。
収録予定「The world is all one !!M@STER VERSION)」歌:765PRO ALLSTARSヴァージョン違いを複数収録いたします)
この時点で、選抜投票とは別に、全員合唱版の収録が明らかとなった。

翌年1月4日ラジオ番組A&Gにて『The world is all one !!M@STER VERSION)』が流された。
それは多くのPが“普通に”めていた、音無小鳥を含めた、765プロ14名(双子含む)での合唱バージョンであった。

そして1月10日横浜ライブにて、選抜投票の結果は『ユニットF』と発表された。
ライブ不参加の伊織あずさ小鳥を除いた765プロ11名(双子含む)と、来場したPによるライブ合唱バージョンCDに収録される。
CDトラックリストも発表された。以下は全て『The world is all one !!M@STER VERSION)』のバージョン違い。

  1. 春香美希(ユニットA)
  2. 千早貴音(ユニットB)
  3. 雪歩真美やよい(ユニットC)
  4. 伊織あずさ亜美律子(ユニットD+律子)
  5. 765プロオールスターズ(前述の、音無小鳥を含めた765プロ全員)
  6. オリジナルカラオケ
  7. ボーナストラック765プロみんなで大合唱(ユニットF:ライブ出演アイドル+ライブ参加P)

おわかりいただけただろうか?
ほぼ全ての選抜補をカバーする結果になったのである。
これが反抗議を受けてのものなのか、元々企画されていたことなのかは永遠にである。
ファンにしてみれば、当然、収録バージョンが多いにこしたことはいものである。しかし・・・

選抜レースとは、何だったのか。

 

坂上プロデューサーの“回答” 

10月25日公式ブログにて、坂上陽三プロデューサーメッセージが掲載される。
今回の件に対する反メール、およびこの時期に提出したとされる署名などを受けての発言という形となった(ただし署名に関しては一切触れていない)。

「多くのご意見を頂いた「律子伊織あずさ亜美」の4人のアイドルにつきまして、今回の「アイドルマスター2」では765プロ仲間であり、ライバルでもあるという立ち位置での登場となってはおりますが、今後もアイドルマスター765プロ所属アイドルとして共に歩み、活躍を続けていくことは変わりません。ご安心ください。

男性アイドルの登場に動揺されていらっしゃるプロデューサーの皆さんがいらっしゃるのは承知しております。採用に際しては、社内でも賛否両論の長い議論が交わされました。しかし、”動揺するほど”の宿敵こそ、プロデューサーアイドル達との団結を強め、を深めるがあると確信して採用しております。」

「これからのアイドルマスターを考えて、今までの作品の良いところを残しつつも、次に向けて新たに創造するために、地であっても一段ずつ階段をのぼっていくことを考えております」

(他、Xbox360アイドルマスターではオンライン対戦がさほど振るわなかったことなどをっている)
http://ameblo.jp/project-imas/entry-10681343812.html

発売日決定とパッケージイラスト公開

TGS決起集会からちょうど2か後の11月18日ゲームアイドルマスター2』の発売日が2011年2月24日に決定した。同時に初回限定特典やパッケージイラストゲームシステムの続報などが発表された。
また、翌11月19日に予約受付開始とも告知された。

開されたパッケージには、765プロの13名のアイドルたちが描かれている。
しかし、彼女らが着用している衣装公式サイトプロフィールページと同じもの(プロデュースキャラ9名が白色の新衣装律子スーツ姿、竜宮小町メンバー3名は小町衣装)となっており、アイドルマスターゲームパッケージイラストとしては初めて(アイドルマスターツインズパッケージ色違いDa衣装を考慮しても)、衣装が統一されていないものとなった。
竜宮小町関係者の4名は他の9名とは違う(プロデュースできない)ことを示しているのだと思われるが、その配慮もまた、9・18事件ショックを受けたファンを更に気落ちさせるものとなった。

発売予定とされていた発売日が2/24に決定した事にも、一部から「発売予定だったのに2月?」「何故3DS発売に合わせた?」「7月時点で開発率30だったのでは?」「決算に間に合わせるため?」などと、疑問のが上がっている。

 

2011/1/10 新春ライブ開催

9・18に告知された、パシフィコ横浜での新ライブは予定通り開催された。
ライブチケットの販売時期もあり、観客のほぼ全員アイマス2の発表を知った上で参加を決めた。
アイマス2に対する感想は人それぞれでであったが、声優を応援したいという気持ちはみな共通であったため、ライブは盛況だった。

石原ディレクターのパンフレット発言

石原章弘Dは9・18事件以降4ヶ近くメディアで発言していなかったが、2011年1月10日ライブパンレット久々の場で発言した。

が、このパンフの最後の「追伸」部分によって、また物議を醸すことになった。
以下の上四行がその追伸部分である。

すぎるが故に一直線になり、時々、失敗もしでかしてしまう達ですが、
故の行動ですので、できましたら、今後ともご容赦いただければ幸いです。
何分、いつまでたっても、もないプロジェクトなので、
一度止まったら全部止め…ああっ、やめくぁwせdrftgyふじこlp

765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY !! 2011のパンレット
石原章弘Dの追伸メッセージより 原文ママ

パンレットというの場で配る物に「くぁwせdrftgyふじこlp」というネットスラングを記載するという、全身にローションを塗りたくりバナナの皮が散乱した通路を突っ走るというもが滑るだろうと思ったことをやってのけた。
ただ、石原章弘の記事にも書いてあるように、石原氏はコミカルでユーモラスな文章内容を書く傾向があり、今回のこれもそういった経緯からかもしれない。
9.18事件がなければ一種のジョークとして受け入れていただろうが、石原章弘の評価がけらと同じ扱いになってしまっている今、このジョークは「石原は頭がおかしい」、「やっぱ石原は何も反していなかった」として受け入れられてしまった。

(2/24追記)アイドルマスター2ゲーム中での真美へのファンレターのひとつに「くぁwせdrftgyふじこlp」の一文が含まれていることが判明した。パンレットの発言は、この手紙を見てニヤリとしてもらうためのものだったのだろうか?

また、後半の「一度止まったら全部止め・・・」の部分も、今の状態のユーザーにとっては、
「一度(アイマスへの出費が)止まったら全部(のアイマスコンテンツを)止め・・・」というあたかも脅迫文のような意味に認識されてしまうという事になってしまった。

アニメ化発表

このライブにて「アイドルマスター2についての“重大発表”が行われる」という事前の告知があった。
それは『原作声優でのアニメ化』であった。

詳細は後日発表となったが、アニメ第一報のPVにて、アイドルたちの設定画での髪形が2仕様(あずさ除く)となっていること、律子だけプロデューサースーツ姿であること等から、アイマス2の設定に準拠したアニメになると推測された。

この発表を受けアイドルマスター関連の動画が数多く投稿されている動画共有サイトニコニコ動画では、発表後すぐに関連動画ニコニコ大百科アイドルマスタースレッドなどに「すげええええええ」や「アイマスが好きでよかったああああ」などのコメントが書き込まれた。

引用元:「アイドルマスター」、オリジナルキャストでのアニメ化が決定!
1月10日()21時54分配信

 

設定と声優の総入れ替えとなってしまったXENOGLOSSIAという名の暗い過去を吹き飛ばすようなアニメ…と期待されているが、その原作であるアイマス2の問題が解決されない限り、アニメからのファンも巻き込んで、アイマスコミュニティが荒れ続けることは止められないものと思われる。

ジュピター関連の情報は?

開催前には不安のも上がっていたものの、新ライブそのものは特にトラブルもなく進行・終了した。

事前告知から、ゲームそのものの重大発表を期待したファンの一部は、肩透かしを食らう形になった。
特に9・18直後から、アイマス2発売前の一大イベントであるこの新ライブに至るまで、ジュピターに関する(ゲームCDなどの)発表や続報が一切い状態が続いている。

「新ライブで、ジュピター役の男性声優らがサプライズで出演したりするのでは?」と、良い意味で悪い意味でも予想するは多かったが、そのようにはならなかった。
(石原章弘は「"混ぜるな危険"という感じで、いっしょの展開は考えないようにしています」と発言していたが、その発言は良い意味で悪い意味でも信用されていない)

アイマス2シナリオに大きく関わるはずの彼らの情報が、この時期になっても何も伝えられないことに対し、アイマス2肯定・否定などに関係なく疑問に思われている。

 (追記)この後、アイマス2発売までに開された事前情報・画面写真のうち、ジュピターに関するものは「活動3週ライバルユニットと出会う」という情報と、「天ヶ瀬冬馬ゲーム初登場シーンの画面写真1枚」のみとなっている。
通常のゲームであれば、シナリオネタバレ防止のために発売前は情報を抑えているのだろうと思うものであるが、アイマス2の場合は「9・18の反応を見て、売上にくと気付いたから、ジュピター情報は発売までもう開しないつもりだ」「木星隠しだ」などと言うがある。

アイドルマスター2発売 

予定通り、アイドルマスター22011年2月24日に発売となった。
発売日に合わせ、坂上陽三総合プロデューサー公式ブログにて次のように発言した。

そして765プロアイドル達も、やっと新たなステージに立つことができました!
ぜひ、彼女たちの晴れ姿を見てあげてください。

今の心は、ほっとして、嬉しいけどちょっとさみしいといったところでしょうか。
さみしいってなんだ?と思うでしょうけれども、おに出す父親の心といいますか(笑)

自分だけがこの子たちの良い所も悪いところことろも知っていたのが、
今日からはみなさんと共有することになるわけです…

まあ、ジェラシー…ですね(笑)

(アイドルマスター公式ブログ2/24記事より一部抜。誤字含め原文ママ)

25日には石原章弘総合ディレクター公式ブログにて発言した。
引用するスペースがもったいないので直接こちらからご覧ください→公式ブログ2/25記事【開発部より】

以下はゲームプレイで判明したと伝えられる事柄である。この大百科ページの性質上、ゲーム批判的な記載が多く含まれるので注意されたい。

PS3版発表

XBox360版発売から約5ヵ後、アニメ版放送開始から2週間後の2011年7月21日ファミ通にて震が走る(実際にはフラゲ記事が前日から出回っていた)。

プレイステーション3版アイドルマスター2発売決定!!
10月27日発売予定。通常版7980円、限定版「アニメゲームグラビアも!アイマススペシャルBOX」19800円

XBox360版とのな相違点>

<限定版の詳細>

上記の限定版を見ればわかると思うが、XBox360版の売り込み手抜きと思えるほどのの入れようでアニマス諸共売り込みにかかっていることが見て取れる。逆に言えば、ここまでを入れないと売り上げが見込めないスタッフに火がついているとも言える。

もっとも、PS3への移植そのものは、前年の9・18で竜宮小町らの実質サブキャラ化が確定した直後から「どうせPS3小町組がプロデュースな『完全版』を出すつもりなんだろ」と予測するは多かった。(そういったが上がったのには、近年のバンナムテイルズ作品における、たった一年でのPS3移植完全版商法などが影している)
しかし、そのアイマス2最大の問題点である竜宮小町に関してはプロデュース外のままであり、ジュピターに関してもカスタマイズできることを喜んでいる人はいるが、少なくとも本記事の掲示板の傾向としては誰得」「イラネ」の一言に尽きる
また、DLC3ヶ分などで明らかに損をしている360ユーザーに対するフォロー9月17日現在未定のままである。

事件による影響

決起集会後

これまでのPVで「成長した765プロアイドルに会える」「少し大人になって、より魅的になったアイドルに会える」などなど様々な期待を抱いていたアイマスファンだったが、9・18事件バンナム自身から思いっきり冷やぶっかけられた形になった。アイマスめるもの、期待するものは人にもよるだろうが

といったほとんどのアイマスファンが抱いていたであろう希望はへし折られ、そして徹底的に叩きめされた。人によっては再起不レベルだろう。まさに冷やぶっかけられるどころか、煮え湯を飲まされる格好となっただけに、坂上P・石原D両名の地位と名誉は地に堕したと言わざるを得ない。

その結果、まず2chギャルゲー板アイマス本スレが葬式状態になったのは言うまでもない。(その落ち込みようは煽りに来た別のスレの住人が思わず慰めるほど)TGS2010ステージイベント終了直後から3日間、TGSの発表に湧くゲハスレ開初日の劇場版ガンダム00スレ、発売当日のポケモンBWスレを抑えて2chの勢いランキング1位を独走した。

ニコニコ動画

この事件の影ニコニコ動画にも及び、御三家の一が崩れるのでは?」「アイマス終了のお知らせと言われるほどになってしまっている。当然ニコマス界にもショックは伝わっており、すでに一部のニコマスPが活動の休止やTwitterアカウント削除といった行動に出てしまっている。

カテゴリタグアイドルマスター」の登録数も、2010/9/19から2010/9/24まで5日連続して減少に転じた。
(2010/9/19には123'873件あった動画も、2010/9/24には122'960件にまで減少している。 動画は基本的に削除されるか、up削除しない限り減らない。)

この他にも、表明等はいものの既にニコニコ動画から動画削除を行っているプロデューサーも存在するようだ。

業界

この事件は萌えコンテンツにおける「反面教師」と見られているのか、この事件以降のインタビュー等でこの事件を意識したと見られる発言が見られるようになった。以下に例を挙げる。

留意点~プロデューサー候補の皆様へ

決して声優さんや二次創作活動をされている方に罵を浴びせるようなことは絶対にしないで下さい

またメーカーへの批判抗議も正当な手段を持って行ってください。

メーカースタッフに対して不満・マイナスの感情が噴出するのは人として自然である。しかし「誤った方法での批判抗議行動」は「一部感情的ファン暴走しているに過ぎない」と開発側に大義名分を与えるだけである。加えて、このような事態となった今でも、勢威的に頑っているP諸君にも迷惑を掛ける行為であり、それは、もはやただのアンチ活動。不毛以外の何物でもない。下手を打つと「アイマス」という存在が消滅するかもしれないのだから。

感情だけに流されることく、くれぐれもプロデューサーたる紳士的な行動を。

プレイヤーにしてプレイヤーにあらず、ファンにしてファンにあらず。それがプロデューサーという存在である限り。

10周年インタビュー

10周年の節に行われたインタビュー石原Dから本事件への言及がなされた。すなわち「思いのすれ違い」により「もやっ」とさせたことへ「お詫び申し上げ」るとした上で当時の状況や現在の心について以下のような説明があったのである。

石原Dもアケマスから育ててきたアイドルを「全なプレイアブル」にできないのに納得していなかった。その件について「上」へと抵抗もしたが時間や予算の制約もあり結局わなかったのだという。故に当時は石原D自身も自分の言葉に説得さを感じていたのだ、と。

同時にめて竜宮小町ジュピターという設定に対して心底納得しているという発言もあった。アニメ化するにあたって物語を大きく動かすために必要だったのだという。

http://dengekionline.com/elem/000/001/189/1189870/

本事件への言及はもっと長く実際の発言は原文を読んでほしいが、抱く心は人によって異なるだろう。
なお、石原Dは本インタビュー掲載からちょうど1か後の2016年1月31日バンナムを退社している。

関連動画

出火元

凍りつく会場と異様な空気(3/4)              糸がぷつりと切れてしまったP達。死屍累々(4/4)

悲痛な叫び



アイドルマスター2発表当時の会場の様子(7/3,7/4) 決起集会との比較用

 

TGS2011におけるPS3版アイドルマスター2関連

 

関連タグ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/9%E3%83%BB18%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ページ番号: 4465769 リビジョン番号: 2534919
読み:モウドウシタライイノカワカラナイ
初版作成日: 10/09/19 02:37 ◆ 最終更新日: 17/10/23 07:56
編集内容についての説明/コメント: 細かい修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


9.18マン

(9.29)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

9・18事件について語るスレ

23280 : ななしのよっしん :2017/11/20(月) 07:51:03 ID: jc2WDe+wBt
だから変しろとは言ってないって
とりあえず現状注意書きが立つようになってるからこれでいいよ
ただ掲示板で文句や批判は言わせて貰うけどね

そもそもここでは他の記事に現れたような荒らしは来てないから有用性がないかどうかの明にはならないな
他の記事の荒らしがここ原因という拠もないし(削除前に見たけどキャラ粘着してる人っぽかったし)
荒らしだろって言われたオタク叩き説教したい人( 5JUZOsCJnJ)は黄色表記のときの人みたいだし表記以降来てない
あとはゴネてる古参くらいだけど古参荒らしってことでいいのかな?

価は単に「現在においてそれらの項を足す意義があるか」って問題だな
記事自体を当時のまま保存するなら追加事項も不必要だろうし、その後の展開を入れるなら特に問題なくコンテンツ継続して人気を博していることも追加するべきだな
まあ自分は追記したいならしてもいいってスタンスだけど、ネガティブな部分だけ追記するのは作為的だし他の事項も追加していいってことになるよ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23281 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 10:53:56 ID: /RNlIfU2On
まず現在の警告文にした編集履歴コメント欄に「荒らし対策のため掲示板の要望を反映」と書いてあるので警告文の的が荒らし対策なのは確定
他の記事の荒らしの原因がここだと言い始めたのはID: 5LNYh2LN5jなのでID: 5LNYh2LN5jが拠を提示できない以上 有用性のあるし以前の問題
それから今の地の警告文でも、その前の黄色地の警告文でも荒れるときは荒れており、さらにさかのぼって前のい警告文の時もその前の黄色地に文字のときも同様なので警告文に荒らし対策の有用性は皆無と言える

次に荒らしの定義だけど、アイマスジュピター掲示板を例に考えればわかるように、新参古参関係なく記事に否定的な自論を長々と打てば荒れる原因となるのでこの記事においても否定的な人たちが荒らしということになるね

あと「変しろとは言ってない」と言うけど現状の【し上げ】なんていう記事全体を貶める文言が含まれる警告文に同意してる以上言い訳にしては苦しすぎる

価は918事件の記事から書き洩れた事実なのだから意義々言う問題じゃないだろう
もちろん以前も言ったように『この記事に来る人たちは【918事件は一部のが大きい人達が大騒ぎしただけで実際は大したことじゃなかった】と考える人達が多いので、実際に起きた大したこと【価が10も下がったり版になったこと】を見て理解を深めてもらう』という意義もあるがね

918事件というネガティブな出来事の書き漏れた部分を追記することとその後の展開を追記することは別の問題なので混同しちゃダメだと思うぞ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23282 : ななしのよっしん :2017/11/29(水) 17:03:55 ID: jc2WDe+wBt
>>23281
>>23271で「し上げ」部分を黄色に戻そうかって提案してるの視しないで欲しいなあ
まあ実際されても仕方ない下らない文章なので現状でも同情はしないけど
自分はこの事件()に関しては「大したことあるという理解を深める」必要がないと思っており、現在においてそのことを周知させる的に益性がないので、ただただ粘着質にコンテンツの悪評を追加するのは反対

めて「現在のPとの乖離・および内容の保存の交換条件として客観性を持たせたるための警告文表示状態の維持」を提案する(文章の再考は選択肢に入れておく)
荒らし対策としてはプレ規制が一番いいみたいだし、 ゴネてるのは今のところ/RNlIfU2Onくらいだから現状維持が一番いいと思う
個人的には文章や警告文の色を変えるとしても「現在は一連の~」の部分は残して欲しいかな

/RNlIfU2On以外の意見を聞きたい
23283 : ななしのよっしん :2017/11/29(水) 20:42:58 ID: Hb9TOPdSMN
>>23281
たぶん大半は「この事件がたいしたことない」なんて思ってないよ?ただし「実際にたいしたことある部分」と
「実はたいしたことなく、本来なら笑ってすませられたかもしれなかった」部分をごっちゃにしてるとは思う。

前者は竜宮プロデュース不可とそれについての説明や対応の不手際(声優の盾とか)だったり、
2の内容についてPS3版で善された部分すら360ユーザー側に何のフォローもなかったりした部分で、
後者はたとえばジュピターの投入がいい例。竜宮プロデュース不可とセットでなければ、せいぜい
女性アイドルライバル男性アイドルでは土俵が違うのではないか」といった点から賛否両論で済んだはず。
それでも彼らを問題視するのは、せいぜい夢嗜好が強くて男自体いらないって人くらいのものだったと思うよ?
23284 : ななしのよっしん :2017/11/29(水) 20:54:08 ID: Hb9TOPdSMN
>>23282
現在は一連の~」という部分を絶対に残してくれるのであれば、age々はいらないと思う。
元記事でされるべきだったのは「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」という論調に賛同した人で、
彼らの問題は「事件で問題視すべきところを履き違えて話をややこしくした」ところにあると考えてる。
なので純にこの件でショックを受けた人たちまで彼らと一緒にするのは酷だと思う。

ところで通常版の々は確かに事件の影を強く受けてるだろうから載せても構わないと思うのだけど、
一方の価のことを載せるなら、1つ提案がある。
「時期を同じくしてバンナム価も下がっていたのだが、最安値がなんと765円。ちょっとした奇跡である」
というに「ニコニコ大百科らしいネタっぽさ」を意識した言い回しならどうだろう?
23285 : ななしのよっしん :2017/11/29(水) 21:18:17 ID: 5LNYh2LN5j
>>23284
前にあったよその言い回し


では/RNlIfU2Onがそんなことのたまうのなら
ここの人たちの「動画投稿者が戻ってくるかどうかが眼だった」ことも載せてもらおうか。
それで釣り合いは取れるだろうよ。あ、なかったことだとか言わせんぞ
23286 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 09:28:39 ID: jc2WDe+wBt
>>23284
確かに下手に弄らず「し上げ」の一文を削除するだけでいいね

当時はアイドルと対面でコミュニケーションとるゲームっていうギャルゲ画面がメインだったから夢嗜好のオタクは多かったと思うよ
今でこそバネPや武内Pみたいにキャラの立ったP像がいてP=自分と必ずしも想定しなくても良かったり、アニメの描写でアイドル達がP以外との大人と接するだろう世界観が周知されてたりするけど、当時は「俺の嫁」っていう言い回しが流行ってたくらいキャラに対する感情移入と所有感が強かったんだと思う
木星関係だけじゃなく非プレイアブルでもそこらへんの強過ぎる思い入れや夢嗜好が怒りの根底にあるんじゃないかな?
今でも新作出るたびコミュを増やせ、無印が良かった、と言ってる古参はだいたいこの「アイドル」の世界に耽溺したいだと思う

>765
自分もPIXIV科見たときこの言い回しは皮が利いてていいなと思ったけど、 /RNlIfU2Onがめてる記述ってそういう雰囲気とは違うみたいだからさ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23287 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 23:22:53 ID: /RNlIfU2On
まず冒頭の警告文をどのように変更するかだけに話をしぼって進めていきたい

ID: 5LNYh2LN5jの発案で荒らし対策として黄色地やら地やらで追加されたけど
特に役にたっていないようなので残す文言は何か、また他に追加する文言があるか考えたい

それでID: Hb9TOPdSMNID: jc2WDe+wBtに質問
あなた方は警告文が必要と考えているようだけど警告文に何をめているのか
警告文を入れる的を教えてほしい
23288 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 09:10:50 ID: Hb9TOPdSMN
>>23287
まず「当時ショックを受けた人たちとのように事件後に入ったPでは明確な温度差がある」ことも少なくない。
それとめて読み返してみれば、「アニマスの出来およびファンの評価」に対する2の出来からの不安視など
「蓋を開けてみれば杞憂に終わったため、せめて記述を過去形に変えるべき」ものも当時のまま残されている。
こうした部分を順次直していくのは手間がかかるだろうから、当分はそのまま残ることになると思う。
そんな現状であるなら「今から読むにふさわしい内容である」とは到底思えないので、せめて警告文は必要。

そしてその警告文に関しては、今まで見た中では「黄色地に黒字」のレイアウトが一番見やすかったのでそれで。
その上で肝心の文面からは「ageという点も含めて」の文言をを削除するだけで十分と思う。
23289 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 15:41:26 ID: jc2WDe+wBt
>>23287
ほぼ>>23288と同意見
文章を差し替えるなら客観的に「この記事は当時のまま保存されています」っていう簡単な注釈でいいと思う

っ当な「2」批判だけならともかく、ただの被害妄想気味の邪推や石原氏への個人攻撃、記事内の「今」と書かれてる時期がことごとく今ではない状態…など、色々現在から見て違和感がある記述が多いし文体も攻撃的で偏っている
プレイアブルOFAで解決され、木星アニメ版から受け入れられ、総選挙デレつきやCDデビューを密かに期待する行事へと変わり、あと団結2010プロミで歌われ盛り上がる程度には918が残した傷は癒えており、記事の醸し出す現在進行形の問題かのような記述とは心理的・時間的乖離や客層の変化が見られる
この記事を現在のような客観性のない一方的批判のままにするのなら警告文の設置は必須
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829