単語記事: A-10

編集

A-10とは、フェアチャイルド・リパブリック(Fairchild Republic)社が共産主義国の全ての戦車・装甲車やらを粉砕!玉砕!大喝采!する為に使われるべく開発したアメリカ空軍の近接航空支援専門の破壊ネ申対地攻撃機である。愛称はサンダーボルトII(Thunderbolt II)または非公式愛称のウォートホッグ(Warthog:イボイノシシ=速度が低い事から)。

概要

成り立ち

A-10 山岳地

アメリカ空軍はベトナム戦争時代、近接航空支援にA-1スカイレイダー(旧式のプロペラ機)を海軍から借用したり、A-7コルセアII(空母に搭載する艦上攻撃機)を流用して運用していた。しかし良い戦績が上げられなかったため、近接航空支援専門の航空機を計画(A-X計画)をすることになった。

長時間の空中待機、低速での運動性能、強力な機関砲、卓越した生存性、300万ドル以下で製造できることなどを条件とし、提案要求を各航空機メーカーへ行った結果、ノースロップ社はYA-9を、フェアチャイルド社はYA-10を提出した。評価試験の結果、1973年にYA-10がA-10として制式採用が決まったが、議会のケチにより今度はA-7コルセアIIDとの比較評価試験を行った。こちらでもA-10が勝利したが、配備が開始されたのは1976年。ベトナム戦争は1975年に既に終結していた。

ちなみにフェアチャイルド社は、YA-10の設計において旧ドイツ空軍の英雄、ハンス・ウルリッヒ・ルーデルを招いたとされる。

余談だが、ソ連空軍もほぼ同一のコンセプト機であるSu-25フロッグフットを開発し、アフガニスタン紛争などに投入した。アフガンゲリラに支給されたスティンガー地対空ミサイルによる被害が深刻になったため、チタン板をエンジンに装着する改造を実施し、被害が減少するにいたった。
A-10に比べて搭載量が小さい半面速力や運動性能は上回っている(F-100とMiG-19の関係に似ている)。

活躍

結果使い道の無くなったA-10は、空軍の制服組(政治寄り、上層寄り)からは不遇とも言える扱い(陸軍に押し付けるつもりだった)を長らく受け続けた。対地攻撃専用にしか使えないということで贅沢視され、予備役や州兵配備への格下げを受けた機体もあった。

しかし1991年の湾岸戦争において、固定武装30mmGAU-8アヴェンジャー機関砲を始め積載量と運動性に物を言わせたA-10の攻撃は、戦車約1000両を含む地上移動目標約2500の撃破、砲兵陣地、ミサイル陣地など約1000の破壊という圧倒的な戦果を挙げた。

当初対地攻撃を期待されていた戦闘ヘリAH-64アパッチが砂漠の環境によるトラブルで満足に動けない中、タフで頑丈でバカ火力のA-10は鬼神の如くイラク軍を殺りまくった。(良い意味で)慌てた空軍はNVG(暗視装置)搭載や老朽化対策などの近代化改修を行い、なんと現在では2028年まで運用される予定である(後継機はF-35B)。もちろん今もイラクやアフガニスタンで大活躍中。

技術

コクピット周辺はチタン(+ケブラーの内張り)でがちがちの「バスタブ」と呼ばれており、57mm砲のテストを受けている。風防は延伸アクリル製で、20mm機関砲(つまりはM61バルカン)すら耐える。

油圧系は二重化され、さらに予備の機械系(ワイヤー)まで付いており、操縦系統のダメージ対策を行っている。機体もできうる限りの冗長性をもって設計されており、翼の半分、エンジン1個、垂直尾翼1枚を失っても最低限飛行出来る。

エンジンは燃費を重視し高バイパス比ターボファンエンジンであるTF-34を装備する。対空砲火による被弾リスクを最小限に抑えるためエンジンは機体上部に離して装備される。

搭載可能武器はMk82/83/84等の通常爆弾、CBU-87やMk-20ロックアイ等クラスター爆弾、GBU-24ペイブウェイⅢなどのレーザー誘導爆弾、JDAM、AGM-65マーベリック空対地ミサイル、AGM-114ヘルファイア空対地ミサイル(AH-64に積んであるアレ)、ロケットポッド、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル(一応自衛用)、ECM(電波妨害)ポッドなどを11ヶ所のハードポイントに搭載できる。

そしてこいつを忘れてはならない、機首固定武装GAU-8 アヴェンジャー。米軍最大の機関砲で、毎分3900発発射出来る。その威力は戦車の上面装甲を簡単にブチ抜く。いや、それどころか掃射を受けた地面が爆発を起こすほどの破壊力。文字通り敵戦力を「消す」ための武装である。

しかし対地攻撃機である為、戦闘機の様な機動は出来ず速度も低速である。故に制空権の確保が前提となるため、圧倒的な空軍力を持つアメリカ軍ならではの機体とも言える。事実、湾岸戦争時には幾重ものAAA(対空火器)やSAM(地対空ミサイル)により重度に対空防御されたイラク大統領警護団相手の攻撃任務において被弾・被撃墜が相次ぎ苦戦、より高速のF-16にその任務を明け渡したが、F-16もナンダカンダで成果を上げられず、最終的にF-15EやF-111による、タンクプリンキング戦術に移行した。

詳しい事はWikipediaを参照されたし。

最強のA-10伝説

  • 湾岸戦争では約140機が出撃したが、被弾約70機に対し被撃墜6機。
  • その中には機銃を384箇所食らって帰還したにも拘らず、数日で任務に復帰した奴がいた。
  • イラク戦争では地対空ミサイルに右エンジン吹っ飛ばされながらも帰還した奴がいた。
  • ランディングギアが降りずに胴体着陸→さすがA-10、胴体着陸してもなんともないぜ(http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200804031749
  • NVG・FLIR(赤外線監視装置)改修前、夜間飛行出来ない筈のA-10であるが、マーベリックミサイルに搭載された追尾用のカメラを無理やり暗視カメラ代わりにして出撃する事が流行したそうな。アヴェンジャーがあるから無問題であろうが。
  • 空軍の偉い人は当初F-16やA-7の改良型でA-10を淘汰しようとしたが、原型のF-16は湾岸戦争での爆撃成績でA-10に大敗した挙句、アメリカ軍機の総合被撃墜のうち約3~4割を占める失態を犯した。
  • A-10とトーネードが空中衝突→トーネードはパイロットの脱出後墜落したが、A-10は無事に着陸した。

A-10の例のコピペ

A-10に纏わる伝説から2ちゃんねる等ではA-10ネタになると以下のコピペが貼られる。

~今日もA-10学校に朝が来た~

「お早うクソッタレ共!ところでジョナスン訓練生、貴様は昨夜ケンカ騒ぎを起こしたそうだな?言い訳を聞こうか?」
「ハッ!報告致します!磯臭いF-18乗り共がアヴェンジャーを指して『バルカン砲』と抜かしやがったため
7砲身パンチを叩きこんだ次第であります!!」
「よろしい。貴様の度胸は褒めておこう。いいか、低空で殴りあうには1にも2にもクソ度胸だ。
曳航弾をクラッカー程度に感じなければ一人前とは言えん。今回のジョナスン訓練生の件は不問に処そう。
だがアヴェンジャーを知らないオカマの海軍機乗りでも士官は士官だ。訓練生の貴様はそこを忘れないように。
ではA-10訓、詠唱始めッ!!!!」
何のために生まれた!?
――A-10に乗るためだ!!
何のためにA-10に乗るんだ!?
――ゴミを吹っ飛ばすためだ!!
A-10は何故飛ぶんだ!?
――アヴェンジャーを運ぶためだ!!
お前が敵にすべき事は何だ!?
――機首と同軸アヴェンジャー!!!
アヴェンジャーは何故30㍉なんだ!?
――F-16のオカマ野郎が20㍉だからだ!!
アヴェンジャーとは何だ!?
――撃つまで撃たれ、撃った後は撃たれない!!
A-10とは何だ!?
――アパッチより強く!F-16より強く!F-111より強く!どれよりも安い!!
A-10乗りが食うものは!?
――ステーキとウィスキー!!
ロブスターとワインを食うのは誰だ!?
――前線早漏F-16!!ミサイル終わればおケツをまくるッ!!
お前の親父は誰だ!?
――ベトコン殺しのスカイレイダー!!音速機とは気合いが違うッ!!

我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!!(×3回)

こんなのもある(ヨハネスブルグネタの改変)。

・ZSU-23の8両なら大丈夫だろうと思っていたら近接航空支援の20機に襲われた
・30ミリ機関砲の弾道から3m離れた場所で敵兵が頭から血を流して倒れていた(と言うより頭も体も無かった)
・機体がふらつくので後方を確認すると片方のエンジンが吹っ飛んでいた
・ギアが完全に降りないので胴体着陸した、というかその状態で離陸を開始する
・野戦飛行場が砲撃されたが、A-10に乗っていたパイロットだけが生き延びた
・パイロットの1/3がガトリング信者。しかも戦車を撃破すると階級が上がるという都市伝説から「機甲師団ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったT-72が5分後穴だらけで見つかった
・戦闘行動中の携行SAMによる被弾確率が150%。一度被弾してさらに被弾する確率が50%の意味。しかしキッチリ戻ってきた。何事も無かったかのように。
・第二次湾岸戦争における航空機パイロットの死亡者は120人(大半がF-16),A-10パイロットは1人だけ(死因は食中毒)

中にはアダルティーなコピペも。

メガネパイロットが、土方野郎系中年ワイルドマッチョパイロットの部屋の前に立った。
「・・・何だ、メガネPか」
「入ります」
部屋の中は真っ暗だった。足元から、ターキーの空き瓶の感触が伝わった。

「ファックしに来たのか?」
「違います! 変なこと言わないで下さい!」
「じゃあ何だ」
「昨日の重防備拠点への攻撃ですけど、私のアベンジャーがなかなか当たらないから、
リーダーはその間ずっと超低高度で囮になってたって聞きました」
「・・・」
「200発以上被弾して、油圧全部駄目にして、残ったワイヤー一系統だけで帰還したって」
薄暗い部屋の奥からふぅー、と溜息が聞こえた。

「・・・私のせいで、これ以上リーダーや皆を危険に晒すのは・・・もう・・・」
暗闇から突然、熊のような図体がメガネPの目前を塞ぎ、彼女の眉間を刺すかのように指を突き立てた。
「お前は女だ! デカマラをハメられることはあってもハメたのは今回が初めてだな? 最初は皆童貞だ!
だが、次からはイカせられるようになる。お前もだ!」
「・・・イエス、サー」
「A-10は片翼でも飛べる、被弾200発は問題ない!」
「イエス、サー」
「明日は0800に、お前のデカマラを奴等へハメに行く! どうだ、奴等をイカせたいか!」
「イエッサー!!」
「それと、ファックする気が無いなら今すぐ出て行け!」
「サンキューサー!、リーダー!」メガネPの涙声が暗闇に響いた。

「あのう、リーダー」
「何だ?」ベッドに戻るリーダーの足が止まった。
「・・・またがる勇気があれば、リーダーの部屋へ来てもいいのですか?」
「・・・この・・・ガキはとっとと出て行け!」

知名度

一般人の認識 

B-29:爆撃機、火垂るの墓、はだしのゲン 
F-14:トムキャット、バルキリー 
F-22:ラ・・・ラプ・・・、なんだっけ? 
F-15:えーっと、イーグル?だったかな・・・ 
F-2 :何それ 
A-10:フェアチャイルド・リパブリック社の開発した単座、双発、直線翼を持つアメリカ空軍初の近接航空支 援(CAS)専用機。 戦車、装甲車その他の地上目標の攻撃と若干の航空阻止により地上軍を支援す る任務を担う。 公式な愛称は第二次世界大戦中に対地攻撃で活躍したリパブリックP-47に由来す るサンダーボルトII(Thunderbolt II)だが、 一般にはウォートホッグ(イボイノシシ)やホッグという渾 名で広く知られている。 A-10は非常に頑丈に作られており23mm口径の徹甲弾や榴弾の直撃に耐 える。 二重化された油圧系と予備の機械系による操縦系統により油圧系や翼の一部を失っても帰 投・着陸を可能としている。 油圧を喪失した場合、上下左右動は自動的に、ロール制御はパイロッ トによる手動切り替えスイッチの操作により、人力操舵へと切り替わる。この時は通常よりも大きな操 舵力が必要となるものの、基地に帰還し着陸するのに は充分な制御を維持できる。 機体自体もエン ジン一基、垂直尾翼1枚、昇降舵1枚、片方の外翼を失っても飛行可能な設計となっている。 A-10は 7tを超えるペイロードを発揮し11ヶ所のハードポイントに様々な外部武装を装備できるが、劣化ウラ ンを弾芯とした30mm 徹甲弾を使用するGAU-8 Avengerガトリング砲を主要武器として内蔵して いる。 GAU-8 Avenger(アヴェンジャー)は、ゼネラル・エレクトリック製の30mmガトリング砲であ る。アメリカ空軍のA-10 サンダーボルトII  等に搭載され、アメリカ軍の航空機搭載機関砲のなかで 最大、最重そして攻撃力の点で最強を誇る。主に対戦車攻撃に利用され、 強力な30mm弾を高初 速、高サイクルで発射する。なおAvengerとは復讐者を意味する。 GAU-8に関する伝説として銃の 反動が機体の推進力に匹敵し、飛行速度が機関砲の発射によって 落ち、撃ち続けると機体が失速 して 墜落してしまうというものである。中には機体が後方に進みだすといった滑稽な伝説もある。

バリエーション

  • A-10A - 基本型。前量産型と本量産型がある。また、OA-10と呼ばれる前線航空管制機仕様がある。
  • A-10B - 全天候型試作機
  • A-10C - グラスコクピット化させ、操縦系統をF-16のようにしたり、ハイテク装置に換装させたもの。

ゲームやニコニコ動画におけるA-10

ゲームではエースコンバットシリーズ等に登場する。無論対地攻撃で燃料気化爆弾やらロケット弾やらアヴェンジャーで対地目標をフルボッコにするとか、どう言うワケか対空攻撃にA-10とか言う事も・・・ガクブル

因みにエースコンバット6のDLCとして、アイドルマスターの音無小鳥、高木順一郎(765プロの社長)他審査員3名などが描かれた「A-10A -THE IDOLMASTER SP -」が販売されている。(→A-ティン)

その他、漫画エリア88のグレッグ・ゲイツの愛機として登場し、戦闘機顔負けの機動を見せ付けたり、タイトーのエナジーエアフォース エイムストライク(PS2)/OverG(Xbox 360)やLOMACなどのゲームにも登場する。

ニコニコ動画でもA-10と言ったらアヴェンジャーという風な感じで、アヴェンジャーを使ったネタも多い。

関連動画

関連動画(プレイ動画等)

関連商品

関連項目

  • 軍用機の一覧
  • 攻撃機
  • AC-130
  • ルーデル
  • GAU-8 アヴェンジャー
  • 戦闘機 - 厳密に言えばこれには当たらない。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/a-10
ページ番号: 639995 リビジョン番号: 2427065
読み:エーテン
初版作成日: 08/10/13 22:37 ◆ 最終更新日: 16/11/12 11:01
編集内容についての説明/コメント: ヨハネスブルク→ヨハネスブルグ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


パワーグライド

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

A-10について語るスレ

807 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 14:43:06 ID: yaUFmBTZ2Y
>>806
要するに棲み分けだよね。
オスプレイが就任してもチヌークが引退しなかったり、ブラックホークが出来たのにヒューイが未だに現役だったりとかね。
808 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 18:53:29 ID: M5z45pqDJi
>>799
君はねぇ・・とりあえず単純ミスだけ指摘しておくわ
>それが成立するにはF-35が20,000m以上を飛ばなきゃならんのだが。
45度で20kmの位置に居る対象の高度は14000mな

>>801
>機動力でどうこうできないA-10なんだから重装甲なんですが…(急激な機動を行おうとするとストールする危険すらある)
A-10は結構機動力ありますよ、失速速度も低いし、最高速が出ないだけで
推力 A-10 TF34-GE-100 40.2KN×2 F-16 F110-GE-100(A/B使用時 128.9kN)1基

>基本的に制空権獲得後なのでどの道SAMに狙われる危険性は低いです
制空権を取るとSAMに狙われない理由をご説明下さい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
809 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 19:15:17 ID: NoJP/XZm3r
>>808
下方45°「以上」
この条件を満たす範囲すべてで20km以上の直線距離を稼ぎたいなら高度20000mで正しい
不等号の問題は数直線を引くと分かりやすいぞ!

制空権を獲得している状態はその空域の主要対空火力を沈黙させた状態であり、同時に陸上の主要対空火力も排除された状態だ
当然徹底的に隠蔽された対空火力や携帯式SAMのような個別破壊がほぼ不可能なものは例外となるが、組織的かつ大規模な対空火力の展開はこの時点で不可能となる
そして散々主張されるA-10の低空攻撃とやらはF-16などによる涙ぐましい対空監視網破壊任務の先にあることを忘れないであげてほしい

あとA-10の機動力が高いなんて悪い冗談を言うのはやめよう、笑えない
A-10は最高速度でも主力戦闘機の巡航速度にも満たない超鈍足機
当然ながらNOEが可能な限界速度と比べてもやはり圧倒的に劣っている
低空における運動性、旋回率とかならまあ優れている部分がないこともないかと
810 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 00:17:55 ID: 8Jvu0H+b8M
>>808
これは失礼。直線距離と水平距離を勘違いしていたらしい。
ただこれに関してはそちらにも非はある。距離、角度が別に表記された場合、距離とは水平距離のことだと認識してしまうのは俺だけじゃないだろう。

んで、ほかの点については反論あるか。

制空権については既に指摘されてる通りだが、ほかにも「防空網」についてもちょっと勘違いしてるよ。「濃密じゃない防空網」なんて存在しないから。

GPS誘導爆弾やレーザー誘導爆弾を地上誘導員の誘導の下に敵に命中させてもメクラ撃ちかね? だったらA-10の仕事もほぼほぼメクラ撃ちだよ。
センサーが肉眼をはるかに上回る距離と精度を獲得した現在、肉眼の機銃掃射の方がよほどメクラ撃ち。
811 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 04:32:23 ID: q3YrfyZoho
>>808
>A-10は結構機動力ありますよ、失速速度も低いし、最高速が出ないだけで
>推力 A-10 TF34-GE-100 40.2KN×2 F-16 F110-GE-100(A/B使用時 128.9kN)1基
同じ系列のエンジンを同じ数積んでて、A-10より自重のあるS-3バイキング(こちらも低空低速での運動性を重視した機体)より最高速低いんですけど…
つか最高速度が低い時点で機動力あるとは言えません

>制空権を取るとSAMに狙われない理由をご説明下さい
他の方が説明して下さったので省略
むしろ制空権取るとSAMに狙われない理由がわからない理由が知りたい

>なぜ低空低速で運動性が求められたのかお考え下さい

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
812 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 15:24:37 ID: yaUFmBTZ2Y
>>811
同一速度域における旋回性能だったらA-10は高い部類だよ。
だって、緊急回避能力めっちゃ必要だしね。ドン亀だけど。
あと、地形追随の関係で低速域での機動性が担保されてないと低空侵入とか厳しいのもある。
813 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 16:45:50 ID: M5z45pqDJi
>>809
>制空権を獲得している状態はその空域の主要対空火力を沈黙させた状態であり、同時に陸上の主要対空火力も排除された状態だ
「制空権とは、航空戦において味方の航空戦力が空において敵の航空戦力を撃破または抑制して優勢であり、所望の空域を統制または支配し、敵から大きな妨害を受けることなく、陸・海・空の諸作戦を実施できる状態およびその力である[1]。」拡大解釈されていませんか?

>低空における運動性、旋回率とかならまあ優れている部分がないこともないかと
低空低速の機動性と言う書き方が気に入らないのであれば、以後なるべく運動性と書きましょう

>>810
>距離、角度が別に表記された場合、距離とは水平距離のことだと認識してしまうのは俺だけじゃないだろう。
ステルス性とRCSの話のつもりだったので、直線距離と角度を重視した

>GPS誘導爆弾やレーザー誘導爆弾を地上誘導員の誘導の下に敵に命中させてもメクラ撃ちかね?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
814 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 22:07:09 ID: 8Bqad5tf2P
一般に広まっている「時には自らを囮に対空陣地を割り出し、必殺の距離から撃滅!」
というイメージはむしろA-10のお膳立てをするワイルドウィーゼル部隊のそれであるという皮肉
815 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 22:13:03 ID: 8Jvu0H+b8M
>>813
>「制空権とは、航空戦において味方の航空戦力が空において敵の航空戦力を撃破または抑制して優勢であり、所望の空域を統制または支配し、敵から大きな妨害を受けることなく、陸・海・空の諸作戦を実施できる状態およびその力である[1]。」
「敵から大きな妨害を受けることなく諸作戦を実施できる状態」ね。つまり中距離SAMが建材であってはならない。

>メクラ撃ちでなくするため
これは失礼。

>センサーが捕らる事が出来る無防備な標的に対してであれば
センサーで捉えられない目標を時速300kmで飛びながら肉眼で発見ってそれこそ無茶だろう。狩り損ねた対空砲や短距離ミサイルだって待ち構えてるのに。

地上誘導員に誘導させると地上の損害が増えるとお考えのようだが、支援機が落っことされてしまえばCASはそこまでで、地上部隊は以降近接航空支援なしで戦い続けなければならないということはお考えだろうか。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
816 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 23:10:14 ID: q3YrfyZoho
>低空運動性を持っている=A-10と同レベルの運動性を持っているとお考えですか?
S-3はソノブイやMADで対潜哨戒・攻撃を行う機体なので攻撃機並みに低空低速での運動性が求められます

>Contour-Flight等の為、漫画やアニメみたいに敵の視界内で反復攻撃するためとか思っていませんよね?
専門用語でドヤァするのは別にいいですけど、それなら「なぜ低空低速で運動性が求められたのかお考え下さい」という要求がどういう意図に基づいているのか説明してくださいね

>ソ連が自走対空車両に力を入れていた事を理解した上で書かれていますか?
ですからその自走対空砲・SAMによる濃密な防空網を展開している本陣から離れて突出した先行部隊を叩くのがA-10開発時の想定ドクトリンです
というかそもそも貴方がA-10を敵防空網本陣に突っ込ませるかのような想定に対する反論だったはずですけど

>「高度1万フィートほどから行われるスタンドオフのCAS」と書いてあるのですが、3万フィートはど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015