単語記事: AK-47

編集

AK-47

AK-47とは、旧ソ連軍にて開発された歩兵用アサルトライフルである。
正式名称は「Avtomat Kalashnikova-47(アブトマット カラシニコバ-47)」。

ハイフン(-)を抜いて「AK47」と表記されることもある。

概要

旧ソ連・ワルシャワ条約機構加盟国を中心に軍用制式ライフルとしてされていたアサルトライフルである。旧ソ連軍 のミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)を筆頭とした人々が開発したもので、戦後まもなく作られた古い銃であるにも関わらず、現在も名銃として親しまれる。

威力が高い、耐久性が高い、コストが安い、と3点揃った優秀なアサルトライフルであり、現在でも後継モデルであるAK-74シリーズがロシア軍などで制式採用されている。ロシア本国では在庫数が必要十分と判断されたためか新規調達は中止されたようだが、発展型であるAK-12が発表され現在トライアルの真っ最中、制式採用が決まったという話も上がったがテスト自体は2015年末まで行われていたようで現在続報が待たれる状態である。

また操作法も簡単で、旧ソビエト時代に横流しで闇市場に流れ、コピー生産も容易な為、ゲリラや犯罪組織等にも使用される事が少なくないと言う。

粗雑なコピー生産品なども多数存在し、そういったものまで含めれば全世界に5億挺以上あるとか言う話もある。
また、意外な事にアメリカ合衆国を始め、西側のガンマニアにも人気であり、まさに、世界で一番使われているアサルトライフルと言えるだろう。

特徴

スペック
使用弾 7.62mm x 39弾
発射速度 約600発 / 分
重量 マガジン付 約4.3kg
(マガジン無しの場合は約3.8kg)

作動方式はガスピストン式(ロングストローク)・ロータリーボルト。

弾薬は、低温でも信頼性の高い雷管を使用する。しかし腐食性が強いため、薬室・銃身へのクロームめっきは必須。第三世界で生産された銃身には施されていないことが多く、耐久性低下の原因になってい る。

薬莢は省資源化のため軟鉄製 [※1]、薬室への張り付き防止のためきついテーパーが付けられており、特徴的なバナナマガジンの原因になっている。ちなみに、腐食対策のためにラッカー等で周りを塗装しているが、一部の物は黄銅色に色付けされており、一見すると真ちゅう製と誤解される。

また、部品の校正誤差の許容値ををあえて広く取り、更に部品同士のクリアランス自体にも余裕を持たせる事で、生産拠点の違いや、有事の際の生産能力低下による品質のばらつきを抑え、安定した共有を可能としている。

野外で分解する時に部品を無くしたり、簡単に故障したりしないよう部品は可能な限り大型化、ユニット化されており、シンプルな構造となったおかげで多少の無茶も難なくこなす。泥水に浸かったり車に踏まれてもほぼ問題なく作動する頑丈さがある。その反面、パーツの精度問題から集弾率はあまり高くなく、発射される弾丸や動作部品が重く大きい為に比較的反動は大きい。発射音は独特とされる。

[※1] この技術を生かし、東欧圏の弾薬会社では「.223レミントン弾」なども鉄薬莢で生産していたりする。

代表的なAKファミリー

AK-47

ベース、基本形 (製造時期により1型~3型まである)。スイングして折りたためるストックのバージョンのものはAKS-47と呼ばれる。

AKM

1959年採用のAK-47の改良版、折り畳みストックのものはAKMSとなる。直銃床と銃口のハス切り加工によるマズルブレーキ作用、銃身の延長による反動の減少によりフルオート時の命中精度が改善された。また生産にはプレス加工が多用され生産性も増している。

RPK

AK-47をベースに作られたライトマシンガンモデル ⇒RPK軽機関銃

AK-74

1974年に旧ソ連軍が制式採用したAK-47の後継。西側、というかアメリカのM16に対抗するため開発された5.45mm弾を使用する。詳細はAK-74の項目へ

AKS-74

銃床を折りたためるようにしたAK-74、持ち運びが楽。

AKS-74U

AKS-74をベースにガスシステムも含めて銃身を短縮し、サブマシンガンを代替する事までも前提に開発されたショートカービン。オサマ・ビン・ラディン愛用の銃としても知られる。

AK-74M/AK-101~8

AK-74の近代改修モデル。木製であった外装などが樹脂パーツに置き換えられ、AKS系では属フレー ム状の物であった銃床は元の形状のまま横に折りたためるようになっている。AK-100系列は使用弾と銃身 長違いのバリエーション。107と108は74Mと同様の5.45mm仕様だが独特の速射と反動減退の機能を備え、3 点バーストが追加されるなどより近代的な造りとなっている。

AK-12(AK-200)

2010年に試作品が作られ、その後それら試作品に対する改修が施されたうえで発表された5代目AK
AK-74Mを更に軽量化し、ピカティニー・レールの導入などが行われている。
華々しくデビューしたものの財政事情の関係でテスト中止の憂き目にあったりと散々な目にもあったが2014年末にロシア軍内での試験運用が始まり、またロシア軍での制式採用という話も上がった。
しかし対抗馬であるA545とのトライアルは2015年末まで続けられるという話もあり、現状予断を許さない状況となっている。

派生銃

第二次世界大戦以降のロシアの銃器はだいたいAKの機構を踏襲している。

VSS狙撃銃(ヴィントレス

特殊部隊向けに開発された消音狙撃銃、基本構造はAKS-74Uのものを踏襲している。「消音に有利な亜 音速弾ながら高い貫通力と命中精度と殺傷能力を得る」というやたら無茶な要望に対応するべく開発され た9mm×39 SP-5、SP-6、及びPAB-9と呼ばれる特殊な弾薬を用い、銃そのものに大型のサップレッサーを 備え付けることで高い隠密性を実現している。

AS Val

VSSのアサルトライフル版、ストックが折り畳み式となっており携行に便利な造りになっている。

OC-14 Groza

AKS-74Uをベースにブルパップ構造を採用し、上記の9×39に対応させた特殊部隊向けアサルトライフ ル。

GALIL AR

イスラエルのIMI社がAK-47をベースに開発したアサルトライフル。兵士がやたらとこいつにビンをぶ つけて栓抜き代わりにしてぶっ壊しやがるので、支給品に栓抜きを入れたけどわざわざ銃にも栓抜きをつ けたという逸話で有名。
詳細はガリルの記事を参照

イズマッシュ・サイガ12

ボックスマガジンタイプのセミオート式ショットガン。12ゲージのショットシェルを使うため部品の 互換性等は無いが、機構そのものはAK-47を踏襲している。どうでもいいが、銃の名前としては世界一かっこいいと思う。

PP-19 Bizon

マカロフ弾を使用するサブマシンガンではあるが、機構はAKそのものでありAK-74Mと一部部品が互換 する。64発の弾を収められる「スパイラルマガジン」が特徴。

Vepr(ヴェープル)

ウクライナ軍が2010年の制式採用をアナウンスしていたブルパップ式のライフル。Groza同様AK-74を ベースにブルパップ化している。しかしタボール採用の動きもあり存亡の危機にある、がんばれVepr。

別の銃

ドラグノフ狙撃銃(SVD)

7.62×54R弾を使うマークスマンライフル、AK-47系とは別の銃である。しかし、設計思想や開発時期 に共通点があったりガスシステム周りの見た目が似ているため派生の銃として扱われる場合が多い。構造的に同じなのは発射ガスでボルトに繋がったピストン叩いている所ぐらいなもんである。

AN-94

アバカンという名前でも知られるロシア・イズマッシュ社のアサルトライフル。超ハイレートの2点バースト機能が特徴。これが元で信頼性の悪化も招き、制式採用されるも特殊部隊向けに少数配備されただけに終わった。機関部周辺の見た目が似ているのでこれまた派生の銃と間違えられる場合があるが別の銃である。

AEK-971

AK-47の構造を元にロシア・コブロフ社が設計したアサルトライフル。内部に搭載した重りが反動を打消す構造をしており、これによりAKとアバカンと比較して単純構造でありながら反動の軽減とレートの向上の両立を図っている。AK-74Mとのトライアルには敗れたものの2014年に改良型であるA545を発表、AK-12を相手に次期主力小銃に向けたトライアルを受けている。

Vz-58

チェコスロバキアで開発されたアサルトライフル。見た目がかなり似ており、またAK-47と同じ 7.62x39mm弾を使用する為AKのライセンス品と誤解される場合もあるが別の銃であり、構造も異なる。

FPK狙撃銃(SPL狙撃銃)

ルーマニアのロムテクニカ社によって作られた狙撃銃。外観はドラグノフに極めて似ており、コピー品といっても差し支えない・・・ように思えるが、内部構造はSVDよりはAKに近い。言い方としては「AK47の銃身を伸ばしてスコープを付けたSVDモドキ」が妥当か。

AKファミリーが出てくる作品

ゲーム

Call of Duty4:Modern Warfare(コールオブデューティ4:モダンウォーフェア)

AK-47・AKS-74・RPDが登場、ダットサイト付けるのは辞めた方が良い。

Counter Strike(カウンターストライク)

AK-47が登場、癖が強いが威力は高い。

BFシリーズ(バトルフィールド)

BFVからBFHまでにおいて、その時代背景に沿って物を変え登場している。ただ一時期次期制式銃扱いをされていたAN-94とAEK-971の陰に隠れていた時期もあった。3ではAK-74M系統が4ではAK-12系統とRPKが登場。BFHにおいてはAKMとAKS-74Uが登場した。

Grand Theft Auto(グランドセフトオート)シリーズ

バイス・シティ以外の全ての作品でAK-47が登場(ただしⅤだとノリンコの56式がモデル)、IIIではFBIも使用。

Special Force(スペシャルフォース)

AK-74・メッキを施したAK-74Sが登場、反動が大きいが威力は高い。

S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL / S.T.A.L.K.E.R. Clear Sky

AKS-74・AKS-74U・Groza・VSS・AS VALが登場する。また、SoCではMODを導入することで47系やAK-100 系なども使うことがきる。

Sudden Attack(サドンアタック)

AK-47・AKS-74Uが登場、AK-47は所謂、頭に当てれない人用の武器。

Alliance of Valiant Arms(アライアンスオブヴァリアントアームズ)

AK-47・AK-74M・PP-19 Bizon・AKS-74U・VSS・OC-14(OTs-14)Groza・ドラグノフが登場。

バイオハザー ドシリーズ

AK-47(CODE:Veronica)・AK-74(5、リベレーションズ2)・ドラグノフ(5、リベレーションズ2)が登場。5では敵のマジニ武装兵も使用する。リベレーションズ、リベレーションズ2のレイドモードではAKの属部がピカになったオリジナルモデル「ハイローラー」が登場している。

METAL GEAR SOLID(メタルギアソリッド)シリーズ

AK-47(MGS3)・AKS-74U(MGS2)・AK-102・VSS狙撃銃・PP-19 Bizon・サイガ12(MGS4)が登場、ストーリ ー中に入手可能。主に敵の標準武器で登場。

アニメ

涼宮 ハルヒの憂鬱

第一話にて朝比奈みくるがAK-47のモデルガンを渡され、その後発砲。

ひぐらしのく頃に

第22話で園崎魅音が所持 作中での呼び名は「カラシニコフ」。

漫画

BLACK LAGOON(広江礼威)

旧ソ連のアフガニスタン帰還兵で構成されるロシアン・マフィア「ホテル・モスクワ」のロアナプラ 支部の標準的な装備としてAK-74が登場。
「勇敢なる同志諸君。 サハロフ上等兵、メニショフ伍長は掛け替えのない戦友だった。
鎮魂の灯明は我々こそが灯すもの。 亡き戦友の魂で我らの銃は復讐の女神となる!
カラシニコフの裁きの下、5.45ミリ弾で奴らの顎を食い千切れ!!」

ライトノベル

ゼロの使い魔(ヤマ グチノボル)

原作13巻にて平賀才人が、場違いな工芸品としてハルケギニアに召喚された個体を、ロマリアにおけ る水精霊騎士隊の訓練時に携行。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 赤いニコニコ動画
  • 軍事
  • ソ連 / ロシア
  • ミハイル・カラシニコフ
  • 銃 / 銃の一覧 / 銃器関連項目の一覧
  • アサルトライフル
    • AK-74
    • ガリル
  • AKB48

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/ak-47
ページ番号: 423782 リビジョン番号: 2459222
読み:エーケーヨンナナ
初版作成日: 08/08/02 19:51 ◆ 最終更新日: 17/02/14 05:43
編集内容についての説明/コメント: 読みを修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


うろ覚えでどこまで描けるかやってみた

カラシニコフ

AK-47

AKS74U

AK-74

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

AK-47について語るスレ

439 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 00:56:52 ID: cImABTLCjR
>>438
おぉ、なんか色々サンクス、俺が見覚えあるのはルーマニア製AKの方だ
でも、やっぱ総合の耐久性に差は無く見えるな・・・
AKは、やっぱり粗悪な弾でも問題なく撃てるってのが一番大きいんだと思うわ
そこがARと差別化された一番の点で、環境やモノの頑丈さに関しては今となっては(元々かもしれんが)取り分け目立つほどじゃないよなぁ

掃除しなくてもいいんやでって話なら、それこそAKのピストン式も、掃除しなけりゃ最悪ピストンヘッドにカーボン溜まりすぎてシリンダー吹っ飛ぶ可能性も充分あるわけで・・・
440 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 19:19:06 ID: hTcbtDmRJh
>>439
元々の思想設計自体がかなり離れているライフル同士だから何に強いのか、どういう対策を取っているのかでもかなり違うからね
AKは異物が侵入して来やすく最悪ジャムが出るけど短時間で取り除くことが出来、-50度の環境でも作動する。
一方でAR-15なんかは元々異物が内部に侵入しにくくなってボルトが閉鎖状態で異物が掛かっても動くようになってるが
一方でトリガーグループの隙間が狭く、入ってくるとトリガーが引けない症状に陥り易く極地ではボルトの隙間がきつい為固まってしまう事がある。
441 : ななしのよっしん :2016/08/10(水) 01:21:27 ID: cImABTLCjR
クリアランスが大きく取られてるか否かってところは有名な比較やね

ただ、ニコニコ特有かもしれんが、
他の銃でジャムが映れば「AKならこんなことはまずない」、「AKならいくら掃除しなくても撃てる」あげくは「なにが入っても弾が出るんだぜ」みたいなAK万能説をどこでも見るもんで、ほんまかいな・・・って正直懐疑的に見てしまってる

反面AR15になれば、「AR系はすぐジャムる」「DI式は繊細すぎて信頼性が無い」「しょっちゅう掃除しないとまともに動かない」「水や砂が入ったら使い物にならない」とまで言われてるが、英のSASからしょっちゅう海の中に居る米のシールズまでが文句言わず使ってるような銃をそこまで言える根拠はなに? ってこれも懐疑的にならざるを得ない

AKの信頼性は構造からして火を見るより明らかだし、今更疑問視するわけでは決して無いが、どうも軍事関係の話は表沙汰になり難いから、幾らでも尾ひれが付いてる気がしてね
コメントする側なんて無責任なもんだから・・・
442 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 01:39:50 ID: uRl0d6S9YT
持つ方からしたら大事な問題だと思うけどね
アルミ製は良くも悪くも脆いから、弱いわけじゃないけど
鉄板で多少ひしゃげても叩きゃ何とかなるってのは兵站がヌルいとこじゃ重宝されるよ

ところでalfaライフルはAKシリーズには入らんのだろうか、メチャ好きなんだが
443 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 23:53:43 ID: hTcbtDmRJh
アルミ言うてもAR-15とかは削り加工で6061-T6とか7075-T6使っているからAKのスチール&プレス加工よりも頑丈よ
それにAKは究極的にはロシアのライフルなんでいくら兵站がヌルいところで重宝されようとも肝心なのはロシアかと
旧共産国も脱AKが進んでいる
444 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 23:08:45 ID: 1PKuFNZTGe
AKが異物に弱いというより
同世代のライフルの中じゃAR系が際立って異物に強いのかもしれない
そもそもリュングマン方式はそれなりに気密性保っとかないと
隙間からガスが噴き出して危険で
その気密性の高さが結果的に異物侵入への耐性に繋がってるっぽい
他のDirt test動画でもF2000とか、気密性高いせいか意外と異物に強いし

しかし思った以上に定説も当てにならないというか
実銃で(利権に絡んでない)一般人が対照実験した動画を複数観られるって、良い時代になったなあ
445 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 01:12:01 ID: OH1Vj/rQZn
最近は他の銃もそれなりの耐久性だし信頼性って観点でのAKの優位性はそんなでもない気もする
コストとかも考えればまだまだ現役だろうけど
446 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 03:17:23 ID: ymWLOy3yWr
VICEの動画で紹介されたISISはM4持ってたなぁ
砂漠地帯はAKばかりだと思ってた
447 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 14:37:12 ID: L9z+tLz9K2
>>446
住民が多くいる街中で戦闘することが多いから、AKよりM4を選択する
戦闘員が多いんでしょ。
近接での戦闘が多い割には、防弾チョッキを装備してる戦闘員は極僅か。
政府軍に逆立ちしても勝てない理由がよくわかる。
448 : ななしのよっしん :2016/10/17(月) 13:47:29 ID: Nkc351uETL
最初期に生産された物はすごい高値で売れそう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015