単語記事: Alphys

編集

Alphysとは、Toby Fox(トビーフォックス)氏が開発したTPGインディーズゲームUndertale』に登場するキャラクターである。シャイでオタクな地下世界科学者で、主人公を手助けしてくる。

ネタバレ注意ゲームプレイかつこれから遊ぶ予定のある人は引き返す事をお勧めする。

概要

Hotlandに建つLab(研究所)に住むモンスターSOULを宿したロボットMettatonを開発した功績によりAsgore直属の科学者としての地位を手に入れた。研究所で遭遇した主人公と遭遇、さらに自身が開発した対人戦用ロボットMettaton暴走主人公エンタメと称した攻撃をしてくる場面に遭遇する。このイベント主人公助けて以降主人公サポートし地下世界助けてくれる。

人間である主人公ファンらしく、地下世界の至る所に設置されている隠しカメラで今までのを観察していた。活躍は巨大スクリーンで視聴していたようだ。一部始終を見続けているため、プレイヤーの行動しだいでは軽蔑し殺意まで抱いてくる。

シャイかつ内向的で漫画アニメを何よりもする典的なオタク気質で、普段の会話は吃音がちでしどろもどろなのだが、自分の好きなジャンルの話題になるとイキイキし奮気味に長文をペラペラる。ネット上ではやけに強気で饒舌。研究所には大量のな本に偽装されたオタクコレクションが陳列され、巨大タペストリーまで飾られている。食事は即席麺などの簡単な食事で済ませているようだ。

それらオタクアイテムは地上からGarbage Dumpというエリアに流れ着いたゴミから入手している模様。そのため、ゴミ漁りは彼女の日課であり、ゴミ漁り中に出会い意気投合した事がUndyneと親友になる切っ掛けだった。ゲーム開始時点ではUndyneに友の域をえて恋愛感情を抱いており、自分とUndyneメイン恋愛小説を書いた事もあるらしい。また、Asgoreに好意を持たれるためにMettatonを対人用ロボットとして製作した。

昔はオタクながらも近所に住むBratty and Cattyを連れてゴミ漁りの術を教えるなど面倒見が良い所もあり、外に出る機会も今よりも多かった。しかし、ある出来事を期により殻に閉じこもるようになり、今ではゴミ漁り以外はほとんど研究所に閉じこもっている。また、自分の気持ちなどを隠し偽るようにもなっており、デートイベントではそれを解き放つ事が鍵となっている。

外見

恐竜のような外見で、やや小柄。後ろには尻尾があり、靴は履いていない。普段は白衣を着てメガネを掛けている。棚には白衣に混ざって1着だけドレスが掛けられており、デートイベント時にドレスを着た姿を拝められる。True Pacifist Route(通称Pルート)のEDでは水着を着ている。

秘密その1

ゲームの展開に触れるネタバレであるためけています

 

 

 

 

  

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで通り主人公CORE突破のサポートを行おうとするが、もいないエリアモンスターに襲われ、ハッキングが上手くいかず、内部もAlphys把握する構造とは全く違っていた。そして、COREにて対峙したMettatonから真実を明かされる。

Mettaton暴走したというのはウソAlphys主人公を観察しているうちに惹かれ、冒険に自らの存在を加えたいと考えるようになった。そこでMettatonに演技で主人公に襲い掛かるように仕向けさせ、それをAlphysが助ける、という芝居を打つことにしたのだ。クイズの答えを知っている・Mettatonが行う殺人ショー攻撃はクリアに失敗してもAlphysを解除するという形で攻略出来る・クリア成否に関わらずやけにAlphysを持ち上げるMettaton・説明下手なAlphysに代わって内容を代弁するMettatonなど、これらは全て主人公Alphysに対するイメージを良くするため。しかし、途中でMettaton主人公SOULで地上に出るという的を持ったため、COREではAlphys把握していない事態が起こったのだ。

Mettatonとの戦闘後に姿を現したAlphysは「結界を通り抜けるためには人間とモンスターSOULの両方が必要」という事実告白しその場を去る。以降デートイベントが発生するまで研究所に入る事は出来なくなる。

秘密その2

ゲームの根幹に関わるネタバレのためけています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デートイベントUndyneに自身の本当の気持ち(とアニメ現実ではないという事実)を告白したAlphysは自身の過去と決着を付けるべく地下施設へと向かう。主人公も地下の「True Lab」(研究所)へと向かい、そこでAlphys過去の過ちを知る事になる。

AlphysAsgore示の下ソウル本質についての研究をしていた。
モンスター達を地下世界に閉じ込めている結界を破るためにはソウルが必要である。しかしモンスターソウルは生きているモンスターから取り出そうとすれば立ち所にモンスターの身体が崩壊してしまうし、モンスター死亡するとソウルは間もなく消滅してしまう(一方で人間のソウルは"強"なため死後も残留し続けるが、そもそも地下世界には基本的に人間が現れることがないため現実的な話ではなかった)。
だが死亡したモンスターソウルを取り出すことが出来れば(寿命や事故などで)死亡したモンスターから結界を破壊するのに必要なだけのソウルを集めることができるようになる。
そこでAlphys人間のソウルモンスターソウルの違いを考えた時に人間にはモンスター達にはない「生きようとするための」即ち"determination(決意)"があるという事実を発見し、そのdeterminationこそが死後もソウルを残留させる事ができる為のであると結論づけた。
そのため、モンスターの魂にもdeterminationを注ぎ込めば死後もソウルを残留することが出来るのではと思った彼女は、地下世界モンスター達から"延命の余地なく間もなく死んでしまうであろうモンスター"を募り実験体とした。

速実行に移したAlphysであったが、思惑とは異なりモンスター達はいつになっても身体が崩れ去る様子がなく、それどころか瀕死であったはずの彼らはを覚ましかったかのように動き回っていたのである。す結果ではかったもののとりあえず生き返ったということで家族にも生還を伝え、引き渡す予定であった。
しかし、人間よりもかに不安定な身体を持つモンスター達は純度の高いdeterminationのに耐えきれなくなり、体が溶けてその体同士が融合してしまった。Asgore実験体の家族から研究の進捗や家族の引き渡しについてなど追求される中Alphysはその事を伝えられず隠していた。この研究での出来事はAlphysの心に暗い影を落とし、以降は引き籠るようになり心を隠して生きるようになった。
(Alphysが極度の電話手紙嫌いになった原因がコレである)

また、中で調べる事が出来る報告書には実験の過程でモンスターの魂を入れる容器(計画では死亡したモンスターの身体のみ消滅しソウルが残る予定であったため)を模索し王様のお気に入りであった"黄色"を実験体にしたこと(実験の結果ソウルの器にできなかった事が判明する)や、王様を驚かせるために"命を持たない対にdeterminationを注入したらどうなるか"を実験したことが分かる。
determinationを注入したこそが最初に咲いた黄色であり、このは元々外から入り込んできたである。後にその「が逃げた」とも記述されているため、そのがどうなったかは想像に難くないが、彼女が一連の出来事の根幹に関わる存在であることが分かるだろう。

この本作最大のホラー要素のTrue Lab攻略する事がPルートへと向かうである。

True Labを探索した主人公Alphysはここでの研究の結果と被験者の成れの果て"Amalgamates"を表する事を伝える。AlphysTorielから科学者解任という形で過去に決着を付け、Amalgamates各個体はそれぞれの家族の下へと帰っていった。

関連タグ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/alphys
ページ番号: 5430805 リビジョン番号: 2520293
読み:アルフィー
初版作成日: 16/07/08 18:26 ◆ 最終更新日: 17/09/03 16:37
編集内容についての説明/コメント: ヨミガナを公式日本語版に合わせました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Alphysについて語るスレ

31 : ななしのよっしん :2017/08/30(水) 04:49:30 ID: fjNv/l8C8x
>>30
thanksは「(された行為の内容ではなく)気持ちに感謝」的なニュアンスがあるらしいし
対人関係に敏感なAlphysが上にこんなフランクな単で心からの感謝を書き残そうとするとも思えない
とするとここのthanksはうわべだけの感謝であって本心は『どうでもいい』ということなんだろう
で、ニュアンスから逐一訳しちゃうと冗長になるから結論をスッパリ訳した。みたいな
32 : 削除しました :削除しました ID: 9rJoEJSK58
削除しました
33 : ななしのよっしん :2017/09/11(月) 01:59:32 ID: YjVcI44gia
>>29
別にどっちでもいいわ
それこそ記事名はAlphysなんだからそれでいいだろ
34 : ななしのよっしん :2017/09/11(月) 02:02:23 ID: Rrx2HqUXdl
>>32
その方がしっくりくるかも
どうでもいいだけじゃ上辺だけでも感謝の言葉を述べてたって部分がくなってるし。
公式はよくも悪くも原文を崩してるよね、日本人に伝わりやすいようにするための配慮なのかもしれないけど、非公式は元のニュアンスを出来るだけ保ってるから論争が起きるのはしゃーないかもね
35 : 削除しました :削除しました ID: 9rJoEJSK58
削除しました
36 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 12:24:47 ID: hQPGJFv7qF
非公式でやったことないんだけど、Thanks ASGORE はどういう訳だったの?
37 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 23:25:31 ID: loKZxjVqlR
Nルートでは嫌いだったけど
Pルート後で一番好きなキャラになった
38 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 17:24:20 ID: FuCj7Rnyv9
アルフィーキスみゅうの1と2ってどんな内容なのかちょっと気になる。
ジュエルペットてぃんくるサンシャインみたいなもの?
39 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 19:28:42 ID: yOlJZ4XlqR
おっぱいでかそう
40 : ななしのよっしん :2017/10/23(月) 01:17:00 ID: zUh3GNZhl2
>>38
1のファンアルフィー)が存在を否定するレベルでキレてる一方、2は2で好きな人もいるっぽい。
つまり新規ファンを取り入れるために2から大幅な方針転換、もしくは過な部分(洗脳とか)を削除した作にしたのかもしれない…

だからといってどこがどう駄か言わずに切り捨てるのは良くないと思うぞアルフィー、あれじゃただの懐古厨だ。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829