単語記事: Apple

編集

Appleアップル)は、iPodiTunesMacノートデスクトップパソコンOS Xオペレーティングシステム、そして革新的なiPhoneiPadを生み出しています。(公式サイトより抜

AppleロゴAppleアップル)とは、アメリカ合衆国企業である。

→その他の用法については、記事「アップル」を参照。

概要

アップルは、iPodiTunesMacノートデスクトップパソコンOS Xオペレーティングシステム、そして革新的なiPhoneiPadを生み出しています。

Apple公式サイトより抜

iMacなどApple製品のあるデスク
iMacなどApple製品のあるデスク
MacBook AirとiPhone
MacBook AiriPhone

Macintosh」「iPod」「iPhone」「iPad」などのハードウェアの製造と販売、および「iTunes Store」「iBooks Store」などのサービス運営している。

アメリカ合衆国カリフォルニア州パチーノの「無限ループ1番地」(Infinite Loop[1]オフィスを構える。このクパチーノを心臓部とした一帯はシリコンバレーとも呼ばれ、同社のほかにも、GoogleFacebookIntelAdobeヒューレット・パッカードなどハイテク企業の多くが本拠地としている。

アタリに勤務していたスティーブ・ジョブスロンウェイン、そしてヒューレット・パッカードに勤務していたスティーブ・ウォズニアックの三人で起業。当初は、Macintoshの前身となるコンピューターApple I」を手作りし、ショップへと納めていた。Apple Iと後継機のApple IIを大量生産・販売するため、1977年1月3日に「Apple Computer」として法人化。

1970年代後半~1980年代には、Apple IILisa、そしてMacintoshといった数々の名機を手掛け、1990年代現在は、さらにiMaciPodシリーズ、そしてiPhoneiPadなどの大ヒット製品を生み出した。なお、2008年iPhone発表にあわせ、社名のApple Computerから「Computer」を取り払い、「Apple」へとめている。

2015年10月時点でのCEOティムクック

日本法人であったアップルジャパン株式会社平成23年10月30日をもってAppleの輸入事業者であるApple Japan合同会社と合併。全業務を継承の後、アップルジャパン株式会社は解散している。

macOSデバイス

Macintosh(Mac)

Apple computer(当時)が1984年から販売を開始したパーソナルコンピュータシリーズの総称。称・通称はMacマック)。

最初期から常にコンシューマ層が使用することを意識した製品思想が貫かれており、GUIを採用したOSマウスの標準化、技術用や命令調を排除した解りやすいマニュアル作り、筐体のカラーリングをベージュやにする(初代)、ハード面、ソフト面における丁寧なデザイン、コネクタ接続部の説明をアイコン表示するなどといったことが施されている。

iMac

iMac (Late 2013)

MacintoshMacシリーズのうち、初~中級者向けデスクトップパソコンに属する。

初代Macintoshの意思を受け継いだディスプレイ一体モデルの後継機種。1998年に初代モデルが発売されてから最新モデルまで、計七回ものフルモデルチェンジを経ている。都度、そのデザインは様々に変革されているものの、根底にある「ディスプレイ一体」という思想は変わっていない。

いまなお高い人気を誇る、デスクトップタイプにおける同社の軸の商品である。

Mac mini

Mac mini(Late 2012)

MacintoshMacシリーズのうち、中~上級者向けデスクトップパソコンに属する。

mini」という名の通り、幅19.7cm x 行き19.7cm x 高さ3.6cmと、デスクトップタイプMacintoshでは最も小さいモデルとなっている。

他のMacintosh較して価格が安いかわりに、ディスプレイキーボードマウスなどが付属していない。それらを本製品とあわせて購入しようとした場合、オールインワンタイプiMacよりも高額になってしまう可性がある。ゆえに、すでにディスプレイなど一式を所有しているWindowsユーザーからの移行にターゲットを絞ったモデルであるとも言える。

Mac Pro

Mac Pro (Late2013)

MacintoshMacシリーズのうち、上級者向けデスクトップパソコンに属する。

Power Macシリーズの後継モデルとなるハイエンドクラスの製品で、同じデスクトップタイプMacintoshであるiMac較すると、よりハイスペックに、より拡性が高くなっている。

その分Apple製品の中では飛び抜けて高額であり、プロ向けとして扱われている。

MacBook

Macbook (Early 2015)

MacintoshMacシリーズのうち、中~上級者向けノートパソコンに属する(2015年以降のモデル)。

歴代のモデルごとに都度立ち位置を変えている製品であり、初期~2011年の取扱中止までのモデルは初~中級者向けMacBook Airに相当)の立ち位置を取っていた。2015年に復活したモデル以降は、事実MacBook Airの上位モデルの位置付けとなっている。一から再設計された本体に歴代Macとして初めてのファンレス構造、Retinaディスプレイを搭載し、入出ポートがUSB Type-Cコネクタを採用したUSB 3.1端子(電ポート兼用)とオーディオ端子のみと割りきった仕様となった。

また、ポリカーボネート製のMacBook以来となるカラーバリエーション(3色)が選べるようになっている。

MacBook Air

MacBook Air (Early 2014)

MacintoshMacシリーズのうち、初~中級者向けノートパソコンに属する。

モデルは「圧倒的なコンパクトさと薄さ」という明快なコンセプトのもとに制作されており、それを実現させるため、有線LANポートやドライブといった要素は大胆に切り捨てられている。

また、ストレージはHDD(初代モデルのみ)かSSDを搭載し、後にストレージがSSDのみになりドライブ止と併せて、MacBook Airは「ゼロスピンドル」(駆動部品がない)モデルとなっている。

MacBook Pro

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル (Early 2013)

MacintoshMacシリーズのうち、中~上級者向けノートパソコンに属する。

過去に発売していたPowerBookシリーズの後継モデルにあたり、同じノートタイプMacintoshであるMacbook Airべてさまざまな強化が施されている。特に、MacintoshシリーズRetinaディスプレイを搭載したのは本製品が初となる(2015年4月時点では、MacBook Airを除いたすべてのディスプレイ一体MacintoshRetinaディスプレイモデルが用意されている)。

ディスプレイ表示の美しさ、動作速度ともに申し分ないが、その分価格はお高めとなっている。

iOSデバイス

iPhone

iPhone 6s / iPhone 6s Plus

Apple製のスマートフォンで、物理ボタンを極限までし、かわりにディスプレイに直接で触れて操作するという独特なインターフェースを搭載している。

シンプルな操作性も特徴であり、従来他社製品のような複雑な階層構造のメニューにはなっておらず、トップ画面にタイル状に並べられた「電話」「カレンダー」「メール」といったアイコンタッチするだけで基本的な操作が完結する。万一操作に迷った場合などは、一前面に配置された物理ボタンホームボタン)を押すだけでトップ画面に戻ることができる。

同製品の爆発的なヒットによって、この操作性などを含めたスマートフォンの在り様が、iPhoneの発売前 / 発売後とで大きく転換している。上述の引用文にもある通り、まさに「電話を再発明」した革命的な製品である。

iPad

iPad Air 2

Apple製のタブレットPC2015年10月時点では「iPad Air」と名称をめている。9.7インチマルチタッチディスプレイのみ、という非常にシンプルデザインであり、そのディスプレイ上を直接タッチジェスチャーで操作する。

前述の通り、ディスプレイ以外にに入るものが存在しないため、用途について外観からの先入観を与えない。使用する人によってiPadは額縁に見え、本に見え、楽器に見える[2]

まさに「魔法」と呼ぶべきデバイスである。

iPad mini

iPad mini 4

2010年iPadが登場してからの初となる「iPadファミリー」。

iPadが9.7インチというサイズであるのに対し、iPad miniは7.9インチと2インチ近くコンパクトになっている。重量についても、iPadより130g程度軽い。

当初、7インチタブレットという存在をスティーブ・ジョブズDOA(Dead on Arrival 、到着時死亡、即死)と呼び否定していた。しかし後に、副社長ら幹部からの説得に応じて必要性を理解し、このiPad miniの開発に携わっていたとされる[3]

iPad Pro

iPad Proファミリー

iPad」「iPad mini」に続く3番となるiPadファミリー

12.9インチの巨大なディスプレイと高速な処理性、そして別売りで用意されているキーボード一体カバーの「Smart Keyboard」と、タッチペンの「Apple Pencil」など、よりプロ向けをターゲットとしたiPadとなっている。

スピーカーが4か所搭載されているほか、iPad Proの本体そのものがユニボディ製のエンクロージャーとなっており、中低音域が増幅されることで迫あるサウンドを出している。

iPod touch

iPod touch (第5世代)

iPhoneから電話いたもの。 iPhone同様、マルチタッチディスプレイ無線LANを採用しているマルチメディアプレイヤーであり、庭や外出先でWi-Fi環境が整っていれば、メールの送受信やアプリ・楽曲のダウンロードskypeを使った通話なども可となっている。

モバイルルーターのようなデータ通信端末とセットで持ち歩くことで、iPhoneに近い使い方も不可能ではない。

なお、iPod Touch以外のiPadシリーズについては、後述の「その他・アクセサリー」項を参照。

watchOSデバイス

Apple Watch

Apple Watch

AppleのスマートウォッチiPhoneBluetoothでペアリングして使用することが前提となっており、通話やメールGPSなどの通信はiPhone側にて処理し、その結果をApple Watchへと転送する手法を採用している。ただし、時計としての本体機、および活動量計機などについては単独で使用可となっている。

“i”の文字を冠しないネーミング(後述)や、多な組み合わせが可パーツバリエーションなど、従来のApple製品と較して異質な点が多く見られる製品である。

tvOSデバイス

Apple TV

Apple TV(第4世代)

Appleセットトップボックス。公式サイト上での表記は「TV」(TV)。開発中コードネームは「iTV」。

HDMIケーブルテレビへと接続し、iTunes Storeで購入またはレンタルしたコンテンツや、各種コンテンツ事業者が用意しているチャンネルコンテンツなどををストリーミング再生することができる。また、AirPlayを使用して、MacintoshiOSデバイス映像などをミラーリングする用途でも使用可

2015年10月発売の第4世代からは新たに「tvOS」を搭載し、Siriを導入したほか、サードパーティー製のアプリApp Store経由でインストールすることが可となった。

その他・アクセサリ

iPod

Appleが発売しているポータブルオーディオの、初代の製品名であるとともにシリーズの総称。

2001年に初代iPodが発売されたのが最初であり、その後、iPod mini2004年)、iPod shuffle2005年)、iPod nano2006年)、iPod touch2007年)などのiPodシリーズが登場した。

シリーズ登場後も、「iPod」という名称は初代同様にHDD搭載のものをしていたが、2007年登場の第6世iPodから「iPod classic」と名称変更されたため、以降はシリーズ全般をす言葉となった。

iPod classic

iPod classic

iPod」と名前の後ろに何も付かなかった初代の後継シリーズiPod nanoiPod iPod touchといったiPodシリーズが次々と登場していく中で、初代・シリーズ名同一症候群に陥ってしまったため、6代より「iPod classic」と名称変更された。

このモデルのみ記憶媒体がハードディスクであるため、大量の音楽を記憶させることができる。また、USBハードディスクとして利用することができるほか、iPod nanoと同様に動画ゲームを楽しむことも可となっている。

iPod nano

iPod nano (第7世代)

iPod touchiPod shuffleの中間に位置する、小ささと機性とを両立させたiPodラインナップである。

その時代にあわせてモデル毎に著しく立ち位置を変化させるのが特徴。2014年時点の最新モデルは第7世代。

iPod shuffle

iPod shuffle (第4世代)

iPodシリーズの中で最も廉価なモデルである。

液晶は搭載されておらず、音楽も順番に再生かランダム再生の二通りのみとシンプルな構成となっている。

本体自体がクリップになっているので、に付けた状態で行動することができる。ランニングやスポーツアップなどにあわせて使用していても邪魔にならず、非常に相性が良い。

Beats by Dr.Dre

Beats by Dr.Dre

Appleが展開する、(b)マークロゴでおなじみのオーディオブランド

ブランドの前身は、2008年に設立されたアメリカ合衆国オーディオメーカー「ビーツ・エレクトロニクス」の同名のブランドである。2014年Appleによりビーツ・エレクトロニクスが買収され、その後はAppleライセンスを取得している。設立に関わったのは、音楽プロデューサー兼ラッパーの「ドクター・ドレー」と、インタースコープ・ゲフィン・A&Mレコード会長の「ジミー・アイオヴィン」。両名ともに買収後はAppleに籍を置いている。

重低音と高音とのメリハリを効かせた音色のほか、ワイレス接続とノイズキャンセリングの搭載に重きを置いている。

ソフトウェア・サービス

macOS

OS X El Capitan

Macintoshに搭載されているOS。旧名称は「OS X」。

トラックパッドによるタッチジェスチャー操作を軸としたユーザインタフェースや、OS上にアプリケーションダウンロード販売から自動インストールアップデートまでの仕組みを組み込むなど、先進的な機を多く搭載する事が特徴。一方でベースUNIXを用いており安定性も高い。

新しさと安定性を兼ね備え、様々なユーザーに受け入れられやすいOSとなっている。

iOS

iOS 8

iPhoneiPadなどのApple製品に搭載されているOS。旧名称は「OS X iPhone」「iPhone OS」。

ベースとなっているのはUnixの一種であるDarwinMach、BSD系)で、APICocoaを採用しており、一部はOS Xと共通している。ただしインターフェース部分はタッチ操作に適したものになっており、その点で異なる。

Siri

Siri

iOS 5から搭載された、音声認識パーソナルアシスタント

で話しかけることにより、タッチネルを介さずにiOSの機メール・リマインダー・音楽再生など)や各種検索を利用することができる。

音声入力自然に対応しているので、一般的に人が会話するような自然な口調を認識し、その言葉の意味や文脈を理解することが可

Safari

Safari

Apple製品に標準で搭載されているWebKit系のウェブブラウザ

Mac OS X V10.3から導入され、現在iPhone / iPad / iPad mini / iPod touchにも搭載されている。以前にはWindows向けにもリリースされていたが、バージョン5を最後に停止している。Windows版については脆弱性が報告されているため、使用を中止しアンインストールすることを推奨。

iCloud

iCloud

Apple提供するクラウドサービスで、2011年10月12日よりサービス開始された。

これまではOS XWindowsインストールされたiTunesが担っていた「デジタルハブ」としての役割を、クラウド上で実現したものである。

楽曲や写真、iWorkで作成した書類、iOSデバイスバックアップブックマークといった数々の情報が、iTunesを経由せず、ネットワークを通じて自動的に同期される。

なお、iCloudの利用にはApple IDの作成、および作成したApple IDiCloudデバイスに登録しておく必要がある。

iTunes

iTunes

メディアプレイヤーおよびiOSデバイス管理機をあわせ持ったアプリケーション

音楽動画インターネットラジオPodcastなどの再生や、音楽CDの取り込み、iTunes storeでの楽曲の購入などが利用できる。iOSデバイスを管理するアプリケーションという側面が強いが、iOSデバイスを持っていなくてもメディアプレイヤーとして十二分に活用できる。

2015年6月からは後述の「Apple Music」がサービスを開始しており、同サービス契約した場合はiTunes上の「ミュージック」項Apple Musicへと置き換わる形式となっている。

iTunes Store

iTunes Store

Apple運営する世界最大級のコンテンツ配信サービス略称iTS、旧名称はiTunes Music Store

ミュージック映画電子書籍アプリケーションといった各種コンテンツの購入・ダウンロードを行うことが可シンプルで利便性の高いUIや、Store内で定期的に特集が組まれるなど、コンテンツへの導線を強めるための仕組みが整備されている。2015年6月からは後述の「Apple Music」がサービスを開始しており、ミュージックについてはそちらへの移行が案内されている。

なお、日本におけるiTunes Store運営は、Apple日本法人ではなく、Appleの直轄組織「iTunes株式会社」が担当している。

Apple Music

Apple Music

Apple運営する音楽用のコンテンツ配信サービス公式サイト上での表記は「MUSIC」(MUSIC)。

従来は個別に分かれていた「ミュージックiTunes)」「iTunes Radio」「iTunes Store」「iTunes Match」を統合し、さらに、2014年5月Appleが買収した企業Beats Electric」の音楽コンテンツ配信サービスBeats Music」を組み込んでいる。

ストリーミング再生方式による定額制の聴き放題サービスで、ユーザー趣味嗜好を学習し提案する「For You」や、24時間365日放送される「Radio」といった機により、ユーザーへ新しい楽曲との出会いを提供する仕組みが全面に押し出されている。

その他ソフトウェア

人物

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

Appleの創立者のひとりであり、会長であり、前CEOであった人物である。Appleの社員番号は「0」。

常に業界の一歩先を行く、Appleカリスマカリスマであり俺様キャラなため、一時Appleから追い出されたこともある。

パーソナルコンピュータを初めてコンシューマ用として提供し、GUIを一般に普及させた。また、iPodにより携帯音楽プレーヤーを再定義し、音楽ダウンロード販売を通じて音楽ビジネスの根底を揺るがした。更にiPhoneでは携帯電話の再定義を果たし、フィーチャーフォンからスマートフォンへの置き換えを急に加速させた(スマートフォン自体はiPhone以前から他社製品が存在していた)。iPadタブレット端末を再定義し、一般消費者にタブレット端末の利便性を認知させ普及させた。

2011年8月24日AppleのCEOを辞任、会長職に退いた。後任は経理の上手さで定評のあるCOOティムクック

同年10月5日、膵臓腫瘍による呼吸停止により死去。

スティーブ・ウォズニアック

パソコン歴史に残る大偉業である"世界初のパーソナルコンピュータ"「Apple I」とその後継機「Apple II」の生みの親。「Apple」の創立者のひとりであり、スティーブ・ジョブズにとってのドラえもん的存在である。通称は「ウォズの魔法使い」。Appleの社員番号は「1」。

ジョブズをして「天才」と評せしめる偉大なエンジニアで、現在Appleの礎となる数々の製品を遺した。

会社経営には興味がなく、AppleメインMacintoshになっていくにつれエンジニアとして表舞台で活躍する事がなくなっていった。現在でもAppleの肩書きなし社員でありながら大のまま、コンピュータや通信施設を小学校に設置したり、教えたりする活動に従事している。

ジョナサン・アイブ

ジョナサン・アイブ

フルネームジョナサン・ポール・アイブ。通称ジョニー広島弁でしゃべる人 Appleの「チーフデザインオフィサー」(最高デザイン責任者)であり、英国王室から爵位を授かったナイトである。

1992年よりAppleデザインチームに所属し、スティーブ・ジョブズが復帰した1997年よりインダストリアルデザイングループ担当上級副社長へと就任した。

2013年以降はインダストリアルデザインだけでなく、OS XiOSGUIへも担当範囲を広げており、役職もデザイン担当上級副社長を経て、2015年10月時点ではチーフデザインオフィサーという包括的な内容にめられている。

クレイグ・フェデリギ

クレイグ・フェデリギ

Appleソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であり、ジョーク担当の銀髪チョイワルオヤジである。

その役職名の通り、Appleの2大OSOS X」と「iOS」の開発責任者を努める。

技術的・性格的に「ギークの神様」と評されるほどの人物であり、要職に就いた後も、技術系のフォーラムに出没しているほどのテクノロジーフリークである。また、Appleの保有する特許の共同発明者として名前を連ねる発明者としての側面も併せ持っている。

Apple製品取り扱い店

Apple Store

Apple直営の製品販売店・ブランドショップ。修理受付やワークショップなどの施設も店舗内に併設されている。

Apple製品のショッピング体験をコントロールする、という的で設営された販売店舗で、世界で店舗数は400をえる。日本では、2003年に第1号店となる「Apple Store 銀座」がオープンして以降、2015年4月までに計9店舗が展開されている。

その他

主な出来事

2016年

日付 内容
10月28日 MacBook ProLate 2016)発売。
10月25日 日本でのApple Payサービス開始。
9月20日 macOS Sierraリリース
9月16日 iPhone 7 / iPhone 7 Plus発売。
9月14日 iOS 10リリース

2015年

日付 内容
11月11日 iPad Pro発売。
Apple Pencil発売。
10月5日 Apple Watch Hermès発売。
10月1日 OS X El Capitanリリース
9月25日 iPhone 6s / iPhone 6s Plus発売。
9月17日 iOS 9リリース
9月10日 iPad mini 4発売。
7月16日 iPod Touch(第6世代)発売。
6月30日 Apple Musicサービス開始。
6月9日 WWDC 2015開催。
4月24日 Apple Watch発売。
4月10日 MacBook2015)発売。
Apple Watch at Isetan Shinjukuオープン
3月10日 MacBook2015)発表。
Apple Watchの発売日・価格発表。
MacBook Pro 13インチRetinaモデルMacBook Airグレードアップ。

2014年

日付 内容
10月20日 米国でのApple Payサービス開始。
10月16日 iMac Retina 5Kディスプレイモデル発表。
iPad Air 2 / iPad mini 3発表。
9月19日 iPhone 6 / iPhone 6 Plus発売。
9月17日 iOS 8リリース
7月1日 日本でのSIMフリーiPad / iPad miniの取扱開始。
6月26日 iPod touch廉価版モデルグレードアップ。
6月13日 Apple Store Omotesandoオープン
6月10日 NTTドコモiPad / iPad miniを取扱開始。
5月2日 日本でのiTunes Matchサービス開始。

2013年

日付 内容
12月19日 Mac ProLate 2013)発売。
11月12日 iPad mini RetinaディスプレイモデルiPad mini2世代/Wi-Fi版)発売。
11月1日 iPad AiriPad 第5世代/Wi-Fi+Cellular版)発売。
10月22日 OS X 10.9 Mavericksリリース
9月20日 iPhone 5s発売。
iPhone 5c発売。
NTTドコモiPhoneを取扱開始。
9月18日 iOS 7リリース
3月7日 ウィルコムiPhoneを取扱開始(iPhone 4S)。
3月6日 iBooks Storeにて本有料書籍の取扱い開始。

2012年

日付 内容
12月13日 iMac 2012年モデル(27インチ)発売。
11月30日 iPad miniWi-Fi+Cellular版)発売。
iPad RetinaディスプレイモデルiPad 第4世代/Wi-Fi+Cellular版)発売。
iMac 2012年モデル21インチ)発売。
11月7日 iTunes Storeにてソニー・ミュージックエンタテインメントSME)の邦楽配信開始。
11月2日 iPad miniWi-Fi版)発売。
iPad 第4世代(Wi-Fi版)発売。
9月21日 iPhone 5発売。
ライトニングコネクタ採用。
9月19日 iOS 6リリース
7月25日 OS X 10.8 Mountain Lionリリース
3月16日 新しいiPadiPad 第3世代)発売。
2月22日 日本でのiTunes in the Cloudサービス開始。

2011年

日付 内容
10月14日 iPhone 4S発売。
auiPhoneを取扱開始。
10月12日 iOS 5リリース
iCloudサービス開始。
10月5日 スティーブ・ジョブズ死去。
8月24日 スティーブ・ジョブズ CEO辞任。
ティムクック CEO就任。
7月20日 OS X 10.7 Lionリリース
3月25日 iPad2世代(iPad 2)発売。
2月25日 サンダーボルト採用。
1月18日 スティーブ・ジョブズ 病気により休職。

2010年

日付 内容
11月11日 日本にてiTunes Storeでの映画配信開始。
6月24日 iPhone 4発売。
Retinaディスプレイ採用。
6月21日 iOS 4リリース
5月7日 iPad発売。
3月31日 iBooksリリースiBooks Storeサービス開始(日本語書籍は取扱いなし)。

2009年

日付 内容
8月28日 Mac OS X 10.6 Snow Leopardリリース
6月19日 iPhone 3GS発売。
6月17日 iPhone OS 3.0(iOS 3)リリース
2009年 クレイグ・フェデリギ復帰。

2008年

日付 内容
7月11日 iPhone 3G発売。
ソフトバンクモバイルiPhoneを取扱開始。
iPhone OS 2.0(iOS 2)リリース

2006年

日付 内容
10月26日 Mac OS X 10.5 Leopardリリース
9月12日 iTunes Music StoreiTunes Storeへ名称変更。
米国にてiTunes Storeでの映画配信開始。
6月24日 Apple Store Sapporoオープン

2005年

日付 内容
12月3日 Apple Store Fukuoka Tenjinオープン
12月10日 Apple Store Sendai Ichibanchoオープン
8月6日 Apple Store Shibuyaオープン
8月4日 日本にてiTunes Music Store(現iTunes Storeサービス開始。
4月29日 Mac OS X 10.4 Tigerリリース
1月22日 Apple Store Nagoya Sakaeオープン

2004年

日付 内容
8月26日 Apple Store Shinsaibashiオープン

2003年

日付 内容
11月30日 Apple Store Ginzaオープン
10月24日 Mac OS X 10.3 Pantherリリース
4月28日 米国にてiTunes Music Store(現iTunes Storeサービス開始。

2002年

日付 内容
8月24日 Mac OS X 10.2 Jaguarリリース

2001年

日付 内容
10月23日 iPod(初代)発売。
9月25日 Mac OS X 10.1 Pumaリリース
3月24日 Mac OS X 10.0 Cheetahリリース

1992年~2000年

日付 内容
2000年9月13日 Mac OS X Public Beta Siamリリース
2000年1月 スティーブ・ジョブズが正式にCEOへ就任。
1999年 クレイグ・フェデリギ退社。
1998年8月29日 iMac(初代)発売。
1997年2月 NeXT買収。
スティーブ・ジョブズ復帰(暫定CEO就任)。
クレイグ・フェデリギ入社。
1992年 ジョナサン・アイブ入社。

1976年~1985年

日付 内容
1985年9月12日 スティーブ・ジョブズ退社。
1984年1月24日 Macintosh(初代)発売。
1977年1月3日 Apple Computer法人化。
1976年4月11日 Apple I発売。
1976年4月1日 スティーブ・ジョブススティーブ・ウォズニアックロンウェインの三人でApple Computer(現Apple)起業。

関連動画

Appleの部屋シリーズ

開封の儀・レビュー

関連静画

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目

Appleロゴ
macOS Macintosh | iMac | Mac mini | Mac Pro | Macbook | Macbook Air | Macbook Pro
iOS iPhone | iPad | iPad2 | iPad mini | iPad Pro | iPod touch
watchOS Apple Watch
tvOS Apple TV
その他・アクセサリー iPod | iPod classic | iPod nano | iPod shuffle | AirPods | Beats by Dr.Dre
ソフトウェアサービス Mac OS | iMovie | Garageband | Safari | iTunes | iBooks | QuickTime | Logic | QuartzComposer | Objective-C | Swift | ことえり | マップ(Apple) | Siri | Expose | Boot Camp | タッチジェスチャー | Twitter | Facebook | iCloud | iTunes Store | Apple Music | iBooks Store | Apple Store | Apple Pay | Retinaディスプレイ | Lightningコネクタ | IEEE1394 | ユニボディ
人物 スティーブ・ジョブズ | スティーブ・ウォズニアック | ジョナサン・アイブ | クレイグ・フェデリギ
出来事・ネタ iOS6マップ不具合事件 | パチンコガンダム駅 | 餃子の王将駅 | ゾルタクスゼイアン | iPod風壁紙 | iPodCMパロディ動画リンク | Apple動画吹き替えシリーズ | そう、iPhoneならね | iPad長 | Pad Apple!! | iPod nano (PRODUCT)IDOLM@STER
その他 | ⌘キー | ショートカットキーの一覧 | パソコンブランドの一覧 | 電機メーカーの一覧 | デジタルガジェットの一覧 | 携帯電話関連記事の一覧 | Mac Fan | Macでニコニコ生放送 | がんばれmac職人タグ | ニコニコ生放送iPhoneアプリ | iNico | かわせみ(IME) | アメリカ合衆国 | カリフォルニア | シリコンバレー | Worldwide Developers Conference | 作品テンプレートの一覧

脚注

  1. *【豆知識】「マップ」アプリのアイコンの地図は、アップル本社の所在地「Infinite Loop」
  2. *林 信行「iPadショック」より
  3. *【iPad miniは買いか、待ちか】石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.007

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/apple
ページ番号: 349080 リビジョン番号: 2428676
読み:アップル
初版作成日: 08/07/13 22:57 ◆ 最終更新日: 16/11/17 12:56
編集内容についての説明/コメント: テンプレート更新し、それに合わせてカテゴリを整理。出来事に追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


iPhone 4

iPod classic (2)

iPod nano

iPod classic

アップル 新ロゴ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Appleについて語るスレ

207 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 03:13:22 ID: xtoq3QBU8a
や他での評価はどうだか知らないが、
日本ローカライズに関してはめられてる印
伝わりゃいいだろみたいな雑な翻訳、担当してんの誰だ
208 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 23:42:33 ID: e3CmHNrzBu
むしろOSダイアログとかの質だと、WindowsLinuxとは較にならないほど洗練されてるが
Macだけしか使った事がないなら、他OSエラー文とか一回見てみ?隣の芝生いだよ
209 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 12:57:56 ID: VbLnykFn5S
サポートアップルアイデンティティwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
210 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 09:38:19 ID: VrlSG7qdS9
>>209>>180
を突かれてもう何も反論が言えなくなってしまったんだなお前は可哀想に…。
論破されることは恥ずかしいことじゃないが、負け惜しみでこれ以上醜態をすのはみっともないからマジでやめたほうがいい。こっちまで恥ずかしくなるから。

>>206
アップルiPhoneは、もともとあった技術を寄せ集めた集大成だった。日本の電機メーカーは最初なめていたが、結局は負けた。そうした技術を集めて製品化できるようなプロデュースジョブズの死後できなくなりつつあるのが今のApple。これから中韓メーカーに追い越されてどんどんダメになっていくだろうな。
211 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 17:25:37 ID: l5mJ+wyyWj
アップル大企業病か…… 
むしろ発病が遅かった方か。
212 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 18:09:34 ID: pmuQfom/cp
ティムクックAppleを退屈な会社にした」とAppleの元従業員が
http://gigazine.net/news/20170118-tim-cook-made-apple-boring/
213 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 06:23:30 ID: XqiqnamPOx
臭い掲示板だな
214 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 07:30:09 ID: 5Vo5YRGmN6
>>211
大企業病というより、ジョブズが尋常じゃなく優秀過ぎた
215 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 17:22:59 ID: bNCDGVmKYM
iMacPro公式ページすんごい見づらい!!
アニメーションが仕込まれてるのはともかく極太フォントぎちぎちとかどういうことだよ
216 : 削除しました :削除しました ID: 6TcejJq8Wx
削除しました
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015