単語記事: Beatles

編集

Beatles(ビートルズ)は、史上最も成功したバンド(by ギネスブック)。正式名称は「The Beatles」。

掲示板24よりぴーさんの絵

イギリスアルバムチャート51週連続1位を始めとした多数の記録を持つ20世紀を代表するアーティストである。とても全ては書ききれないので、詳しくはWikipedia等を参照されたし。

メンバー

  • ジョン・レノン(John Lennon) - リズムギター
  • ポール・マッカートニー(Paul McCartney) - ベース
  • ジョージ・ハリスン(George Harrison) - リードギター
  • リンゴ・スター(Ringo Starr) - ドラムス

略歴

1962年にデビューシングル「Love Me Do」が英国チャート17位を記録すると、二枚目のシングル「Please Please Me」が2位になり、このヒットで英国を中心に人気に火がつき、瞬く間にスターとなった。
1stアルバム「Please Please Me」は英国チャートにおいて30週もの間トップを記録し続け、31周目にビートルズの2ndアルバム「With the Beatles」が入れ変わりでトップを記録。こちらも21週連続でトップをキープし、ビートルズは英国チャートにおいて計51周連続一位という偉業を成し遂げた。

1964年にはアメリカ進出にも成功し、ビルボードシングルチャートTOP5を独占する快挙を達成。同年に発売された「抱きしめたい(I Want to Hold YouHand)」は当時のシングル売り上げ記録を塗り替え、現在も世界歴代シングル売上枚数で第5位となっている

また映像作品においても多数の功績を残している。

1964年、『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(A Hard Day's Night)』(②)[1]に主演し映画に進出。次作『ヘルプ!4人はアイドル(Help!)』(③)はカラーで撮影された。実際にメンバーが冗談混じりに語っている他、これらの監督を務めたリチャード・レスター(後に『ナック(The Knack ...and How to Get It)』でカンヌ国際映画祭最高賞(パルム・ドール)受賞)はMTVから「貴方がMTVの父だ」と賞状を贈られた。

1965年、ニューヨークのシェイ球場(MLBのメッツ、NFLのジェッツのホームグラウンド)で5万5千人を超える熱狂的な観客の前で史上初のスタジアムライヴを開催した(④)。球場開催は最大多数の観客を迎えるためであり、以降は彼らのライヴ形式として定着するが、一躍世界的トップスターとなった彼らのこうした状況こそが後のライヴへの意欲低下の大きな原因となった。

同年末、自分たちで撮影した映像をTV局に渡すという方法を考え出す(⑤)。実はメンバーたちは新曲をリリースする度に大規模なツアーを行ったりTV出演を繰り返す必要がある事に肉体的にも精神的にも疲弊していたし、折角のライヴでも納得のいく音響が伝えられず(当時はステージ上を映すモニターは無く、十分な音量と音質を伝えられる高出力アンプ等の音響機材を備えた施設も殆んど無い上、開放式球場では音声が十分に反響せず拡散してしまう)、そもそも「大勢の警備員で厳重に警戒しないと自分らと観客の双方の安全を図れないライヴ」に果たして意味はあるのだろうか、といった疑問は彼らの中に徐々に募っていった。

1966年、彼らが世界的ブームの火付け役となったロック・ミュージックは、特に年配者や体制側の無理解により一大社会問題となっていた。そんな大騒ぎの渦中で最初で最後の来日公演(6/30~7/2、於日本武道館)を行う。彼らは既にライヴへのモチベーションを欠いていたため数あるライヴの中でも最低クラスのクオリティであったが、皮肉にもこの時撮影されたカラー映像は当時のビートルズを撮影した映像の中でも特に鮮明なものとして、後にファンの間で有名となる(⑥)[2]

結局1966年8月を最後にコンサート活動を終了し、1967年以降はスタジオでのアルバム製作に重点を置くことになった。この時期に生まれたPV作品では「レイン(Rain)」では屋外での撮影を行い(⑦)、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever)」(⑧)では演奏シーンを廃してサイケデリックな世界を表現して映像としても高い評価を受け、後のPVへの影響を及ぼした。

史上初の衛星中継番組「OUR WORLD」にイギリス代表として出演し、書き下ろしの新曲「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」を世界中に披露する(⑨)など活動は順調だったが、1967年8月、マネージャーのブライアン・エプスタインの死を機に歯車が狂い出す。同年末に発表した自主制作映画『マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)』(⑩)は映画としては酷評されたが、現在ではPVとしてシュールな映像が音楽に重なる場面が特に評価されている。

1968年以降、険悪になっていく一方のメンバーの結束を取り戻そうと、ポール・マッカートニーはライブ活動への回帰を提案。同時に、リハーサルを撮影し復活を追ったドキュメンタリー映画を製作する事となり、1969年1月に「Get Back(原点回帰)」と名付けられたセッションが始動する。しかしこのプロジェクトは完全に逆効果となり、人間関係が余計に悪化する原因となってしまった。ライヴシーンは「Rooftop Concert(屋上コンサート)」と銘打たれ(⑪)、真冬深夜のロンドンのスタジオ屋上(気温2℃)でのゲリラライヴという形で行われたが、これが人前での最後のライヴとなった。

撮影されたフィルムは――ポールの当初の願いとは真逆の形で――『レット・イット・ビー(Let It Be)』(⑫)、つまり「在るがままに」と名前を変え、解散へと向かうビートルズの姿を追った映画として1970年に公開され(監督は「レイン」のPV等を手掛けたマイケル・リンゼイ=ホッグ)、同名のシングルとアルバムが最後の作品となった。翌年3月、ポールが解散を求めた裁判がロンドン高裁で結審し、ビートルズは正式に解散した。

そして1980年、ジョン・レノンがダコタ・ハウスで射殺された事で再結成は実現しないと思われていたが…
1995~1996年、ジョンが生前残したテープにオーバーダビングする形で25年ぶりに製作された2曲の新曲「フリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)」「リアル・ラヴ(Real Love)」をリリースした(⑬)。

その後2001年にジョージ・ハリスンが死去、現在も存命なのはポールとリンゴ・スターの2人である。

関連商品

関連コミュニティ

関連生放送

外部リンク

関連項目

  • 音楽
  • ミュージシャン一覧
  • シー・ラヴズ・ユー
  • 抱きしめたい
  • 涙の乗車券
  • ミッシェル
  • ノルウェイの森
  • エリナー・リグビー
  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • 愛こそはすべて
  • ハロー・グッドバイ
  • ヘイ・ジュード
  • ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  • ゲット・バック
  • ドント・レット・ミー・ダウン
  • カム・トゥゲザー
  • ヒア・カムズ・ザ・サン
  • ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  • アクロス・ザ・ユニバース
  • レット・イット・ビー

脚注

  1. *この邦題の命名者はユナイト映画宣伝マン時代の水野晴郎。
  2. *ちなみに、この公演の前座演奏でザ・ドリフターズが前座用ではなくビートルズ用のステージに上がり込み約40秒間演奏した(そして退場の際にすれ違ったポールのベースにいかりや長介のベースが接触し「いかりや『が』怒られた」)が、当時素人だった志村けんは彼らが出ていない7/2の公演を観たためにこの劇的シーンを目撃していない。前座を務めたのは他にも内田裕也、桜井五郎、尾藤イサオ、望月浩、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、寺内タケシとブルージーンズ、という層々たる顔ぶれだった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/beatles
ページ番号: 201928 リビジョン番号: 2186285
読み:ビートルズ
初版作成日: 08/06/05 01:57 ◆ 最終更新日: 15/04/03 00:02
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


paul

Abbey Road

途中

もう少し

疲れた・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

The Fool ...

Beatlesについて語るスレ

138 : ななしのよっしん :2016/01/11(月) 13:07:13 ID: pCi0BYL/qs
>>lv248057235

139 : ななしのよっしん :2016/02/22(月) 00:13:34 ID: AS5DCObatu
>>137
ジョージはビートルズでは3番手か下手すりゃ4番手だけど、解散後最初のソロアルバムで7週連続全米1位、トータルセールス600万枚以上を記録した超天才なんだぜ
ビートルズにはこれだけの才能が埋もれるほどの天才が2人もいたという話で
140 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 23:09:34 ID: nmvOjPdzPP
ジョージはビートルズではへたすりゃ4番手というのはなんとなく分かる。彼はお世辞にも上手いリード・ギターというイメージではない。
しかし、ギター以外の、それまでポップスに使われていなかった楽器をビートルズに持ち込んだ貢献は大きい。特にシタールをはじめとして数々のインドの楽器は、ラバーソールから後期のアルバムにかけて独特のスパイスになっている。
ただ、シンセサイザーを持ち込んだのは失敗だったと思う。アビーロードでも、シンセサイザーを多用していない曲のほうがすっきりしている。モノフォニックのモーグシンセサイザーは、冨田勲のようなその楽器のプロフェッショナルでなければ扱いが難しく、素人が使うとおもちゃの電気ピアノのような安っぽいサウンドになってしまう。特にアコースティック・ギターとの相性は絶望的だ。
それに対して、ギターと他の楽器は大変調和がとれていた。すでにイエスタデイでアコースティック・ギターとストリングスの組み合わせは成功させていたが(日本では73年にかぐや姫が神田川でより和風に仕上げている)、サムシングでは一見合いそうもないエレキギターとストリングスのフレ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
141 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 23:31:49 ID: nmvOjPdzPP
TM解散後は小室は、ストリングス音が必要なときは本物(生の)弦楽器を使うようになる。限りなく自然に近いストリングス音をシンセサイザーで作り出すような作業をするくらいなら、最初から生楽器を使うほうが手っ取り早い。そういう時代になったのだろう。
ビートルズがアビーロードでシンセサイザーを導入するのは早すぎた気がするが、後の音楽史を振り返ると、ポップスやロックの音楽にシンセサイザーを採り入れようとした冒険心が後のミュージシャンに刺激を与えたという事は評価されるべきなのかも知れない。
142 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 12:47:08 ID: G4/llyF1j/
碌に楽譜も読めない、理論も勉強してない、ただの無知なクソガキ共が
まるで、現代の大衆音楽の太祖みたいに崇められてるのは、世界七不思議の一つ


現代の知識水準・教育水準の下で、まともな音楽教育を5,6年受ければ誰でもbeatles程度の曲なら作れるよ
まあ、その程度の曲を作れたところでなんの自慢にもならないだろうが




143 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 12:59:07 ID: ta7F44HC12
>>142
ほう・・・言ったな

じゃあそういう曲作ってビートルズ超えてみよっか?^^
144 : ななしのよっしん :2016/10/08(土) 10:36:12 ID: 4+LOw3Ey3F
楽譜読めないのとか理論が無いのとかは音楽の才能と魔神をは関係ないだろ
俺の知り合いには楽譜が全く読めないけどドラムのリズムが抜群に良いヤツいるぞ
145 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 03:26:44 ID: nmvOjPdzPP
ビートルズが名盤を遺せたのはジョージ・マーティンのおかげ
という意見をよく聞く
確かにその通りなんだがジョージ・マーティン自身「自分はオーケストラアレンジはできるが、ペニー・レインやストロベリー・フィールズのようなメロディは思いつかない」と言っているとおり、いくら編曲者が優れていても作曲家の才能が二流三流だったら50年後まで残るような曲にはならないでしょ
ただの不良少年に当時は見えたのも事実だけど、実際は「天才的な」不良少年たちだったということ
146 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 07:47:58 ID: w5pPqWK0qK
>>142は、ビートルズ以上の素晴らしい楽曲を作れるらしい。
折角なので、ニコニコ動画で発表して貰いましょう。


敵前逃亡は無しの方向で。







(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
147 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 23:12:37 ID: EvUgSxcC40
>>146
>>142が馬鹿だというのは痛いほど伝わったがもったいぶりすぎて
(省‌略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)の釣りを疑った
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015