単語記事: beatless

編集  

それは、人間と人智をえた存在との決別と共存の物語

BEATLESSビートレス)とは、長谷敏司によるSF小説である。

概要

人類はモノによって淘汰されてしまうのか?

人間をかに駕する存在になったモノ。使うモノと使われるモノの立場が揺らぐ時、私たち人間はどんなを選ぶのか、その判断はひとりの少年と人智をえてしまった人間そっくりのモノに委ねられた――。

商品情報ページより

長谷敏司によるSF小説イラスト担当はredjuice刊『NewType』誌にて2011年から連載後、2012年10月に単行本化された。第34日本SF大賞(2013年)にノミネートされている。

2018年1月からテレビアニメが放送。

ストーリー

今から一〇〇年後の未来社会のほとんどをhIEと呼ばれる人ロボットに任せた世界。人類の知恵をえた高度AIが登場し、人類の技術をはるか駕した物質「人類未到産物」が生まれ始めた。棺桶のようなデバイスを持つレイシア。彼女こそが人類の理解をえた高度AIによって作り出された「人類未到産物」だった。17歳少年遠藤アラトはレイシアと出会う。人間がもてあます進化を遂げた人間そっくりの“モノ”をの前にし、アラトは戸惑い、疑い、翻弄され、そしてある選択を迫られる。信じるのか、信じないのか―。「ヒト」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガール。彼女たちはなぜ生まれたのか。彼女たちの存在と人間の存在意義が問われる。そして、17歳少年は決断する―。

TVアニメ

長谷敏司による原作は初のアニメ化

スタッフ

関係者のコメント

監督・水島精二氏のコメント

原作を手にした時、その分厚さ、内容の濃さ、情報量の多さに戦きました。しかし、読み進めるうちに、そのテーマ世界に魅了され、大変だとは分かりつつも、いま、映像化するべきだと。自分で手がけたい、と、意欲が沸いてきました。映像化にあたり、分かりやすく、取っ付き易くするために諸々整理させて頂いています。それを受け入れ、協を惜しまな長谷先生redjuice先生感謝し、その恩に報いるよう、全で頑りたいと思います。

原作・長谷敏司氏のコメント

BEATLESSアニメ化ありがとうございます!元々、「ニュータイプ」連載で、アニメの好きな読者さんに向けて書いたSFだけに、アニメで表現されることに特別な意味がある作品だと思っています。それが、あの水島精二監督に、シリーズ構成には髙橋龍也さんと実はSF研出身の雑破業さんが入ってくださった、強いメンバーでの実現です。脚本打ち合わせには毎回参加させていただいていますが、映像プロの皆さんがよいものにしようとを尽くしてくださっている熱を肌に感じております。自分も完成を心から楽しみにしております。ご期待ください。

原作イラスト・redjuice氏のコメント

気づけば、、「ニュータイプ」本誌での連載から6年もの日が経っていました。企画スタート2009年なので、もう8年も前の事です。自分のキャリアの駆け出しとなった作品の一つで、とても思い入れの深い作品です。様々な方の尽で、ようやく待望の映像化が決定しました。新しいビジュアルと深く掘り下げられた設定により、再び動き出すBEATLESSをどうぞお楽しみに!

主題歌

オープニングテーマ
GARNiDELiA
エンディングテーマ
ClariS

関連動画

ファン作品

関連商品

小説

漫画

4コマ漫画

画集・設定資料集

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/beatless
ページ番号: 5504430 リビジョン番号: 2541582
読み:ビートレス
初版作成日: 17/10/07 22:29 ◆ 最終更新日: 17/11/19 23:58
編集内容についての説明/コメント: 冒頭追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

beatlessについて語るスレ

1 : 最低野郎の一人 :2017/11/15(水) 07:54:36 ID: OfgRL6PbOK
アニメカ万歳!でも1クールだとしたらどこまでやれるんだろう?マジックみたいな裏の動きとか再現できるのかな?原作者いるし、監督水島精二氏だから大丈夫かな・・・
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829