単語記事: beatmaniaIIDX

編集

beatmaniaIIDX とは、1999年コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメントKDE)が発売したDJシミュレーション音楽ゲームで、『beatmania』のバージョンの一つである。

概要

画面上から流れてくるノートに合わせてボタンを押し、音楽演奏する『beatmania』のゲーム性はそのままに、操作デバイスボタンを2つ追加し、さらにエフェクトの強化を図っている。また『beatmania』と異なり、1P側のターンテーブルが左側に配置され、1P / 2Pとで操作感がかなり異なるのも大きな特徴である。全ゲームセンターに筐体が設置されているほか、バージョンによっては家庭用ゲームソフトが発売されている。

通称としては「IIDX」(ツーディーエックス)、そこから生して「弐寺」(にでら)あるいは、単に「寺」、「デラ」、『beatmania』とのボタン数の差異から発生した「7鍵」「7鍵盤」などがある。また、直接のシリーズである『beatmania』は2002年シリーズ完結して既に一線から退いているため、現在では「beatmania」「ビーマニ」と呼んでも本シリーズすことがしばしばある。

「なぜ『II』ではなく『IIDX』なのか?」という質問が度々見られるが、もともとは「IIDX」の筐体を一回り小さくした「beatmaniaII」というものがあり、そちらをメインに展開し、IIDXは大店舗向けの高級機とする位置づけであったが、発売前にIIDX筐体の方に人気が集まってしまい、結果的にIIなかったことにされ内)未発売となり、IIDXが稼働した。という経緯がある。ちなみに、II筐体は海外で「beatstageII」としてプレリリースされており、IIDXを動かすことが出来る。

バージョンによる判定誤差

IIDXではシステムが大幅に変更された9thから判定がおかしくなったり厳しくなったり緩くなったりしている。上級者やスコアラーにとっては大問題であるが、ソフトウェアだけではなくハードウェアも問題に絡んでいるためなかなか安定していないのが現実である。

なお、GOLD(のアップデート)以降判定は8th以前とほぼ同じに戻った様子。Lincleではさらにターンテーブルの感度が向上し、さらに判定が健全なものになっている。

そして再びハード面の一新が行われたtricoroでは沈み気味判定、液晶モニタなのにSD設定になっていることによる判定ズレなどの問題が新たに噴出したものの、なんと手動で判定を調整できるようになったため、これらの問題や非正規モニタの遅延などに自で対応できるようになった。

なお、Lincle以前の判定に近くするためには判定を+0.5あたりに調整しておくとよい模様。
(ただし正規液晶モニタの例。ブラウン管正規モニタや非正規モニタではまた異なることに注意)

beatmaniaIIDXのバージョン一覧

beatmaniaIIDXの全バージョンを以下で一覧にまとめる。
また、ニコニコ大百科に記事のある楽曲についても初出バージョンの項内に併せて記した。
なお、SIRIUS以降はバージョンごとの記事があるためそちらも参照。

またIIDXでは10年にわたり複数回筐体モデルが変更されており、筐体ごとに若干~大きく仕様が異なる。これについても記載する。

1st style

「時代を震わす鼓動を刻め!!」

1999年2月26日稼働開始。上記のキャッチフレーズに登場した次世代DJシミュレーションゲームbeatmania IIDX」の最初のバージョン
東芝40インチリアプロジェクションモニタ搭載。ムービーは内蔵されているDVDプレイヤーから出された。
プレイモードは7KEYSモードEXPERTモードのほか、鍵盤のみを使用する4KEYSモードや初代beatmania同様5鍵盤のみを使用する5KEYSモードが搭載されていた。
収録曲は初収録から現在バージョンまで一度も削除されていない「5.1.1.」「R3」「GRADIUSIC CYBER」をはじめとしたオリジナル楽曲のほか、インディーズ時代のm-floMonday満ちるの版権曲の収録や5鍵beatmaniaからの移植曲が収録されていた。ただし5鍵beatmania曲に限り、7KEYSを選択しても譜面は5KEYSのままであった。
5鍵盤のbeatmaniaべると画面が大きく、音も良い上にエフェクトが自在に使えたため、当初のコイン設定は5鍵盤の1プレイ200円/2プレイ(ダブルプレイ)400円に対し、1プレイ300円/2プレイ(ダブルプレイ)500円という強気な設定であった。

substream

「The next respect」

1999年7月27日稼働開始。DDRとのリンクを搭載。(LinkVer1、2)
このsubstreamファンには1作に数えられているが、dj TAKAには初代のマイナーチェンジバージョンとカウントされているようで、Ver1.5扱いとされサントラコメントでは視される事が定番となっている。
しかしマイナーチェンジ扱いとはいえ新曲やリンクに伴うDDR移植曲の追加、5鍵beatmania移植曲の追加および既存の5鍵盤楽曲に7鍵盤譜面が追加(ただしANOTHERのみ)が追加されるなど、当初としては実質バージョンアップに近い要素が追加されていた。IIDXマスコットキャラクターでお染みのトランの登場は、このバージョンの「THE EARTH LIGHT」から。

2nd style

譜面ビート)の向こうへ駆け抜けろ。」

1999年9月30日稼働開始。DDRとのリンクが残った最後のバージョン。Hi-SPEEDオプション初登場。
曲の展開に関係なくBPMが変化する「SOFT LANDING ON THE BODY」の登場により、後の音ゲーにこの楽曲の略称である「ソフラン」という新たな言葉が誕生した。
当時の最高難易度であり、初の7曲「dong-tepo No.1」や、微縦連が強な「Indigo Vision (full flavour all around mix)」もこのバージョンから収録されている。

3rd style

「WELCOME TO THE CYBER-beat-NATION」

2000年2月25日稼働開始。庭用がリリースされた最初のバージョン
今までのイメージカラーを一新し、DDRとのリンク止、7KEYSの易しいバージョンであるLIGHT7という新たなモードの登場の代わりよる4KEYSモード止、そして一部を除く5鍵beatmania移植曲の全削除など、5鍵beatmaniaの延長線にすぎなかったイメージから離れるような意味で大幅にリニューアルされた。
現在も七段ボスTHE SAFARIeraDP、そしてSP、DPともにHolic難易度は全プレーヤーに衝撃を与えた。ボス曲だらけのHellコースも初登場。

4th style

「TRIP THE DEEP

2000年9月28日稼働開始。EASYオプションが初登場。
初の楽曲募集コンテストが行われ、kors kClioneRyu(この時点ではかった)のstarmineが採用される。そのstarmineラストしっぷりは一部で鬼畜とか言われた。

このバージョンではpop'n musicからの初移植曲である「ULTRA HIGH-HEELS」が収録されている。

5th style

IIDX FOR THE NEW CENTURY

2001年3月27日稼働開始。Hi-SPEEDオプションが3段階となり、START長押しで選曲前に限り切り替える事が可になった。
STILL IN MY HEART局所難、IIDX初の現12であるVの鬼畜難易度が色々と話題に。

後のIIDXで度々登場するJ-POPの版権アレンジはこのバージョンに収録された「天国キッス -D.J. TAKA's style-」が初である。

6th style

「艶~THE PRIMARY VIVID IIDX

2001年9月28日稼働開始。オプションが曲ごとに選択可に。
諸事情により、このバージョンをもって家庭用ゲームソフトへの移植が一時中断された。
譜面こそ変わったが、20,novemberが復活したのも意外な話題に。
今作からムービー容量拡大のため、CD-VideoからDVDフォーマットを変更、しかしDVDプレイヤー劣化が進んでいる筐体ではDVDを正常に読み込めなくなり、ムービーが再生されないトラブルが多発。また初期ROMではエディットコースの選択画面と実際に出現する曲がずれていて、隠し曲演奏出来ちゃったコンマイクオリティが。

7th style

JEWEL SHOWER」

2002年3月27日稼働開始。段位認定モードが追加。このバージョンから一定の条件を満たすことによりEXTRA専用曲「MAX 300」とONE MORE EXTRA専用曲「革命」がプレイできるボス曲システムが導入された。このシステムは後に形を変えながら多種多様化して搭載されることとなる。
Colors(radio edit)とAのANOTHERが後から追加になり、Vで打ち止めだろうと思っていた難易度が再びインフレ開始。全プレーヤー意味不明感が漂う。あぁ、今日も74か・・・

ユーザーアンケートにより、長らく中止されていた庭用の開発が再開。
この出来事は、当時を知るユーザー現在伝説的にり継がれる。

8th style

Break the Future!」

2002年9月27日稼働開始。5鍵beatmaniaの最終作である「beatmania THE FINAL」の稼働後、一部の5鍵スタッフがこのバージョンから合流。
この時期より、リアプロジェクションモニタの寿命から来る故障が多発。該当するモニタは既に生産を終了しており、
やむを得ず代わりのプラズマテレビや液晶モニタを提供するも、映像遅延が発生しプレイにすらならない店舗が続出。中には自でコンバートして対応した店舗もあったとか。
庭用では曲を収録しすぎて汎用ムービーが4本しか収録されなかったのが問題に。

9th style

2003年6月25日稼働開始。e-AMUSEMENTへの対応が始まり、それに伴い磁気カード対応のカードリーダー設置。筐体システムWindowsXPベースモデルに変更されている。
スペックも強化されHDDの容量が増量したことにより、8thstyleのホームページで行われていた次回作復活曲アンケートを元に旧曲が大幅に追加。また、ムービーDVDから読み取りではなくHDD内から読み込む仕様に変更され、DVDロードされない問題がやっと解決された。この仕様変更により<読み取り問題だけでなくDVDの容量により収録できなかった旧曲の専用ムービーがこの全曲ほぼ復活した。
しかし、内部システムの変更による入遅延や音質・音量バランス劣化エフェクター止など問題が噴出した。音質、音量バランスの問題はいまだ解消されていない。
また、この頃より36インチモニタ搭載の新筐体が供給されるようになった。
コナミよりでているフィギュアのプライズはこのモデルである。

10th style

「「十」代重ねるビートの血脈。「重」くき渡る脈動。「充」たされるBLOOD。」

2004年2月18日稼働開始。難易度の段階か1~7、る7(7+)から1~8に変更されたほか、9th styleで止されていたエフェクタ機仕様を変更して復活。
ロケテストではエフェクトに名称がついていたが、それがわかりにくかったのか製品版では現行バージョンと同様「ECHO 1~4」「REVERB 1~3」に変更されている。

段位認定SP八段がmoon_child(ANOTHER)→雪月花(ANOTHER)→one or eight(ANOTHER)→No.13(ANOTHER)と十段に匹敵する意味不明っぷりになった(実際moon_childNo.13は10段の3、4曲に入っている)。最初は7KEYS(現HYPER)とANOTHERを取り間違えたと思われていた。そして後にバグ修正が入るかと思ったまさかの仕様です宣言、全八段プレイヤーをどん底に叩き落とす。詳細は10thSP八段を参照。

その他にも現行のバージョンでは類を見ない辛口判定でプレイヤーを苦しめた挙げ句、WRにまさかのGAMBOL課題曲となり、誰一人AA以上を取れなかったり、解析により稼働数週間でパスワードが流出し二回IRで解禁予定だった隠し曲が全解放され、公式で解禁を通常より一週間めるという騒動が発生するなど、10作(実際は11作だが)という節で色々と伝説を築いてしまった作品である。

10th style オープニング
13067
10th style 選曲BGM
13081

11 IIDX RED

「赫(あか)に、染まりな。」

2004年10月28日稼働開始。従来の「~th style」という呼称が止され、バージョン名としてサブタイトルが付されるようになる。ちなみに、REDは「Revolutionary Energetic Diversification version」の略でもある。
バージョンタイトルの通り赤色を基調としたデザイン。また、このバージョンよりライバル実装となった。
gigadelic」の登場により、TROOPERSを除く現バージョンまで段位認定モード八段の最後のトリを務め、八段に挑む七段プレイヤーを苦しめることとなる。

また、解禁システムが従来のパスワード形式からオンラインアップデートによる解禁方式に変更。これにより解析によるフライング解禁こそはかったが、ネットワークに繋がっていない筐体は何も解禁することができないという状況ができてしまった。

12 HAPPY SKY

「Just Got Splash Beats!」

2005年7月13日稼働開始。青色を基調とした爽やかデザインで、特に明るい曲調の女性ボーカル曲を多く収録。また新規収録曲の全てに専用のムービーまたはレイヤーが付された、ビジュアル面に注したバージョンでもある。

このバージョンから難易度表記体系が大きく変化。1~12の12段階表記となり、譜面タイプ名もLIGHT7、7KEYS、ANOTHERからNORMALHYPERANOTHERと変更。さらに長らく付いていなかったANOTHER難易度表記が実装された。楽曲面では今も高い人気を誇る「SigSig」、「Xepher」、現在におけるSP皆伝ボス皆勤の「」、その出現をDistorteD稼動まで阻んだ「SCREAM SQUAD」などを輩出している。

また、オプションには新機としてSUDDEN+とHIDDEN+が追加。筐体画面の上にタオルをかけて見える範囲を調整するプレイが流行していたため、それをヒントに機として導入された。レーンカバータオルがあるのはこのプレイが元となっている。

13 DistorteD

2006年3月15日稼働開始。DistorteD(歪み)をテーマとした重圧な楽曲が多く収録された。
従来のエントリーカード(磁気カード)に代わり、e-AMUSEMENT PASS(ICカード)を導入。
それに伴いデータ記録用のカードリーダーが磁気カード対応のものからICカード対応に変更された。

このVerよりボスフォルダ要素が追加、ボスフォルダCARDINAL GATE」が登場。
四天王楽曲(「玄武」「朱雀」「青龍」「白虎」)が登場し話題となった。

また、このVerより曲の演奏中にHI-SPEEDを切り替える事が出来るようになり、段位認定EXPERTモードにおいてHI-SPEEDが合わない問題が解決された。段位認定十段のさらに上の皆伝が追加されたのもこのVerから。

ボスフォルダ「CARDINAL GATE」

14 GOLD

Are You Ready Come on! It's Party Time!」

2007年2月21日稼働開始。名前の通り色を基調とした綺羅びやかなインターフェースで、バブル期に代表される「アゲアゲ」な楽曲が多く収録された。

今作で筐体内PCがバージョンアップ処理落ちが解消され、新筐体ではカードリーダーや鍵盤等の入機器がUSB1.0からUSB2.0に変更された。これによりGOLDより供給された筐体とそれ以前とでキーレスポンスに大きな差が出るようになるが、システムアップデートで均一になるように調整された。これで9th styleにあった判定異常は(公式のモニタに限り)解消されている。

また、稼動時期は丁度ニコニコ動画明期にもあたり、「3倍アイスクリーム」「IIDX GOOOOOOOOOOLD」などのネタが全盛をきわめた。

GOLD 選曲BGM
13964
ボスフォルダ「VIP ROOM」

15 DJ TROOPERS

「「撃トリガー)」は引かない。「戦(せんりつ)」を打て。」

2007年12月19日稼働開始。イメージカラー(迷彩色)。
テーマは「戦い」。MILITARY SPLASHなどの隠し要素が話題となった。

このVerより37インチ液晶モニタ搭載の筐体が供給されるようになったが、案の定液晶での出遅延若干ながら発生。この遅延システムバージョンアップDISPLAY TYPEを設定できるようにすることで対応。これにより他の液晶テレビプラズマテレビでの表示遅延もある程度解消されている。
庭用において、ANOTHER譜面よりも高難度である黒ANOTHER譜面が追加となった。

DJ TROOPERS 選曲BGM
13064
ボスフォルダ「MILITARY SPLASH」

16 EMPRESS

(ちょう)、頂(ちょう)、(ちょう)、煌(きらめ)く―。」

2008年11月19日稼働開始。EMPRESS(女)をテーマをした、ピンク色で鮮やかなデザインが特徴。
このVerよりターンテーブルに表面がデコボコしているシートが貼られる様になり、ターンテーブルが回しやすくなっている(通称:EMP皿)。ただし店舗によってはあえて貼っていないところも(通称:旧皿)。
smooooch・∀・卑弥呼など、ニコニコ動画で人気の楽曲が多く登場したバージョンでもある。

EMPRESS 選曲BGM
11694

Empressロケテポスター

ボスフォルダ「EMPRESS PLACE

17 SIRIUS

「音条の条の。」

2009年10月21日稼働開始。銀色を基調としたメタリックインターフェース
チャージノートバックスピンスクラッチを初搭載。ボス楽曲の解禁に、店舗行脚などの特殊条件が追加。
IIDXではsubstream以来となる他BEMANIシリーズ(jubeat)とのタイアップも実施された。音条の響、光条の輝。

ボスフォルダ「PARALLEL ROTATION」

18 Resort Anthem

Blaze through the resort party!」

2010年9月15日稼動開始。リゾートテーマに、オレンジ水色を基調とした明るいデザインが特徴。
L.E.D.サウンドディレクター就任、Tatshの復活、これまでとは一味違う隠し曲解禁方法など、多くのサプライズが仕込まれプレイヤーを驚かせた。その反面、稼動開始直後からフリーズバグや設定ミスによる隠し曲解禁騒動などが起こっており、これまでの反システム面に活かせていないのでは、という厳しい意見も見られる。
IIDXシリーズとして初めて電子マネーPASELI」を使用できるようになった。
上記の解禁方法一新により、ボスフォルダは今作は止されている。

JAPAN TOUR
WORLD TOUR

Lincle LINK

Lincle稼働前の2011年7月14日に始まった大規模連動企画
第一弾の曲はThunderbolt以外すべてResort Anthemフォルダに入っているので注意。

第一弾 beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem × REFLEC BEAT

Lincleでもイベント継続。その後第五弾に曲を受け継ぐ形で終了。その第五弾は何故か三作先のSPADAまで継続していた。

19 Lincle

「可憐(ラブリー)×音(ドライブ)=新連鎖(ニューリンクル)。」

2011年9月15日稼働開始。
連結」をテーマとしており、連動企画Lincle LINK」が開催されているほか、5鍵時代に楽曲を提供していたnouvo nudeの復活、HommarjuREDALiCEをはじめとした同人音楽クリエイターからの楽曲提供などの玉要素がある。プレイヤーの分身であるクプロも本作から登場。

そのほか、今まで異様に高かったNORMAL(最低難度)の難易度が新曲では押さえ気味になっていたり、上達のための「STEP UPモード」、楽曲の試聴機が(今までかったのが不思議であるが)実装されていたりと、従来作と初心者へのサポートが充実している。その一方でEX-HARDオプションという廃人超上級者向けオプション実装、3曲保になり1st STAGEから全難易度が選択可になる「DJ VIP PASS」の実装など、上級者へのサポートも忘れてはいない。

また、前作にて止されていたボスフォルダが新たに解禁要素を取り込み、
楽曲解禁イベントとしてパワーアップして復活、(変な方向でも)話題を呼んだ。(→Lincle Kingdom) Lincleロゴ

楽曲解禁イベント「Lincle Kingdom」

Lincle LINK

第二弾 beatmaniaIIDX 19 Lincle × jubeat copious

IIDXプレイしてもjubeatの隠し要素の解禁に必要なACHIEVEMENT POINTが溜まり、
逆にjubeatプレイしてもDELLARが溜まるイベント。双方に収録されている楽曲をプレイすると、ポイント増量。
今回の移植曲は解禁作業不要。最初からこの3曲がプレイできる。

第三弾 beatmaniaIIDX 19 Lincle × jubeat copious

2011年11月16日より始まったjubeat copiousとの連動企画第二弾。
IIDXで解禁される楽曲とjubeatで解禁される楽曲を互いの機種で伝導し合うイベント
IIDX側の条件が非常にシビアであることが話題を呼んだ。

第五弾 beatmaniaIIDX 19 Lincle × REFLEC BEAT limelight

2012年6月27日より開始されたREFLEC BEAT limelightとの連動企画第二弾。
最後に待ち受けるHAERETICUS難易度リフレク側で悲鳴が上がる。

20 tricoro

「輪音転奏(Next Link Various Tunes Change The World [TRI] For The Future !!!)。」

2012年4月18日よりロケテ開始。2012年9月25日稼働開始。
総合テーマは「ゲームイベント」、デザインテーマは「未来都市」「仮想間」。
からなるトリコロール調のカラフルかつサイバーデザインが基調。某団体とは関係ない
記念すべき20ナンバリングである(substreamを入れたら21だが・・・)。
今作よりL.E.D.に加え猫叉Masterサウンドディレクターに就任。システムBGM猫叉作曲のものになっている。

初心者中級者向けの機追加がLincleに引き続き行われ、さらにプレイ中のスコアグラフ関連の機も表示場所の移動が可になったり、ハイスコアえるとカットインにより通知しするようになったりなどと追加が施されている。

そして長らく手が加わっていなかったHi-SPEEDオプションにも手が加わり、今まで表示数と実際の倍率が違っていたのが、表示もようやく実際の倍率に統一されたほか、0.01単位で細かくHi-SPEEDを調整できる新たなHi-SPEEDオプション「FLOATING Hi-SPEED」が追加された。

さらにDJ TROOPERS以来の新モニタ登場、GOLD以来の内部PCバージョンアップなどハード面も大幅進化
画面解像度Lincleまでは640x480のものを拡大していたのが、今作からは1280x720(720p)のHD画質になる。
(ただしブラウン管筐体はHD設定に対応しておらず、従来通りのSD設定で稼働している)

以上の追加要素のほか、テーマにもあるように今作ではイベントが従来よりも多く開催される予定。
そのほか、製品版では待望の「店舗内ランキング」や「全店舗別ランキング」も実装されている。

20の節であり、CSGOLDで収録されていたmnemoniqの収録や、バージョンの組み合わせで構成された懐かしくも新しいボス曲が多数登場するLEGEND CROSSといった古参泣かせの演出はあるものの、稼働初期から搭載されていたHIDDEN、SUDDENHID+SUDの3つのオプションEXPERTモード止されている。(ただし、EXPERTモード公式サイトメニューが一ついているため、隠しモードではないかという見方もある)

Lincleにて追加されたクプロ要素は継続Lincle以上に出番が増えている。
以上の他にも新要素・変更点は大量に存在する。詳細はこちらのサイトを参照。 tricoro ロゴ

EXTRA STAGE専用曲群「LIMIT BURST」
楽曲解禁イベント「LEGEND CROSS
楽曲解禁イベント「Ω-ATTACK

Ω-Attackロゴ

楽曲解禁イベント「ぼくらの宇宙戦争

連動企画

Café de Tran

2013年2月27日から始まったjubeat saucerとの連動企画

私立BEMANI学園

2013年4月24日から始まった大連動企画。条件を満たすとpop'n music Sunny Park・Dance Dance Revolution 2013・GITADORAjubeat saucerREFLEC BEAT colette及びIIDXで下記10曲が解禁される、なので当項では「○○と同時に収録」という備考は省略する。

また、SOUND VOLTEXDanceEvolution ARCADEクイズマジックアカデミー 賢者 Season2をプレーすることで解禁が促進されるボーナスもあった。

クプロ・ミミニャミ・パステルくんのみんなで宇宙戦争!!

2013年7月29日から始まったpop'n music Sunny Park・REFLEC BEAT coletteとの連動企画

21 SPADA

「鍵士とは、ることと見つけたり。」

2013年6月14日よりロケテスト開始。11月13日稼働開始。
タイトルにもなっている"SPADA"とはイタリア語という意味。IIDX RED以来となるを基調としたロゴでありタイトルにちなみロゴ裏中央にが映されている。

今まではパスワードや隠しオプションを適用させるためのコマンドにしか使用されなかったテンキーだが、今作より明確に機が追加されることになった。なかでも大きいのはSP/DPの切り替えができるようになった事。
人呼んで「Open your Worldシステム」。

今作ではIIDX初進出となるDJ TOTTOをはじめ、DJ Genki、sasakure.UKななひらm1dyといった面々が楽曲を提供。楽曲解禁イベントの「Qproge」ではSOUND VOLTEXエフェクト担当であるPHQUASEが登場している。

またIIDXに限らず、2014年4月あたりからBEMANIシリーズ全体でPASELIが値上げされ、クレジット差別化されるようになった。


SUPER STAR 満 -MITSURU- 完全復活祭
EXTRA専用曲群「Spada†leggenderia
楽曲解禁イベント「Qproge」「Qproge DX」

連動企画

熱闘!BEMANIスタジアム

2013年12月19日から開始のBEMANI全機種連動企画。以下楽曲はDanceEvolutionを除く8機種でプレーできる。

GUMI 5th Anniversary party Presented by BEMANI

2014年6月26日から開始の「GUMI」生誕5周年を記念したイベントIIDXGUMI曲が入るのはこれが初となる。

発見!よみがえったBEMANI遺跡

2014年7月24日から開始のBEMANI全機種連動企画

22 PENDUAL

「時、行き交う。二つの振音」

2014年9月17日稼動開始。
タイトルPENDUALDual(現代、未来の2面性)とPendulum(振り子)の造
ゲームでも現代と未来世界観が設定されており、日替わりでどちらかのバージョンが稼動するようになっている。
SDは現代が猫叉Master未来L.E.D.の担当。また、ディレクターDJ YOSHITAKAに交代となった。

コンボ数の代わりにEXスコアが表示されるEX-COMBO、12通りの配置パターンが存在するR-RANDOM、判定易化のEXPAND-JUDGEが実装。今作ではポイント単価がDELLARからFRICOに変更となる。さらに専用楽曲が解禁できるコースもあるEXPERTモードが復活。

今作からbeatnation RHYZEの全メンバーが本格始動。かめりあP*lightRoughsketchが初参加となる。また、Last Note.CosMo@暴走PといったEXIT TUNES関連、C-ShowlapixのFLOORアーティストの参加もあり、東方アレンジ楽曲も収録された。

Chono Chaser
SOUND HOLIC「斬 -ZAN-」発売記念!
BEMANI×TOHO REITAISAI Prpject 2015
楽曲解禁イベント「Qpronicle Chord

連動企画

Coca-Cola×BEMANI 店舗限定ロケテスト

2014年10月23日から開始のCoca-ColaREFLEC BEAT groovin'!!との連動企画特定店舗のみでの開催。後にQpronicle Chordレアドロップとして解禁。

猫叉&TOTTOと行くGW弾丸ツアー

2015年4月2日より開始のREFLEC BEAT groovin'!! Upperとの連動企画GWと付いているだけあり、準備編、立ち編共に期間が限られている。

怪盗BisCoの予告状!!

2015年6月17日より開始のBeatStream導による8機種合同イベントBSプレーすることで他機種に楽曲が解禁される。

FLOOR INFECTION

POLICY BREAKと同時期に、SOUND VOLTEXとの連動企画IIDXに初登場。FLOOR出身曲がIIDXにてプレーできるようになる。

BEMANI SUMMER DIARY 2015

定番の多機種連動イベントBEMANI機種をプレーすることにより絵日記完成、楽曲が解禁される。

23 copula

毎日が、く自分への始発。」

2015年11月11日より稼働の最新作で、モチーフは「電車」。
copulaラテン語で「繋ぎ合わせる」を意味する。

通常のチャージノートに加え、キーを離しているとゲージが減少するタイプヘルチャージノートを搭載。さらにEASYよりゲージ残量が少ない状態でもクリアできるASSISTED EASYオプションが追加された。
今作よりBEGINNER譜面STANDARDモードでもプレーできるようになり、ALL BEGINNERフォルダが新たに追加、難易度も数字表記に。楽曲選択時には曲のプレビューに加え、BGAも表示されるようになった。

本作よりDP段位課題曲が4曲に増加、SP同様に七級、六級が新設され整合される。旧曲に関しても、ClioneをはじめとするLEGGENDARIA譜面や、KailuaなどのHCN追加譜面LEGGENDARIAフォルダにて選曲できる。

Season Line
開通!とことこライン
Mystery Line
おてがる!! LINK TRACK

24 SINOBUZ

2016年7月13日ロケテスト開始。モチーフは「」。

本作から「忍者ランク」と呼ばれるスキルシステム実装GITADORAREFLEC BEAT同様、DJ POINTから算出される上位30曲が補に入る。また、PENDUAL以来の日替わり変更要素が復活。「遁術システム」と呼ばれ、曜日ごとにメイン画面と選曲BGMが変化する。

カスタマイズ面では、スコアグラフ部分にも対応。レーンカバーをグラフに貼り付けることができる。PREMIUM FREEにおいては、ノーマルリトライ機により選曲を飛ばして同じ楽曲を連奏できるようになった。

ujicot+pazoliteなど、BEMANI以外の機種での提供が多かったアーティストが初参加。ボーカルではNU-KOIIDX初参加を果たしている。

関連動画

プレイ動画

譜面鑑賞系

レベル別メドレー

Remix系

MAD系

幻の「II」筐体 (閉店済)

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/beatmaniaiidx
ページ番号: 123314 リビジョン番号: 2382894
読み:ビートマニアツーディーエックス
初版作成日: 08/05/21 23:38 ◆ 最終更新日: 16/07/13 13:25
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


フラーグメェーーンツゥ!!!

エコ爺

Empressロケテポスター

皆伝

思い出のIIDX

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

GOLD 選曲BG...
10th styl...
10th styl...
DJ TROOPE...
EMPRESS 選...

beatmaniaIIDXについて語るスレ

518 : ななしのよっしん :2016/06/15(水) 11:58:43 ID: zVYBEQStNU
民度の低さ見てるとつぶれたらいいとは思う
コナミだし
519 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 19:30:01 ID: Cvd5d2ZPxZ
まぁ6~10段くらいの上手いけどトップクラスではない人に対する煽りは本当酷いよね
「上手い初心者馬鹿にしない。どうせそいつ6段だろ。」みたいな偏見に満ちた書き込みを何度見たことか
520 : TL_BAS :2016/06/19(日) 19:30:49 ID: OHfI26p0YP
それはそういうネタなんだよなぁ…
521 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 04:20:01 ID: lr1oadFp67
まあこの間の筐体破壊したアホ五段のせいでますます当たりは強くなったがな
522 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 21:27:47 ID: iCQMUA38yi
皆伝以外の発言は認めない 
523 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 09:21:01 ID: uaHZYc6i7+
ニコニコとか一部のスレが言ってるだけだからー」(外部サービス利用者への責任転嫁
「他の音ゲー機種より多いわけでもないからー」(他機種への矛先逸らし)
「それはネタなだけだからー」(都合が悪かったらネタ扱いで責任転嫁
524 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 09:24:55 ID: OHfI26p0YP
まあ弐寺民度が悪い、で良いんじゃない?
終わり!閉廷!以上!皆解散!
525 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 00:58:28 ID: Y0aLNJiGTF
24でQprogue曲消されすぎワロタ
というかMarie Antoinette削除ってマジ
526 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 15:53:18 ID: K1kBVUdo2V
>>517ぐらいをして責任転嫁だの矛先逸らしだの言って民度と絡めて考えてたら大抵のコンテンツは低民度になるけどな(大抵のコンテンツへの矛先逸らし)
527 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 21:02:58 ID: PsxXSQgyTN
>>524
これまた荒れそうなレスを…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015