単語記事: BLACK LAGOON

編集

BLACK LAGOONブラックラグーン)とは、広江礼威漫画作品、および同作を原作とするアニメ小説作品である。

概要

2001年より小学館サンデーGENEXにて連載。現在既刊10巻。

荒くれ者達の吹きだまりであるタイの架都市ロアナプラな舞台にしたクライアクション漫画

運び屋ラグーン商会」により拿捕、人質となった日本人商社マン・ロックこと岡島。彼が狂言回しとなり、暴力と硝煙の支配する裏社会を舞台に、「二挺拳銃(トゥーハンド」の異名を持つ女ガンマンレヴィ、自称ケビン・ミトニック級の凄腕ハッカーベニー、彼らの雇用であるダッチの3人と共に、様々な事件に関わっていく事になる。
を裏から支配するロシアマフィアホテルモスクワ三合会(トライアド)や、密かに武器売買を行う暴力教会など、一癖も二癖もある組織や人物が登場。容赦ない暴力表現、ケレン味ある台詞、ガンアクションてんこ盛り戦闘シーンには多くのファンが魅了された。

コミックス9巻を出した直後から休載していたが、2014年10月から連載が再開......したが、現在再度休止している。
再開直前に開催されたコミックマーケット86では広江礼威が久方ぶりにサークル参加。「この物語が実は映画だったら」というコンセプトの下に書き下ろされた同人誌が頒布された。

また単行本の巻末には毎回おまけまんがが掲載。年齢操作、男女逆転など、血と硝煙の匂いがのような大暴走をかましている。

アニメ

TVシリーズとして2006年マッドハウス制作で第1期BLACK LAGOON、第2期BLACK LAGOON The Second Barrage」がUHF局を中心に放映された。各12話、全24話。
第1・2期のBlu-ray版が2009年12月23日から毎2巻ずつリリースされている。
第3期BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail」OVAとして2010年7月17日よりマッドハウス制作で全5話がリリースされた。このOVAの各話数はTVシリーズ第2期に引き続いて、第25話から第29話となっている。

アニメの内容は概ね原作準拠だが、エピソードの順番が一部前後している。
第1期が双子編を飛ばして「Goat, Jihad, Rock'N Roll」(タケナカ編)まで、第2期がBloodsport Fairytale」(双子編)Greenback Jane」(偽札編)「Fujiyama Gangsta Paradise」(日本編)で偽札編と日本編が前後している。第3期がタイトルの通り「El Baile de la muerte」(ロベルタ復讐編)の最初から最後までとなっている。
日本編のとあるシーンは倫理上非常に問題があるため、進行上不都合のない程度に変されている。

2011年10月14日ニコニコチャンネル公式チャンネルが開設、第1期と第2期が配信されている。
2014年5月16日にはアニメ第3期となるOVA編がニコニコチャンネル公式チャンネルとして開設され、開設直後の限定一週間原作10巻発売記念として第1話は無料配信になっていた(現在は有料配信)。

小説

小学館ガガガ文庫から著者:虚淵玄原作イラスト広江礼威による以下の小説版が刊行されている。
原作漫画収録話のノベライズではなく、オリジナルエピソード外伝的な作品。登場人物に関する過去などの設定が新たに追加されている。

関連動画

第1期1話は無料視聴可。

関連静画

関連商品

書籍関連

アニメ・CD関連

その他関連系

公式チャンネル

関連生放送

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/black%20lagoon
ページ番号: 71040 リビジョン番号: 2474200
読み:ブラックラグーン
初版作成日: 08/05/17 23:20 ◆ 最終更新日: 17/03/30 18:04
編集内容についての説明/コメント: 概要に加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


グレーテル

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BLACK LAGOONについて語るスレ

461 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 03:14:39 ID: I4GSaTY0KV
レクリエイターズが終わったら連載再開



なんてことないよな・・・
462 : ななしのよっしん :2017/05/09(火) 23:42:23 ID: h9F8bLTu0l
これの監督この世界の片隅に監督が同一人物には思えん…
463 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 00:38:36 ID: OMhSWfoynv
「居場所」をキーワードにして読み解くと納得できるかもね
あっちはたまたまの偶然で「居場所」を取り戻すことができた女性の話、こっちは「居場所」を失い続けてしまった女性(たち)の話

まぁ実際「この世界の~」で描かれた時期の直後に「ブララグ」を地で行くマフィア抗争の時代がに訪れるんだけど
464 : ななしのよっしん :2017/06/05(月) 11:11:20 ID: rZmHZI2Dq4
も好きだったけど、9巻であまりに不死身過ぎて引いた
最新のvsマスケット銃という対決は面かったけど
接近戦になってやりだしたときは閉じた。

たぶん男たちの挽歌とかチョウユンファ主人公みたいな物だらけ
と思うと映えるけど飽きる。
どちらも残酷な世界という深作ちっくな世界ものなんだろうけど
の割になんかもっと味方もバンバン死なないといけないのに
なんか主人公たちは常に不死身で敵はどんな強敵でも危ない感じが少なく終わる御都合主義多い漫画としか見れない。

でもギャグは面い。
未だにアニメギャグは凄く笑えた。
465 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 03:31:26 ID: WWWcHqRhRf
サンデーうぇぶりで開されてたから10巻と連載再開の分読んだんだけど・・・
追っかけてる人この状態で3年も待たされてたのか
466 : ななしのよっしん :2017/09/11(月) 01:44:21 ID: IQsHEjMLDF
休載してまで脚本描いたレクリエイターズ
全て駄でしたね
467 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 22:58:03 ID: d6Bgbq4/L0
く続きを!ずっと待ってる
468 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 19:46:45 ID: 5eGfLM2KPJ
>>464
作者虚淵との対談で言ってたことをなりに解釈してみた結果なんだけど、
「武器を持ったイカれた女=強い、無敵
みたいな価値観が根底にある気がする

法のを舞台にした物語みたいなのは建前で、
「武器を持った、強くて無敵イカれ女たち」を活躍させるために
ロアナプラという舞台をでっち上げた、みたいな背景があったりすんのかなと

だとしたらご都合主義多くてもおかしくないよね
ミリタリーの皮を被ったファンタジーなんだから
469 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 20:31:09 ID: IQsHEjMLDF
こう言っちゃあれだけど広江も虚淵も男としての魅いから強い女が好きなんだと思う
的に去勢されてる感じ
470 : ななしのよっしん :2017/10/11(水) 16:52:49 ID: VUyaAK4mBc
>「武器を持ったイカれた女=強い、無敵

むしろ、陰の面でよりも絶倫だから筋の通った一本気の男を描くのが嫌でアクの強い女性を
活躍させる為にロアナプラという悪徳のを作ったのかもね。
戦闘美少女もの大好きなのと同じで、リカちゃんバービーの着せ替えで遊んでる感じ。
仰る様に現実世界世界情勢を混ぜ込んだファンタジー

昨今「この世界の片隅で」が有名になった監督の片渕氏が手がけたアニメの方が
レヴィにしろバラライカにしろキャラバックボーンは描けてたかも。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829