単語記事: BLAME!

編集  

 

Adventure-seeker Killy in the Cyber Dungeon Quest!

概要

BLAME!とは、月刊アフタヌーン1997年から2003年にかけて連載されていた弐瓶勉による遠未来SF漫画である。

単行本は連載当時に発売された全10巻の通常版のほか、2015年に発売された全6巻の新装版もある。

外伝的作品として、「NOiSE」全1巻。また、弐瓶勉の短編作品集「ブラム学園!アンドソーオン」にも後日談的な外伝本編とはテンションが違いすぎる異なる世界線での物語が収録されている。さらに、「弐瓶勉画集 BLAME!and so on」ではBLAME!の用キャラクターについての解説が収録されている。

舞台は遠い未来太陽系をも飲み込む果てしなく巨大な構造物の中で、主人公霧亥(キリイ)が敵対勢と戦いつつ「ネット端末遺伝子」を探しめるを延々と続ける…というお話。

とにかく文字情報が少ないことに定評がある。作中でナレーションの類は一切入らず、主人公は回を重ねるごとに無口っぷりに磨きがかかる。
その分、絵による描写は緻密で、アフタヌーン本誌では印刷の質が悪い事も相まって「雑誌を閉じた状態でもBLAME!ページ黒いので掲載位置がすぐに見つかる」「読んでいるとページを押さえるインクでく染まる」などと言われた(ちなみに氏の次期作「BIOMEGA」の単行本の表には「CAUTION!!! Your finger dyes black.」のマークがある)。

建築系を学んだことがある氏は、その経験を画中に十分に生かしている。漫画というよりもはや画集である。
SFではしばしば巨大すぎて実感がないというようなことが良くあるが、BLAME!は人物との対などにより広大世界観を上手く演出している。また、インターネットがあまり発達していなかった時代にこのような作品を描いたことは驚愕に値する。

独特な世界観や登場人物、緻密な画、作品全体に漂う雰囲気からファンは多い。
連載終了から長期経った今でもなお、インターネット上のファンサイトや掲示板サイトなどでは盛んにられている。決して広く一般に知られた作品ではないが、この手の作品が好きな人間は大概知っているというマイナーだかメジャーだかよくわからない作品である。

登場人物

霧亥 -Killy-
ネット端末遺伝子を探しに来た」
主人公
ネット端末遺伝子を見つけるため、とても長い年のあいだ階層都市を探索し続けている。
武器は重力子放射線射出装置。詳しくは個別記事参照。
基本的に無口。それでも物語の初期は人間らしい表情や言動を見せていたが、ある出来事をに感情を表に出さなくなり、元々少ない口数がさらに減ってしまった。
登場人物が彼だけの回は、台詞が全くないこともしばしば。
シボ -Cibo-
「助けに来たわよ 霧亥
ヒロイン
生電社の主任科学者。詳しくは個別記事参照。

セーフガード

ネット端末遺伝子を持たない人間(と珪素生物)を排除する存在。
当初はネットスフィアネット入会者を守るための団体であったが、すべての人間が正常なネット端末遺伝子を失った今、規約違反の人間(=全人類)を排除する脅威となっている。
ネットスフィアの支配者である統治局とは独立して機しているため、統治局はセーフガードの活動を止めることができない。

サナカン -Sanakan-
「私/セーフガードは排除する」
女性上位セーフガードレベル6)。
右腕に重力子放射線射出装置を装備し、高い戦闘を誇る。
霧亥との面識があるらしいが詳しくはられていない。
BLAME学園!」では、授業中でもすぐ発するアブナイ先生として登場した。
モチェフスキー -Dhomochevsky-
「何 やってんだ お前!!」
臨時セーフガード
珪素生物に占拠された集積蔵を奪回するために派遣された。
臨時セーフガードネット端末遺伝子を持たない人間も保護対とするため、成り行きでシボを保護することに。
シボとプセルを、女性として意識するかのようなそぶりを見せる。
イコ -Iko-
「やあ はイコ 状況を認識できるかい?」
臨時セーフガード
モチェフスキー相棒。元々少年のような外見だったが、珪素生物に造換を奪われたことで身体を保てなくなり、幽霊のように浮遊する存在となる。
BLAME学園!」では学ランを着ているものの、実は女の子であることが判明した(ドモも知らなかった)。

珪素生物

ネットカオスを信奉する集団。
世界カオス状態を維持するため、ネット端末遺伝子の汚染を進めている。
珪素基系の物質による機械化を生まれる前から行い、そのまま成長する。

イヴィ -Ivy-
「勝負だ セウ」
男性珪素生物メイヴと共に東亜重工を襲撃する。
ギミック付きの長を扱い、セウを相手にファンタジー漫画を髣髴とさせるり合いを演じる。
メイヴ -Maeve-
「ぶち殺そう!!
女性珪素生物
イヴィの相棒43人の子持ち。
ダフィネ・ル・リンベガ -Davine lu linvega-
「その程度? 統治局もたかがしれてるな」
モチェフスキー達の防衛区画を襲撃している、珪素生物チームリーダー
異形の身体とセリフの少なさから性別が不明だったが、「BLAME学園!」にて女性として描かれた。
(ただ、登場当時から名前の元ネタは「Daphne Rubin-Vega(ダフニ・ルービン=ヴェガ)」という実在歌手/女優の名前だと推測されており、そこから女性説は囁かれていた。)
ちなみに「Devine Lu Linvega」と言う、とてもよく似た名義のカナダイラストレーターミュージシャンジャンルインダストリアル)兼インディーズゲームクリエイター実在している。BLAME!インスパイアされてこの名義を選んでいるようだ。
セル -Pcell-
女性珪素生物
振るだけで衝撃波を飛ばす特殊なを持ち、チーム中、最も高い戦闘力を持つ。
また、造換に自身を接続しており、受けた傷を時に回復することができる。
スチフ -Schiff-
男性珪素生物
全身に機械化手術を施し、驚異的な運動を身につけている。特に顕著なのはスピードで、放たれた弾丸を距離でかわすほど。
武器は両腕に仕込んだブレードの前の敵をり裂くだけでなく、遠くの標に向かって射出することもできる。「ビーキュウエスエフエイガ(B級SF映画)」が大好きという裏設定がある。
ロン -Blon-
「ドゥォッホッホ
 ホォッホォホォ」

男性珪素生物
節足動物のような形態に変化することができ、大量のを操ることもできる。が、仲間からはあまり快く思われていない。
武器は左手に仕込んだ機や、その巨を生かした体当たり。
ジェニタリアス

番は
いうか
れだけ
のに!
~っ!!
メタジィーニ
「私の出番は…… かった……」
ジェニタリアスと共に1巻で登場。霧亥を襲撃するも返り討ちに遭う。
本編登場時は名前が判明せず、BLAME学園3話でジェニタリアス共々初めて明らかになった。
バルダンバ
男性珪素生物メイヴの43人の子供の一人。フルネームは「ルートバルバルダンバ」。
研究員になる夢を持っていたが、母親の反対で断念した過去を持つ。
本編では東亜重工内で食料液をすすっているところを霧亥たちに襲われ、拷問を受ける羽に。
BLAME学園!」では、弁しているところをクラスメイトにチクられ、メンサーブ先生に首をはねられた。

その他

メンサーブ -Meinserv-
「セウ 侵入者たちを排除しなさい」
東亜重工第8洞の、女性人格を持つ管理AI
管理者でありながらセウ一人に執着し、他の管理AIや中央AIからはまれている。
セウと共に第8洞の住人を守るため奔走する。
セウ -Seu-
「メンサーブ……様」
メンサーブの護衛。人間男性
全身に身を包んだ、中世騎士を連想させる姿をしており、武器も長を使用する。
度重なる負傷を治療した際の代償として、知性が退行しつつある。

NOiSE

BLAME!」の公式外伝に当たる作品。
確立されて間もないころのネットスフィアや、珪素生物の前身となる「教団」、
世界が荒してしまう「厄災」の発端などが描かれている。

裾野 結 -Musubi Susono-
教団だと…ぶっつぶしてやる!!」
NOiSE』の主人公
警察官として誘拐事件を捜中、『教団』と敵対し命を落とすが、セーフガード団体の技術により生する。その後不老不死となった彼女は、団体による洗脳が行われる前に脱走し、教団を相手に戦い続ける。

アニメ版

幾度かアニメ作品化が試みられている。

BLAME! Ver.0.11
2002年に、WEB配信された短編アニメーション。全6話。1本のDVDにまとめられて販売もされている。原作とは趣が異なる前衛的・電子ドラッグ的な映像・音となっており、また短編の為やむを得ないがストーリーも継ぎ接ぎ状態で、あまり評価しないファンも多い。「Ver.0.11」という名称からもわかるように劇場映画化を見据えたプロジェクトだったが、ファンの反応が今一つだったためか劇場版の話は立ち消えとなった。
プロローグオブBLAME!
2007年に、長編映像作品のプロローグとして制作された3DCGアニメーションフィギュア付きのDVDとして霧亥、サナカンの2バージョンが発売された。3分ほどしかない非常に短い作品であり、さらに2007年当時の3DCG技術では原作の雰囲気を再現するにはやや難しかったようで、こちらもファンの反応は今一つだった。その後、長編映像化の話は立ち消えとなった。
BLAME! 端末遺構都市
2015年4月から放映中の3DCGアニメシドニアの騎士 第九惑星戦役」。弐瓶勉の別作品「シドニアの騎士」のテレビアニメ版第2期である。この「シドニアの騎士 第九惑星戦役」第8話の劇中劇として、「BLAME!」の3DCGアニメBLAME! 端末遺構都市」が放映された。なおこ映像は、「シドニア公共放送」で流れたテレビシリーズのスポット予告という設定で、「アニメ化待望の超大作」と自画自讃している。いう設定である。こんなアクの強い作品を流せる公共放送とはいったい。
この劇中劇プロジェクトに合わせて、「シドニアの騎士 第九惑星戦役」のブルーレイディスク1巻には「BLAME!」と「シドニアの騎士」の両作をコラボした特典コミックス「つむぎ、「ブラム!」にハマる。の巻」が付属。弐瓶勉く「シドニアの騎士第九惑星戦役BD1巻のおまけ漫画はほぼBLAME! な内容です。」とのこと。
さらに、これらの時期に合わせて2015年4月からは「BLAME!」の新装版コミックスが発売された。通常版よりも大きなB5版の版であり、通常版では潰れてわからなかった細かい描き込みも把握することが可となっている。
なお8話の次回予告では、キリイがこのあとどうなったのかについて「皆の応援次第よ」と意味深な回答をしていた。まさにその2年後、これを製作したポリゴンピクチャアズによって劇場作品が作られることとなる(劇場版の初報では「端末遺構都市」の副題がついているものもあった)。
BLAME!
上述のように紆余曲折を経たが、2017年5月に劇場開。音日本アニメ史上初のドルビートモス(Dolby Atmos)対応。画質Netflixの配信ではHDRに対応しており、最先端の映像技術で製作された。劇場開は当初2週間の予定であったが、7週間のロングランとなった。

劇場版チャンネル&動画

記録映像

記録映像(静止画)

ハードコピー


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/blame%21
ページ番号: 554330 リビジョン番号: 2518566
読み:ブラム
初版作成日: 08/09/14 22:30 ◆ 最終更新日: 17/08/27 17:25
編集内容についての説明/コメント: 劇場版を追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BLAME!について語るスレ

339 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 14:47:44 ID: rpZFRVrzXq
電基漁師の女の子旅人するのは
遺伝的多様性を欲してるからっていうちゃんとした理由があるんだよなぁ・・・
村の男がシボに「でかいさんだな」と惚気てたのも同じ理由
340 : ななしのよっしん :2017/11/23(木) 23:10:30 ID: r2pks+GCt9
>>339
いや、だからその一般的で安易な理由が残念だったと>>338は言いたいのだろう
原作では恋愛要素はほぼく増えるにしても
クローンで増えたり球体も交配で出来ものではなかったり
SF要素の方が前に出ていたしね

ヅルのメットとるシーンCMでも使われていたし
客に興味を持ってもらうために仕方ないとは……思う
341 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 03:51:04 ID: 52HcaCo7xG
あとなんというか、霧亥ネット端末遺伝子を確認してるだけなのに、づるのあの表情のせいでいやらしいお願いをしてる変質者みたいになっちゃってるのが…。
予備知識なしだとマジを見ることに何か性的な含意があるのかと勘違いしかねない描写だと思う。
脚本上の必然性がいどころか全に誤解を招く表現になってると思うよ。
重ねて言うけど、>>340の言うように映画が大衆受けを狙わないといけないって事情は分かるんだけどね。

というかそもそもエキゾチック旅人突然現れて駆除系を一掃、命まで救われたんだから、遺伝子なんか引き合いに出さなくても惚れるのは別に不自然じゃないと思うのよ。
ただサービスシーン的な描写があざとすぎて好みじゃないってのと、観客がミスリードしかねない表現になってるのと、コロッと惚れる展開からこの映画シドニアを一度通過したBLAME!なんだなと思ったってだけで。
342 : ななしのよっしん :2018/01/06(土) 19:07:03 ID: 5Xvmn21BYm
は・・・・・ネット端末遺伝子を、持つ人間を・・・・・探している・・・
343 : 諸兄に改良頼む :2018/01/07(日) 02:48:05 ID: JbZH0kR/om
一般人の認識
ワンピースルフィ仲間がたたかう話
NARUTOニンジャの…アニメ
コナン黒い人が出てくる
HUNTER×HUNTER:続いてるの?
BLAME!秩序に成長を続ける都市構造は、大陸を飲み込みを飲み込み、
天文学単位で規模と混沌を広げ続けている。
 その中で人類は、かつて起きた変異によって正常な遺伝子を失い、都市の制御への
アクセス権はおろか居住権すら持たない不法居住者として、治安システムからのように
駆除の対とみなされる存在になっていた。
 小かつ極めて強兵器重力子放射線射出装置」を携えた寡黙な男「霧亥」は、
この状況を打開すべく、正常な遺伝子すなわち「ネット端末遺伝子」を持つ人間を探して
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
344 : 名無し :2018/01/10(水) 23:51:43 ID: OI6iTxTK7R
BLAME!映画死ぬほど面かったわ

個人的に印に残ったのは最後の別れのシーンの「ネット端末遺伝子を探している…」のとこ
あそこは演出もあって鳥肌たった
345 : ななしのよっしん :2018/01/11(木) 04:31:15 ID: kgCbyGJFO9
>>341
長く続いてるIPファンほどめんどくさいものはいという典
一般の人はそこまで深く考えてないと思うよ
346 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 01:37:27 ID: kEh0hNdHsx
リーマンショックのせいで映像化が頓挫したときはショックだったけど、その数年後結果的にめちゃくちゃ面劇場版製作されたわけだしある意味運が良かったと思う。
347 : ななしのよっしん :2018/01/25(木) 23:43:15 ID: T7R7kszWZ9
原作霧亥って救った人々とちゃんとしたお別れってしてないんだよね
それに救われた人々のその後の描写もないし
だから映画霧亥は凄くかっこよく見えた
ネット端末遺伝子を探すことになんかこう強い信念を感じた
ヅルの孫が霧亥のことを想うシーンは涙出そうになったわ
348 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 12:09:03 ID: rpZFRVrzXq
劇場で2回観てブルーレイと新装版BLAME両方買ったから
劇場版BLAME2もお待ちしています!!何年でも! 何十年でも・・・・・・!!
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829