単語記事: BUMP OF CHICKEN

編集

升ドット絵

直井ドット絵    藤原ドット絵    増川ドット絵

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)とは日本のロックバンドである。愛称は「バンプ」「BOC」など。

概要

バンド名の意味は『臆病者の一撃』。物語性の高い詞のついた楽曲が特徴。
トイズファクトリー所属。

アルバム『FLAME VEIN』でインディーズ、シングル『ダイヤモンド』でメジャーデビュー。
メジャー2枚目のシングル『天体観測』が大ヒットして以降、現在まで音楽チャートの第一線で活躍している。

天体観測 
5420

また、メンバーの4人は全員幼稚園からの幼馴染という珍しいグループでもある。

メンバー

  • 藤原基央(ふじわらもとお)- ボーカル、ギター、作詞、作曲 
    作曲家として個人で楽曲を提供することもある(詳しくは関連項目参照) 
  • 増川弘明(ますかわひろあき)- ギター
  • 直井由文(なおいよしふみ)- ベース
  • 升秀夫(ますひでお)- ドラムス

楽曲

数多くの代表曲を持つため、どれかしら一度は聴いたことがあるものも多いはず。ごく一部を抜粋する(詳しくは次項「来歴」へ)。

代表曲:「天体観測」、「花の名」(『三丁目の夕日』主題歌)、「ray」(初音ミクと公式コラボした、紅白歌合戦出場曲)など

アニメ・ゲーム主題歌:「sailing day」(映画『ONE PIECE』)、「カルマ」(『テイルズオブジアビス』)、「ゼロ」(『ファイナルファンタジー 零式』)、「Hello, world!」(『血界戦線』)、「GO」(アニメ『グランブルーファンタジー』)など

ネット的に有名:「ラフ・メイカー」「K」「ダンデライオン」など(FLASH黄時代を支えた楽曲)、「アルエ」(エヴァに影響を受けて作られたラブソング)、「星のアルペジオ」「三人のおじさん」(MADを多数生んだ珍曲)など

来歴

1994年-中学3年生の時に校の文化祭へ向けてバンドを結成。

1995年-オリジナル曲を持って次々と各地の大会へ出場し結成したばかりのバンドながらほとんどの大会でグランプリを総なめ。
同年秋には藤原が高校を中退し、本格的に音楽活動へのめり込むようになっていた。藤原初の単独での作詞・作曲となったオリジナル曲「DANNY」(後に隠しトラックの形で収録)や、「BUMP OF CHICKEN」などもこの頃に完成する。

1996年-Beat Brust in Japan に「ガラスのブルース」(のちのアルバム『FLAME VEIN』収録曲)でエントリー、全国大会でグランプリを獲得。
その後、都内でのライブ、千葉県内ツアーを経験したのちに初の音源となる「BUMP OF CHICKEN(のテーマ)」「DANNY」「ガラスのブルース」等を収録したデモテープの製作・配布を開始。

1997年-増川や升の大学受験のため一時活動休止。

1998年-劇団「すいっち」公演のミュージカル『はしるおんな』に生バンド役としてメンバーが出演。藤原も6曲ほど公演のために書き下ろす。

1999年-ハイラインレコーズからデビューアルバム『FLAME VEIN』をリリースした。多忙をぬって強行的に行なわれたレコーディング期間はわずか3日間であった。10月には2012年現在も放送中のラジオ番組「PONTSUKA!!」が放送開始。

2000年-アルバム『THE LIVING DEAD』を同じくハイラインレコーズからリリース。この2つのアルバムはともに廃盤となり、2004年4月に再発盤が出された。
シングル「ダイヤモンド」をリリースし、トイズファクトリーからメジャーデビューした。

2001年-セカンドシングル「天体観測」を発売、タイアップや宣伝がなかったにも関わらず話題を呼び大ヒット(当時、将来有望バンド開拓に定評があったFM802など、数々のFM曲からヘビーローテーションナンバーに抜擢され、推されていたのも大きい)

2002年-天体観測を聴き感動したプロデューサーがそれを元にしたドラマを企画、夏に同タイトルのドラマが放映。
2月には「天体観測」を含んだメジャー1作目のアルバム「jupiter」が発売され、初のオリコンアルバム週間チャート初登場1位を記録。

2003年-両A面楽曲の「sailing day」はアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌となった。

2004年-5月29日に地元の佐倉市民体育館にて完全招待制フリーライブを行い、8月にメジャー2枚目通算4枚目のアルバム「ユグドラシル」が発売されこれもオリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得している。
12月には幕張メッセで2日間3万人を動員する単独ライブとしては最大規模のライブを行う。

2005年-ゲームソフト『テイルズ オブ ジ アビス』の主題歌「カルマ」を含む両A面シングル「supernova/カルマ」が翌年1月までTOP10に残り続け、「天体観測」に迫る50万枚近い売り上げを記録した。さらに、2005年発売にも関わらず2006年のオリコン年間ランキングでは9位になった。

2006年-9月にオリジナル無声映像作品『人形劇ギルド』をリリース。
11月には、ロッテ「airs」CM曲として起用された表題曲を含む1年ぶりのシングル「涙のふるさと」を発売。
涙のふるさとが発売された週は当時人気絶頂だったEXILEと倖田來未によるコラボや宇多田ヒカル、スキマスイッチ、柴咲コウ、Aqua Timez、Mr.Children(2週目)など強豪アーティストばかりで宣伝量から言っても倖田來未&EXILEが1位を取るだろうと言われていたが5万枚の大差をつけ涙のふるさとが1位となった。同時に自己初動記録を更新した。

2007年-映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌となった「花の名」を「メーデー」と同時リリース。花の名が1位、メーデーが2位となり、史上7組目の1、2位を独占することとなった。
また花の名発売時において行われた世代別ファン層調査では全ての世代から80%以上とかなりの高得点を記録し幅広い世代から支持されていることが分かった。
同年12月に通算5枚目のアルバム「orbital period」 を発売。絵本のような構成のブックレットが話題を呼んだ。
ちなみにこの年にニコニコ動画が開設、BUMPの曲を使ったMADが多く製作、投稿され始めた。 

2008年-この年は目立った活動がなくカップリング集が発売されるだけとなった。

2009年-前作「花の名」「メーデー」から約2年ぶりとなる両A面シングル「R.I.P./Merry Christmas」をリリース。また、今作でバンドとしては初めて、「R.I.P.」「Merry Christmas」それぞれのPVがトイズファクトリーのYouTube公式ページにて公開された。

2010年-16thシングル「HAPPY」と、17thシングル「魔法の料理 ~君から君へ~」の2週連続シングルリリースし2週連続の1位を記録。月間の1位2位も独占する結果となった。
ちなみに魔法の料理はNHKみんなのうたの4月・5月テーマソングとして起用された。
同年10月に17thシングル「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」を発売すると「1年のうちに3枚もCDを出すなんて」とファンを驚かせたが、すぐさま通算6枚目のアルバム「COSMONAUT」を発売、いずれもオリコンウィークリーチャート1位を記録するなどまさに「BUMP」の年とも言える活躍を見せた。

2011年-勢いは止まらず、19thシングル「友達の唄」を発売。映画ドラえもん『新・のび太と鉄人兵団』の主題歌として話題になった。
続く20thシングル「smile」は、同年3月に起こった東日本大震災復興支援ポータルサイトのTVCMソングとして起用された。これは同CMに漫画家の井上雄彦氏のイラストが抜擢された際に、井上氏からの直接の指名を受けて二日間という短期間で書き下ろされた楽曲である。井上氏の描く人々の繊細な微笑みと優しくも懸命な歌声のコラボレーションは多くの人の胸を打ち、期間限定リリースにも関わらず前作を上回る売り上げを記録した。スタッフは全員無償でレコーディングに協力したという。本作の収益は全額赤十字を通じて被災地に送られた。尚、BUMPのメンバーはそれぞれ個人でも寄付をしている。
同年10月、「ゼロ」をリリース。FINAL FANTASY零式のテーマソングでもある本作は、曲の完成度の高さもさることながら初回限定盤に実に3年半ぶりとなるツアーの先行応募券が同封されたことで注目を集めた。
久しぶりのライブハウスツアーということもありチケット争奪戦は例年以上に熾烈を極め、一般販売の際には「2秒で完売」「10:00完売」とも噂される前代未聞の事態が発生し大きな波紋を呼んだ。

2012年-1月にニューシングル「グッドラック」が発売決定。初回限定盤には待望のアリーナツアー先行応募券が同封されることが発表された。4月から7月にかけてアリーナ全国ツアー「GOLD GLIDER TOUR」を行う。
9月にはシングル「firefly」をリリース。フジテレビのドラマ番組「息もできない夏」の主題歌に起用され、「天体観測」以来のドラマタイアップを行った。 

2013年-3月にバンド史上初となるツアー「GOLD GLIDER TOUR」のライブ映像を収めたDVD・BDを発売。さらに前年から続く大物音楽家ベスト盤ブームの波に乗り、2010年までのシングルを中心としたベストアルバム「BUMP OF CHICKEN 1 [1999-2004]」「BUMP OF CHICKEN 2 [2005-2010]」を2タイトル同時で発売すると、オリコンチャートでは1位2位を独占。さらに9月にツアーをスタートすると、10月のファイナルでは初めて日本武道館でライブ。そのステージ上では翌年に3年ぶりのアルバム「RAY」をリリースすることを発表。12月には「FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY」と「COUNTDOWN JAPAN 13/14」に初出演するなど精力的に活動した。

2014年-3月に3年ぶりのアルバム「RAY」を発売すると、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を記録。この年も順調な滑り出しを見せたかに思えたが、藤原基央が肺気胸(20代〜30代の痩せ形の男性がかかりやすい)を患っていたことが判明し、手術を受けたため、3月末に予定されていたスタジオコースト公演が延期となった。その後、順調に回復し、予定通り4月からツアー「WILLPOLIS 2014」をスタートさせると、6月には初の台湾公演、7月には延期されていた新木場スタジオコーストでのライブを開催し、7月31日、BUMP初の東京ドーム公演でツアーファイナルを迎えた。8月には東京ドームで初披露された「You were here」を配信限定リリースした。さらに、11月28日には漫画「3月のライオン」とのコラボ楽曲「ファイター」を配信限定リリース。翌29日にも山崎貴監督の映画「寄生獣」の主題歌「パレード」をこちらも配信限定でリリースした。また、12月には、ドキュメンタリー作品の翌年2月リリースに先駆け、初の映画が全国20劇場、2週間限定で公開され、公開日の12月5日には初のトークイベントも開催された。

2015年-2月にドキュメンタリー作品「BUMP OF CHICKEN "WILLPOLIS 2014"」(DVD&Blu-ray)をリリース。4月22日には、テレビアニメ『血界戦線』の主題歌として書き下ろされた「Hello, world!」と、『寄生獣 完結編』の主題歌である「コロニー」を両A面に収録した、およそ3年ぶりとなるシングルをリリース。さらに同シングルの発売を記念したライブをインテックス大阪(7月30日)と横浜アリーナ(8月4日)で開催。ほぼ1年ぶりのライブということも相まってチケット購入の申し込みが殺到し、急遽横浜公演のライブビューイング(BUMPとして初)が全国の映画館で実施された。さらには大晦日のNHK紅白歌合戦に「COUNTDOWN JAPAN 15/16」からの中継で出演し、長年送られてきたNHKからのラブコールに応えた。紅白に前後してNHKの「SONGS」に12月と翌年1月の2回出演。短い期間の間に2回も出演することがそもそも異例だが、再放送のリクエストが番組に多く寄せられたため、4月に完全版が放送された。

2016年-2月10日に1年11ヶ月ぶりのアルバム「Butterflies」をリリースすると、バンド結成日とされてきた2月11日に結成20周年記念ライブ「20」を地元千葉の幕張メッセで開催。これまであまり演奏されてこなかった曲を演奏するなど、レア曲満載のセットリストとなった。4月にはスタジアムツアー「BFLY」がスタート。京セラドーム大阪・ナゴヤドーム・福岡ヤフオクドームをまわり、ツアーファイナルは日産スタジアムでの2days(7月16日・17日)公演となった。ツアーファイナル直前の7月13日には『結成20周年記念 Special Live「20」』が、また12月21日には日産スタジアム公演の模様を収録した『STADIUM TOUR 2016 "BFLY" NISSAN STADIUM 2016/7/16,17』(どちらもDVD・Blu-ray)が発売された。

インターネット及びニコニコにおける評価

FLASH黄時代にBUMPの楽曲が多く使われ様々なサイトで人気を集める。
ニコニコ動画が出来てからも同様にBUMPの楽曲を用いたMADや手書きアニメが多く作られる。
そのためアルバム曲・カップリング曲なども知名度が高い。
当然シングル曲のFLASH・MADも多数存在し大勢の人から再生されている。
また、魔法の料理の隠しトラックの「三人のおじさん」は隠しながらシングル並に高い人気を呼び多くのブログで記事になったりツイッターで呟かれたりするどころか雑誌でまでその完成度を評された。

Youtubeでもニコニコ動画でも全邦楽アーティスト中、最も再生された動画があった。
Youtubeでは天体観測のPVが600万再生オーバーを達成した後しばらくして削除。
ニコニコでもシングル曲を集めた作業用BGMが邦楽関連動画で再生・マイリストともに1位だったが2010年5月末日に削除。
2011年8月時点では他のアーティストの動画も含め、社会法人音楽団体により多くの動画が削除され、昔に比べ動画の数が格段に減った。

現在は、所属元のTOY'S FACTORYが版権に厳しいこともあり、ニコニコ動画でBUMPの楽曲を聴くことが出来る機会はほとんどない。

アーティストによる評価

同業者、つまり歌手・バンドからの評価も高く同時に作詞作曲技術も多大な評価を受け、13thシングルである「花の名」に至っては20代で作れるレベルの曲ではないとまで絶賛されている。

例として、Mr.Childrenの桜井和寿、スピッツの草野マサムネ、コブクロの小渕健太郎、aiko、平原綾香、ゆずの北川悠仁、GLAYのJIRO、Chara、アンジェラ・アキ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文、RADWIMPSの野田洋二郎・桑原彰、いきものがかりの吉岡聖恵、嵐の二宮和也、海援隊の武田鉄矢などがBUMPファンを公言している。

●アーティストからの声を一部紹介
桜井和寿・・・「BUMPのメンバーに加わりたい」「藤原基央の作る楽曲は太宰レベルの芸術」「プライベートではもうBUMPとスガシカオしか聴いていない」
小渕健太郎・・・「ずっと昔からファンで今も毎回CDを買っているしライブも見にいってる」
武田鉄矢・・・「娘から薦められたラフメイカーを聴いて衝撃を受けた、二十歳やそこらの若者が作ったというのが驚き」
平原綾香・・・「ストーリーがちゃんとしててそういう歌詞が書ける人って日本には少ないから藤原さんとは一度お会いしたい」「すっと心の中に入ってくる。ロックなイメージなんだけどバラードも泣けるし、素敵。」
後藤正文・・・「天体観測を聴いて泣いた、アジカンができるきっかけとなった曲」

関連動画

 

関連マイリスト

  

関連コミュニティ

関連商品

発売日が新しい順に掲載。尚、期間限定盤や廃盤になったものに関しては掲載せず省略。

  • シングル

  • アルバム

         

  • DVD・BD

       

  

また、the pillowsのトリビュートアルバム「シンクロナイズド・ロッカーズ」に「ハイブリッドレインボウ」のカバーで参加している。

関連リンク

関連タグ

楽曲記事

  • K(BUMP OF CHICKEN)
  • アルエ
  • 天体観測
  • ラフ・メイカー
  • 車輪の唄
  • ガラスのブルース
  • ハンマーソングと痛みの塔
  • 三人のおじさん
  • ダンデライオン
  • 星のアルペジオ
  • 乗車権
  • 才悩人応援歌
  • カルマ(BUMP OF CHICKEN)
  • ゼロ(BUMP OF CHICKEN)
  • ray(BUMP OF CHICKEN)

関連項目

  • 藤原基央
  • 増川弘明
  • 直井由文
  • 升秀夫
  • PONTSUKA!!
  • ミュージシャン一覧
  • ロキノン
  • BUMP良MADリンク
  • BUMP隠し曲リンク
  • 「忙しいBUMP」リンク
  • 藤原の無駄遣い

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/bump%20of%20chicken
ページ番号: 306502 リビジョン番号: 2448203
読み:バンプオブチキン
初版作成日: 08/07/02 02:22 ◆ 最終更新日: 17/01/13 15:28
編集内容についての説明/コメント: 来歴追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ますひでお

なおいよしふみ

ますかわひろあき

ふじわらもとお

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ロストマン
ダンデライオン
スノースマイル
Hello,wor...
Hello,wor...

BUMP OF CHICKENについて語るスレ

1095 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 00:04:21 ID: p+aTnQ9+Bm
いわゆる人生の応援歌的な曲の歌詞が抜群に好き

「迷いながら、間違いながら歩いていくその姿が正しいんだ」
「優しくなりたいと願う君は誰よりも優しい人」
「大丈夫じゃなくて当然の社会 貧乏くじ引いたわけじゃないんだよ」
「優しさの真似事は優しさ」
1096 : ななしのよっしん :2016/07/15(金) 21:42:10 ID: dSp2l3H4C7
17日から始まるドラマの主題歌に新曲『アリア』
アニメ『3月のライオン』の両主題歌にも決定(OPは書き下ろし新曲、EDは『ファイター』)
仕事してんなぁ。
1097 : ザンデ :2016/07/20(水) 21:08:32 ID: WWu+Aaaxvo
ダンデライオン

タイトル:ダンデライオン
Twitterで紹介する


1098 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 17:34:12 ID: Lyy149Gy02
ライブBD付属のCD聴いたんだけど、その中でのバトルクライとかナイフとかBOCのテーマをアルバム収録のやつと聴き比べるとこれ同じ人間なのかなってレベルで声違うよねwww両方とも違った良さあって好きだけどなんか笑ってしまう
1099 : ザンデ :2016/09/04(日) 12:08:53 ID: WWu+Aaaxvo
ロストマン

タイトル:ロストマン
Twitterで紹介する


1100 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 11:56:54 ID: M7G9fVwlJX
OPEDどっちもBUMPって豪華だなぁ3月のライオン
1101 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 01:58:59 ID: UD50+DXtsr
オープニングいいね
バンプとか知らんけど
1102 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 14:57:26 ID: 7G1Sk6aCen
ラ〇ドウィ〇プスてバ〇プオブに近いと意見が出たけれど、それほどでもないと思うなあ。
1103 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 02:34:41 ID: m639pT7q6G
記事の追記部分が読みづらい
せめて改行とか()の表記は削って自動リンクじゃないようにするとか
内容的にも来歴の項目と被ってるの多いし
1104 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 23:44:50 ID: qCWrhz5vYP
最近の曲はなんか長いのばっかだよな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015