単語記事: D・ホイール

編集

D・ホイールとは、「遊戯王5D's」に登場する乗り物である。

概要

デュエルディスクが更なる発展を遂げた姿。
遊戯王DM」「遊戯王GX」における通常のデュエルディスクが元ではあるが、今作から新たに登場した新要素「ライディングデュエル」を行うために用意されたオートバイデュエルマシンである。そのため厳密には乗り物としてよりも「走るデュエルディスク」と捉えるのが正しいと思われる。まあ移動の足としても度々使われるのだが。
ちなみに冒頭の「D」は「デュエル」のDであって、デステニーでもなければデストロイでもデスでもない。大好きブルーノちゃんでもない。

また、D・ホイールを所有する者やD・ホイールライディングデュエルを行う者はD・ホイーラーと呼ばれている。
そしてD・ホイールを運転するには自動車などと同様で、専用のライセンスが必要となっている。

は基本的に、内蔵されているモーメント(永劫機関)ので稼動しており、機体(体?)もまた並みの乗り物以上に頑強に出来ているらしい。(ちょっとした段差はおろか、高層ビルの上から飛び降りても大した破損もく機し続けていたりする)
またモーメントの限動によって、時速200~250kmという高速走行も可にするが、これについてはD・ホイールに限らず作品中に登場する乗り物自動車バス飛行機等の一般の乗り物)はモーメントが使われているのならほぼ全て同様の出を発揮できるものと思われる。

ライディングデュエルにおいてはデュエルが開始されると全自動のオートパイロット運転へと切り替わるのだが、搭乗するデュエリストの任意で手動運転(マニュアル)へ切り替える事もできる。というより、ダークシグナー編以降では寧ろこちらの方が多いかもしれないが。WRGP編の場合はほぼ全てマニュアル運転となっている。
タッグデュエルを行う場合は、2台のD・ホイールを用いる以外にもサイドカーユニット)を横に連結する。
またデュエル敗北すると「DEFEAT敗北)」とモニターに表示され強制的に停止する。 

そして、遊星達を始めとする世界中のあらゆるD・ホイールに関する全てのデータセキュリティにて管理されており、有事の際はそのデータからD・ホイーラーを割り出す。(例外的に、ゴーストディアブロ)のデータだけはイリアステルによって隠匿されているので、ゴーストライディングデュエルを行う際はモニターに表示される対戦相手の名前が「UNKNWON(正体不明、該当人物し、の意)」と表示される)
なおシティを巡回するセキュリティ官にも1人につき1台D・ホイールが割り与えられており、中でもD・ホイール悪用する犯罪者を取り締まるための機動部隊に「デュエルチェイサーズ」が存在。「特殊追跡デッキ」と呼ばれる、制限を受けているカードを犯罪抑止として特別に使用が許可されており、さらに捕捉した相手を強制的に自分とライディングデュエルに持ち込ませる事が出来るなど、現実世界における白バイ警官に相当する働きぶりを見せる。

D・ホイールから発せられる機械アナウンスCVは向後啓介が担当。

 

ちなみに、遊戯王5D's完結後に始まった新シリーズ遊戯王ZEXAL」ではD・ホイール(及び、それに類するデュエル用の乗り物)は登場しないので5D's世界観に慣れ親しんだ視聴者からは「どうしてD・ホイールに乗らないんだ・・・」という意見まで出てきた事もあった。
もっともアニメ中では、シャーク神代凌牙)が中学生のくせにバイクを乗り回していたり(そして陸王王と行動を共にしていた際は彼らも同じようなゴツいバイクに乗っていた)、カイトオービタル7の変形したバイクに乗っていたりと、一部の視聴者を騒然とさせた。そのくらい、D・ホイールという存在がファン視聴者の間に深く定着しているという事だろう。
しかし現在、この世界ライディングデュエルは一度も行われていないので恐らくはデュエルとは関係の普通バイク二輪車)であると推測される。・・・と思いきや、第51話ではWDC決勝大会の舞台で「デュエル・コースター」という乗り物が登場、なんとジェットコスターに乗ってデュエルを行う催しが見られた。
ルールこそ通常のデュエルと基本的には同じだが、擬似的なライディングデュエルと言えなくもい。

 

以下に、「遊戯王5D's」作品中に登場するD・ホイールを説明。(他にも情報があれば、どんどん追加願います。)

主なD・ホイールの一覧

遊星
主人公不動遊星の乗るD・ホイール。「ハイブリッド」と呼ばれる、デュエルディスク部分を本体から切り離して通常のデュエルディスクとして運用可である構造が特徴。カラーリング赤色
作品中では他の人物以上にかを共に乗せる事が多く、アークレイドルへ乗り込む際にを走っている時は龍可を共に乗せたりもした。また、クラッシュタウンラストでは鬼柳遊星の代わりに遊星号に乗っている。
何度転倒しようがクラッシュしようが絶対に壊れることはなく、あまつさえ近距離ダイナマイト爆発しそのまま崖下に落下してきつけられても気で動くという無敵の耐久を誇る。
また、アンチノミー回想シーン(144話)ではゾーン遊星号とよく似た形状のD・ホイールに乗っており、機皇と戦うための兵器ビーム)も搭載されている事が確認されている。
そして、アークレイドルの最終局面にて遊星号はアポリア希望を受け継ぎ、を疾走するを得てゾーンとの最終決戦(フライングデュエル)に挑む。これってソニックシリーズの最終戦の定番・・・?
ホイールオブフォーチュン
ジャック・アトラスの乗るD・ホイール。単輪D・ホイールで、世界に1台しか存在しないといわれている。「運命の輪」という名の通り機体を取り巻く大きな輪が特徴なのだが、その構造上前方が一切見えないのでは・・・?と思いきや、ジャック普通に運転している。
ニセジャックが登場した際は、こちらもまた全く同じ形状のD・ホイールに乗っていた(でもよく見ると、色が若干グレーっぽい)。そしてどういうわけか、ジャックデュエル敗北すると自動停止どころかよく事故ったり、ひどいに遭ってばかりいる。(参照→転倒王者モトキング
ちなみに、この形状のバイク現実にも実在するものだったりする。(下記の関連動画を参照。)
ブラックバード
クロウが搭乗する黒色D・ホイール。かつてピアスンから受け継いだ。
後輪部に装着されている状のパーツによって短時間の間のみ飛行・滑が可なのが特徴で、レクス・ゴドウィン戦では飛行しながら月影龍クイラを相手にフライングデュエルを展開したり、チーム・カタストロフ戦では影の中からび寄るモンスターの攻撃をジャンプしてかわしたりもしてみせた。
また機体の内部にブラックフェザー・ドラゴンカードピアスンによって隠されており、クロウに託された後は正式にクロウエースモンスターとなる。
ギガントL
ダークシグナーへと堕ちた旧「チーム・サティスファクション」のリーダー鬼柳京介が搭乗するD・ホイール
後述するギガントR(ミネルヴァ)の兄弟機とされる。
ギガントR / ミネルヴァ
ダークシグナーに堕ちたカーリー渚が搭乗するD・ホイール。作品中ではギガントRという名前だが、ゲームではミネルヴァという名前に変更されている(機体そのものは変わっていない)。
ブラッディー・キス
十六夜アキが搭乗するD・ホイールアキD・ホイールライセンスを取得した後に遊星達から贈られたもので、遊星クロウジャックの3人によるハンドメイド品である。スピードカウンター部分がハートになっているのが特徴。
シュトルム・ウント・ドランク
復讐のD・ホイーラーことシェリー・ルブランが搭乗するD・ホイール
名前はドイツ語で「疾風怒濤」を意味する。シュバル兄さんでお染み。
 デュエル以外の用途D・ホイールを用いても好ましい結果は得られないという事を立した好例。
デルタ・イーグル
D・ホイーラーことブルーノアンチノミー)が搭乗するD・ホイール。既存のバイク常識に全く捕われない特異な形状をしているのが大きな特徴。修正テープをそのままバイクにしたような体、ともいう。
ブルーノの呼びに呼応して自らやって来る事に始まり、背部の後輪のみで走行したり、それでいて遊星達の乗るD・ホイールを上回るを誇るなど、後述するT・666を含め未来世界の技術が盛り込まれているのが解る。
かつてブルーノが事故を起こし記憶がくなってから、覚醒し呼ばれるまでの長い間ずっと中に放置されていたようだが錆やフジツボなどが一切付着していない(ように見える)のも未来の技術の賜物だろうか?
 ゲームWCS2011にはオメガホークなる姉妹機が登場し、 D・ホイーラーが搭乗。 (本編未登場)
D・ファントム
ゴーストディアブロ)達が搭乗するD・ホイールゴースト達とセットで開発された。
遊星ブルーノが開発した制御ソフト盗用され、性が向上している。
遊星達を A・ボムにより数で圧倒したが、量産型の宿命には逆らえなかった。やられ役
T・666(テリブル・オーメン)
プラシドが搭乗するD・ホイール。登場の際はプラシドの呼びかけに応じて亜空間から出現する。
通常のD・ホイールよりも輪の数が多い(3輪)が、何より最大の特徴はD・ホイーラーそのものと合体が可という事か。もっともプラシド自身も身体はロボットのそれであるため、厳密にはD・ホイールというよりもプラシドの半身として捉えるのが正しいかもしれないが。
また、WRGP決勝戦ではアポリア覚醒するとルチアーノホセの乗っていたD・ホイールデュエルボード)と変形・合体を果たし後述する巨大なD・ホイール人間完成するなど、もはやD・ホイール常識越している。ちなみにこのマシンはT・ウロボロスの合体時、マシンの頭部(コクピット部分?)と成る。
マシンデイブレイ
チーム太陽メンバーが搭乗するD・ホイールチーム共通の機体で、ライディングデュエルではこの1台を3人で使用する。もとは太郎父親が所有していたD・ホイールである。
WRGPにて突如発生したゴースト達によって故障してしまったが、遊星ブルーノ添えで修復された。旧式っぽい外見とは裏に、性は他のD・ホイールにも引けを取らず、その加速性たるやジャックが「ブルーノ遊星・・・あのオンボロに何をした!」と愚痴っていた程。 
(元々の機体性なのか、遊星達の改造で強化されたのかは判明しないが)
ちなみに機体名のデイブレイク(daybreak)とは英語で「明け」の意。
ヴァルハランダー
チームラグナロクメンバーが搭乗するD・ホイール。それぞれ1号2号3号という形で人数分の同機が存在。
作品中ではしく?を生成するというライディングデュエル以外での活躍も見せた。 
G(グリーフ)・ヘカトンケイル
ホセが搭乗するD・ホイール。1軸2輪駆動というしい形状のD・ホイールである。そしてやはりと言うべきか、操縦者との合体機構も備わっている。というより、他のD・ホイールと違い座席に相当する部分が見当たらず、運転者自身が合体して運用する事を前提に設計・製作されたとしか思えないというツッコミどころ満載の機体。
もっとも、ホセ自身がこのD・ホイールとほぼ同等の速度で自走している事の方が視聴者達には専ら印に残っているため影が薄いが拭えないのが悲しい。
後述のT・ウロボロスに合体する際は、同機のベース部分へと変形・合体する。クラッシュギアとか言うな。
T(トリニダート)・ウロボロス
アポリア合体搭乗する、上記のプラシドホセルチアーノD・ホイールデュエルボード)が1つになったD・ホイール。作品中で確認されているD・ホイールでは最も巨大と思われ、ボマーロットンのそれすら上回る規格外のサイズを誇る。
3つの首を持ち、タイヤが搭載されている左右2つの首と、マシンの中心(ベース)部分はホセD・ホイール、中央の首はプラシドD・ホイール、尾はルチアーノデュエルボードがそれぞれ変形・合体して成り立っている。
その独特の形状から、視聴者からは「トリシューラ号」「究極嫁号」などと呼ばれる。
未来の技術を使用しているのか、ゴミ箱を轢いたり横幅ギリギリの細を通過しても傷1つ付かない耐久性を誇る。だが、遊星ジャッククロウ絆パワーアタックによって最期はの藻となった。
(一応アポリアゾーンによって助かっている。)
パラドックス号(仮名)
劇場版超融合!時空を越えた絆」にてパラドックスが乗っていたD・ホイール。正式名称は不明。
加速する事でタイムスリップできる機があるけど、デロリアンではないのは確かだ。
アポリアゾーンなど他の未来組の面々が乗るD・ホイールと同様で、白色を基調としたカラーリングと大を誇る機体サイズが特徴。また、3輪の体や機体先端部のドラゴンの頭部を彷彿させる形状は、先でも述べた通りプラシドアポリアの機体を思わせる。
残念ながら作品中でライディングデュエルに使われる事はかったものの(一応、プロローグ遊星スターダスト・ドラゴンを奪う際に少しだけライディングデュエルを行う描写があるが)、時を移動するタイムマシンの機も兼ねていたり、スタンディンデュエルの際は変形してに浮遊したり、フィールド魔法Sin world」発動時にはソリッドジョン投影を補助する(?)機も搭載されていたりと、これ1台で何でもできるのではないかという考えすら沸いてくるスーパーマシンである。
モーメント・コア フライホイール
ゾーンが搭乗しているD・ホイール。最もデュエル時以外も常に搭乗しているので、厳密にはD・ホイールというよりもゾーン自身の福用具(?)及び生命維持装置のような位置づけの物と考えるべきか。
常時中に浮遊しており、ゾーンの意志で身柄ごと移動している為、このD・ホイールが出来上がって以降は様々な部分が彼の体や精と直結しているものと思われる。
そしてデュエルの際は、モーメント・コア専用のオプションパーツとして専用の巨大なカード(石版)を収める専用デッキと、石版カードをドローしたり持つための巨大な2つの腕(手)が出現し、ゾーン及びD・ホイールの本体であるモーメント・コアと連動し稼動する事でデュエルを行う。作品中で確認されているD・ホイールの中では両手も含めれば上記のT・ウロボロスといい勝負(若しくはそれ以上)の機体サイズを誇るように見える。
なお、作品中ではゾーンアポリア及び遊星デュエルを行っているが、いずれも浮遊状態での空中戦であるため、ライディングデュエルを行う場合は両手の横幅が収まる様な広いコース(場所)を舞台にするか、を飛べる相手としかライディングデュエルができない・・・?
とにかく何にしても、アンモナイトでもなければどこぞの暗幻影獣でもないという事である。

デュエルボード

龍可龍亞、そしてルチアーノが搭乗している簡易D・ホイール
モーターを内蔵した、特殊な形状のスケートボード。専用のコネクタをデュエルディスクに接続する事で、ライディングデュエルが可となる。これによって、D・ホイールライセンスを持たない者や体格・年齢等の問題からD・ホイールに搭乗できない子供でもライディングデュエルができるのである。
デュエルにおけるルールライディングデュエルと同様だが、D・ホイールと違い公式に製品化されているかは不明。

ちなみに遊星く「一晩あれば製作可能」「D・ホイールと違い、整備も簡単」らしい

A(アンバー)・ケツルカートル
イリアステル皇帝の1人・ルチアーノが乗るD・ボード
アニメで確認されている通常のデュエルボード較すると少々大で、機皇スキエルのようなカラーリングが特徴。スタートダッシュジャックの乗るホイールオブフォーチュンを追い抜く程の出を持っているが、未来世界特有の技術なのか、それとも龍可達の乗るデュエルボードを含む通常のボードでもD・ホイールと謙遜ない速度を出せるのかはやはり不明。
上述のT・ウロボロス合体時は同機の尻尾部分となるが、一部の視聴者に「あのパーツって意味あるのか」と突っ込まれているのが不憫。きっとバランサー(取り?)の機などを果たしているんだよ、多分。
龍可のD・ボード
龍可デュエルアカデミアにやってきたルチアーノから譲り受けたD・ボード
制御系に仕掛けが施されていたようで、強制的にライディングデュエルをさせられる、という機があったようだがルチアーノとの一件後このD・ボードがどうなったのかはられていない。
龍亞のD・ボード
龍亞龍可のD・ボードを見て羨ましがった結果、ドラえもんに泣きつくのび太の如く遊星に頼んだお陰で用意してもらった龍亞のD・ボード遊星が一晩で作った急ごしらえの代物にも関わらず、上述の龍可機に引けを取らない性を誇る辺りは遊星の技術が成せる技か。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/d%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 4554713 リビジョン番号: 1923493
読み:ディーホイール
初版作成日: 11/01/29 19:10 ◆ 最終更新日: 13/11/11 11:07
編集内容についての説明/コメント: 概要追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

D・ホイールについて語るスレ

29 : ななしのよっしん :2011/12/10(土) 00:21:59 ID: u7G+a59V7n
ボマーに1人で操作できるのか?
って聞かれるレベルのでかさだしね
30 : ななしのよっしん :2012/02/04(土) 12:58:30 ID: Rnr2vnmHin
あの衝撃を再び

その発想はなかったわ…。
31 : ななしのよっしん :2012/02/14(火) 22:36:39 ID: CoJYxFD0A3
コナミ君遊星ルートだとZ-ONEと偽遊星相手に遊星とタッグを組んで
四人でフライングデュエルしてたな
画像があればもっと面かっただろうに…
32 : ななしのよっしん :2012/02/27(月) 23:26:00 ID: H9veXUtqgo
>T(トリニダート)・ウロボロス
>その独特の形状から、視聴者からは「トリシューラ号」と呼ばれる。

まさか・・・!名前と形状からしヴェルズ・ウロボロスの伏線だったというのか!
33 : ななしのよっしん :2012/06/03(日) 12:05:49 ID: 5kK+0WA5Fa
メン・インブラク3のCM見てたらホイールオブフォーチュンが映ってた
34 : ななしのよっしん :2012/07/17(火) 16:11:38 ID: Q1HZfn8znH
T・666、G・ヘカントイルの、
T・ウロボロスのくだりが間違ってますな。
正しくは、ベース部分がG・ヘカントイル、中央の頭部がT・666です。
修正お願いします。
35 : ななしのよっしん :2013/01/07(月) 22:00:23 ID: W+2p6EblEC
ルチアーノのDボードは「A・ファブニール」という名前だったような気がする…確かTF6で出てきた。
36 : ななしのよっしん :2013/01/08(火) 18:04:38 ID: /JUp1m0nei
Vガンダムのあの人なら、嬉々として乗り込むんだろうな
37 : ななしのよっしん :2014/02/18(火) 05:57:35 ID: y+l4Ls3XHU
5D'sに感化されてバイク買った
38 : ななしのよっしん :2014/02/24(月) 23:34:55 ID: 9A30FuXE1h
デルタイーグルって修正テープみたいとか言われてるけどすごくかっこいいと思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015