単語記事: Dead by Daylight

編集

Death Is Not an Escape.

(死に救済はない)

The Trick is to stay alive.

(知恵は生き残るためにある)

Dead by Daylight」(デッド・バイ・デイライトとは、
Behaviour Digitalが開発、Starbreezeが販売する
非対称対戦ホラーゲームである。

概要

Steam 情報
ジャンル アクション
開発元 Behaviour Digital Inc.
販売元 Starbreeze Studios
機種 PC (Steam)
配信日 2016年6月14日
価格 ¥1,980
¥2,980 (Deluxe)

プレイヤー殺人(1人)と生存者(4人)のチームに分かれて対戦するFPS/TPSホラーゲームである。Steamにて販売中。

殺人側にはおぞましいマスクが特徴的な6種類の、生存者側には男女合わせて8種類のキャラクターが用意されている。
たびたびアップデートによるバランス調整が入るのも特徴。

このゲームを一言で言い表すなら「閉ざされたフィールド内での鬼ごっこである。

殺人生存者を見つけ出し、所持している武器で攻撃することにより捕獲する(基本的に2回攻撃を当てる必要がある)。
捕獲した生存者をフィールド内にいくつか設置されているフックるし、生け贄としてげる(殺する)ことを的とする。

生存者はフィールドにいくつか設置されている発電機を起動し、フィールド端のゲートを開いて脱出することを的とする。
基本的に殺人に反撃することはできないため、仲間と連携してフィールドギミックをうまく利用しつつ、時に隠れ、時に逃げ回りながら的を遂行していくことになる。
手詰まりになった場合の救済措置として、仲間が殺されて最後の一人になった場合のみ、緊急脱出用のハッチが開き、脱出が可となる。

レベル制を取り入れており、プレイするごとに蓄積されるポイントを使用してパーク(特殊)・アイテムなどを取得することにより、キャラクターカスタマイズしていくことが可になる。

殺人側にとっては生存者たちの行動を読み、一人また一人と追い詰めていく愉悦が、
生存者側にとっては薄暗いフィールドの中を、視界と音を頼りに逃げ隠れする緊が、
本作の醍醐味と言えるだろう。
往年のホラー映画を彷彿とさせるシチュエーションや設定が多く、独特の世界観も魅の一つ。

通常版(¥1,980)のほか、オリジナルデジタルサウンドトラックデジタルアートワーク、他ゲームPAYDAY2」のゲーム内で使用できるコラボマスクが手に入る「Deluxe Edition」(¥2,980)もある。

拡張セット・DLC

【The Last Breath】
2016年8月19日に追加された無料DLC
生存者にNeaニア)」殺人「The Nurse(ナース)」が参戦。
エリア「Crotus Prenn Asylum」が追加。
HALLOWEEN】
2016年10月25日に追加された有料DLC。価格は6.99ドル。
生存者に「Laurie(ローリー)」殺人「The Shape(シェイプ)」が参戦。
エリア「Haddonfieldが追加。
【Of Flesh And Mud】
2016年12月9日に追加された有料DLC。価格は6.99ドル。
生存者にAceエース)」殺人「The Hagハグ)」が参戦。
エリアBackwater Swamp」が追加。
Left Behind】
2017年3月9日に追加された無料DLC
FPSLeft 4 Dead」より、生存者に「Bill(ビル)」が参戦。
L4DL4D2とのコラボコスチュームが追加。

動作環境

最低環境 動作環境
OS 64-bit Operating Systems
(Windows 7, Windows 8 & Windows 8.1)
64-bit Operating Systems
(Windows 7, Windows 8 & Windows 8.1 or above)
プロセッサー Intel Core i3-4170
AMD FX-8120
Intel Core i3-4170
AMD FX-8300 or higher
メモリー 8 GB RAM 8 GB RAM
ストレージ 15 GB 利用可 15 GB 利用可
グラフィック DX11 Compatible
GeForce GTX 460 1GB
AMD HD 6850 1GB
DX11 Compatible
GeForce 760
AMD HD 8800
or higher with 4GB of RAM
DirectX Version 11 Version 11
その他 ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
サウンドカード: DX11 compatible
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
サウンドカード: DX11 compatible

プレイヤーキャラ

生存者、殺人側共に各キャラクターごとの固有パークが設定されている。

生存者

全員が失踪者であり、捜索願が出されている。事に生還できる日は来るのだろうか?
設定として、彼らは殺人に殺されても、脱出に成功しても、気づけば再び焚火の傍に座っているという。

Jake Park(ジェイク・パーク
社長息子。何不自由なく裕福な生活を送っていたが、親の束縛から逃れる為にを出て一人生活する事を選ぶ。数年間、で自活して過ごしていたが、ある日突然行方不明となった。
をした時の呻きカラスの騒ぎを減らすパークを持つ。また、フックツールしで化するパークが強
Meg Thomas(メグトーマス
俊足の女性学生時代は陸上選手であったが、親の介護の為にアスリートとしてのを諦めた過去を持つ。習慣にしていたランニングの途中で深くに迷い込み、そのまま失踪した。
足が速くなるパークが非常に強い。他にも移動時の騒音軽減と怪からの回復も可
Dwight Fairfield(ドワイト・フェアフィールド))
メガネをかけた、冴えないナード男性。勤め先の上が作った密造を振る舞う為に隠れのある理矢理連れていかれ、上・同僚達ともども行方不明となった。
周囲に味方がいることで互いを強化するパークを持つ。孤立すると弱いので、立ち回りには注意。
Claudette Morel(クローデット・モレル)
植物学の天才にして、内向的な性格。「サイエンスガール」と名乗りネット上で活動していたが、たまたま外出した先でに迷い込み、行方不明となった。
治療に関係するパークを持つ他、怪をしている味方の位置が分かるパークも持つ。
Nea Karlsson(ニアカールソン)
「The Last Breath」で追加。
スウェーデンからの移民。若い頃から非行を繰り返しつつ警察に追われる日々を送っていたが、廃墟と化した精病院び込んで落書きをしていたのを最後に失踪した。
アイテムの消耗速度を減らすパークを持つ。他にもしゃがみ移動高速化と着地硬直の軽減も可
Laurie Strode(ローリー・ストロード)
HALLOWEEN」で追加。
1978年のスプラッタ映画ハロウィン」(ジョン・カーペンター監督)からの出演
とある因縁により、Boggieman(ブギーマン)こと殺人マイケルに執拗に狙われた女性。その被は長らく続き、続編では彼女の血縁にある少女までも狙われる羽に陥った。
非常に耐強く、他の生存者が殺されるにつれ強化、または最後の1人になると役立つパーク持ち。
Ace Visconti(エース・ヴィスコンティ
「Of Flesh And Mud」で追加。
チャライタリアおっさん。ギャンブラーにして詐欺師。浮き沈みがしい日々でも希望を持ち、幸運を信じて暮らしていたが、「借りてはいけない相手」に借をこしらえて追われる中、の失踪を遂げた。
「幸運」「希望」を体現するように、各種確率を上昇させるパークを持つ。
William "Bill" Overbeckウィリアム・"ビル"・オーバーベック
Left Behind」で追加。
ゾンビゲーの名作FPSLeft 4 Dead」とのコラボで登場。感染者インフェクティッド)との戦いを経て最後の脱出を果たす際に一人残り、仲間の脱出を手助けして犠牲となった。
その後、何故かこの世界に流れ着いたらしい。多くの感染者をミンチに変えてきた武器こそないものの、決して諦めずに「生存」をかけて戦い続ける事となった。
パークは歴戦のタフガイらしい仕様で、仲間を助ける時に攻撃を受けてもダメージ発生を遅らせたり、瀕死の状態から1度だけ復帰できる。

殺人鬼

全員が、殺人へ至るバックストーリーと、それぞれに由来するステージを持っている。
Entity(エンティティと呼ばれる正体不明の邪悪な存在に忠を誓い、犠牲者を狩ってはへの生贄にしている。

The Trapper(トラッパー
不気味笑顔仮面が特徴的な大男。武器は。意味は「使い」。
当初の名前は「Chuckles(チャクルズ=くすくす笑う)」だった。
本名・Evan Macmillan(エヴァン・マクミラン。冷酷な守銭奴父親に心酔しており、言いなりになって様々な汚れ仕事を請け負っていた。その父親を殺して殺人になった理由は誰も知らない
トラバサミ)を仕掛けて生存者の捕獲を狙う。そのため、生存者の心理を突いた設置が肝となる。犠牲者をるすフック前の待ちが非常に強
にしているステージThe Macmillan Estate(マクミラン地所)
鉱石の採掘および鋳造が行われていたが、労働者を奴隷同様に酷使し、反抗する者は溶鉱炉に連れていかれて「始末」されていた。最終的に労働者達は採掘坑で殺され、所有者も死体で発見された。
The Wraith(レイス)
透明化の者。武器はで作った武器。意味は「死霊」。
当初の名前は「Bansheeバンシー死の妖精)」だった。
本名・Philip Ojomoフィリップ・オジョモ)自動車解体工としてに働いていたが、ある日を潰した後のスクラップから滴る血に気づく。知らない内に殺人に手を染めていた事を知り発狂、雇いを惨殺して行方をくらませた。前述の武器の素材は雇いの遺体であり、武器名にも雇いの名前が付けられている。
手にした鐘を鳴らす事で透明化できる。透明の間は攻撃できないが、生存者からもうっすらとしか見えず、心音で検知できないので接近の面では強。ただし、透明化とその解除の際に出る音がとにかく五月いのが弱点。
にしているステージAutohaven Wreckersオートヘヴン置場)
前述の通り殺人および死体隠蔽に使われていた場所であり、後にスクラップの中からは数もの遺体が見つかった。その後施設は閉鎖されたが、今でもな粉砕機が動く音が聞こえるという。
The Hillbillyヒルビリー
チェーンソー男。武器は槌。意味は「田舎者」。
本名・なし。貧しい農場の望まれない子として生まれ、醜さも手伝って両親の手で部屋に閉じ込められ、虐待されて育つ。やがて虐待こそが情であるというんだ認識を持つようになり、ついには両親をの髄まで愛し尽くしてした。
チェーンソーは当たると生存者を一撃でダウンさせられるが、当てるのは慣れが必要。騒音がものすごいが移動速度が一気に上がる為、高速移動にも使える。
映画悪魔のいけにえ」の殺人・レザーフェイスモデルと思われる。
にしているステージColdwind Farm(コールウィンド農場)
トウモロコシが一面に生え、殺された畜がるされているなど、生きているものの姿は見られない。この農場を売却しようとした者がいたが、惨殺死体となって飾られた為に近づく者はいなくなった。
The Nurse(ナース
「The Last Breath」で追加。
瞬間移動者。武器はノコ。殺人側初のおっぱい要員女性。意味は「看護婦」。
本名・Sally Smithson(サリー・スミッソン)。夫を事故で亡くした後、生活の為に精病院20年間勤務。悲惨な環境から来る狂気に飲まれ、「救済」のために50人以上もの患者を殺した。
最大の特徴は障物を視した瞬間移動が可という点。距離を詰めたり攻撃に繋げられる。ただしを連続使用後に一定時間行動不になるのと、通常の移動が遅いのが弱点。
にしてるステージthe Crotus Prenn Asylum(クロタス・プレン病院
暴力的な傾向にある重度の患者が押し込められ、ショック療法による「治療」が行われていた。50人もの患者の「集団自殺」後に閉鎖され、放火によって建物は焼け落ちた。
The Shape(シェイプ)
HALLOWEEN」で追加。
のっぺりしたゴムマスクを被る殺人Boggieman(ブギーマン)。武器は包丁。意味は「幻影」。
本名・Michael Myersマイケル・マイヤーズ)1978年のスプラッタ映画ハロウィン」(ジョン・カーペンター監督)からの出演。「13日の金曜日」のジェイソン・ボーヒーズ、「エル悪夢」のフレディ・クルーガーらと並んで人気のある殺人である。
幼少時より善悪の区別を持たず、わずか6歳の時にを殺する。精異常者として15年間精病院に収監されていたが、ハロウィンに職員を殺して脱走。とある因縁を持つ少女・ローリーを執拗に狙い、連続殺人を繰り返した。後付けで色々設定が生えているが、基本的に不死身
犠牲となる生存者を見つめる事で自身のを強化させる。Lv1では隠密性が高く、生存者の近くにいても心音がしないが、代わりに移動速度が遅い。しかし生存者の姿を凝視し続ける事でLv3にまでなると、移動速度が速くなり、一撃で瀕死にしてくる。
強化されるごとに専用BGM映画メインテーマ)がかすかに流れ、生存全員が聞く事が可。また、生存者を追跡している時の音楽映画で使用された曲である。告知トレイラーでは映画メインテーマと共にその存在が示唆され、ファンにとってたまらない仕様となった。
にしているステージHaddonfield(ハドンフィールド
リノイ州にある閑静な住宅街マイケル(とローリー)が生まれ育った町で、劇中ではたびたび大量殺人の現場となった。
The Hagハグ
「Of Flesh And Mud」で追加。
ナースに続く女性殺人......なのだが、やせ細り朽ち木のような皮膚にねじけた手足と、女どころか人間にすら見えない怪物。武器は鉤。意味は「鬼女」。
本名・Lisa Sherwoodリサ・シャーウッド)。静かな村に暮らす、古老に教えてもらった安全や幸運のおまじないが好きな少女だった。しかしある時食人カルトの集団によって沼地へと誘拐され、を削がれて食われるという凄惨な拷問を受ける。しかし飢えと苦痛と絶望の中でやせ細った身体で拘束から逃れ、辛うじて生き延びる。狂気と復讐に囚われ「鬼女」と化した彼女は、カルト集団のメンバーを殺して貪り食い、失った右手を付け替えた。
地面に「まじない」を描く事で、生存者が近づくと自分と二つの泥人形を出現させる。この泥人形センサーになる他、近くにいればその場にテレポートする事が可。また「呪いのトーテム」と呼ばれる設置物により生存者にデバフ(弱体化)をかけ続けられるが、トーテムが破壊されると効になってしまう。
にしているステージBackWater Swamp(みの沼)
かなり広い湿地帯。外輪船「ペイルローズ」号が難破したまま放置されて、朽ちるがままになっている。ここから37人の遺体が発見されたが、全て念入りにを引きはがされていたという。

関連動画

プレイ動画


トレイラー



関連商品


関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/dead%20by%20daylight
ページ番号: 5426531 リビジョン番号: 2469020
読み:デッドバイデイライト
初版作成日: 16/06/17 00:38 ◆ 最終更新日: 17/03/15 21:16
編集内容についての説明/コメント: HTMLタグを整理 リストをdl化 動画1点追加 生存者にビルを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Dead by Daylightについて語るスレ

136 : ななしのよっしん :2017/04/01(土) 10:01:54 ID: d7XQ276d29
サバイバー側が4人で合計16個パークつけれるのに対しキラーが4個の内1個を対策で埋められるのはアンバランス過ぎるでしょ。それなら腕で十分だし。

ぐだぐだが助長気味になるのも問題だし、フック復活を導入しても後追いで時間を食わされるキラーの不利は変わらない。それならフック破壊毎にレベルが上がってって地下行きがデフォになるぐらいの方がメリットデメリット釣り合ってていいよ。遠くから運んでる最中に発電機直してBT持ちが救出に行きゃいいしな。
137 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 18:43:26 ID: TKWkFGdaAk
このゲームエボルブのスタッフが流入してんじゃねーの?
138 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 13:17:08 ID: iOpkUVRNzO
PS4版でねぇかなぁ・・・
139 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 23:01:48 ID: phlb8rEBEp
1.5βテストだが
・破壊されたフック180秒後に復活するように
・発電機の修理にかかる時間を7080秒に変更
脱出ゲートの解除にかかる時間を15→20秒に変更

殺人
トラッパートラバサミの設置時間を2秒短縮&フック下にトラバサミを設置できない
ハグ   :の設置時間を2秒短縮

殺人に新要素"Bloodlust"(血の渇望)を追加
・チェイス継続すると12秒毎に移動速度が秒上昇(最大36秒以上チェイス
・チェイスが終了して5秒後から効果減少
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
140 : ななしのよっしん :2017/04/11(火) 19:36:51 ID: 22WY4gQFYr
ようやくキラー強化サバイバー弱体化されて今までサバイバーキラー煽ってたやつざまあwwwwwww

と思ってたけどよく考えたらこいつらサバ専からキラー専に移るだけなんじゃないか
こっちでも鬼ごっこかいな
141 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 06:45:51 ID: 2Nd+z5Q9h8
フック破壊はが得するんだ
バランス取れればいいんだろうけどわざわざ弱体化してまで残す必要あるんかね
最終的にも使わないぐらい弱くするんじゃねぇの
別ゲーで強すぎたキャラが弱体化されて使用率最下位近くまで落ち込んだ事思い出すわ
ゲーム会社特有の「この性は間違いだったけど消すとが立つんで一応残します」って感じが
いや別にいいんだけどね、勝手にイライラしてる。馬鹿らしいことにね
142 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 02:27:45 ID: GgB7pCAnxM
キラー専に転向するサバ専はそう多くないんじゃないかな
決して良くない視界の中を10分ほど視点で4人追い回すのは結構疲れるし
血の渇望でルーピングを解消しきれるわけじゃないし
パレットライトもボディブロックもスプバもサボオブオブもバロタイ
イチャも屈伸煽りも通知騒音爆撃ゲート内居残りもあるし
人を煽って喜ぶ餓には耐えられないと思うよw
143 : 菜々氏 :2017/04/24(月) 23:23:36 ID: AsFKMlOw9H
>>142 

パレットは配置覚えて強ポジか弱ポジか判断しながら破壊なり視なりすれば割とどうにかなる
ライトはそもそも食らっても動けないわけではない。キラーやってる時点で視界潰されたぐらいで追えないのは慣れてないだけ
無限ループはほぼ全滅してるからゴミハグとか足遅くない限り普通に殴れる
ボディブロック腕握ってたらゴホウビ、自らポイント献上して場所教えてくれてるようなもの
スプバで一距離離れても普通に数秒有れば取り返せる距離しか離れないので見失わない限り問題ない
パッチ破壊時間延びてるからサボ持つ利点がそもそもいし破壊したいのなら工具持つだろ普通
血の渇望は細かな仕様が全て出てないからなんとも言えんがわかってる限りの仕様では見失ったからって即速度は落ちない為1段階の速度上昇が乗った時点で大半のループが死ぬ、慢と破壊握って来られてると脳筋で追われると思う
だがお見合いしてる時もチャージされるのかどうかがいまいち解らん

144 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 12:01:28 ID: 2Nd+z5Q9h8
>>143
現状でもはどっこいだと思ってる
血の渇望はマイケルの強化を凝視なしでやれる事にみたいなもん
これにチェイスしなきゃいいって意見はマイケルが弱いって言ってるんだよな
やさおじとか込でキル率が低いから強化来てるのもあるんだろうけどそもそも点数稼ぐには殺すんじゃなくて逃がす動きした方がいいんだから生存率上がってるだけだと思うんだが
あー…逆にそれ込みでゲーム楽しめれば一番ええんやろなぁ…
145 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 12:06:47 ID: 2Nd+z5Q9h8
二人りで引き分け、3りでの勝利って言われてるよね
仮に現状よりキル均を上げたいならり殺した時のポイントを3倍にするだけで多分ぐっとキル率上がる
まぁクソゲー化するとは思うけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015