単語記事: DEATH NOTE

編集

DEATH NOTEデスノート)とは、2003年から2006年週刊少年ジャンプで連載していたサイコサスペンス漫画、および作品内に登場するキーアイテムとなるノートのことである。原作大場つぐみ作画小畑健

テレビアニメ実写映画実写テレビドラマなど多数のメディアでも展開される。

概要

名前を書くことで対を死に至らしめる死神ノートDEATH NOTE」をめぐる物語物語は二部に分かれており、第一部は「Lとキラの対決」、そして第二部は「Lを継ぐ者との対決」となっている。

ある日、学校の敷地内で不気味ノートを拾った高校生の「夜神月(やがみライト)」は、そのノート死神リューク」の落としたデスノートであり、にも悟られずに人を死に至らしめることができることを知る。
犯罪が横行するこの世界絶望していたは、ノートを使うことで世界中に蔓延る犯罪者殺し、自身の理想とする犯罪者のいない新世界を創り上げることを決意。『新世界の神になる』という己の正義を信じて活動を開始する。
やがて大衆も次々に犯罪者を屠るの存在に気づき始める。そして人々は次第にその存在を「キラりはKIRA殺し屋→Killerに由来する)」と呼び始めるようになり、一部ではその存在を「」として崇め、敬う者も出始めた。

一方で同じくキラの存在に感づいたICPOは、手がけた事件は必ず解決に導くとされる世界的な名探偵、通称「L(エル)」に一連の事件の捜を依頼。
Lは事件の関連性から同一犯の連続殺人、更に調を進めることで日本関東地区にいると断定。日本に捜本部を設け、大胆不敵にキラへ挑んでいく。

キラ」と「L」、二人の天才は互いに己の正義を懸けて対峙していくこととなる・・・。

登場人物

他作品・動画によく流用されるセリフ・シーン

デスノートのルール

大まかなルールを記載。実は単行本の初版にのみ書かれて後に一部変更・削除されたものもある。詳しい内容はテレビアニメ版の公式ページwikipediaの記述も参考に。

なおリュークは人間界で遊ぶために落とすノート英語ルールを書いたが、本来ノートルールは書かれていない(取扱説明書的な物は死神界に数冊存在するが、人間に渡す事は許されない。しかし自分で人間に教える場合はその内容がいかなるものでも問題ない)。

  • このノートに名前を書かれた人間は死ぬ
    • 名前は本名でなければならないペンネーム等では効になる。
      (「キラ」や「L」ではダメ。文字りも正しく書かないといけない)
    • 名前を書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない
      似顔絵などではダメ。直接見るか、ある程度鮮明な写真映像などで知る必要がある)
      ゆえに同姓同名の人物がいっぺんに死ぬこともない。
    • 同一人物の顔を思い浮かべ四度名前を間違えると、その者に対しデスノートは効かなくなる。
      故意に間違えた場合、名前を書いた者が死んでしまう。また書かれた側も間違いにはカウントされない。
  • 名前の後に人間界単位40秒以内に死因(事故死、自殺など)を書くとその通りになる
    • 死因を書かなければ全て心臓麻痺となる
    • 死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる
    • その人間が物理的に可な事、その人間がやってもおかしくない範囲の行動でなければ実現しない
    • 名前を書かれた人間以外の死を直接招くような死に方をさせることはできない
  • デスノートから切り取った切れ端などでも、ノートの特性は有効
    また書くものも、しっかりと文字が判別できるならなんでも良い(血文字でも可)。
    ただしノートの別のページに跨って書くことはできず、効果も発揮されない。
  • ノートの所有者は、自分が死ぬまで元持ちである死神が憑いてまわる
  • 所有者となった人間は、自分の残りの寿命の半分と引き換えに、人間の顔を見るとその人間の名前と寿命の見える死神の眼球をもらう事ができる。(通称:死神普通の眼球と区別不可能だが、演出上はい)
    • を持った人間は、元の視にかかわらず3.6以上の視になる。
    • を持った人間は、自分を含め、他のデスノートを持った人間の寿命を見る事はできない死神ノートの所有者に関係なく人間の寿命を見ることができる。
    • そので見える人間の寿命は、人間界にあるデスノートに関わっていない人間界での本来の寿命である。
    • ノートを借りた者に死神は憑いてこない。あくまでも所有者に憑く。借りた者には死神の取引はできない。
  • 所有権を失った人間は自分がデスノートを使用した事等の記憶が一切なくなる
    • ノートを持ってから失うまでの全ての記憶を喪失するのではなく、自分のしてきた行動はデスノートの所有者であった事が絡まない形で残る
    • 所有権をなくしたノートの所有権を得れば、そのノートに関する記憶が戻る
    • 所有権を得なくとも、ノートに触れていれば、触れている間のみ記憶は戻る
    • デスノートを貸している時に所有者が死んだ場合、所有権はその時手にしている者に移る
    • 所有権を失うとノートの記憶と共にも失う。半分になった余命は元には戻らない
  • ノートに触ると、所有権に関わらずノートに憑いた死神が見えるようになる
    夜神月の持つノートに触れば、でもリュークが見えるようになる。会話もできる)
  • 死神デスノートに人間の名前を書く事で自分の寿命を延ばせるが、人間は延ばせない
  • デスノートは、いくら書いてもページがなくならない。
  • 二冊以上のデスノートに同じ人間の名前が書かれた場合、一番最初に書いたものが優先される。

実写映画版

表記はカタカナの「デスノート」。二部作として前編が2006年6月17日、後編「デスノート the Last name」が同年11月3日にそれぞれ開された。

2008年2月9日にはスピンオフ「L change the WorLd」が開。

2016年10月29日には続編「デスノート Light up the NEW world」(デスノートLNW)が追加で開された。

全編通じて、夜神月役は藤原竜也(ただし「L change~」は映像出演)、L役は松山ケンイチ

キャラクターの設定などは原作と大体同じだが、脚本や展開などは本来予定されていた原作の結末をベースに大幅に変えられている他、オリジナルキャラクター、役割が大幅に変わったキャラナオミなど)も存在する。

最初の二部作は他のマンガ実写化作品と同様、原作ファンから強なバッシングを受けていた一方で、行収入・動員数は高い数字を記録した。また、松山の演じるLに関しては原作ファンからも高い評価を受けている。この作品への出演を機に松山は一躍人気俳優へと躍り出た。

テレビアニメ版

2006年10月3日2007年6月26日日本テレビ系で放送。全37話。表記は原作同様「DEATH NOTE」。

第一部は他のメディアと異なり設定もキャラクターもほぼ原作通りだが、第二部はカットアレンジが多く大幅に端折られている。特にクライマックスシーンはかなり圧縮されていて、最終決着後のエピローグも丸々カット。最後も原作とやや異なる死に方をして終了する。

アニメならではのダイナミックな演出や追加シーンが特徴的。ポテチを食べる様子、魅上の「削除」の仕方など、かなり大げさな演出がされている。原作であっさり気味だったキャラの死もドラマチックに演出される。

また映画からリューク役の中村獅童継続出演、L役だった松山ケンイチ死神ジェラス役として特別出演する。

主題歌

テレビドラマ版

デスけ

2015年7月5日から9月13日日本テレビ系で全11回放送。表記は映画版同様、カタカナデスけデスノート」。

夜神月役は窪田正孝、L役は山崎賢人。

原作との大きな違いは、公務員を志す大学生、Lがスピードリンクを好む勝気な青年砂が人気上昇中の地下アイドルメロ?言ってやるな・・・など。ほかにも根幹の設定を除いてキャラクターの構成や設定が変されているものもいる。また、劇場版同様、ドラマオリジナルキャラクターが登場する。リュークはどうやら劇場版CGモデルを流用している模様だが、福島潤に変更されている。

要人物にも及んだ大幅な設定変更は賛否両論あったが、それでも均視聴率は10え程度は確保しており、原作ファン笑いネタとしてそれなりに楽しんでいた模様。また劇場版Lの松山アニメ宮野真守らのように窪田の怪演技も評価は高く、特に結末の「気迫る眼球の演技」「回を追うごとに増す不気味さ」を称賛され第86回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞の最優秀男優賞を獲得した。

niconicoにおいて

niconicoでは基本的にアニメ版をもとにした動画がよく見られる。シリアスMADも多く作られたが、権利者削除によりその多くは現在視聴不となっている。特にひぐらしがなくですのは何回も消された。タグデスノート

また、アニメ最終回が放送された当時、その最終回動画ランキング入りしてしまったこともあった。 この最終回原作でもインパクトのあるエピソードだったが、アニメでは声優宮野の熱演もあり、ここの場面がMAD流用されることが多くなった。

2014年11月11日ニコニコチャンネルにてアニメDEATH NOTEの1~12話が配信開始された。(1話無料
同年11月25日より13~26話 、12月9日より27~37話+金曜ロードSHOW!で放送された特別編を配信開始。

2016年10月下旬には29日開の「デスノートLNW」を記念し、ニコニコ生放送アニメ版が一挙放送された。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

二次創作、パロディ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/death%20note
ページ番号: 73371 リビジョン番号: 2422922
読み:デスノート
初版作成日: 08/05/18 00:43 ◆ 最終更新日: 16/10/30 17:09
編集内容についての説明/コメント: 誤字訂正やルールなどの追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


デスけ

りんごおいしいです\(^q^)/

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

DEATH NOTEについて語るスレ

946 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 17:28:54 ID: 9pcK+iV29/
ニア側:如何にして死の方法を明らかにしキラ)から自を引き出すか
キラ側:如何にしてニア日本警察の本名を知り殺すか

ってのが戦いの的になってるからな。
ノートの存在を知った上でニアは最初からキラと断定して捜してた訳だし。
947 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 15:05:05 ID: 5qKGUmEhbf
>>944
あーそれがあったか。じゃあ理だな。

勝手に調べてくれるんじゃ説がありだとしたらスナイダーが自で調べたりハッキングしたりしてミサの泊まってるホテルに辿り着いたとは思えないから探偵か何かを雇ったのかなと思ってる。

もそれが成立するのはスナイダーがミサの存在を知っていて、尚且つ自分の出そうとしている手紙がミサ宛であるという意識があり、更にホテルの住所と部屋番号の特定に成功した場合に限られるけど。(ミサ宛って意識がそもそもければ調べようがい)
948 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 13:24:03 ID: 3uyrOs+PPv
ジェバンニが一晩でこれがありなら
実質なんでもありだったじゃん
魅上ノートを入念にチェックしていたシーンがあったのに
偽物に騙されましただから
これを元に考えると高田のプライベート情報ニア
知ることが困難も当てにならないと思って
考えるべきだったのだろうか?
949 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 22:42:30 ID: IzscEIr4nd
ルール自体が法解釈みたいになってるようなもんだな
そのルール自体も中には当時どれくらい緻密に作ってたのか分からないのもあるけど

ただ十三巻でのルール集をがんじがらめに見てけば映画どころか原作ですら?みたいな所あるんだけどね
950 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 23:07:29 ID: wi0xGC+Uta
>>947
自分が考えてたのは、スナイダーがやったのは
適当ホテルに居る設定の架の人物アモミーシャ宛に、アジトの場所を書いた手紙を出すいたずら」で、
適当に(ネットかなんかで内のホテルを調べて)選んだホテルがたまたまミサのいるホテルだった、って感じ
一応これなら物理的には実行可だし・・・と言いつつちょっと苦しい気はする

ってかよく考えると、なんで「Lが日本警察を疑っていることを知っている」って書けなかったんだろう
「疑っている」ことは知らなくても「そういう」を書くことは、十分あり得る行動の範疇に思えるけど
実は書くものがなかったとか『疑』って漢字を書けなかったとか、別の理由で実行不可能だったんじゃないだろうか
951 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 17:23:13 ID: 9oQykDVE+X
今年の映画ノートが6冊出るから死神も6人出るかなと思ってたけど、3人しか出なかった…
他3人は何やってたんだろう?
952 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 23:03:29 ID: JToqVPpccz
今年の映画死神のアーマが可かった(小並感)

ノートが持ち込まれた理由が理由だけに
人間の対立以上に、死神同士の対立とかも見たかった

ノートの所有者達に、出来る範囲内で、協するとか
リュークも、紫苑には、それなりに協していたし
953 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 23:51:29 ID: JzaXO/LVMW
新作映画は登場人物全員馬鹿っていうより登場人物全員全員感情で動いてるという印だったな
あと頭戦ってより犯人当てゲームっぽかった
キャラは立ってるしオマージュでニヤッとさせられたし個人的には面かったんだが何で原作ファンじゃないとわからねえのに原作ファンの反感買いそうな展開ぶち込みまくったのか…
954 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 23:12:40 ID: IzscEIr4nd
去年のドラマもそうだけど原作から10年も経てば作品の捉え方を変えて新たなデスノート像を出そうというのもアリだと思う

でも前後編の時も原作ファンに相当かれてんじゃなかったっけ
未だに一部では認めてない人もいるみたいだけど
ドラマ放映時は相対的に映画の評価上がったような気もする

955 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 11:40:01 ID: i1Fx53nY7+
作者はこのどちらの思考だったんだろうか?
1.推定罪の原則は死んだ!それを視して罰する検察と違法捜を行う警察がいるがそれを正しいと民衆は思っている!
2.こうでもしないと犯罪はなくならない!は悪だというのは建前で本音は作者は彼をめており、警察が彼に協していれば犯罪はなくなっていた!
このどちらなのだろうか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015