単語記事: E・HERO エアーマン

編集

E・HERO エアーマンとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。

概要

遊城十代が使用するモンスター。攻撃を半分にすることで相手プレイヤーに直接攻撃できる効果を持つ。

初登場はVS万丈戦。
先攻1ターンに通常召喚され、「HERO'Sボンド」の発動条件を満たした。その後、次の万丈ターンに「騎士」に戦闘破壊されたが、「ヒーローシグナル」を発動して、デッキから「E・HERO フォレストマン」を特殊召喚した。
その後、「早すぎた埋葬」によって復活し、「E・HERO ジ・アース」の効果のため生け贄にげられた。

初めて効果を発揮したのはVS丸藤翔戦。
効果を発動してダイレクトアタックしたが、「変身」の効果でダメージを与えられず、破壊された。

回想での十代VS紅葉戦では紅葉が使用している。
ヒーローアライブ」の効果でデッキから特殊召喚され、ジ・アースの効果の生け贄となった。

その後もたびたび十代が使用しているが、融合素材などとしての利用が多く、効果を発揮する機会はかった。


紅葉が使用した「ヒーロープレッシャー」のイラストにはフォレストマン、オーシャンらと共に相手1体にプレッシャーをかける様子が描かれている。「1vs多数とはヒーローのやることか!」とか言うのは野暮なのだろうか。

OCG版

Vジャンプ 2006年10月号」(2006年8月19日発売)の付録カードOCGに登場。

効果モンスター
4/属性/戦士族/ATK 1800/DEF 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
このカード以外の自分フィールドの「HEROモンスターの数まで、
フィールド魔法カードを選んで破壊する。
デッキから「HEROモンスター1体を手札に加える。

※「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」収録のカードSD27-JP002)による

漫画版と全く異なり、召喚・特殊召喚成功時に「E-エマージェンシーコール」か「R-ライトジャスティス」を使用できるような効果となった。

1つの効果はHEROの数だけ相手の魔法破壊するもの
効果解決時に、自分フィールド上のHEROの数まで魔法を選択して破壊する。「サイクロン」などと異なり、発動時には選択しないため、相手は破壊されるカードチェーン発動して破壊を意味にする、といったことができない。ただし、これは「激流葬」などをチェーンされて効果解決時にHEROが1体もいなくなると破壊できない、というデメリットでもある。

2つの効果はHEROデッキからサーチするもの。
HEROのため、E・HERO以外のHEROをサーチすることもできる。また、自身もHEROなので、同名カードのサーチも可

この効果は特に強で、召喚するだけでデッキから後続をサーチでき、自身をサーチすれば、アタッカーを用意しつつ手札を切らさず戦い続けられる、ガジェットと似たような使い方をされた。「戦士の生還」などで使いまわすことも可である。

アタッカーになり手札も稼げるその汎用性の高さから、様々なデッキに3枚入れられるのが当たり前のようになったため、登場直後の2007年3月1日制限改訂で制限カード定された。

同名カードのサーチというガジェットの使い方ができなくなったため、一般的なデッキでは採用率が落ちたが、それでも「融合」などで手札を消費しやすいHEROデッキでは強なため、そこではほぼ必須級の扱いを受けている。「融合」に限らずとも、HEROを使うならとりあえず入れておけ、というようなカード

弱点としては、サーチ効果を使ったところを「マインドクラッシュ」などに狙われることがある。何を加えたかは当然相手に分かるため、確実に当てられてしまう。
このカードが流行した同時期に、相手の手札にあると厄介な「冥府の使者ゴーズ」も流行していたため、これらへの対抗策として有用な「マインドクラッシュ」や「ダスト・シュート」(2017年現在禁止カード)のような手札破壊系カードが当時重宝されていた。

その後もHERO自体が環境で活躍していたためか、長らく制限カードのままだったが、2017年4月1日訂でとうとう準制限カードに緩和された。直前に施行された新マスタールールによる融合の弱体化や、同名カードをサーチできる点も同じようなことができるカードが増え、それだけのために様々なデッキに投入されることがあまりなくなったことが理由か。


冗談抜きで強な効果であったため、名前とかけて「空気の読めない男」などと言われることも多かった。
とはいえ、本来のHEROデッキとは関係のところで使用されて規制されているため、本来のHERO使いからしてみれば全なとばっちりである。ただし、制限緩和が遅れたのは、同名以外のHEROをサーチする用途が評価された側面もあったと思われる。

このカードの反なのか、後に登場したこのカードと同じようなサーチ効果を持つカードは、同名カードのサーチができないようになっていることが多い。

発動条件は違うが、後に登場した「E・HERO シャドー・ミスト」もHEROをサーチする効果を持つ。いろいろ違いはあるが、結局向こうも制限カード定された。

海外では日本より規制が厳しく、2013年9月1日禁止カード定されている。

HEROデッキにおいてはほぼ必須のカードだが、登場が雑誌付録であったので、後から入手するのは困難であった。現在は「DUEL TERMINAL疾風ドラグニティ!!-」や「GOLD SERIES 2013」、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」で再録されたため、かなり入手が楽になっている。

魔法・罠破壊効果について

現在の効果では、破壊可ならば最低1枚は破壊しなければならないが、かつては効果を発動し、破壊可な状況であっても1枚も破壊しない(0枚破壊する)という選択が可であった。しかし、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」で再録される際に、裁定も変更され、最低1枚は破壊しなければならないようになった。

この違いは、「スターダスト・ドラゴン」などで効化できるか否かに関わる。かつての裁定では、効果を発動した時点ではカードを破壊するかは不確定であるため、「カードを破壊する効果」を効にする「スターダスト・ドラゴン」などの効果は発動できないとされていた。現在の裁定では、必ず最低1枚は破壊されるため、破壊が確定しており、「スターダスト・ドラゴン」の効果は発動できるとされている。

ただし、効果解決時にHEROが1体も居なくなってしまった場合は当然ながら破壊できない。また、効果発動時点でHEROが1体も居ない場合は、撃ちになるため、魔法破壊効果を発動すること自体ができない。

その他の作品において

ゲームタッグフォース3」では、初期禁止制限リスト2008年3月1日のもの(このカードは制限カード)に準拠しているにもかかわらず、三沢大地ヒーロー)のデッキに3枚投入されている。
恐らくは三沢空気ネタエアーをかけたものだと思われる。

WCS2007ではD-イメージダウンロードすることでデュエリストとして登場する。

Dチーム・ゼアル」では、フュージョンマスクカイトとのデュエルで使用。
召喚して「E・HERO オーシャン」をサーチした後、「超融合」でカイトの「銀河眼の光子竜」とともに「E・HERO The シャイニング」の融合素材になり、さらに「ミラクル・フュージョン」で「E・HERO オーシャン」とともに「E・HERO Great TORNADO」の融合素材となった。

関連動画

 

関連静画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/e%E3%83%BBhero%20%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 4731206 リビジョン番号: 2491497
読み:エレメンタルヒーローエアーマン
初版作成日: 11/09/27 00:28 ◆ 最終更新日: 17/05/20 02:36
編集内容についての説明/コメント: 準制限について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

E・HERO エアーマンについて語るスレ

14 : ななしのよっしん :2013/12/29(日) 23:18:52 ID: o0zwJZtlCq
デッキの中からエマコ、増援、強謙で手札へ アライブからの特殊召喚
墓地死者蘇生やリビデで特殊召喚 生還で手札に回収 ミラクルの素材
除外ゾーンシャイニングで手札に回収 ボルテックでダメステの特殊召喚
何処からでも出てくるから、デュエル中は何度もにするカード

制限とはいえ同名カードのサーチ、スタダのチェーンを許さない不確定かつ対を取らない魔法の破壊、特殊召喚でも使える両方の効果、高いステータス

どのテーマにも欲しい効果を2つ所持、サーチとサポートが豊富、アタッカーとしても優秀な攻撃
個人的に下級モンスターの中で単体はもちろん、サポートカード込みでは理想であり、制限から永遠に解除されそうにないカード
15 : ななしのよっしん :2014/05/14(水) 11:42:04 ID: hudfMkVjJp
アニメ版EHEROデッキの大柱であるエアーマン
シャドールの餌にされる未来しか見えない

シャドミストはどれだけ規制してもかまわないから、
エアーマン禁止だけは勘弁してくれ
16 : ななしのよっしん :2015/09/18(金) 17:59:58 ID: KqkuGncOLO
エアーマン異常にいじり倒してた最初の記事も「勝つことを楽しみに強いデッキを作る」って言う概念を理解しようとしない>>8も同様に不愉快
「強さが好きで使う」なんてこの手のコンテンツではよくあることなのに

ガチ知ら管
17 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 19:57:57 ID: L7JFyF1TFY
もうそろそろ準制くらいにならないかな
18 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 19:49:09 ID: FuGFr6szdd
海外では禁止だからヒーローが弱い。
19 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 21:54:26 ID: O8sVRQARhh
ネスティネオスの効果見てきた。
オベリスクコイツ1枚に処理される時代が来るのか…
20 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 14:40:10 ID: dltCd025NX
今のブッ壊れ環境じゃ、ミストあたりと一緒に準制限くらいでも良いと思うんだけどな。
21 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 21:23:58 ID: O8sVRQARhh
ところがぎっちょん。ヴァイオン出たらもっとやばいことになるんだよなぁ…
22 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 18:57:37 ID: md01xcDLtl
今の環境は知らんけど
こいつとアナザーネオス入れとけばヒーローデッキという潮があったな
23 : ななしのよっしん :2017/03/17(金) 06:17:46 ID: JHqSu59nhw
オヴィラプター許すなら緩和しろやって思ってたけど
ほんとに緩和されたな
まぁあっちは化石調と一緒に次ぐらいに制限かかりそうだけど
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829