編集  

F-22単語

エフニジュウニ

F-22Lockheed Martin/Boeing F-22 Raptor)とは、アメリカロッキード・マーティン社が開発した戦闘機である。称はラプター(Raptor:猛禽類の意味)。マグドネルダグラス社(現ボーイング社)が開発したF-15戦闘機の後継機種。

概要

F-22は、1981年に開始されたアメリカの先進戦術戦闘機計画(Advanced Tactical Fighter:ATF)で生まれた戦闘機である。この計画は旧ソ連Su-27 フランカーに対抗するために計画されたもので、ステルス性、スーパークルーズアフターバーナーを使用せずに音速で巡航する)、STOL(短距離離着陸)性がめられた。最終的にはロッキードのYF-22(試験機には頭にY、実験機には頭にX(所謂Xナンバー)が付く)、ノースロップ(現:ノースロップ・グラマン)/マグドネルダグラスYF-23製作され、テストが行われた。

テストの結果、整備性と機動性などから、YF-22が選定された。当初は「ライトニングII」という称が付けられていたが、後に同社のF-35に与えられる事となり、F-22には代わりに猛禽類を意味する「ラプター」が与えられた。ラプターはタカやワシなどの様な捕食鳥類の総称の事をし、F-15称であるイーグルや、F-16ファイティングファルコンファルコンダッソー社のビジネスジェットの商標であるため、ファイティングが付く)などのを総称することで、何者よりも強いと言ったニュアンスがある。

その後、1995年半ばまでにテスト機13機が製造され、1996年末よりF/A-22F/A=Fighter・Attackerの意味)として議会に予算計上されたが、2005年の運用開始直前にAは消え、F-22に戻っている。

当初は648機の製造が予定されていたが、1991年旧ソ連の崩壊を背景防予算が削減される潮であった事と、機体のコスト高の為、187機まで引き下げられた。2011年に最終号機がロールアウトし、生産は了した。当初は複座も予定されていたが、開発されなかった。また、FB-22という本機ベースデルタ爆撃機の計画もあったが、これも結局実現しなかった。

機体の特徴

このF-22現在でも世界で一級の戦闘を持つF-15駕する為に開発されただけに、様々な最新テクノロジーと最先端技術が使用されている。

一番の特徴はステルス性である。自機に照射されるレーダー波を別方向に逸らし、RCS(レーダー断面積)を極減らすことによって敵のレーダーによる探知が困難になるように機体外形がデザインされている。

電波吸収剤(RAMRador-Absorbent Material)についてはボーイング製のものがEMD試験2号機で採用され、以降の機体はすべてこの塗装が行われている。[1]

コクピットディスプレイが多数並び、F-15Eのコクピット進化させた様なものとなっている。このF-22システムボーイング777旅客機にも採用されているプログラム言語Ada」によって記述され、220万行と言う膨大なプログラム数で記述されている。

エンジンP&W社のF119を採用し、上下に動く推偏向パドルを動かす事で機動性を高めている。スーパークルーズが可。ただしパイロットにかかるGも増大する事から、パイロットスーツも新しく開発された。

搭載装置[2]

  • AN/APG-77…機首に装備されたAESAレーダー。最大探知距離は非開だが、250km程と見られている。 
  • AN/ALR-94…機的にレーダー警受信機(自機に照射された敵のレーダー波を検知して警報を出す)に近いものだが、F-22のそれはさらに高度化されており、機体各部に30個以上のアンテナを配置することで360度全周をカバー、尚且つあらゆるレーダー周波数帯に対応するものとみられている。恐らくこの装置によって、APG-77の探知距離圏外にいる敵をレーダーを使う事なく捕捉できる(+AIM-120の中間誘導にも使える)し、電子情報収集でも効果を発揮するだろう。
  • AN/AAR-56MLDMissile Launch Detector)と呼ばれる赤外線センサーAAMSAMの発射炎の赤外線を検知し、パイロットに飛来方向を警告する。
  • AN/ALE-52…チャフ/フレア射出装置
  • AN/APX-100(V)…敵味方識別装置
  • AN/ASQ-220…CNI(通信、航法、識別)を担当する装置。F-22では他のF-22との通信にIFDLIntra Flight Data Link)と呼ばれるデータリンクを使用している。これはF-22だけで使用されているもので、例えば自機で対処できない標がある場合、その情報を編隊内の他のF-22に送信しこれを攻撃させるといったことが可。それぞれのF-22AWACSのように機するということであり、これによってF-22で構成された編隊はAWACSや地上レーダーの支援が受けられない域でも戦闘を行える。

兵装・機外搭載

F-22は胴体側面に2つ、胴体下面に2つのウエポンベイを持っており、ミサイル爆弾はここに搭載される。武装はベイのカバーを開いてから発射/射出される。また固定武装として胴体右側にM61A2 20mmバルカン砲を搭載しているが、これも発射口はカバーがされており、発射時のみ開く。

また、には機外搭載ステーションが4つあり、最大4本の増槽を搭載可

実戦への参加[3]

創作作品におけるF-22

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

脚注

  1. *最強戦闘機F-22ラプター ジェイミラー/石川潤一訳 2007
  2. *F-22 Raptorスーパーファイター (イカロスMOOK)ビル・スウィートマン 1999
  3. *http://www.defensenews.com/article/20140923/DEFREG04/309230034/Analysis-Long-Road-F-22-s-First-Combat-Mission

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/f-22
ページ番号: 488541 リビジョン番号: 2274447
読み:エフニジュウニ
初版作成日: 08/08/23 23:24 ◆ 最終更新日: 15/10/13 19:19
編集内容についての説明/コメント: TF関連追記、市場にスタスク
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Raptor

ICHIJI HOZON

ICHIJI HOZON

F-22N シーラプター

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F-22について語るスレ

330 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 00:13:01 ID: TA03Y6xxPk
F-35の技術を応用するんだったらF-22で必要だった調付きの専用格納庫や頻繁な塗料の整備が
必要なくなるんじゃないかと思う。
331 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 21:09:49 ID: rij5gvQv2O
F-22F-35の開発で得られたデータがあるし、STOVLではないから機体の軽量化ができるし

F-35自体、B型さえければF-119かF-414を搭載したステルス機として開発されたはずだからね

軽量化、製造・導入・運用に関するコストの低減は較的容易なはず
332 : 削除しました :削除しました ID: TlzorcAFY8
削除しました
333 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 19:29:35 ID: hDzk5NLYpT
研究費6兆程度という噂もあるけど10兆円以内なら許容範囲だと思うけどね…

ただ、ボーイングノースロップ・グラマンYF-23フリーハンドだして共同開発持ちかけてきたら面いことになりそうではある…
334 : ななしのよっしん :2018/05/05(土) 19:09:52 ID: jXZqgJ2suM
B型くともF-35は単発機だっただろうに
F-16の後継機でもあるもの
そもそもF-35デブいのは2000ポンド弾2発を機内携行した上で燃料もたくさん積めっつー軍の基地外じみた要が原因なので共同開発でくともA型に関してはほぼ同じ物が出来てたろう事は想像に難く
335 : ななしのよっしん :2018/05/06(日) 18:55:57 ID: TA03Y6xxPk
>>334
F-35は機内搭載燃料がF-22とほぼ同等だから単発機のメリットがもろに行動半径の差に表れてるな。
足の長さよりも推重量めるなら双発機が有利だけど。
336 : ななしのよっしん :2018/05/15(火) 16:22:04 ID: hDzk5NLYpT
F-22のボディにF-35PBWを導入して軽量化しつつ日本AAM運用可にするために胴体を延長か太らせるとか言ってるがいるらしいんだが…正気だろうか
再開発率何割に抑えるかはわからないけどライン再開と改造費用だけで日本の想定してる予算消えそうだな…
337 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 16:13:13 ID: c6CEtF3zm1
どうせF-2スーパーみたいに「こういうプランもありますよ」っていうコンセプト提示で終わるんでないの?

そういえば北朝鮮の核捨てる捨てる詐欺のダシにされたみたいね。
338 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 18:09:19 ID: hDzk5NLYpT
それが確実だろうね
つかそのレベル改造するなら電波暗室から再設計しなきゃならない可性も出てくるし…
最初から1mほどでかいYF-23で中身最新技術つに変更したらAAM載せれるかもしれないってグラマンが持ち込んでくる方が現実味がありそうだわ…
339 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 19:52:40 ID: TA03Y6xxPk
F-22でもF-35でも絶対に満たせないように設定してあるから、
既存の機体をそのまま使うつもりは全くなさそうに思える。
F-35じゃエンジンの数とスピードAAM搭載量が足らんしF-22だと行動半径が足らないし…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829