単語記事: F91

編集

F91とは、以下のことを表す。

  1. アニメ機動戦士ガンダムF91」の略称、または当アニメに登場するモビルスーツF91」のこと。
  2. アイドルマスター三浦あずさす通称の一つ。なぜこう呼ばれるようになったかは、彼女のバストサイズ(と推定カップサイズ)、「トップバスト91Fカップ」に由来する。
  3. ダイアルアップP制作の『雪ねぇの部屋』に登場するF91こと、如月千早ござるwwwヒョーwwww

以下、に1のうちモビルスーツについて記す。

ガンダムF91

F91#9
F91
開発元
ナリ
頭頂高
15.2m
本体重量
7.8t
装甲材質
ガンダリウム合セラミック複合材
ジェネレータ出
4,250kW
ラスター推
15,530kg×4, 4,380kg×6,
武装
バルカン砲×2、メガマシンキャノン×2、ビームサーベル×2、ヴェスバー×2、ビームシールドビームライフル

ナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Reseach Institute、軍戦略研究所)がフォーミュラ計画で開発したF-9シリーズ戦闘MS

ガンダムF90ミッションパックの内、トップシークレットであるF90Nベースに、ヴェスバー試験F90Vを継承する形で当時の小MS限界した機体とされている。

MS化計画を反映して開発されたMSであり、従来機とべて約15mと小化が進んでいる(RX-78-2ガンダムは約18m、νガンダム放熱フィンファンネルを除けば約22m)。
なお小化した理由に関しては、作中の意味でも、現実世界ガンプラにおける意味でもコストダウンするためである。

RX-78-2ガンダムに似ているため「機動戦士ガンダムF91」の劇中でガンダムF91と呼ばれ、それが定着している。

な搭乗者は搭乗順にベルフ・スクレットSFC)、シーブック・アノーF91)、ハリソン・マディンクロスボーンガンダム)、ミノルスズキ(鋼の七人)、ミッチェル・ドレック・ナー(鋼の七人)。

ヴェスバー

特徴的な兵装としてヴェスバー(V.S.B.R.:Variable Speed Beam Rifle、可変速ビームライフル)2門を装備している。
F90Vに採用されたビームの収束率及び射出速度を変えることで威を調節出来る武装で、コロニー内戦闘がだった劇中では威が高すぎるとしてほとんど使用されなかった。

U.C.0133量産型F91クロスボーン・ガンダムの交戦時にビームシールドを2枚突き破るなど、10年経ってもその威は健在。

MCA構造/サイコフレーム

MCA(Multiple Construction Armor)は装甲フレームに電子機器を埋め込む多機装甲技術である。

従来のムーバブルフレームやモノコックのままでは小MSの高性化は難しく、それらに代わる新たな構造概念として装甲・構造材と内蔵電子機器の一体化が考案された(外格のモノコック構造を体とする技術のため、第二世代以降流となっていたムーバブルフレーム構造ではないがそれぞれの要素・機は継承している)。

MCA構造は、それそのものが構造材であり、内蔵電子機器であり、装甲でもある。それぞれの部材を単機とはせず、情報伝達処理やエネルギー伝達回路の取り回し等をMCA構造に兼任させることも可。これにより容積の大幅な削減が為され、機体の更なる軽量化と高性化が同時に実現した。
特にパワーウェイトレシオ・機動性の向上に大きく貢献しており、ヤシマ重工のマイクロハニカム技術と共に小モビルスーツテンプレートとなっている。

またF91のコックピット周辺部には「サイコフレーム」が感応波の増幅器として採用されている。サイコフレームとは、サイコミュの基礎機を持ったコンピューターチップナノレベル素材に埋め込む技術だが、実はMCA構造の前身・元となった技術でもある。

バイオコンピューター

F91にはサナリィのモニカ・アノー博士が開発した「バイオコンピュータ」が組み込まれている。

バイオコンピュータ生物細胞データや有機部品の両方が使われた第六世代コンピュータで、F908000系ニューロ・コンピュータ(第五世代コンピュータ)に代わる物である。元々障者用に考案された技術で、パイロットの負担を減らす次世代サイコミュデバイスとして軍事に転用されたという経緯を持つ。

F91のロールアウト時には搭載されておらず、U.C.0122の第2次オールズモビル戦役でベルフ・スクレットが本機に搭乗した際には非搭載だったが、同年12月フロンティアⅠへの搬入後、換装が行われた。

その機は「感応波レベルが低い非ニュータイプでも扱える疑似サイコミュ」と呼べる代物。サイコミュ含む全センサー類が得た情報が直接パイロットに伝達され、パイロットの記憶や感情、思考までもを取り込み、機体操縦に反映させられる。旧来のサイコミュと同じく、レインマシンインターフェイスの一種である。

通常はMCA構造の統括に利用されているが、本機では「リミッターの制御装置」の役割も有る。F91は非常に高性で最大稼働時の制御すら困難とされ、パイロットを選ぶ機体になってしまった。この為F91を最大稼働状態で扱えない者に配慮し、性をある程度抑制するリミッターが設けられている。
コンピューター側が「F91限界に対応出来るパイロット」と判断した場合リミッターが解除され、F91はその価を発揮する事が出来る。

最大稼動時には放熱のため、フェイスガードの開放・放熱フィンの展開が行われ、機体表面が剥離する(MEPE:Metal Peel-off effect金属剥離効果)。これがいわゆる「質量を持った残像」の正体である。なお、フェイスガードが開放されるため、しい「口のあるガンダム」である。

F91は確かに高性・高機だが、同時にこのくらい高性だとマンマシーンインターフェイスも複雑化して人間の処理えかねない。高機化には必ず付き従う問題だが、F91に関わった技術者はその解決方法に、記憶や感情を有機的にリンクさせるバイオコンピューターを用いた。
思考を有機的にリンクさせる技術はサイコミュで実現していたものの、感応波の強弱で搭乗者を選ぶため一般に普及しなかった。一方でバイオコンピュータは「非NTでも扱える」「個人の量にあわせたコントロールを行う」など従来のサイコミュに対する答え、そしてマンマシーンインターフェイスの一つの理想となっている。

ちなみに同時期のF90Ⅱクラスターガンダムにもバイオコンピュータは搭載されていた。

量産型F91

後のクロスボーンガンダム時代に少数量産され、宇宙海賊クロスボーンバンガード」と何度か対峙したが、ハリソン・マディン専用機以外はろくな相手にならなかった(ただ、これはパイロット量に起因する)。

スーパーロボット対戦F#27

とはいえ、この時代でも最高級の性を持ったMSであることには依然変わりなく、クロスボーンガンダムの続編である「鋼の七人」においても活躍している。

ハリソン機は当初搭乗していたハリソンから、非公式にではあるが彼の教官であるミノルスズキへ、そしてその子であるミッチェル・ドレック・ナーへと譲り渡され、木星帝国との最終決戦にも参加した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/f91
ページ番号: 588 リビジョン番号: 2480840
読み:エフキュージューイチ
初版作成日: 08/05/14 02:21 ◆ 最終更新日: 17/04/18 22:48
編集内容についての説明/コメント: 全体を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F91について語るスレ

290 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 22:58:17 ID: eVP6U8vdwP
いやなんでゾロアットとか20年も先の機体がいきなり出てくるんだよw
初代ガンダム一年戦争時の性の話してたらギラ・ドーガよりかなり劣るとか言い出したのと変わらんぞ?意味判らんわ
自分でフリントとか言ってるんだからUC130年代の話だろ
しかもゾロアットに性で劣ってるから、一点物が量産されるのはおかしいって前後で文脈すら繋がってくて何が言いたいのかすら判らんわ
てか現に多少調整したとはいえ少数量産されてるんだから方がどう思おうと事実として量産性もそこそこあったんでしょ

あと蛇足だがゾロアットとの較でジェネレーター出は負けてるが重量同程度で総推は勝っているので機動性はF91の方が上だし性能面でかなり劣るとは言えないのでは?
それとも公式ゾロアットと圧倒的な差があるみたいなソースあるの?
291 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 00:04:30 ID: bfx8OtBoWD
>>290
正直君と話すのめんどくさい
あの世界では数年で、それこそ1年そこらでワンオフがロートルになるようなものが当たり前で、
それがいくら緩やかになったからって、6,7年で大差ないっておかしいでしょ

漫画の中でその設定になったけれど、普通に考えたら明らか矛盾してる
その流れでもうF91使うより、そのデータをフィードバックした新鋭機を作るのが当たり前でしょってだけの話してるのに、
何訳分からん言葉でつっかかってきてるんだ?
漫画の中でこの機体を出したのはただのインパクト重視で、実際じゃ有り得ない、設定を加味してもこれを量産する説得いってだけだよ

実際クロスボーンの話自体、ゴースト含めてアナザーガンダムみたいなものだからそういうものだとは思ってるが
292 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 04:08:08 ID: o4hpQ/AwQd
>>291
々が普段使っている目の前の箱電子レンジケトル調機器なども
戦争があるからここまで発展し恩恵を受けているから
シャア以降は大人の都合でUCやら色々と詰め込まれつつあるけどシ平和な時代だから
ジェガン進化の遅さとパイロット劣化は仕方ないのかもしれない

F91MSVに出てくるMSA-120なんざ、お前出てくる作品間違えてるだろな存在だし
間的に出を倍加するメガブースト、蒸発アップリケアーマーを全身採用
武装のハイインパクトガンはミノフスキークラフト利用擬似重力兵器とかオーパーツすぎる
コイツF90に大敗て見たの問題、連邦上層部に癒着問題で切られた、初めから決まってた負けレースとしか
293 : ななしのよっしん :2017/03/04(土) 09:26:19 ID: xd5wEkLvkG
スーパーロボット大戦Vスーパーロボット扱いされてたのが印的。
294 : ななしのよっしん :2017/03/10(金) 00:34:26 ID: 3jGsi8fl/x
>>291
進化かったのはファーストから逆シャアまでの10年ちょっとぐらいの間だけなんじゃない?
その後はジェガンをちょっとづつアップデートしながら30年使ってたりするし
化は大きな技術革新だったけどその後もさほど進化まった様子もなく
ジャベリンをまた30年も使ってる

123年の高性実験機=133年の高性量産試作機=153年の一般量産機
でもおかしくはないと思う。
295 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 10:13:14 ID: AyQ6Vx/9fx
スパロボVでは本編ハブられた上に
量産型の方はクソ弱くて扱い散々だったな・・・
296 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 13:54:17 ID: ot6yeNJIDg
ラストサンでジェガンが強化でGキャノンみたいな感じでキャノンガンという名前にされたけどF91ジェガンは在庫の生き残りと見てよいのだろうか・・・
297 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 02:40:55 ID: JL+jIPvSW/
Vの量産型F91は言うほどが低いわけじゃないけどオリジナルF91にあった特殊の分身やインパクトや第2次αにあった必殺攻撃(M.E.P.E攻撃)がいのが痛い
キンケドゥのが今回アムロ並みに高いステータスなのに機体の方が付いていけてないのがなぁ
もう少しがあればキンケドゥが機体泥棒しなくてすんだのに
298 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 21:40:28 ID: MWfwnIeW4B
機体改造ボーナスで分身+攻撃アップとかもしくは鋼つながりでレコードレイカーや最終決戦仕様ハリソン機が出れば…
299 : ななしのよっしん :2017/04/13(木) 20:49:51 ID: QK3d73xGB2
UC150年代まで少数量産で高級品なF91アップデートして使うより、安上がりだけど試作機の段階でベルガ・ギロスとほぼ同等な性で配備数も多いジャベリンアップデートした方が安上がりな気がする。
リガ・ミリティアと協関係にある部隊なんかジャベリンよりも高性なガンイージーとかガンブラスターが配備されちゃってそうだし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015