単語記事: F91

編集

F91とは、以下のことを表す。

  1. アニメ機動戦士ガンダムF91」の略称、または当アニメに登場するモビルスーツF91」のこと。
  2. アイドルマスター三浦あずさす通称の一つ。なぜこう呼ばれるようになったかは、彼女のバストサイズ(と推定カップサイズ)、「トップバスト91Fカップ」に由来する。
  3. ダイアルアップP制作の『雪ねぇの部屋』に登場するF91こと、如月千早ござるwwwヒョーwwww

以下、に1のうちモビルスーツについて記す。

ガンダムF91

F91#9
F91
開発元
ナリ
頭頂高
15.2m
本体重量
7.8t
装甲材質
ガンダリウム合セラミック複合材
ジェネレータ出
4,250kW
ラスター推
15,530kg×4, 4,380kg×6,
武装
バルカン砲×2、メガマシンキャノン×2、ビームサーベル×2、ヴェスバー×2、ビームシールドビームライフル

ナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Reseach Institute、軍戦略研究所)がフォーミュラ計画で開発したモビルスーツ
F-9シリーズに分類されるMSで、ガンダムF90の換装形態「Vタイプ」「Nタイプ」を基に当時の小MS限界した高性機とされている。

MS化計画を反映して開発されたMSであり、従来機とべて約15mと小化が進んでいる(RX-78-2ガンダムは約18m、νガンダム放熱フィンファンネルを除けば約22m)。
なお小化した理由に関しては、作中の意味でも、現実世界ガンプラにおける意味でもコストダウンするためである。

RX-78-2ガンダムに似ているため「機動戦士ガンダムF91」の劇中でガンダムF91と呼ばれ、それが定着している。

な搭乗者は搭乗順にベルフ・スクレットSFC)、シーブック・アノーF91)、ハリソン・マディンクロスボーンガンダム)、ミノルスズキ(鋼の七人)、ミッチェル・ドレック・ナー(鋼の七人)。

ヴェスバー

特徴的な兵装としてヴェスバー(V.S.B.R.:Variable Speed Beam Rifle、可変速ビームライフル)2門を装備している。
F90Vに採用されたビームの収束率及び射出速度を変えることで威を調節出来る武装で、コロニー内戦闘がだった劇中では威が高すぎるとしてほとんど使用されなかった。

U.C.0133の量産型F91クロスボーン・ガンダムの交戦時にビームシールドを2枚突き破るなど、10年経ってもその威は健在。

MCA構造

MCA構造(Multiple Construction Armor)は装甲フレームに電子機器を埋め込み、機体と融合させる技術である。これによって情報処理を速に行う事が出来るようになりパワーウェイトレシオ・機動性も向上している。

MCAはサイコミュの基礎機を持ったコンピューターチップナノレベル素材に埋め込むサイコフレーム技術が基となっている。
F91のコックピット周辺部のフレーム構築には、そのサイコフレームが感応波の増幅器として採用されている。

バイオコンピューター

F91にはサナリィのモニカ・アノー博士が開発した「バイオコンピュータ」が組み込まれている。元々は障者用に考案された技術だが、パイロットの負担を減らすサイコミュとして軍事に転用された。
U.C.0122の第2次オールズモビル戦役でベルフ・スクレットが本機に搭乗した際には非搭載だったが、同年12月フロンティアⅠへの搬入後、換装が行われた。

バイオコンピューターは「感応波レベルが低い非ニュータイプでも扱える疑似サイコミュ」と呼べる代物。サイコミュ含む全センサーが得た情報が直接パイロットに伝達され、パイロットの記憶や感情、思考までもを取り込み、機体操縦に反映させられる。

通常はMCA構造やフェイルセイフの統括に利用されているが、本機では「リミッターの制御装置」の役割も有る。F91は非常に高性で最大稼働時の制御すら困難とされ、パイロットを選ぶ機体になってしまった。この為F91を最大稼働状態で扱えない者に配慮し、性をある程度抑制するリミッターが設けられている。
コンピューター側が「F91限界に対応出来るパイロット」だと判断した場合リミッターが解除され、F91はその価を発揮する事が出来る。

最大稼動時には放熱のため、フェイスガードの開放・放熱フィンの展開が行われ、機体表面が剥離する(MEPE:Metal Peel-off effect金属剥離効果)。これがいわゆる「質量を持った残像」の正体である。なお、フェイスガードが開放されるため、しい「口のあるガンダム」である。

MCAやフェイルセイフシステム等を搭載したF91は確かに高性・高機だが、同時に高機化した物はマンマシーンインターフェイスも複雑化して人間の処理えるのが常である。F91に関わった技術者はその解決方法に、記憶や感情を有機的にリンクさせるバイオコンピューターを用いた。
思考を有機的にリンクさせる技術はサイコミュで実現していたのだが、感応波の強弱で搭乗者を選ぶため一般に普及しなかった。一方でバイオコンピューターは「非NTでも扱える」「個人の量にあわせたコントロールを行う」など従来のサイコミュに対する答え、そしてマンマシーンインターフェイスの一つの理想となっている。

ちなみに同時期のF90Ⅱクラスターガンダムにも搭載されているが、F90Ⅱは初期クラスターガンダムは本機のバイオコンピューターよりも高性という設定がある。

量産型F91

後のクロスボーンガンダム時代に少数量産され、宇宙海賊クロスボーンバンガード」と何度か対峙したが、ハリソン・マディン専用機以外はろくな相手にならなかった(ただ、これはパイロット量に起因する)。

スーパーロボット対戦F#27

とはいえ、この時代でも最高級の性を持ったMSであることには依然変わりなく、クロスボーンガンダムの続編である「鋼の七人」においても活躍している。

ハリソン機は当初搭乗していたハリソンから、非公式にではあるが彼の教官であるミノルスズキへ、そしてその子であるミッチェル・ドレック・ナーへと譲り渡され、木星帝国との最終決戦にも参加した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/f91
ページ番号: 588 リビジョン番号: 2455630
読み:エフキュージューイチ
初版作成日: 08/05/14 02:21 ◆ 最終更新日: 17/02/04 01:29
編集内容についての説明/コメント: 加筆、動画と商品を追加変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F91について語るスレ

279 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 16:01:26 ID: 0QZoU0NVnG
スパロボV参戦記念、量産型の方だけどね
280 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 22:16:03 ID: eGgwFyX/m0
参戦作品がクロスボーンしかないから量産型の方だろうけど、今更な疑問でF91って量産型(クロスボーンガンダム時代)とそうでない(F91時代)の物って見たに違いって有ったっけ?
281 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 10:36:08 ID: eVP6U8vdwP
クロスボーンだと量産機の方には胸に連邦のVマークが付いてる
ただスパロボVPVF91には付いてなかったな
282 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 14:14:10 ID: MWfwnIeW4B
>>280 >>281
二次αの方はシーブック機の装甲色がの所が量産型だとクリームがかっていて肩のF91ってで書かれているところがかったりしているな。
283 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 08:22:13 ID: 6P8jsBPEud
VSBRって収束率を最低にしたら拡散メガ粒子砲みたいにできるのだろうか
284 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 23:43:30 ID: AyQ6Vx/9fx
Gジェネに久しく出てないな・・・
スパロボもクロボンのシーブックじゃないし辛いわ・・・
285 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 18:07:29 ID: dwH8931UdZ
>>280
オリジナルベース 量産:クリームベース紺色 ロリコン専用:ベース、中身に関しても別物
量産型:最大稼働モードなし、一般兵が乗りこなせないのでスペックダウンパーツワンランク
ロリコン:増加試作機をベースヒートシンクバイオコンの良でmepe発生なしの最大稼働ができる
2号機は別の量産機を色塗り替えしただけ

計画:2号ベースにあるパイロット仕様を再現すべくサナリィ協、mepe初めとした
オミット機いくつか復活(mepeフェイスガードフィン展開以外は不明)
作中で言われる限りでは本家(シーブック乗った状態)よりも性上な状態のF91

>>283
Gバードみたいなゲロビになる可性もある、V2ヴェスバーは絞りまくって貫通と連射に特化してる
286 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 21:39:50 ID: bfx8OtBoWD
>>285
考えてみると、オリジナルF91よりかに上の性じゃないと、その辺りの量産機以下のスペックな時代だとは思うから、ある意味当然なんだけど、
そう考えると、F91である必要が微い…
リントの方が上じゃないかなと思ってしまう

まあ見たインパクトの問題なんだろけど、F91F91の話以外では出すスペック的にも意味もいし、出す説得かったと思う
287 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 23:46:02 ID: eVP6U8vdwP
>>286
流石に過小評価しすぎ
少なくともUC133(黒本本編)時点ではF91>量産機だしロリコンとやった時のシーブックセリフから総合性ではF91F97
この時代は大規模な戦乱がMSの進歩が遅いから二年後の鋼の七人で突然時代遅れってのもありえない
つまりF91は依然としてあの時代のトップクラスMSの一であることは間違いないよ

流石にゴーストの時代だときつそうだがF97が修と乗り手次第でイケたとこ見ると案外なんとかなるかも
288 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 12:11:53 ID: dwH8931UdZ
>>286
F91本家(試作機)より少し劣るといえ機体としては後年でも通じるレベル完成されている
エース部隊用の品が量産型F91ジェムズガンに代わる全な量産機としての的がフリン
F91本編ではサッカーされてるジェガンRアップデートマイナーチェンジ繰り返しまくりで
、推アポジモーターとかでの統合性ではνガンダムと同等なんだぞ、サイコフレームがない位で

機動:中のパイロット都合で小MS化で頭打ち状態、F97の3号機が20年後でも戦える理由
火力:近接戦はジェネレーター出エネルギーの効率化で危険だが、ヴェスバーならごとブチ抜ける
装甲:ロリコンは言いました、当たらなければどうということはない
結局はパイロット次第、パン屋の親父48歳は20年ぶりのMSF97一機で最新MS複数同時に相手して勝っている
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015