単語記事: Fate/Zero

編集

Fate/Zero』(フェイトゼロ)とは、TYPE-MOONの作品『Fate/stay night』の10年前にあった第四次聖杯戦争ニトロプラス所属のシナリオライター虚淵玄が描いた小説作品である。カバーイラストや挿絵はFate本編と同じく武内崇

概要

全4巻からなる小説作品。2006年コミックマーケットにて第1巻が頒布され、2007年コミックマーケットにて第4巻が頒布された。これ以降も設定資料集・ドラマCDなどが作られている。

もともとは『Fate/stay night』のファンディスクFate/hollow ataraxia』内で予定されていた企画であったが、発展・独立し、全4巻の単行本がTYPE-MOON発行の同人誌としてまとめられた。hollow内ではその予告などが劇中劇おまけとして存在している。

同人アイテムとして発行されたため一般の書店には流通せず、とらのあななどの同人ショップAmazonなどの通信販売サイト、あるいは虚淵玄の所属しているPCソフト開発会社「ニトロプラス」の通信販売などで取り扱われているのみだった。が、2011年1月からに星海社から文庫版として順次刊行され、一般の書店でも手に入るようになった。なお、2010年12月から文庫版公式サイトにて第1巻の全文が順次開中である。

また、2010年12月にはアニメ化を発表。
2011年10月1日から12月に一期、2012年4月から7月まで二期が放送された。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

(これ以降、特に断りなくFate本編という単が出てきた場合、それは『Fate/stay night』あるいは『Fate/hollow ataraxia』をす)

Fate/stay nightとの関連

Fate本編の10年前を描くというコンセプトのため、Fate本編で言及された過去の戦いに関する事柄をなぞる展開が多数存在している。例を挙げるならば、「切嗣は人質を取ったり、ビルごと爆破したりした」と言峰綺礼が言及していたことや、セイバータコに関する苦戦の記憶、征服王イスカンダルの存在などはそれを覆していない。

その一方、セイバー聖杯めている願いが違うなど、Fate本編に向けた多数の伏線り巡らされている。

物語は当然の事ながら多数の解決されない(なぜ聖杯が汚染されていたかなど)や、すっきりしないまま放置された事柄(イリヤはその後どうなったのか)が残されたまま終わりを迎える。これらの解決は『Fate/stay night』に任されている。

Zeroは正史か否か

Fate本編との矛盾が数多く摘されていた。なものとしては「アイリスフィール聖杯戦争への参戦」「木の大災害を引き起こした人物が違う」「セイバーの戦闘回数」など。この事からファンの間ではFate本編との関連性、に「正史であるか否か」について長く議論されることになる。

このことに関して原作者である奈須きのこは以下のような発言をしている。

そう、ZERO正史であり、同時に、『Fate/stay night』とはあり方を別にする伝奇アクションなのだ。

同人版『Fate/Zero』第1巻解説

この四巻をもって「Fate/Zero」は外伝ではなく、まぎれもなく本編に連なる物語となった。 

同人版『Fate/Zero』第4巻解説

制作会議の一回、自分がスタッフさんにった言葉は以下のものです。
「極端な話ですが、物語性においても映像面においてもzeroとは別のモノと考えてください。
 stay nightしたものとZeroしたものは別のもの。
 これを遠慮に繋げてしまうと物語空気感も破綻します。
 stay nightzeroも違う作家が書いた違う物語だからこそ、互いを尊重しあえるものなんです」

(中略)

自分はzeroという大仕事を終えてくれたスタッフに「前の仕事の方法論は忘れてほしい」と言ったのです。

 Fate/stay nightの再アニメ化について 竹箒日記

ストーリー

手に入れた者の願いをえるという万魔法の釜、聖杯

それをめぐって戦うは7人の魔術師マスター)と7人の英霊(サーヴァント)。

奇跡めるのならば他の6組を倒すべし。戦いの末に聖杯は降臨する。

日本の地方都市木」にて四度魔術師達の闘争が始まろうとしていた。

主な登場人物

衛宮切嗣えみや きりつぐ) CV小山力也
セイバーマスター。由緒ある魔系に生まれながら、魔術を便利な具としてのみ扱う元殺し屋
Fate本編では主人公衛宮士郎の義理の父親であり、本編開始前に士郎に夢を託して他界している。
全な平和の実現」という非現実的な願いをえうる一の手段である聖杯を手に入れるため、聖杯戦争を考案した一族のひとつであるアインツベルンの招きに応じ、マスターとなる。
近代兵器を多用するという魔術師としては異端スタイルによって、数多くの魔術師を殲滅したことから「魔術師殺し」と名される。銃器爆発物といった近代兵器の合理的な運用に加え、時間の流れを自己の体に限定して加減速させる魔法域の魔術「固有時制御」を使いこなす。
正義の原義をJ.ベンサムの言うような「量的功利義」に置いているが、自身が家族を持ったことにより「不可能な決断」を抱え込むことになる。作中では切嗣がその狭間で悩み苦しむ姿が描かれている。
アイリスフィール・フォン・アインツベルン CV大原さやか
本作のヒロイン切嗣の妻であり、Fate本編ヒロインの一人イリヤスフィール・フォン・アインツベルン母親
アインツベルンが作り出したホムンクルスにして、聖杯の器の守り手でもある。聖杯戦争が始まると、イリヤアインツベルンのに残して切嗣とともに木に入り、彼の作戦サポート役となる。
久宇舞弥(ひさう まいや) CV恒松あゆみ
切嗣の助手を努める冷徹な美女使い魔操作といった魔術も用いる優秀な兵士
過去戦場切嗣に拾われて以来、自らを彼の「部品」と見なし、ひたすら彼の的のために戦い続けている。
作中では切嗣の武器の調達や情報収集、果ては聖杯戦争の鍵とも言えるアイリスフィールの護衛も任させるなど切嗣からの信頼も非常に厚い。
セイバー CV川澄綾子
切嗣によって召喚されたの英霊。後に第五次聖杯戦争にも召喚され、Fate本編ヒロインも務める。
年端も行かない少女に見えるが、その正体はイングランド伝説英雄騎士アーサー。滅んでしまった自分のを救うため聖杯め、切嗣の召喚に応じた。が、騎士ゆえに正々堂々とした戦いを好むセイバーと勝利のみを追いめ、その為にはあらゆる手段を行使する切嗣の相性は最悪で、両者は最低限のコミュニケーションすら取れておらず、切嗣の妻アイリが間に入って示を伝えている。
他にも全編を通じて数多くの苦難に直面して思い悩むこととなり、その苦悩はFate本編にも引き継がれた。
言峰綺礼(ことみね きれい) CV中田譲治
アサシンマスター。何をもってしても内なる虚を埋めることができないという苦悩を抱える青年
しかし本作中で自らの本性を自覚し、覚醒Fate本編ではその悪性を存分に発揮し、ルートによってはラスボスを務めることとなる。
聖杯戦争開始前にマスターである令呪が現れたことにより、父親の紹介で聖杯戦争を考案した一族のひとつ、遠坂の現当である遠坂時臣に引き合わされ、彼のサポートをすることになる。異端殺を担う代行者を務めた経歴もあり、その戦闘力は人間としては高い部類に入る。マジカル八極拳の使い手。
苦悩の答えを、切嗣の自らに近しいと感じるいびつな在り方にめており、彼に異常な執着を見せる。
魔術師としては見習いレベルだが、治癒魔術においてだけは師である時臣を上回る。
言峰璃正(ことみね りせい) CV広瀬正志
木教会の神父。今回の聖杯戦争監督役を務める。
言峰綺礼であり、敬虔な信仰者。良くも悪くも正の人物であるため、息子の苦悩にまったく気づいていない。
前回の聖杯戦争監督役を務めた際に遠坂と親交を結んでおり、今代の当である時臣を裏から支援するため息子である綺礼共々聖杯戦争に臨む。八極拳の達人であり、綺礼拳法は彼直伝のものである。
アサシン CV阿部彬名
言峰綺礼が召喚したサーヴァントFate本編真アサシンと同じ「山の翁」ハサン・サッバーハの襲名者。
生前はいわゆる多重人格者であり、個々の人格が所有する才を状況に応じて使い分けて任務を遂行する特殊な暗殺者だったが、英霊となってからはそれら複数の人格を個別に実体化させ、それぞれを独自に行動させることが可になった。それでもあくまで一個人であることに変わりなく、その極めて特異なは「群体」に喩えられる。
遠坂時臣(とおさか ときおみ) CV速水奨
アーチャーマスター聖杯戦争を考案した一族のひとつ、遠坂の現当
Fate本編では前回の聖杯戦争死亡したとされており、遠坂は長女のが務めている。
始まりの御三家の一員として、また魔術師としての最終標たる「根への到達」という望みのために聖杯戦争に臨む。
聖杯戦争監督役を務める言峰璃正とは長年の付き合いがあり、その信頼を持って璃正の息子綺礼子として得るなど全面的なサポートを受けることになる。妻のあおい)との間には2人のを授かるが、はすでに間に養子に出している。義でありながら優さも持ち合わせ、魔術師としても人間としても一流だが、同様肝心なところでうっかりする癖がある。
元々魔術師としての才は飛び抜けたものではかったが、徹底した意志を武器に卓抜した技を身に着けている。宝石に充填した魔を用い、自らの属性である火の魔術を自在に行使する。
遠坂葵(とおさか あおい) CV伊藤葉純
時臣の妻であり、の実Fate本編では開始前に病死している。
良妻賢を絵に描いたような女性であり、配偶者の血統が持つ潜在を最大限引き出すという特異な体質を持つの出身であることから時臣婚された。
遠坂凛(とおさか りん) CV植田佳奈
時臣Fate本編におけるヒロインの一人。ちゃんのニーソはぁはぁ
幼いながらも既に初歩の魔術を扱えるなど、卓越した魔術師としての片鱗を見せている。
聖杯戦争中はと共に方の実家のある隣のに避難している。
アーチャー CV関智一
時臣により召喚された、あらゆるサーヴァントにとって敵足りえるサーヴァントFate本編でも登場し、その圧倒的なを見せつけることになる。
その名は人類最古の英雄王ギルガメッシュ英雄が持つ宝具の原典を全て貯蔵してある蔵を所有しており、数の宝具を撃ち出すことで敵を殲滅する戦いを得意とする。類ない傲慢さを持ちつつも、臣下として振舞う時臣に譲歩して最低限の示には従っているようだが…?
本作中にセイバーを気に入り、Fate本編と同様に自分のものにしようとしている。
間桐雁夜(まとう かりや) CV新垣樽助
バーサーカーマスター聖杯戦争を考案した一族のひとつである間出身で、狂気じみた間の魔術を嫌い11年前に出奔。しかし、魔術鍛錬という名の虐待を受けるを救うために舞い戻った。Fate本編の登場人物・間桐慎二叔父に当たる。
の当である臓硯に、聖杯の獲得と引き換えにを解放するという約束を取り付け、聖杯戦争に参加する。
魔術とは縁遠い一般人としての生活を送ってきたため、短期間で人並みの魔術を身につける必要に迫られ、魔を生み出す刻印を体内に宿すという処置を受けるが、体への負担が大きいため余命は幾許もい。
時臣の妻であるとは幼馴染であり、心を抱いていたもののそれを伝えないまま結婚してしまう。
その上、自分のを間に養子として差し出した時臣に対しては屈した想いを抱えている。
臓硯直伝の使いの魔術を扱い、牛骨をも噛み砕くの大群を操る。しかし雁夜にとって魔術の行使とは自らの破滅へと直結する行為である。
間桐桜(まとう さくら) CV下屋則子
時臣の実かつFate本編におけるヒロインの一人。
魔術師としての血統が薄れてきた間の才駄にしたくないという時臣の意図の合致から、古い盟約により養子として間に引き取られた。
魔術特性を間の物に近づけるため、使い魔による陵辱を受け続けている。
間桐臓硯(まとう ぞうけん) CV津嘉山正種
の実質的な当。登記上における雁夜
長い時を生きる怪人であり、雁夜からは妖怪呼ばわりされている。
血統の劣化によりマスター足りうる人材を用意できなかったため、この度引き入れた胎として次回以降の聖杯戦争に備えるつもりであったが、雁夜の出戻りとその提案を受け入れ、を与える。
もっとも雁夜の戦果にはまったく期待しておらず、彼が絶望に喘ぐ様を楽しんでいる節がある。
バーサーカー CV置鮎龍太郎
雁夜の召喚したサーヴァント。その姿はの全身を着込んだ騎士
「手に掴んだ兵器の全てを、まるで自分の宝具であるかのように即座に使いこなす」というを持ち、Fate本編アーチャーとは別の意味でギルガメッシュ敵。
正体隠蔽の宝具によって常にで覆われており、そのステータスは隠されている。セイバーになにやら執着があるようだが…?
ウェイバー・ベルベット CV浪川大輔
ライダーマスター魔術師の総本山の一つであるロンドン時計にてくすぶっていた学生。浅い柄とその非才を努で補おうと奮するものの、周囲からは軽んじられている。自分への評価をめさせるため、かつて自分の研究を否定したケイネス宛の荷であるサーヴァント召喚に必要な触媒を奪い、聖杯戦争に参加する。基本的にヘタレかつ未熟者。背が低い事を気にしている。己の意に従わず、あくまでをゆくライダーに最初は反発していたものの、次第にその「器の大きさ」に感じ入るようになっていく。
Fate本編には登場しないが、関連作品にて設定のみ登場している人物と同一人物であるらしい。
ライダー CV大塚明夫
ウェイバーによって召喚されたサーヴァント名はマケドニアの大英雄たる征服王イスカンダルアレキサンダー大王)。Fate本編でもセイバーが言及している。
傍若人かつ放磊落な巨であり、自らの名を堂々と名乗るなどの破天荒な振る舞いでマスターであるウェイバーや他の営を幾度となく振り回す。夢はもちろん生前と同じく世界征服。だが、それは自分ので為してこそのものであると考えており、聖杯に願う望みは現世における新たなる生、すなわち受のみである。
現代の世界情勢やハイテク兵器、果ては戦略シミュレーションゲームにまで興味々。ぱんつはいてない
グレン・マッケンジー CV:西川幾雄
ウェイバーが宿代をケチるために自分を孫だと暗示をかけて寄生した人で、妻のマーサと共に二人暮らしをしていた。ウェイバーの友人アレクセイと称したライダーが現れたときも、に受けて歓迎会をするなど人が良い。身の丈に合った人生を歩んだ者としてライダーとは違う意味でウェイバーを示した人生先輩と言える。
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト CV山崎たくみ
ランサーマスターウェイバーの師である時計魔術師。降霊科の講師を務めるが、召喚術や錬金術といった幅広い分野に通じており、その異才からロード=エルメロイの異名を持つ。魔術師としての経歴に「武功」という箔を付ける為、聖杯戦争に参加する。
優秀な魔術師であることが他者への優越と信ずる典的な魔術師。名門の血統と生まれ持った才によって、挫折知らずの人生を歩んできたために予想外の事態には滅法弱く、高いプライドの為に自分の非を認められないという欠点を持つ。許婚のソラウには一惚れしていることもあって頭が上がらない。
元々はイスカンダル召還するつもりだったが、その触媒が間違ってウェイバーに送り届けられそのまま強奪されてしまったため、予備の触媒でランサー召還する。
体操作の魔術に特に秀で、大量の水銀を攻防一体の武装として自在に操る。
ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ CV豊口めぐみ
ケイネス許嫁時計の降霊学部長を歴任するソフィアリの長女。
その美貌と気位の高い言動から悧な印を与えるが、実際は何かを強く望んだり、拒絶したりすることをせず、そもそもそういった感情の理解すら出来ない精の持ち
政略結婚によってケイネスと婚約することにもさして抵抗感はなく、随伴という形で共に聖杯戦争に参加するが、ランサーの魅了によって沸き上がった慕という未だかつて感じたことのない情が彼女を狂わせることとなる。
ランサー CV緑川光
ケイネスによって召喚されたサーヴァント名はディルムッド・オディナ。ケルト神話における高名な戦士であり、名誉を重んじ、忠げたのために戦うことを何よりの喜びとする根っからの騎士。長短2本のを持つ、二ならぬ二の使い手。類稀なる美丈夫で、にあるほくろには自らの意思とは関係なく異性を魅了する魔があり、それが生前の命取りとなった。
生前、騎士として忠義を全うできなかったことを悔やみ、度の聖杯戦争君への忠を今度こそ貫き通し、聖杯をもたらす事を望む。だが、上記の魅了のためマスターの婚約者ソラウを魅了してしまう、ケイネスにはそれに関してしく嫉妬されるだけではなくそもそも騎士そのものを信じてもらえていない、とまたしても苦難が待ち受けていた。
雨生龍之介(うりゅう りゅうのすけ) CV石田彰
を騒がす連続殺人で、「死」を知るために殺人を行うと称するシリアルキラー。行き当たりばったりの犯行の割に拠隠滅は璧、という明らかに才の使い方を間違えている男。
方法にマンネリを覚えた頃、実家で見つけた古書の記述通りに儀式殺人を行い、偶然キャスターを召喚する。
キャスター殺人観に敬し、従というより師として仰いでいる。『この世の書き手』たるを信じ、「は人間賛歌も絶望も等しく愛しており、故に礼賛も冒涜も信仰として受け止め、そんな世界を永遠と創り続けているのだから、この世界に満ちている」という独自の哲学を持つ。
キャスター CV鶴岡聡
之介が遊び半分で行った儀式により、図らずも呼び寄せてしまった霊。自らを「」と称する。その正体は英百年戦争時のフランス元帥にして、なる怪物と呼ばれた狂人ジル・ド・レェセイバーを生前共に戦ったジャンヌ・ダルクと思い込んでいる。どう見てもFate本編発売前のたちです、本当にありがとうございました。
宝具依存した召喚魔術師サモナー)とでも言うべき存在で、宝具である魔導書から次々と生の怪物を召喚する。それら魔や宝具そのもの自体明らかクトゥルフ神話を意識したものだが、著者がクトゥルフ大好きな虚淵玄なので仕方ないね之介には殺人に対する異常な美学や行動様式をリスペクトされ「旦那」と慕われる一方、キャスター自身も独特の世界観を持つ之介に対し敬意を表している。マスター共々正式な魔術師ではないこともあって聖杯戦争ルールを守る気は皆無で、自分たちの存在を一般に隠そうともせず児童の誘拐・殺人などの行を繰り返した結果、聖杯戦争監督側からイレギュラーと見なされ、ついには各マスターに討伐令を下されるまでに至る。

ドラマCD

2008年8月HOBiRECORDSより発売。全四巻。
音楽担当はニトロプラスゲームの楽曲を数多く手がけるZIZZ STUDIO
声優メインから脇役まで、ほぼアニメ版と同じ。
ED曲は1~3巻はいとうかなこ、4巻は大原さやかが歌っている。
原作と同じ巻数で原作全再現しており、1巻あたりのCD枚数は3~5枚と非常に多い。
その甲斐あってセリフから心理描写までひと通り再現することに成功しており、アニメ版と較しても決して見劣りしない高品質な作品になっている。

コミカライズ

角川書店刊誌「ヤングエース」にて、2011年2月号より連載されている。作画は「じろう」。あんなシーンやこんなシーンが手を抜くことなくしっかり描かれているのも、青年誌連載ならではだろうか。

また、ヤングエース増刊号の隔刊誌「アルティマエース」にて、「Fate/Zero 」が2011年10月の創刊以来連載されている。作画は「雌」。

テレビアニメ

公式模写分割2クール」というしい方式を採用しており、第1期は2011年10月1日12月(全13話)、第2期は2012年4月7月の期間に放送された。ニコニコ動画でも第1話「英霊召喚」が10月8日ニコニコ生放送無料放送された後アップロードされ、以降も各話最初の1週間が無料、それ以降は有料で配信されている。

2012年1月2日にはTOKYO MXで1話~13話が一挙再放送され、うち第11話「聖杯問答」は「オリジナルエディション」として、本放送から加筆修正されたものが放送された。

第1期に関しては、内の複数TV局の間の放送時差の短縮が試みられた。他の番組では、最も遅い局だと最速放映から一週間以上遅れてしまうことがしくない。それに対し、「Fate/Zero」はわずか一日の間に全8局での放送を達成している。

また、ニコニコ生放送における無料配信では、8ヶ国語による字幕の表示が試みられた。内訳は韓国語中国語(繁体字&簡体字)・英語フランス語ドイツ語イタリア語スペイン語である。

2012年3月7日、第1期のBlu-ray BOXが発売される。放送中のTVアニメに関して、映像ソフトを1巻ずつではなくBOX形式で販売することはしい。なお、DVDレンタルみのリリースとなり、こちらも2011年12月21日より順次解禁される(1期・2期合わせて全9巻を予定)。

スタッフ

主題歌

第1期

オープニングテーマoath sign
作詞作曲渡辺翔 / 編曲とく / 歌:LiSA
※第一話ではエンディングテーマとして使用された。
エンディングテーマMEMORIA
作詞Eir, Fumio Yasuda / 作曲Fumio Yasuda / 編曲下川佳代 / 歌:藍井エイル

第2期

オープニングテーマto the beginning
作詞作曲編曲梶浦由記 / 歌:Kalafina
エンディングテーマは高くは歌う」
作曲梶浦由記 / 歌:春奈るな
エンディングテーマ「満」(18話-19話)
作詞作曲編曲梶浦由記 / 歌:Kalafina

各話リスト

初回は一時間拡大SPで10/31まで無料配信されていた。

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第一話 英霊召喚 あおきえい 須藤友徳・ 動画
第二話 偽りの戦端 動画
第三話 木の地 啓一 動画
第四話 栖原隆史 清水慶太 動画
第五話 須藤友徳 須藤友徳・ 動画
第六話 謀略の 啓一 野中卓也 茂木 動画
第七話 野中卓也 茂木 動画
第八話 魔術師殺し あおきえい あおきえい

野中卓也

茂木之・白井俊行・
高橋クロヲ・須藤友徳
動画
第九 王と従者 栖原隆史 小船井充 動画
第十話 の冒険 桧山 小笠原 菊池也・ 動画
第十一話 聖杯問答 福山 清水慶太 動画
第十二話 聖杯の招き 野中阿斗 野中卓也 茂木 動画
十三 禁断の狂宴 田明 須藤友徳 動画
第十四話 未遠血戦 須藤友徳 動画
第十五話 啓一 三浦 須藤友徳・ 動画
第十六話 栄誉の果て 栖原隆史 白井俊行 動画
第十七話 第八の契約 野中卓也 茂木 動画
第十八話 遠い記憶 栖原隆史 菊池 動画
第十九話 正義の在処 三浦 清水慶太 動画
第二十話 暗殺者の帰還 啓一 野中阿斗 藤崎静香・ 動画
第二十一話 双輪の騎士 あおきえい 田明 高橋クロヲ・白井俊行 動画
第二十二話 この世の全ての悪 室井ふみえ 野中卓也 茂木 動画
第二十三 最果ての 須藤友徳・ 動画
第二十四話 最後の令呪 あおきえい
茂木之・白井俊行・
高橋クロヲ・須藤友徳
動画
第二十五話 Fate/Zero あおきえい あおきえい

野中卓也
須藤友徳/
石塚みゆき(補佐)
動画

関連動画

公式配信

一般投稿PV・CM

その他・MAD

関連生放送

特番

一挙放送

関連商品

同人版

文庫版

コミカライズ

設定資料集

ドラマCD

ラジオCD

CD

※ TVアニメ版のサウンドトラック音楽梶浦由記)は、Blu-ray BOXの初回特典として封入される。

Blu-ray

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

専門・派生項目など

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/fate%2Fzero
ページ番号: 307434 リビジョン番号: 2352571
読み:フェイトゼロ
初版作成日: 08/07/02 11:33 ◆ 最終更新日: 16/04/21 21:37
編集内容についての説明/コメント: 削除された動画を除去。項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


公式トップ模写

イチホ

五話に期待

nulle/Zero絶賛配信中

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Fate/Zeroについて語るスレ

9944 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 17:59:37 ID: nMxdF0D+da
GOのコラボ、なんか二次創作的なzero介入イベだったけど(パラレルだが)
仮にあの時間軸があのまま未来に進んでも、ケイネス営とウェイバー本人以外にはあんま恩恵ない感じなのは
ある意味納得というか、そこはかとなくなんだかなぁというか。
いやまあ、木の大多数の人達には災害くなって良かった良かったなんだが。
少なくとも魔術師として素直に育つし、ともども士郎には会えないし
も一見めでたいけど、あの後どうなるかわかったもんじゃないし。おじさんもアテにならなそうだし。
セイバーは救われる機会を永遠に逃してるし。
まあ細かい介入はウェイバーの自己満だし、なかったことになるからいいんだが。

9945 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 21:07:32 ID: IWz3DuEVqb
>>9937
伝説48時間メンテ
メンテが終わるとメンテが始まる
・不具合を利用するとBAN(故意であるなしに関わらず利用したらBAN
これらとべたら延長込みで今回はかなりマシな方だよ
延長しでもん中かちょい下くらい
9946 : 削除しました :削除しました ID: E0azm5GsCx
削除しました
9947 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 01:18:53 ID: xdc4CL5Gyf
>>9942
普通1位なってたンですがそれは
異様に重いのもどうやらこれから始めた人めちゃ多いらしいからね
9948 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 01:25:01 ID: xdc4CL5Gyf
てかこのIDずっとネガキャンしてるのか...
型月ファンはこの手の多いからなw
9949 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 09:33:00 ID: UWzUHur3Mo
型月ファンというか、型月アンチに多い人だよね、ああいうの。
商業になったあたりの頃から型月くのにやけに熱心というか偏執的というか……それで悪い意味でネットで有名になっちゃった人もいるくらいだから業が深いよねぇ……。
9950 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 15:12:18 ID: sWlRnaFu8m
FGOzeroコラボイベントはかなり面かったよ
今度はstaynightとコラボしてください(懇願)
9951 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 22:25:07 ID: KeTyMtKVCz
Qが出て野は結局野だったなんて言われてるけど、虚淵は結局虚淵なんだから。素直に世界で片付けるべし。
9952 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 22:50:44 ID: E0azm5GsCx
ぶっちゃけFGOシナリオと同レベルだから考察する価値も
9953 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 11:49:37 ID: xdc4CL5Gyf
6章の出来はよかったし褒め言葉だなむしろ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015