単語記事: FPS

編集
FPS(曖昧さ回避)
  1. FPS = First-Person Shooterの略称ゲームジャンルのひとつ。本稿で詳述
  2. fps = Frame per second動画の1秒あたりの静止画枚数を表す数値。詳しくはこちら⇒60fps

概要

目次

ファーストパーソン・シューターFirst-Person Shooter)とは、主人公視点(一人称視点視点)でゲーム内の世界を任意で移動することができるゲームのこと。

銃器を使ったシューティングによる戦闘がこのジャンル流であるが、シューティングが中心ではなくても、視点による演出を利用したアクションアドベンチャー体のゲームも多く、また、ゲームプレイRPGなど別のジャンルのものでも、単に視点であれば同様に呼ばれることもある。車両航空機の操縦を扱うゲームのコックピット視点も広義ではFPSとも言えるが、一般的にそれらはシミュレーターと呼ばれている。内では「ファーストパーソン・シューティング」(First-Person Shooting)とよく呼ばれているが、これは和製英語である。

海外のゲームの中では非常にポピュラージャンルであるが、内のゲームの中では視点そのものが未だマイナージャンルであり、「FPS」という言葉が相手に理解されないことも・・・。そのためか内の家庭用ゲーム機やアーケードゲームでは「3Dガンアクション」「ミリタリーアクション」と独自の呼び方をされている場合もある。ニンテンドウ64世代の人なら「64のゴールデンアイみたいなゲーム」と説明するとだいたい通じるかもしれない。

ニコニコ動画ではKousonen氏によるプレイ動画テクテク海底記」と「テクテク従軍記」が特に有名で、他にも様々なタイトルプレイ動画投稿されている。(参考:FPSプレイpart1リンク

歴史

黎明期:1992~1995年

一人称視点ゲームが作られたのは1973年の「Maze War」が最初であり、後の1992年id softwareが発表した「Wolfenstein 3D」がFPSというジャンル確立したと言われている。そして1993年、同じ開発チームが発表した「DOOM」が爆発的に人気を博し、売り上げ総数1500万本という記録をき出した。これをきっかけに、FPSゲームジャンルの一つとして定着した。当時は「DOOMシューティング」とも呼ばれていた。

当時のFPS擬似3Dアクションマップこそは3Dで作られていたが、敵やアイテムなどのオブジェクトは2Dのスプライト画像が用いられていて、照準を上下に動かすことはできず、敵がどの高さにいても方向さえあっていれば攻撃が命中するものが多かった(実際にDOOMにはポリゴンは一切使われていない)。


同時期の作品

Marathon
(1994)
M1A1を普通にプレイ(その01)Macintosh用に開発された作品。練りこまれた難解なストーリーパズル要素やチーム対戦が人気を博した。高さや重力の概念を初めて導入した新的な作品で、「エレベーターで高い場所に移動する」「中に潜る」「グレネードは放物線を描いて飛ぶ」など、FPSの基本的なシステムはこの作品でほぼ完成した。続編も製作され、後にWindows版も発売された。リメイク版「Marathon: Durandal」はXbox Live Arcadeで配信されている。この開発チームは後に大ヒット作「HALO」を製作した。
System Shock
(1994)
System Shockした宇宙ステーションを舞台に、自を持った人工知能SHODAN”の野望を阻止する。本格的なストーリーが導入されたアドベンチャー要素の強い作品。「Ultima Underworld」を元にしたプレイヤーの動作によって視点が上下に動くシステムなどは当時は非常に新的なものだった。また音記録を用いた演出は後世のホラーゲームに大きな影を与えた。
Descent
(1995)
DESCENT(ディセント) PS版戦闘機に乗り3D間を自由に移動することができるフライトシューティング。これが最初の3DFPSであるとも言われている。1996年プレイステーション版が内で発売された。
Duke Nukem 3D
(1996)
Duke Nukem 3D名で言の主人公が多かった中、強い個性を持ったキャラクター主人公に持ってきた点が新だった。ふんだんに盛り込まれたアダルト要素やジョーク要素も本作品の特徴。AV鑑賞してるエイリアンがいたり、トイレを飲んで体回復したり。14年間の開発期間を経て発売された続編の「DUKE NUKEM FOREVER」はいろんな意味で伝説

革命期:1996~1999年

全な3DFPSが作られたのは、1996年id softwareが発表した「Quake」が最初であると言われている。
ゲーム内のほとんどのオブジェクト3Dで描写されるようになり、「Marathon」よりも進化した高さの概念が導入され、高低差を生かした3Dアクションゲームとなった。また、インターネットを通じたマルチプレイ(対戦モード)も人気となった。この頃に一般的なFPSの操作性、マルチプレイの基礎が築かれた。

2年後の1998年Epic Gamesが発表した「Unreal」は、当時の常識を打ち破る驚異的なグラフィックで話題となった。それまでのゲームの舞台が屋内中心だったのに対し、広大な高地が用意されている点も新しかった。今となってはグラフィック技術は旧世代のものだが、洗練されたビジュアルデザインは現在でも十分通用するものである。

完成度の高い柔軟なゲームエンジンプログラム)は良を繰り返し、現在でも多くのゲームで使われている。
ちなみに、プレイヤー同士のコミュニティでよくある「凄すぎて(発売時点での)最高スペックPCでも快適に遊べない」という話はこれが最初らしい。


同時期の作品

ゴールデンアイ 007
(1997)
[TAS] ゴールデンアイ 007を29分58秒27でクリアレア社が開発したNINTENDO64用のタイトル世界で800万本以上を売り上げる大ヒットを記録し、それまではこのジャンルと縁遠かった庭用ハードに、FPSを浸透させた立役者となった。
現在でも根強い人気があり、中古市場では高値で取引されている。対戦プレイに夢中になった人も多いはず。
Thief
(1998)
T1 GOLD:01.Lord Bafford's Manor初めて全面的にステルス要素を導入した作品。戦闘ではなく機密行動が重視される。そのゲーム性から「First Person Sneaker」「ステルスシューター」とも呼ばれている。中世と産業革命時代の両方を持ち合わせた独特の世界観も本作の特徴。
Tom Clancy's Rainbow Six
(1998)
RAINBOW SIX OPトムクランシーの同名の小説原作プレイヤー特殊部隊の隊員となり、テロリストの撲滅、人質の解放をす。戦闘そのものよりも戦術面を重視したゲームになっている。「Tactical Shooter」「リアル系」と呼ばれるジャンルの原となった作品。
Starsiege:TRIBES
(1998)
Tribes 2 Japan Festival - Fleet BattleFPSにVehicle(乗り物)の要素を追加した作品。他にもジェットックを使った中戦、自動機の設置など、それまでにはなかった要素を多く生み出した。(動画は続編の「Tribes 2」)
現在では無料化されている。
http://www.4gamer.net/patch/demo/tribes/tribes.html
Jurassic Park: Trespasser
(1998)
米国製PCゲーム ジュラシックパーク「Trespasser」  1998年映画ジュラシックパーク」を題材にしたFPS恐竜の生態を再現したAI右手をシュミレートした独特の操作、物理エンジンを利用したパズル、体が表示されるおっぱいといった現在でも新といえる多くの要素を持っていた。しかし、当時の評価は低く失敗に終わってしまった。時代を先取りしすぎた作品。「Half-Life2」のゲーム性は本作がモデルになっている。

Half-Lifeの登場

1998年11月Valve Softwareから発表された「Half-Life」は、ムービーカットシーンといった客観的な演出を一切使わず、ストーリー展開が全てゲームの中で実際に起こる独自の演出により、それまでは単なる設定でしかなかったストーリーゲーム融合させ、ゲームの中の世界プレイヤーに体感させることに成功した。主人公プレイヤー自身であるという一人称シューティングの最大の魅を引き出したのだ。FPS界に革命を起こした本作は、多くのプレイヤーゲーム開発者に絶賛され、同年度の50種類以上のメディア賞、ゲーム賞を独占した。現代のFPSの原となった作品といえるだろう。また、今作のMODから生したビッグタイトルも数多い。

これらの理由から「Quake」「Unreal」「Half-Life」は古典FPSを代表する三大作品と言われることがある。


同時期の作品

Counter-Strike
(1999)
FPS カウンターストライク LivingLegendsHalf-Life」のMODユーザー製作した追加・改造データ)が製品化されたもの。対テロリストチームテロリストチームに分かれてスコアを競う対戦専用のFPS。それまではステージのあちこちに散らばっている武器を拾うのが流だったのに対し、スコアによる武器の購入というシステムが新しく特徴あるものだった。2004年Source Engine移植版「Counter-Strike: Source」、2012年に現代のスタイルに合わせリメイクした「Counter-Strike: Global Offensive」が発表された。本作品のスタイルを模したゲームも多く作られ、それらは「CSクローン」と呼ばれている。
Team Fortress Classic
(1999)
Team Fortress Classic ムービー 「AngPangMang」1996年に発表されたQuakeMODTeam Fortress」をHalf-Life移植したのが本作品。メディックエンジニアスパイ・・・といった異なる性を持つ9種類のキャラクターからなるクラス制のチーム戦が特徴。このシステムはその後「Return to Castle Wolfenstein」や「Battlefieldシリーズに受け継がれた。
System Shock 2
(1999)
PCゲーム System Shock 21994年に発売された「System Shock」の続編。独自のゲーム性をさらに進化させた。音テープを使った演出、限られたアイテム、敵のランダムリスポーン(復活)といった恐怖感を煽る極限のゲームバランスが高く評価された。2007年に発売された「Bioshock」は本作品のゲーム性を受け継いだ精的続編である。長らく版権の問題で絶版となっていたが、2013年ダウンロード販売限定で復活を遂げた。
Medal of Honor
(1999)
【MoHAA】オマハビーチ 「オーヴァーロード作戦」 シングルプレイ part1第二次世界大戦を題材にしたFPS。第一作はプレイステーションで発売。その後、様々なプラットフォームで続編が作られた人気シリーズ動画2002年に発売された「Medal of Honor: Allied Assault」)。ゲームの開発には元アメリカ海兵隊大尉映画プライベート・ライアン」の監督スティーヴン・スピルバーグを監修に迎えている。
Unreal Tournament
(1999)
UT99 世界最強男vs無名上級者(最終スコア52対0)Unrealエンジンを使用した対戦体のゲームチームに分かれてミッション攻略するゲームモードAssault」の追加や、高度なAIを持ったコンピュータープレイヤーが高く評価され、同年のGame of the Yearを受賞した。あのキーボードクラッシャープレイしていたのはこのシリーズ
Quake III Arena
(1999)
Quake 3 ムービー『mercurial』Quakeエンジンを使用した対戦体のゲーム。洗練されたゲームバランスが好評で、多くのプロゲーマーに絶賛されている。スポーツFPSを代表する作品。現在では本作をベースに作られたオンラインゲームQUAKE LIVE」が開されている。

成長期:2000年~

基本的な操作体系、視点を活かしたストーリー演出など、ゲームデザインの基礎が出来上がったFPSはその後、独自の要素、ゲーム性を持ち合わせた個性のある作品が多く作られるようになっていた。2004年に発表された「DOOM 3」と「Half-Life 2」は、ゲームグラフィック技術を新的に向上させ、当時は「次世代のグラフィック」や「グラフィック新世代」と呼ばれた。

それまではPCゲームでのタイトル流であったが、2000年前後になってからは家庭用ゲーム機でも「HALO」「Killzone」「METROID PRIME」などといったハード専用タイトルマルチラットフォームに対応した作品が数多く発表されるようになり、プレイヤー層がより幅広いものとなった。

有名な作品

No One Lives Forever
(2000)
ノーワンリブスフォーエバー日本語版 PVスパイアドベンチャーFPS。60年代世界観に映画007シリーズに出てくるような秘密アイテムが多数登場する。当時はHalf-Lifeえるとも言われていた。独特の世界観やシングルプレイ完成度の高さなどがメディアから絶賛され、多くのゲーム賞を受けた。
Deus Ex
(2001)
【FPS】デウスエクス【DeusEx】PART1System Shock シリーズを手がけた作者が開発に加わっている本作は、アドベンチャー色が強くアクションRPGとも言われている。ゲームクリアする方法はプレイヤーの自由で、ひたすら邪魔な敵を倒すのもよし、密かに潜入するステルスプレイも可である。この自由な行動性が人気を呼んだ。後に30以上のメディアからGame of the Year を受賞した。
HALO: Combat Evolved
(2001)
今頃HALO1をやってみたpart1Xbox向けに発売され人気シリーズとなった作品。家庭用ゲーム向けのFPSの代表作とも言えるだろう。マスターチーフが中心となる「Halo: Combat Evolved」「Halo2」「Halo3」は「ヘイロー・トリロジー」と呼ばれている。
Return to Castle Wolfenstein
(2001)
【FPS】ちょっとお前らもRtCWやろうぜ!【プレイ動画】 - Part01Wolfensteinシリーズの続編であり「Wolfenstein 3D」のリメイク的作品。ナチスの人造人間計画を阻止するために戦う。ゾンビクリーチャーサイボーグ兵士が登場するため、他の第二次世界大戦を題材にした作品とは違いSFホラーの作品になっている。クラス制を採用したマルチプレイが大人気となった。拡ックとして発売される予定だった「Wolfenstein: Enemy Territory」は償で開されている。こちらも人気が高い。
Operation Flashpoint
(2001)
Operation Flashpoint -Cold War Crisis- Part1 [Traning]リアル戦場シミュレーションしたゲーム一発弾が致命傷となるシビアなゲーム性、広大フィールドが特徴。リアルFPSを代表する作品。2006年にはゲーム性を受け継いだ「ArmA: Armed Assault」が発売された。また、生作品の「Virtual Battlespace」は実際の軍事機関での戦闘シミュレーションに使われている。
Serious Sam
(2001)
SeriousSam シリアスサム たぶんトレイラー SeriousSam シリアスサム たぶんトレイラー爆弾を両手に抱えた首なし男(名前はKAMIKAZE)が襲ってくるゲーム。初代DOOMのようなひたすら敵を倒すというFPSスタイルを復させたのがシリアスサムだ!ジーパンがあれば世界が救えるぜ!ahhhhhhhhh!!
Battlefield 1942
(2002)
BFのお笑い動画第二次世界大戦を題材にした対戦体のゲーム。有名な戦場モチーフにしたステージで連合軍と枢軸国軍の戦いを再現している。搭乗兵器の多さも本作品の特徴で、有名な戦車戦闘機をはじめ、戦艦潜水艦も使用することができる。また、兵士と搭乗兵器バランスが(いい意味で)適当なため兵戦も楽しめる。後にシリーズ化され、多くの続編や生作品が発表されている。
Metroid Prime
(2002)
と、いうわけでメトロイドプライムを実況したい part1ゲームキューブ専用タイトル任天堂としては初の本格的FPS製作となった。
メトロイドシリーズの外伝にあたる本作は、シューティングメインではなく、メトロイド世界観の再現やキャラクターとの一体感を重視して作られており、「First-person adventure」と称している。
Call of Duty
(2003)
【CoD】ソ連軍 スターリングラード戦 part1Medal of Honorの開発スタッフの一部が独立し、製作されたのが本作品。スクリプトによる映画的演出、高度なAIをもったNPC、個性豊かなキャラクターが高く評価された。演出を重視したため、ゲームの自由性は失われてしまったが、テストプレイを重ねたことで線密な難易度調整がされている。一貫したゲームスタイルもあって人気シリーズとなった。
DOOM 3
(2004)
DOOM3プレイムービー01 -Mars City-新たに開発したゲームエンジンを使用し、初代「DOOM」のストーリーリメイクしたのが本作品。当時は「次世代のグラフィック」と呼ばれていたが同時に異常重いゲームとも言われていた。ゲームスタイルは初代DOOMとは異なり、暗いマップライトで照らしながら、突然襲い掛かってくる敵を倒すものとなっている。これは後に「ホラーFPS」というジャンルとして呼ばれるようになった。
Half-Life 2
(2004)
ゲームプレイ動画 HALF-LIFE2 Part01 序章Half-Lifeの続編。こちらも新たに開発された「Source Engine」を使用しており、高度なグラフィック技術と物理演算の動作が話題となった。「重力」と物理エンジンを使ったパズル要素が特徴的。ボートはいらない。のちにアーケード版「Half-Life2 サババー」も作られた。
Far Cry
(2004)
[洋ゲ普及促進] Far Cry やりすぎHDR Part01を舞台にしたサババルFPS。独自に開発されたCryENGINEによって広大フィールドロード時間なしで再現される。これによってプレイヤーが自由に行動できるようになった。同時期に発売された「DOOM3」「Half-Life2」によって、やや隠れてしまったが、高度なグラフィック技術もあってプレイヤーの評価は高い。後にゲームエンジンを受け継いだ「Crysis」、別の開発チームによるゲーム性を模した「Farcry2」が作られた。
Killzone
(2004)
PS2 KILLZONE キルゾーン オープニングムービー、タイトルデモ プレイステーション2専用タイトルPS2の性を極限まで引き出した高度なグラフィックが特徴。当時は「HALOキラー」と呼ばれていた。2009年には続編「Killzone 2」がPS3で発表された。
Quake 4
(2005)
Quake4 日本語字幕動画 ニコ動版 #01 - Air Defense Bunker6年ぶりに登場したQuakeシリーズの4作ストーリーQuakeIIの続編となっている。開発は「Soldier of Fortune」を手がけたRaven Software。多ステージスクリプトを用いた映画的演出、仲間との協力プレイ、巨大なボスとの戦闘など、シングルプレイモードのボリュームが素晴らしい
Brothers in Arms: Road to Hill 30
(2005)
Brothers in Arms: Hell's Highway を駄目×実況プレイ Part1 第二次世界大戦を題材にした本作は、実話を元に製作することがコンセプトになっている。登場人物一人一人の存在が重視され、ステージは大戦体験者の話を元に当時の戦場の様子や地形を細部まで再現している。
動画は続編の「Brothers in Arms: Hell's Highway
Red Orchestra: Ostfront 41-45
(2006)
RedOrchestra マルチプレイ動画 〔Konigsplatz1/2〕東部戦線を題材にしたFPS弾道の計算が必要なリアル系よりのゲーム性が特徴。もとは「Unreal Tournament 2004」のMODとして開発されたもので、Epic Games社が宰したコンテストにおいて見事優勝し100万ドルの賞を得た。優秀なMODが製品化した例の一つ。

Call of Duty 4の登場

2007年に発表された「Call of Duty 4: Modern Warfar」は様々なプラットフォームで展開し合計で1400万本以上の売り上げを記録した。それまでFPSがまだマイナージャンルであった内でも日本ゲーム大賞2008の特別賞を受賞した。本作がFPSのコンソール市場を大きく成長させたと言っても過言ではないだろう。

シリーズ映画的演出を重視し、決められたスクリプトによってゲームプレイが進行するのが特徴で、このようなスタイルは「リニア」、「レールライド」(内で言うところの一本道に近い)などと呼ばれている。また、HALOで初めて導入されCoD2でも採用された体の自動回復システムは演出と同様にCoD4ヒット以降一気に広まっていった。これらはゲームの進行をスムーズなものにしたが、一方でゲーム性が失われているというも決して少なくはない。

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl
(2007)
【FPS】S.T.A.L.K.E.R. 解説付きプレイ動画 part.1ウクライナ発のFPS。6年もの歳をかけて開発された。東欧ならではの世界観、細部まで再現されたプリピャチ内の廃墟、高度なAIマイナー銃器弾道が計算されたリアルの挙動など・・・多くの独自の要素をもった本作品は世界中のプレイヤーに高く評価され、現在でも人気を博している。2009年にはゲームエンジンを強化させた続編「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」が発売された。閥要素が加わり、高度なAI同士の戦闘が再現されている。
You Are EMPTY
(2007)
【ホラーFPS】You Are EMPTY【PART 1】ロシアデベロッパーDigital Sprayによって開発された作品。社会主義暗黒時代歴史に埋もれたある男の叙事を描いている。この「君はいない」という奇妙なタイトルの意味はゲームラストで明らかになる。内ではもちろん、欧でも知名度の低かった作品だが、レビューサイトを中心に口コミで広まっていった。
Portal
(2007)
Portal TrailerFPSスタイルを使ったアクションパズルゲーム専門学校生が卒業制作に作ったゲームが原となっている。Portal)を開け間を繋ぐことで様々な仕掛けを突破していく。重力物理エンジンフル活用した独特のゲームスタイルが高く評価され、多くのGame Of The Yearを受賞した。
Team Fortress 2
(2007)
『Team Fortress2』 Pyro Love 『TF2』Team Fortress Classicカートゥーン調のグラフィックリメイクした作品。戦闘そのものよりも、キャラクターの特性を生かしたゲームスタイルを重視しており、対戦体でありながらも初心者でも楽しめる内容になっている。現在は基本無料タイトルとなっている。
Bioshock
(2007)
BIOSHOCK プレイ動画 テクテク海底記 part1System shock 2のゲームスタイルを受け継いだ精的続編。海底に築かれた都市Rapture」を探検する。超能力の装備、お金を使いアイテムを購入するシステムなどRPGのような特徴が多い。60年代のレトロフューチャーモチーフとしたデザインや秀逸したシナリオも高く評価された。
Crysis
(2007)
高画質を目指す 時々鬼畜な Crysis Part1Farcry」のシステムを受け継いだ作品。前作から進化した高度なグラフィック技術が大きな特徴。最先端のグラフィックスを実装しているため、最も動作が重いゲームとしても知られている。現在でもゲームグラフィックるときには、よくこのタイトルが使われている。
Mirror's Edge
(2008)
えどさん”&ふみいちのゲームクラッシュ 『ミラーズエッジ』その1一人称視点高層ビルを駆け抜けるアクションゲーム。「パルクール」というエクストリームスポーツを題材にしている。FPSゲーム性にアクション要素を多く取り込み、新たなジャンルを開拓した。エッジの効いた独特のグラフィックも本作の特徴。
Left 4 Dead
(2008)
Left4Dead 16人対戦をやってみた Part1/3数のゾンビする都市から脱出するストーリー。本作はCO-OPと呼ばれるインターネットを通じた協力プレイモードを重視して作られていて、単純に敵を倒すだけではなく、仲間の協が必要なギミックが多数盛り込まれている。
Cryostasis
(2009)
normadが往くクリオスタシア実況プレイ 零下1度目ウクライナ産のFPS。凍てついた遭難船に迷い込んだ主人公が、を解明しつつ船から脱出するストーリー。極寒の世界を再現した高度なグラフィックや、過去に起きた出来事を体験することができる「Mental Echo」を使った独特のゲーム性が特徴。
Borderlands
(2009)
敵を倒して経験値とより強アイテムを手に入れる。RPGにおけるハックアンド・スラッシュのスタイルを採用したタイトルゲーム中で手に入るアイテムは自動で生成されるため、銃器だけでも1600万種類をえる。Co-opが人気。2012年には続編の「Borderlands 2」も発売された。
NecroVisioN
(2009)
悪魔モンスター手な戦闘を繰り広げる昔ながらのFPSを現代のグラフィックスで再現した近年ではある意味個性的な作キック左手に装着したガントレットから繰り出す打撃でコンボを決めることでよりしい戦闘を楽しむことが出来る。
Killing Floor
(2009)
人気MODを独立した製品として発表した作品。ウェーブごとに襲い掛かってくる大量の敵をネットワーク上のプレイヤーと協して倒すゲーム。季節ごとにアップデートがされイベントがよく行われている。
Zeno Clash
(2009)
数多くあるFPSの中でもしい格闘を体とした作品。開発はチリの独立系企業。会話が出来る動物が存在する世界観、ビジュアルだけでなく民話を元にした物語も非常に個性的なものである。2013年には続編の「Zeno Clash II」が発表されている。

現在:2010年~

ロードバンド回線が普及してからはコンソール機でもオンライン対戦が人気を博すようになった。また、オンラインゲームサービスでの対戦専用タイトルや、「BFP4F(play4free)」「Tribes Ascend」「HAWKEN」などの同じく対戦専用の「Free-to-play」と呼ばれる基本無料課金制のタイトルも多く見られるようになった。

対戦体のゲームが多く発表されるなか、一方で視点によるストーリーリングと体験を重視した、物語体の作品も根強く存在している。

有名な作品

Metro 2033
(2010)
ロシアの同名の小説を題材にした作品。核戦争によって荒した世界地下鉄に住む人間達などの世界観が非常に細かく描かれている。地上にいる間はガスマスクを装着し時計で残り時間を確認する必要があったり、弾が通貨の代わりになったりとサババルを意識したゲームバランスや重厚なストーリー描写が特徴。2013年に続編「Metro Last Light」が発売された。
Amnesia: The Dark Descent
(2010)
非常に怖いゲームとして話題になった作品。武器は存在せず、プレイヤーは知恵を使って暗闇の中に潜む脅威を回避しなければならない。クトゥルフの呼び声のように精神ゲージを採用していて、正気を失うにつれより恐ろしい現プレイヤーは体験することになる。物理演算を取り入れたパズルも特徴。

関連動画

参考


オンラインゲームとFree-to-play

オンラインゲームについては「オンラインFPS」を参照

Free-to-Playについては「F2P」を参照


操作体系

FPS視点の移動とプレイヤーの移動を同時に行う独自の操作体系を持っており、一般的にキーボードマウス、もしくは二つ以上のアナログスティックないし十字キーのあるコントローラーを使用する。基本的にFPSというゲームは前者のキーボードマウスプレイするようにデザインされている。というのもFPSの操作体系はPCゲームタイトルの発展とともに作られたからである。

Wolfenstein 3D」や「DOOM」のような高低差の概念がまだなかった頃は視点移動も同様で、上下の移動はなくプレイヤーを左右に旋回させることで視点を動かしていた。上下左右自由に見渡すことが出来る自由視点は「System Shock」とそのゲームデザインの前身となった「Ultima Underworld」で初めて導入された。ただ、視点の操作はキーのみで行うとても複雑なものだった。その後「Marathon」によりマウスを使った視点移動「フリーック(もしくはマウスック)」が導入され、「Quake」のマルチプレイにおいてキーボードマウスを使用するその操作方法が一気に広まったと言われており、以降その操作方法を採用しデザインされたゲームが多く製作され、現在ではPCタイトルのほぼ全てがその操作方法を採用している。

※厳密にはFPS、すなわち視点ゲームにおける自由視点プレイヤーの向きの移動である。プレイヤーの向きとは別にさらに視点だけの移動も採用したゲームもあるが、それは稀な例で「Operation Flashpoint」や「ArmA」などのより細かい操作がめられるリアリズム追求したものに限定される。

参考:Free look http://en.wikipedia.org/wiki/Free_look

一方でコンソール機でのタイトルがまだ少なかった頃は普段コントローラーを使用してゲームをしているユーザーからはキーボードマウスを使う操作方法が敬遠されてしまうことも多かった。

HALO」はコントローラープレイするように調整がされており、そのゲームデザインも評価され大ヒットし、コンソール機でのFPSの代表作となった。その後「Call of Duty 4ヒット以降、コントローラープレイすることを前提にデザイン、調整がされたゲームも多く作られるようになり、近年ではPCタイトルでもコントローラーの入に対応したものも多くなった。

しかし、中にはアシストを初めとする難易度の低下、視点移動を減らすためのFOV(視野)の縮小など、ゲームバランスに悪影を与えるような設計をしているものも多く存在し、また、マルチラットフォームで展開しているタイトルでは、対戦プレイにおいて入機器によって技量の差が出てしまうのではと論争になってしまうことも少なくはない。

参考:マウスほど素敵なデバイスはない http://pub.ne.jp/Seiryu/?entry_id=1034339

しい例としてアーケードゲームタイトルではジョイスティックやペダルなどのタイトル最適化された専用のコントロールバイスが用意されるためおおむね快適な操作環境が用意されていると考えてもよい。



対戦 / マルチプレイ

FPS明期の頃からネットワークを通じた対戦や協力プレイの人気があり対戦専用のゲームも多く作られてきた。コンソールユーザーオンラインゲームユーザーからは対戦全般をして「オン」とも呼ばれている。

おおよそ2000年頃までは試合開始時は基本的な装備のみで、マップのあちこちに散らばった銃器や回復アイテムを回収するスタイルのものが多かった。他にはCounter-Strikeのような試合中のスコアで装備を購入するシステムや、Team FortressBF1942などといった専門の技と装備を持つプレイヤーキャラクターを選択するクラス制を導入したものもあり、現在では試合の前にプレイヤーが使用する武器やアイテムをあらかじめ選択・カスタマイズして、それらを装備した状態で試合を行うというスタイルが多い。

近年ではプレイヤーに数値化された経験値レベルアップの概念が導入されたタイトルも数多く見られるようになってきた。ここでいう経験値レベルアップは一般的なコンピューターRPGにおけるの強化とは違うもので、あくまで単なる称号だったり、使用できるアイテムアンロックなど、直接ゲームバランスに影するものではない。また、プレイヤーの技量を示すといった役割も持っている。

技量の格差

FPSプレイヤー自身の技量がめられるゲームであり、それこそが魅の一つではあるが、初心者と熟練者との差が顕著に現れてしまうと、試合内容が一方的なものになってしまったりと、ゲームバランスが崩壊してしまう問題も存在している。

プレイヤーの技量に合わせた相手を見つけてくれるマッチングシステムや、チームメンバーを技量によって均化したり、メンバーをシャッフルするオートバランスシステム、それらのゲームシステムだけではなく、コミュニティによって初心者専用、ハードコア専用サーバーなどとプレイする場所を分けることによってバランスを保とうとする活動は多くあるが、最終的には個々のプレイヤーめられるものであるため、全てが解決したわけではないのが現状である。

技量の格差は個人戦や少人数でのチーム戦では顕著に現れてしまうが、大人数でプレイするルールを採用したものや、専門技を持ったクラス制を導入し役割分担が可なものなど、単なる戦闘だけではなく味方へのサポートにも焦点を当てたゲームであれば個人の格差は立たなくなるだろう。個人同士の戦闘が苦手と感じるプレイヤーはそういったゲームプレイしてみるといいかもしれない。

参考:責任のあいまいな対 http://pub.ne.jp/Seiryu/?entry_id=1613216

FPSに限らず対戦ゲーム全般で見られることだが、プレイヤー同士での暴言といったいざこざを見かけることは決してしくない。そのような行為はコミュニティの評判だけではなく、ゲームそのものの評価を下げることに繋がってしまう。ゲームバランスに不を感じた場合は開発チームが設けたフォーラムシステム善の要望を出したり、コミュニティ内でローカルルールを築いていくことが望ましいだろう。

対戦でよく使用される略語・用語


関連商品

参考

関連コミュニティ

個別記事のあるタイトル

※記事はアルファベット

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/fps
ページ番号: 172312 リビジョン番号: 1966400
読み:エフピーエス
初版作成日: 08/05/29 14:46 ◆ 最終更新日: 14/01/30 23:46
編集内容についての説明/コメント: CoD4の項目。操作体系について。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

FPSについて語るスレ

621 : ななしのよっしん :2014/03/13(木) 16:15:35 ID: jUL3wT5vEc
たしかイスラムテロリストになって戦うゲームあったぞ
CoDとかゴーストリコンだとロシアは助ける対にもなってるな
敵として使いやすいのは中南だと思う
622 : ななしのよっしん :2014/03/13(木) 20:24:13 ID: KiLJFZKi+e
確かに操作できるロシア人にはユーリとかディマとかいるなあ
しかしディマをあんなに戦死させたDICEは罪深い
623 : ななしのよっしん :2014/03/13(木) 22:01:51 ID: 1DdpJ+bSKP
>>622
少なくともディマは間違いなくあんな死に方していい人物ではなかった。
何だあの、片手間にチリゴミ箱に投げ入れるかの如き造作っぷりは。
何もキャラクターを死なすなとは言わないが、仮にも前作で重要な活躍をした
キャラを何の意味もく死なせるのは脚本家の精を疑う。
624 : ななしのよっしん :2014/03/15(土) 08:39:05 ID: /jk4KgW3Vi
>>619
即着弾のスナイパーグレネードマシンガンとでもいうべきめちゃくちゃな武器ならすでにあるぞ
シリアスサム
625 : ななしのよっしん :2014/03/15(土) 16:42:06 ID: o9NqEypzfw
オンラインメインFPS実況動画なんかは衰退期入った感じあるなぁ…
626 : ななしのよっしん :2014/03/21(金) 05:27:52 ID: ruFIum3Bwz
>>623
もあのシナリオ見て同じ事思ったわ
ディマは前作でかっこ良かったから誰かをってドラマチックに死んだり
死ぬ間際の最後の一言で何か深い言葉残してみたり
再登場したからには何か重要な役を演じるのかと思ったら本当にあっさり死んで終わりだしなw
627 : ななしのよっしん :2014/03/22(土) 21:09:26 ID: IfxEZwq6Uz
FPS日本流行らないのはそもそも日本での文化が浅いから」
っていう説には納得した。
628 : ななしのよっしん :2014/03/27(木) 13:18:46 ID: TsQiOMYQJ+
別にシューターじゃなくてもいいから一人称視点でやるアドベンチャーとか日本でも作ってくれよ
ホラーゲーとかディザスター系とか探索ゲーとかで
629 : ななしのよっしん :2014/03/27(木) 14:37:03 ID: YNjLlXSsNP
>>628
昔はキングスフィールドシャドウタワーエコーナイトエターナルリングと、フロム・ソフトウェアが過剰なほど作っていたぞ
でもキングスフィールドの後継作品のデモンズソウルダークソウルは三人称視点なんだよな
630 : ななしのよっしん :2014/04/15(火) 17:33:51 ID: otMF1JhTM5
近頃の日本FPSよりキャラが見えてる方が得意になってるからしゃーない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015