単語記事: FPS

編集
FPS
  1. FPS = First-Person Shooterの略称。ゲームジャンルのひとつ。本稿で詳述
  2. fps = Frame per second … 動画の1秒あたりの静止画枚数を表す数値。詳しくはこちら⇒60fps

概要

Half-Life
目次

ファーストパーソン・シューター(First-Person Shooter)とは、プレイヤーもしくは主人公の視点(一人称視点、主観視点)でゲーム内の世界を任意で移動することができる3Dのアクションシューティングゲームのこと。

ニンテンドウ64世代の人なら「64のゴールデンアイみたいなゲーム」、近年であれば「HALO」「Call of Duty」「Battlefield」のようなヒット作を例に、またニコニコ動画ユーザーであれば一人称視点と操作方法に関しては「マインクラフト」を例に説明するとだいたい通じるかもしれない。

主に銃器を扱ったシューティングゲームを指す言葉で、単に「シューター」と呼ばれることもある。そのほか、シューティングが中心ではなくても、一人称視点による独自の演出を利用したアクションやアドベンチャー主体のゲームやゲームデザインがRPGなど別のジャンルに近いものでも、単に一人称視点であれば「FPS視点」のように呼ぶこともある。(それらを指す言葉としてFirst-person view、Point of viewなども)なお、車両や航空機の操縦を扱うゲームの操縦席視点も広義では一人称視点のゲームと捉えることもできるが、一般的にそれらはシミュレーターと呼ばれている。

以降本記事内ではシューターだけでなく一人称視点に特化したゲーム全般をFPSという括りで扱います。

かつてはPCゲームタイトルが主流であったが、現在では様々なプラットフォームで販売されており、各プラットフォーム専用タイトルも数多く存在している。

海外のゲームの中では一般的なゲームジャンルのひとつであるが、国内では現在でもFPSというジャンルが正しく理解されないことも・・・。ときには銃器が登場するゲームという括りでTPSやガンシューティングと混同されてしまうことも珍しくはない。当然、それらはFPSという単語の意味には当てはまらず、ゲームデザインもそれぞれ大きく異なるものである。(該当記事参照:TPS、ガンシューティング

そういった理由のためか、国内のコンソール(据え置き機)タイトルやアーケードゲームタイトル、オンラインゲームタイトルでは「3Dガンアクション」「ミリタリーアクション」などといった独自の呼び方をしている場合もある。ちなみに国内のメディアやコミュニティで使われることのある「ファースト・パーソン・シューティング」は和製英語である。

関連動画

ニコニコ動画で使用されているタグ

  • FPSプレイpart1リンク
  • fps実況プレイ動画

歴史

黎明期:1992~1995年

一人称視点で自由に移動ができるゲームが作られたのは1973年の「Maze War」がはじまりと言われており、FPSというジャンルを確立したと言われているのは1992年にid softwareが発表した「Wolfenstein 3D」である。そして1993年、同じ開発チームが発表した「DOOM」が爆発的に人気を博し、当時売り上げ総数1500万本という記録を叩き出した。これをきっかけに一人称視点のシューティングゲームは独立したゲームジャンルの一つとして定着した。この頃は「DOOM系シューティング」とも呼ばれていた。

当時のFPSはまだ擬似3Dアクションであり、マップこそは3Dで作られていたが敵やアイテムなどのオブジェクトは2Dのスプライト画像が用いられており、実際にDOOMにはポリゴンは一切使われていない。照準を上下に動かすことはできず、敵がどの高さにいても方向さえあっていれば攻撃が命中する設計が基本的なものであった。


同時期の作品

Marathon
(1994)
M1A1を普通にプレイ(その01)Macintosh用に開発された作品。練りこまれた難解なストーリー、パズル要素やチーム対戦が人気を博した。高さや重力の概念を初めて導入した革新的な作品で、「エレベーターで高い場所に移動する」「水中に潜る」「グレネードは放物線を描いて飛ぶ」など、現在のFPSの基本的なシステムはこの作品でほぼ完成した。続編も製作され、後にWindows版も発売された。リメイク版「Marathon: Durandal」はXbox Live Arcadeで配信されている。この開発チームは後に大ヒット作「HALO」を製作する。
System Shock
(1994)
System Shock本格的なストーリーが導入されたアドベンチャー要素の強い作品。視点を上下にも動かせる"自由視点"は当時は非常に革新的なものだった。また音声記録を用いた演出は後世のホラーゲームに大きな影響を与えた。
Descent
(1995)
DESCENT(ディセント) PS版3D空間を自由に移動することができるフライトシューティング。これが最初の3DのFPSであるとも言われている。1996年にプレイステーション版が国内で発売された。
Duke Nukem 3D
(1996)
Duke Nukem 3D無名で無言の主人公が多かった中、強い個性を持ったキャラクターを主人公に持ってきた点が斬新だった。ふんだんに盛り込まれたアダルト要素やジョーク要素も本作品の特徴。AV鑑賞してるエイリアンがいたり、トイレの水を飲んで体力回復したり。14年間の開発期間を経て発売された続編の「DUKE NUKEM FOREVER」はいろんな意味で伝説。

革命期:1996~1999年

完全な3DのFPSが作られたのは、1996年にid softwareが発表した「Quake」が最初であると言われている。
ゲーム内のほとんどのオブジェクトが3Dで描写されるようになり、「Marathon」よりも進化した高さの概念が導入され、高低差を生かした3Dアクションゲームとなった。また、インターネットを通じたマルチプレイ(対戦モード)も人気となった。この頃にマウスを使った現在における一般的なFPSの操作方法やマルチプレイの基礎が築かれた。

そして2年後の1998年、Epic Gamesが発表した「Unreal」は、当時の常識を打ち破る驚異的なグラフィックで話題となった。それまでのゲームの舞台が屋内中心だったのに対し、広大な高地が描かれている点も新しかった。今となってはグラフィック技術は旧世代のものだが、洗練されたビジュアルデザインは現在でも十分通用するものであると言えるだろう。完成度の高い柔軟なゲームエンジン(プログラム)は改良を繰り返し、今現在でも多くのゲームで使われている。

ちなみに、PCゲームにありがちな「グラフィックが凄すぎて(発売時点での)最高スペックのPCでも快適に遊べない」という話はUnrealが最初らしい。


同時期の作品

ゴールデンアイ 007
(1997)
[TAS] ゴールデンアイ 007を29分58秒27でクリアレア社が開発したNINTENDO64用のタイトル。世界で800万本以上を売り上げる大ヒットを記録し、それまではこのジャンルと縁遠かった家庭用ハード、そして国内でもFPSを浸透させた立役者となった。
現在でも根強い人気があり、中古市場では高値で取引されている。対戦プレイに夢中になった人は多いはず。
Thief
(1998)
T1 GOLD:01.Lord Bafford's Manor初めて全面的にステルス要素を導入した作品。戦闘ではなく機密行動が重視される。そのゲーム性から「First Person Sneaker」「ステルスシューター」とも呼ばれている。中世と産業革命時代の両方を持ち合わせた独特の世界観も本作の特徴。
Tom Clancy's Rainbow Six
(1998)
RAINBOW SIX OPトム・クランシーの同名の小説が原作。戦闘そのものよりも戦術面(ストラテジー)を重視したゲームになっている。「Tactical Shooter」「リアル系」と呼ばれるジャンルの原型となった作品。
Starsiege:TRIBES
(1998)
Tribes 2 Japan Festival - Fleet BattleFPSにVehicle(乗り物)の要素を追加した作品。他にもジェットパックを使った空中戦、自動機銃の設置など、それまでにはなかった要素を多く生み出した。(動画は続編の「Tribes 2」)
Jurassic Park: Trespasser
(1998)
米国製PCゲーム ジュラシックパーク「Trespasser」  1998年映画「ジュラシックパーク」を題材にしたFPS。恐竜の生態を再現したAI、右手をシュミレートした独特の操作、物理エンジンを利用したパズル、体力が表示されるおっぱいといった現在でも斬新といえる多くの要素を持っていた。しかし、当時の評価は低く失敗に終わってしまった。時代を先取りしすぎた作品。「Half-Life2」のゲームデザインは本作がモデルになっている。

Half-Lifeの登場

1998年11月にValve Softwareから発表された「Half-Life」は、ムービーやカットシーンといった客観的な演出を一切使わず、ストーリー展開が全てプレイヤーが見るゲームの中で実際に起こる独自の演出により、それまでは単なる設定でしかなかったストーリーをゲームと融合させ、ゲームの中の世界をプレイヤーに体感させることに成功した。主人公はプレイヤー自身であるという一人称視点のゲームの最大の魅力を引き出したのだ。

FPS界に革命を起こした本作は、多くのプレイヤー、ゲーム開発者に絶賛され、同年度の50種類以上のメディア賞、ゲーム賞を独占した。現代のFPSの原型となった作品といえるだろう。また、ゲームエンジンも完成度が高く柔軟なものであり、今作のMODから派生したビッグタイトルも数多い。

これらの理由から「Quake」「Unreal」「Half-Life」はFPSを代表する三大作品と言われることがある。


同時期の作品

Counter-Strike
(1999)
FPS カウンターストライク LivingLegends「Half-Life」のMOD(ユーザーが製作した追加・改造データ)が製品化されたもの。チームに分かれて競う対戦専用のFPS。それまではステージのあちこちに散らばっている武器を拾うのが主流だったのに対し、スコアによる武器の購入というシステムが新しく特徴あるものだった。2012年に現代のスタイルに合わせリメイクした「Counter-Strike: Global Offensive」が発表された。本作品のゲームデザインを模したゲームも多く作られおり、それらは「CSクローン」と呼ばれている。
Team Fortress Classic
(1999)
Team Fortress Classic ムービー 「AngPangMang」1996年に発表されたQuakeのMOD「Team Fortress」をHalf-Lifeに移植したのが本作品。メディック、エンジニア、スパイ・・・といった異なる性能を持つ9種類のキャラクターからなるクラス制のチーム戦が特徴。このシステムはその後「Return to Castle Wolfenstein」や「Battlefield」シリーズに受け継がれた。
Medal of Honor
(1999)
【MoHAA】オマハビーチ 「オーヴァーロード作戦」 シングルプレイ part1第二次世界大戦を題材にしたFPS。第一作はプレイステーションで発売。その後、様々なプラットフォームで続編が作られた人気シリーズ(動画は2002年に発売された「Medal of Honor: Allied Assault」)。ゲームの開発には元アメリカ海兵隊大尉や映画「プライベート・ライアン」の監督スティーヴン・スピルバーグを監修に迎えている。
Unreal Tournament
(1999)
UT99 世界最強男vs無名上級者(最終スコア52対0)Unrealから派生した対戦専用のタイトル。チームに分かれてミッションを攻略するゲームモード「Assault」の追加や、高度なAIを持ったNPCプレイヤーが高く評価され、同年のGame of the Yearを受賞した。あのキーボードクラッシャーがプレイしていたのはこのシリーズ。
Quake III Arena
(1999)
Quake 3 ムービー『mercurial』Quakeのエンジンを使用した対戦専用タイトル。洗練されたゲームバランスが好評で、多くのプロゲーマーに絶賛されている。スポーツ系FPSを代表する作品。現在では本作をベースに作られたオンラインゲーム「QUAKE LIVE」が公開されている。

成長期:2000年~2007年

基本的な操作体系、一人称視点を活かしたストーリー演出など、ゲームデザインの基礎が出来上がったFPSはその後、独自の要素、シューティング以外のジャンルとの融合など、様々なゲームデザインを持ち合わせた個性のある作品が多く作られるようになっていた。サブジャンルとしてアクションを重視した競技性の高いFPSは「スポーツ系」、リアリズムを追求したものは「リアル系(Tactical shooter)」とも呼ばれていた。

2004年に発表された「DOOM 3」と「Half-Life 2」は、ゲームのグラフィック技術や物理エンジンを革新的に向上させ、当時は「次世代のグラフィック」や「グラフィック新世代」などと呼ばれた。

それまではPCゲームでのタイトルが主流であったが、2000年前後になってからは家庭用ゲーム機でも「HALO」「Killzone」「METROID PRIME」などといったハード専用タイトルやマルチプラットフォームに対応した作品も数多く発表されるようになり、プレイヤー層がより幅広いものとなったと言えるだろう。

有名な作品

Deus Ex
(2001)
【FPS】デウスエクス【DeusEx】PART1System Shock シリーズを手がけた作者が開発に加わっている本作は、アドベンチャー色が強くアクションRPGとも言われている。ゲームをクリアする方法はプレイヤーの自由で、ひたすら邪魔な敵を倒すのもよし、密かに潜入するステルスプレイも可能である。この自由な行動性が人気を呼んだ。後に30以上のメディアからGame of the Year を受賞した。
Return to Castle Wolfenstein
(2001)
【FPS】ちょっとお前らもRtCWやろうぜ!【プレイ動画】 - Part01Wolfensteinシリーズの続編であり「Wolfenstein 3D」のリメイク的作品。ナチスの人造人間計画を阻止するために戦う。ゾンビやクリーチャー、サイボーグ兵士が登場するため、他の第二次世界大戦を題材にした作品とは違いSFホラー風の作品になっている。クラス制を採用したマルチプレイが大人気となった。拡張パックとして発売される予定だった「Wolfenstein: Enemy Territory」は無償で公開されている。こちらも人気が高い。
Battlefield 1942
(2002)
BFのお笑い動画第二次世界大戦を題材にした対戦主体のゲーム。有名な戦場をモチーフにしたステージで連合国軍と枢軸国軍の戦いを再現している。搭乗兵器の多さも本作品の特徴で、有名な戦車、戦闘機をはじめ、戦艦や潜水艦も使用することができる。また、兵士と搭乗兵器のバランスが(いい意味で)適当なため白兵戦も楽しめる。後にシリーズ化され、多くの続編や派生作品が発表されている。
Metroid Prime
(2002)
と、いうわけでメトロイドプライムを実況したい part1ゲームキューブ専用タイトル。任天堂としては初の本格的FPS製作となった。
メトロイドシリーズの外伝にあたる本作は、シューティングがメインではなく、メトロイドの世界観の再現やキャラクターとの一体感を重視して作られており、「First-person adventure」と称している。
Call of Duty
(2003)
【CoD】ソ連軍 スターリングラード戦 part1Medal of Honorの開発スタッフの一部が独立し、製作されたのが本作品。スクリプトによる映画的演出、高度なAIをもったNPC、個性豊かなキャラクターが高く評価された。演出を重視したため、ゲームの自由性は失われてしまったが、テストプレイを重ねたことで線密な難易度調整がされている。一貫したゲームスタイルもあって人気シリーズとなった。
Far Cry
(2004)
[洋ゲ普及促進] Far Cry やりすぎHDR Part01南国の島を舞台にしたサバイバルFPS。独自に開発されたCryENGINEによって広大なフィールドがロード時間なしで再現される。これによってプレイヤーが自由に行動できるようになった。同時期に発売された「DOOM3」「Half-Life2」によって、やや隠れてしまったが、高度なグラフィック技術もあってプレイヤーの評価は高い。後にゲームエンジンを受け継いだ「Crysis」、別のチームによりデザインを受け継いだ「Farcry2」「Farcry3」が作られた。
Killzone
(2004)
PS2 KILLZONE キルゾーン オープニングムービー、タイトルデモ プレイステーション2専用タイトル。PS2の性能を極限まで引き出した高度なグラフィックが特徴。当時は「HALOキラー」と呼ばれていた。2009年には続編「Killzone 2」がPS3で発表された。

変革期:2007年~2009年

2007年に発表されたCall of Dutyシリーズの「Call of Duty 4: Modern Warfare」は様々なプラットフォームで展開し合計で1400万本以上の売り上げを記録した。FPSが今現在よりもまだマイナーなジャンルであった国内でも日本ゲーム大賞2008の特別賞を受賞。また、インターネットを通じた対戦もPC版に限らずコンソール版でも大ヒットした。それまでのFPSの対戦では見られなかった永続的な経験値のシステムはプレイヤーの技量を視覚化するもので、本作の成功以降に他のFPSの対戦モードでも多く採用されるようになっていった。

これらの理由から本作がコンソールにおける市場とコミュニティを大きく成長させたと言っても過言ではないだろう。

本シリーズは映画的演出を重視し、決められたスクリプトによってゲームプレイが進行するのが特徴で、このようなスタイルは「リニア」、「レールライド」(国内で言うところの一本道に近い)などとも呼ばれている。また、HALOで初めて導入されCoD2でも採用されたシールドとも呼ばれる"体力の自動回復"は、スクリプト演出と同様にCoD4のヒット以降一気に広まっていった。

リニアなゲーム進行、自動回復、対戦での経験値といったゲームの設計はゲームプレイをよりスムーズなものに変化させ、以降数多くのゲームが同じような設計を採用していった。しかしながら、一方ではゲーム性が失われてしまっているという声も決して少なくはない。

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl
(2007)
【FPS】S.T.A.L.K.E.R. 解説付きプレイ動画 part.1ウクライナ発のFPS。6年もの歳月をかけて開発された。東欧ならではの世界観、細部まで再現されたプリピャチ市内の廃墟、高度なAI、マイナーな銃器、弾道が計算されたリアルな銃の挙動など・・・多くの独自の要素をもった本作品は世界中のプレイヤーに高く評価され、現在でも人気を博している。2009年にはゲームエンジンを強化させた続編「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」が発売された。派閥要素が加わり、高度なAI同士の戦闘が再現されている。
Portal
(2007)
Portal Trailerアクションパズルゲーム。専門学校生が卒業制作に作ったゲームが原型となっている。壁に穴(Portal)を開け空間を繋ぐことで様々な仕掛けを突破していく。重力と物理エンジンをフルに活用した独特のゲームスタイルが高く評価され、多くのGame Of The Yearを受賞した。
Team Fortress 2
(2007)
『Team Fortress2』 Pyro Love 『TF2』Team Fortress Classicをカートゥーン調のグラフィックでリメイクした作品。戦闘そのものよりも、キャラクターの特性を生かしたゲームスタイルを重視しており、対戦主体でありながらも初心者でも楽しめる内容になっている。現在は基本無料のF2Pタイトルとなっている。
Bioshock
(2007)
BIOSHOCK プレイ動画 テクテク海底記 part1System shock 2のゲームスタイルを受け継いだ精神的続編。海底に築かれた都市「Rapture」を探検する。超能力の装備、お金を使いアイテムを購入するシステムなどRPGのような特徴が多い。60年代のレトロフューチャーをモチーフとしたデザインや秀逸したシナリオも高く評価された。
Crysis
(2007)
高画質を目指す 時々鬼畜な Crysis Part1Farcry」のシステムを受け継いだ作品。前作から進化した高度なグラフィック技術が大きな特徴。最先端のグラフィックスを実装しているため、最も動作が重いゲームとしても知られている。現在でもゲームのグラフィックを語るときには、よくこのタイトルが使われている。
Left 4 Dead
(2008)
Left4Dead 16人対戦をやってみた Part1/3無数のゾンビが徘徊する都市から脱出するストーリー。本作はCO-OPと呼ばれるインターネットを通じた協力プレイモードを重視して作られていて、単純に敵を倒すだけではなく、仲間の協力が必要なギミックが多数盛り込まれている。
Borderlands
(2009)
敵を倒して経験値とより強力なアイテムを手に入れる。RPGにおけるハック・アンド・スラッシュのスタイルを採用したタイトル。ゲーム中で手に入るアイテムは自動で生成されるため、銃器だけでも1600万種類を超える。Co-opが人気。2012年には続編の「Borderlands 2」も発売された。

現在:2010年~

ブロードバンド回線が普及し、コンソール機でもオンライン対戦が広く楽しまれるようになってからは、FPSもオンライン対戦の人気が高いジャンルの一つになり、対戦専用、対戦主体ほか、協力プレイ(Co-op)に対応したゲームも多く登場するようになった。特にCall of DutyシリーズBattlefieldシリーズは近年におけるFPSの代表作とも言えるだろう。

また、オンラインFPSやF2Pと呼ばれる基本無料・アイテム課制のタイトルも多く見られるようになった。(後述:オンラインゲームとFree-to-play)その他のオンライン形式の例を挙げると、ArmA2のMODとして製作されたリアリズムを追求したゾンビもののMO「DAYZ」がオリジナルのゲームの売り上げを5倍にするほどの人気作となり、対人サバイバル系のFPSという新しいジャンルを築き上げた。

一方で対戦主体のゲームが多く発表されるなか、一人称視点による演出を重視した物語主体の作品も根強く存在している。一人称視点によるストーリーテリングとアクションを追求した「Bioshock Infinite」、また、一人称視点そのものをギミックとして生かしたインディーホラーゲーム「Slender」はインターネット上で大きく話題になり、多くのフォロワーを生み出している。


オンラインゲーム / F2P

対戦専用のタイトルはインターネットが普及し始めた頃から製品としていくつか発表されていたが、ブロードバンド回線が普及してからは、無料のアカウントとクライアント(ゲーム本体)を導入したいわゆるオンラインゲーム形式のタイトルも多く登場した。かつては月額料制のものも一部存在したが、2014年現在ではアイテム課制やF2Pの形式が広く一般的である。国内では中国や韓国の企業によるサービスが国内本向けとしていくつかのタイトルが展開されており、プレイヤーや広告上では「オンラインFPS」「無料FPS」とも呼ばれている。

詳しくは該当記事を参照

  • オンラインFPS
  • MMOFPS
  • F2P

対戦 / マルチプレイ

FPSは黎明期の頃からローカル対戦をはじめ、ネットワークを通じたオンライン対戦や協力プレイの人気があり対戦専用のゲームも数多く作られてきた。現在のFPSにおける対戦の基礎を築いた「Quake」は開発途中の段階でスタッフが対戦プレイに夢中になっていたという逸話もある。コンソールユーザーやオンラインゲームユーザーからは(オンラインに限らず)対戦全般を指して「オン」と呼ばれていることもある。

FPSの対戦の基本設計はプレイヤーの実力が試されるもので、その競技性の高さからe-sportsやゲーム大会で試合項目になっている代表的なジャンルのひとつであり、競技での高度なプレイや決定的瞬間を収めた「フラグムービー」の製作と投稿も盛んである。

基本的なルール

ゲームによって名称は異なるが、デスマッチ、チームデスマッチ、Capture the flag(旗取り)、Conquest(陣取り)・・・などといったものが代表的な例として挙げられる。PvP(人対人)ではなく協力して攻略をするPvE(人対敵)形式のCo-opも数多い。ほか有名な例を挙げるとCounter-Strikeの爆弾解除ルールが有名であり、無料オンラインFPSの多くはこのルールを採用したクローンゲームである。

おおよそ2000年頃までは試合開始時は基本的な装備のみで、マップのあちこちに散らばった銃器や回復アイテムを回収する形式のものが多かった。他に多く見られたのはCounter-Strikeのような試合中のスコアで装備を購入するシステムや、Team Fortress、RtCWolfenstein、BF1942などの専門の技能と装備を持つプレイヤーキャラクターを選択するクラス制を導入したものもある。現在では試合の前にプレイヤーが使用する武器やアイテムをあらかじめ選択・カスタマイズして、それらを装備した状態で試合を行うという形式も多く見られる。

かつてはプレイヤーが持つものはスキン(使用するキャラクターの見た目)だけというものが多かったが、近年ではプレイヤーに数値化された経験値とレベルアップの概念が導入されたタイトルも数多く見られるようになってきた。ここでいう経験値やレベルアップは一般的なコンピューターRPGにおける能力の強化とは違うもので、あくまで単なる称号だったり、使用できるアイテムのアンロックなど、直接ゲームバランスに影響するものではない。また、プレイヤーの技量を示すといった役割も持っている。

技量の格差

http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=2935602

ニコニコ動画で有名なキーボードクラッシャー。対戦専用FPS「UT2004」で対戦相手にキレるという"ネタ"。

FPSにおける対戦は基本的にプレイヤー自身の技量が求められるゲームであることが多く、それこそが競技性の高さであり楽しさの一つでもあるが、初心者と熟練者との差が顕著に現れて試合内容が一方的なものになってしまうなと、ゲームバランスが崩壊してしまう問題も存在している。

プレイヤーの技量に合わせた相手を見つけてくれるマッチングシステムや、チームメンバーを技量によって平均化したり、メンバーをシャッフルするオートバランスシステム、それらのゲーム内のシステムだけではなく、コミュニティによって初心者専用、熟練者専用サーバーなどとプレイする場所を分けることによってバランスを保とうとする活動は多くあるが、最終的には個々のプレイヤーに求められるものであるため、全てが解決したわけではないのが現状である。

技量の格差は個人戦や少人数でのチーム戦では顕著に現れてしまうが、大人数でプレイするルールを採用したものや、専門技能を持ったクラス制を導入し役割分担が可能なものなど、単なる戦闘だけではなく味方へのサポートにも焦点を当てたゲームであれば個人の格差は目立たなくなるだろう。個人同士の試合が苦手と感じるプレイヤーはそういったゲームをプレイしてみるといいかもしれない。

参考:責任のあいまいな対象

FPSに限らず対戦ゲーム全般で見られることだが、プレイヤー同士の暴言を見かけることは決して珍しくない。そのような行為はコミュニティの評判だけではなく、ゲームそのものの評価を下げることに繋がってしまう。もし、どちらかが一方的でフェアな試合ではない(uneven)と感じたら、熟練者の方から率先してチームシャッフルの投票など試合内容の改善を行っていくことが望ましいだろう。

よく使用される略語・用語

  • Aim[エイム]
    • Aimingの略称。目標に対し狙いを定める事。
  • Auto Aim、Aim Assist
    • 自動的に狙いをあわせてくれる補助機能。Aimingが難しい家庭用ゲーム機向けのソフトに備え付けられていることが多い。
  • Ban[バン]
    • サーバへのアクセス制限を設け、特定のプレイヤーがログインできないようする。
  • Bot[ボット]
    • CPUプレイヤー。オンラインゲームで使われる「クラインアントBOT」とは意味が異なる。
  • Camp[キャンプ]
    • 同じ場所に留まり相手を待ち続けること。ルールによっては進行を遅らせてしまうこともあるので注意。またcampを行う人をcamperと呼ぶ。
  • Cheat[チート]
    • 詳しくは該当記事を参照。対人対戦時に行うと不正行為になる。またcheatを行う人をcheaterと呼ぶ。
  • Clan[クラン]
    • 仲間同士で結成した組織。MMORPGで主に使用されるギルドと同義語である。
  • Clear[クリア]
    • 安全確認。制圧完了のあとに言われる。略称はclr。
  • CO-OP
    • Co-operative(共同体)の略。CPUを相手にした協力プレイ。
  • CTF
    • Capture The Flag、旗取り合戦のこと。
  • Dedicated Server
    • 専用サーバー。ネットワーク対戦用のサーバーを立てる際、負荷を下げるためサーバー専用モードでゲームを起動すること。または、この設定で運用されているサーバーのことをいう。
  • DM
    • デスマッチ。同義語としてFFA(Free For All)がある。
  • FB
    • フラッシュバンの略称。ゲーム中で使用される閃光手榴弾。
  • FF
    • Friendly Fire、味方を攻撃する行為や、味方に対するダメージ設定のこと。
  • gg
    • Good Game。緊迫したよいゲームであった場合に使用される挨拶。「お疲れ様」の意味で使用される事も多い。
  • HS, Head Shot[ヘッドショット]
    • 高ダメージ(または即死)を与える頭部を攻撃すること。FPSの代名詞。
  • HUD
    • Head-Up Displayの略称。画面に表示される体力などのパラメーターのこと。
  • K/D
    • キルデスレート。倒した数と倒された数の比較。
  • Kick[キック]
    • 特定のプレイヤーをゲーム内から排除すること。
  • Lag[ラグ]
    • 通信時間が原因で発生する延滞でプレイヤーの姿やあたり判定にずれが生じること。処理落ちとは異なる。全世界対象のサーバであればまず避けられない。
  • Lean[リーン]
    • 体を傾けて覗きこむ動作。
  • Level[レベル]
    • ゲームのマップ、ステージのこと。プレイヤーの基準値の意味とは異なる。
  • noob[ヌーブ]
    • 初心者(newbie)のスラング。ルールを理解していないような迷惑なプレイヤーを指す言葉であり、本当の意味での初心者に対してはnewbieを使用する事が望ましい。日本でいう「厨」に近いところか。
  • np
    • No problemの略。気にするなという意味。謝罪やお礼の返事によく使う。
  • PB
    • PunkBuster、チート抑制ソフト。
  • Recoil[リコイル]
    • 発砲時の反動で照準が元の位置からずれること。反動に対応して照準をあわせ直すことを「リコイルコントロール」と呼ぶ。
  • Reticle[レティクル]
    • 画面中央の照準、または銃弾の拡散率(集弾率)
  • Respawn kill[リスポーンキル]
    • 復活した直後の無防備な常態を襲う迷惑行為。大抵のゲームでは行えないように設定されている。
  • Singleplay[シングルプレイ]
    • 一人用モード。ストーリーモード、キャンペーンともいう。オンラインゲームユーザーからは「オフライン」「オフ」とも呼ばれている。
  • Spect[スペクト]
    • 他人のプレイをその人の視点や客観視点で観戦すること。
  • sry
    • Sorryの略。謝罪の言葉。誤って味方を攻撃してしまったときに使おう。
  • thx
    • Thanksの略。ありがとう。
  • TDM
    • チームデスマッチ。チーム事に分かれてスコアを競うゲームルール。
  • TK
    • Team Killの略称。味方を攻撃して倒してしまう行為。故意にTKをする人をTKerと呼ぶ。
  • Vote[ボート]
    • 投票。迷惑なプレイヤーを排除するときや、マップの変更するときに行われる。
  • 芋虫[いもむし]
    • 狙撃銃を持った状態で動かない迷惑プレイヤーのこと。単純にCamperのこともいう。「Battlefield1942」というゲームで伏せの状態から動かないプレイヤーが芋虫のように見えたのが由来。「芋虫スナイパー」略して単に「芋」とも。
  • ハハ、ハッサクゥート!
    • 俺たちの目指す最終オブジェクト。

操作体系

現在のFPSはほぼ全てのタイトルが、視点の移動とプレイヤーの移動を同時に行う独自の操作方法を持っており、一般的にキーボードでのプレイヤー移動とマウスでの視点操作、もしくは二つ以上の方向入力のあるコントローラーを使用する。基本的にFPSというゲームは前者のキーボードとマウスでプレイするように設計されている。というのもFPSの操作体系はPCタイトルでのFPSそのもののゲームデザインの発展とともに作られたからである。

キーボードとマウス

黎明期のFPSである「Wolfenstein 3D」や「DOOM」のような高低差の概念がまだなかった頃は視点移動も同様で、視点の高さ、つまり上下の移動はなく、視点移動はプレイヤーを水平に旋回させることによるものだった。上下左右自由に見渡すことが出来る自由視点は「System Shock」とその前身となった「Ultima Underworld」で初めて導入されたと言われている。ただ、視点の操作はキー入力のみで行うという現在の操作方法とはかけ離れたとても複雑なものだった。

その後「Marathon」によりマウスを使った視点移動「フリールック(もしくはマウスルック)」が導入され、そして「Quake」のマルチプレイにおいてキーボードとマウスを使用するその操作方法がコミュニティ間で一気に広まったと言われており、以降多くの3Dゲームがその操作方法を採用しそれにあわせてゲームが設計され、現在ではPCタイトルのFPSやTPSはほぼ全てがその操作方法を採用している。

※フリールックは厳密にはプレイヤーの向きの移動である。プレイヤーの向きとは別にさらに視点だけの移動も採用したゲームもあるが、それは稀な例で「Operation Flashpoint」や「ArmA」などのより細かい操作が求められるリアリズムを追求したものに限定されていると思われる。

参考:Free look

キー人力は左手の位置にある「W、A、S、D」キーが移動として使われているのが現在では一般的である。また、移動用のキーの周りで割り当てられるキーを増やすために位置を一つずらした「E、S、D、F」という設定を使用しているユーザーも多い。そのほか競技性の高いタイトルでは個々のプレイヤーのマウス感度やキー配列の設定を記録した「bind(バインド)」と呼ばれるファイルや設定方法がユーザー間で公開、共有されている。

一方で普段コンソールタイトルのゲームやコントローラーを使用してゲームをしているユーザーからはキーボードとマウスを使う見慣れない操作方法が敬遠されてしまうこともある。

コントローラーとゲームパッド

かつてはFPSはコントローラーでのプレイが困難で使用が推奨されないとする声も多かったが、現在ではXBOX専用タイトルとして発表された「HALO」など、コントローラーでプレイするように独自の設計がされたゲームの登場や、コンソール機での「Call of Duty 4」のヒット以降、マルチプラットフォームタイトルやプラットフォーム専用タイトルなどでコントローラーでプレイすることを前提に調整されたゲームも多く作られるようになり、近年ではPC版やPC専用タイトルでもデフォルトでコントローラーの入力に対応したものも多く、今日では普段からコントローラーでFPSをプレイしているユーザーも多いだろう。

しかし、中にはアシスト機能を初めとする安直な難易度の低下、視点移動を減らすためのFOV(視野)の縮小、視点移動の加速など、ゲームバランスに悪影響を与えるような設計をしているものもあり、また、マルチプラットフォームで展開しているタイトルや複数の入力デバイスに対応したものでは、対戦プレイにおいて入力デバイスによって技量の差が出てしまうのではと論争になってしまうことも少なくはない。

参考:マウスほど素敵なデバイスはない


珍しい例として、アーケードゲームのタイトルではジョイスティックやペダルなどのタイトルに最適化された専用のコントロールデバイスが用意されるため、おおむね快適な操作環境が用意されていると考えてもよい。


日本での認識

チラシの裏 この項目は独自研究です。
単なる一筆者による考察です。くだらなくても生暖かい目で見てやってください。
【MOH】インパルス板倉の脱!FPS初心者マル秘テク

エフピーエスとは・・・

記事の冒頭で触れたように日本国内ではゲーム市場、コミュニティも含め、FPSは他の一般的なゲームジャンルと比較するとマイナーな存在である。特に国産タイトルがほぼ皆無であることから国内でのゲームジャンルとしての定着具合が伺えるだろう。普段ゲームを多くプレイするユーザー同士のコミュニティ内でさえも、TPSやガンシューティングなどの別ジャンルのゲームと混同されてしまっていることは珍しくない。メディア上でも過去には海外タイトルを発売する際に国内の広報がわざわざジャンルの解説する動画を製作していた例もある。

本記事の掲示板も含め、FPSの話題を扱うコミュニティではときおり国内でのFPSの認識についての話題が挙がることがある。この項目ではコミュニティ上でよく挙げられるユーザーの意見を参考にしつつ、国内での現状の理由を考察してみる。

洋ゲーという印象

インディーゲームやMODの範囲であれば日本人や日本のコミュニティによって開発されたFPSは数多いが、企業による商業ベースのタイトルはほとんど開発すらされていない状況である。過去に一人称視点のゲームが作られていた例もあるがそれも一部で、また現在の一般的なFPSや一人称視点のゲームデザインとは大きく異なる独自のジャンルに近いものが大半であった。(例として、ガングリフォン、ジャンピングフラッシュ、サイバーダイバー、戦場の絆など・・・)

国産のFPSがほとんどない今日では、国内からしてみれば海外産のゲームがほぼ全てであることは事実で、コミュニティ上では「一つのゲームジャンル」というよりも「洋ゲー」という広く曖昧な括り、「海外のもの」「異文化のもの」という印象を持たれてしまっているとも考えられる。極端な例ではあるが「FPSは北米のゲーム」「北米で流行っているジャンル」と言われてしまっている場面を見かけることもある。(統計上北米が多くなりがちなのは単にゲーマー人口の頭数が多いからである)

ここで記しておきたいのは、現状日本ではマイナーなジャンルであるというだけで、北米だけではなく、欧州各国やCIS諸国、ロシアなど、オンラインゲームであれば中国・韓国も含め、ビデオゲーム産業が盛んな国では国内外という隔たりは関係なく一般的なゲームジャンルのひとつである。当然ながら特定の国や地域に属しているというゲームではない。

そして「海外」「異文化」という印象が影響していると思われる以下のような意見も見かけられる。

単に「銃が出てくるゲーム」と思われがち?

http://tn-skr4.smilevideo.jp/smile?i=17763747

一人称視点とシューティングを最大限に生かしたパズルゲーム「Portal」

国産のFPSがない、流行らない理由として「日本は銃に馴染みがないから」という意見がコミュニティ上で挙がっていることは多く見かけられるだろう。しかし、この意見には大きな疑問がある。国産タイトルでも銃器は多く描かれているはずである。そもそも逆に言い換えてみれば「海外は銃に馴染みがある」なんてのは諸外国へのとんでもない偏見である。

ビデオゲームにおける銃の描写の補足として、FPSに限らず銃器が登場するゲームでは基本的に商標の関係上で実在の銃ではなく架空の銃である方が多い。また、FPSにおいてはSFやファンタジーの世界観設定を持つものや、ストーリー主体のアドベンチャー的作品や独自のゲームデザインを持ったものなど、戦闘アクションがメインではない作品は多く挙げられる。

ただ、国内版が発売されるような近年のヒット作では現代戦争をモチーフにした写実的なビジュアルの内容であるものは多く、また国内でサービスを展開している無料オンラインFPSなどでは「銃撃戦ゲーム」や「ガンシューティング」(ややこしい・・・)という言葉を広告として使用していることも多くあり、現状ゲームデザインよりもビジュアルだけが目立ってしまうのは仕方がないことなのかもしれない。これらのことが別ジャンルのTPSやガンシューティングとの混同をされてしまう要因と考えられる。

銃器がアイコンとして登場する他のゲームとの大きな違い、FPSが持つ最大の特徴で大前提にあるものは「一人称視点」であることだろう。

一人称視点への理解

http://tn-skr2.smilevideo.jp/smile?i=21072617

「バイオショックインフィニット」ゲーム内でパートナーとなる彼女との交流は全て一人称視点で描かれる。プレイヤーが操作する主人公は明確なキャラクター像を持っており、文字通り"主人公の視点"で物語は進む。

「FPS」という名称の由来でもあるFirst-person(一人称)とは、ゲーム内の主人公の視点、もしくはプレイヤー自身がゲーム内にあるとして描かれたものでプレイヤー自身の視点であるということである。

国内のコミュニティ上ではFPSに対して「主人公の姿が見えない」「キャラクターが見えない」と言われてしまっていることもある。一人称視点の3Dゲームが稀で多くが三人称ないし客観視点で設計された国産ゲームに慣れ親しんでいる人からは、三人称視点で操作する客観的なプレイヤーキャラクター像を描かないということ自体に違和感を覚えられてしまっているのかもしれない。

ここで今一度考えてもらいたいのは一人称視点という描き方がFPSだけの特殊な例では決してないということだ。国産ゲームでも多く作られているノベルゲームやアドベンチャーゲーム、しいてはギャルゲーやエロゲーも、主人公もしくはプレイヤー自身の視点を一人称視点で描いているという点では同じではないだろうか。また、レースゲームのドライバー視点や、ロボットを操縦するゲームのコックピット視点などもFPSと同じ3Dの一人称視点によるゲームの描き方をしている。

ほんとあたりまえの話なんだけど、必ずしも三人称視点でキャラクター像を描いたり、もしくは主人公というキャラクター像がなくてもゲームプレイはもちろん物語や体験も十分成立するのである。今日の国産ゲームやコミュニティ間で最もポピュラーなジャンルとも言えるRPGも、ルーツを辿ればそこにあるのはプレイヤー自身がゲームをプレイすることで、原点である「Wizardry」や近年のヒット作である「Skyrim」もまた基本は一人称視点によって描かれたゲームである。FPSは一人称視点という広く大きなゲームの描き方の内、シューティングやアクションに特化したジャンルのひとつなのである。


http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=19348418

銃をリロードするモーションだけを集めた動画。現在のFPSではあたりまえのように見られるプレイヤーの手と装備の動きの描写。手や装備だけが画面に映るのはおかしい?このような描写は国内の一人称視点のゲームではどういうわけかオミットされていることが多い。

しかし、一人称視点であることが理解されたうえでも、そう設計されたゲームに対して「視界の一部しか画面上にないのはおかしい」「見えないところから攻撃されてしまうのは理不尽だ」などといった声を見かけることもある。

ここでまた国内でポピュラーであるゲームジャンルのRPGを例に考えてみよう。今日の国産RPGタイトルで見かけられるWizardryを起源とする"ターン制のコマンド入力の戦闘"や"ランダムエンカウント"といったシステムやルールは、普段そういったゲームをよくプレイする人であるならゲームとして自然と楽しんでプレイできるだろう。そこで「交互にしか行動できないのはおかしい」「ランダムエンカウントは理不尽だ」という野暮な疑問を投げかけることはないはずだ。

ゲームのジャンルとは数多くのゲームの開発の積み重ねの上でゲームとして楽しめるように設計され、多くのプレイヤー間でそのゲームデザインとルールが認識されたからこそジャンルとして定着したのである

ゲームジャンル、すなわち基本の設計やルール、その描写や演出自体が奇妙にそして適していないと思われてしまうのは、そのコミュニティやプレイヤーの中ではまだジャンルとして定着していないからなのだろう。じゃあ何で日本ではFPSというジャンルが定着していないのだろうか。(あれ・・・?)逆にそもそも何故日本以外ではFPSがゲームジャンルと定着しているのか、いつどこでどのようにして定着したのだろうか。

ここでFPSの歴史の話をおおまかに振り返ろう。

文化の基盤

http://tn-skr2.smilevideo.jp/smile?i=17763973

このマークは何でしょう

DOOMにはじまり、Quake、Unreal、Half-Lifeなど、新しいゲームジャンルを形成し現在のFPSの原型を作り上げたゲームは全てPCゲームタイトルとして作られたものであった。特に3DのFPSの原型で操作方法や対戦の基礎を作り上げたQuake、後にMODから新しいゲームも作り上げられたUnrealやHalf-Lifeは、当時のPCゲームユーザーがオンライン上で開発者との交流をしてコミュニティが一体となって築き上げられたものであった。FPSというゲームジャンルは当時のプレイヤーによって形成されたジャンルと言っても過言ではないのだ。

当時の日本ではそれらのゲームは輸入版という形でしか入ってこなく、コミュニティの形成も個人のファンサイトこそあったが、大きなコミュニティや開発者との交流の場は少なかったと思われる。そして何より、昔から今日に至るまでコンソール機がゲーム文化の多くを占めていた日本では、FPSの主流であったPCゲーム市場とそのコミュニティは海外と比較すればとても小さく、決して国内におけるゲーム文化のメインストリームではなかっただろう。

PCゲームという大きなプラットフォーム、開発者とプレイヤーが一体化したコミュニティ、そしてFPSがひとつのゲームジャンルとして定着していくまでの過程、すなわちFPSの文化の基盤となる部分が、近年まで国内のコミュニティにはほとんどなかった、ということなのかもしれない・・・。

今後の行方は

Shadow Warrior - 序章

舞台は日本

国産はなくともゴールデンアイ007にはじまり、HALOやCODなどの国内向けタイトルのヒット作やオンラインゲーム、一人称視点のゲームそのものであればマインクラフトやスレンダーマンなどの海外インディーゲームも国内でも人気作として知られているはずだ。一昔前と比較すればFPSはコミュニティ間でも周知されて偏見や誤解も減ってきたと思いたい。

FPSが生み出されているのは決して欧米だけではない。一部例を挙げればBFシリーズの開発元である北欧スウェーデンのDICEや、OFPやArmAを産み出したチェコのBohemia Interactive、ウクライナのSTALKERシリーズのGSCやMETROシリーズの4A Gamesのように、世界各国からゲーム史に名を残すような名作FPSが生み出されている。

国内のコミュニティでもFPSの文化の基盤が出来上がり、一般的なゲームジャンルとして周知され理解されるようになれば、いつの日か名作と言われる国産FPSが生まれる日が来るかもしれない。


オススメのFPS

はじめてこのジャンルに触れる人や他のタイトルも遊んでみたい人向けのリスト。近年に発売されたヒット作、現在でも購入できる過去の名作からコアなものもほんのりピックアップしておおまかにカテゴリー分け。FPSを探している方は参考にしてみてください。

シングル、ストーリー重視

  • HALO
  • Half-life
  • Bioshock
  • Portal
  • STALKER

対戦、オンラインが人気

  • Counter-Strike
  • Call of Duty
  • Battlefield
  • Team fortress 2
  • Planetside2

Co-op、協力プレイ

  • L4D
  • PAYDAY
  • ArmA
  • Borderlands
  • Killing floor

カジュアル

  • Team Fortress 2
  • Borderlands
  • Call of duty
  • Battlefield
  • Planetside2

リアリズム、戦略

  • ArmA
  • Redorchestra
  • Insurgency
  • DAYZ
  • Ghost Recon

撃ちまくり

  • DOOM
  • SeriousSam
  • Shadow warrior
  • Killing floor
  • Borderlands

現代風

  • CoD(4以降)
  • BF(2以降)
  • ArmA
  • Counter-strike
  • PAYDAY

WW2

  • CoD(4以前)
  • BF(2以前)
  • Redorchestra
  • Medal of Honor
  • Brothers in arms

ホラー

Si-Fi

  • HALO
  • Killzone
  • Crysis
  • Wolfenstein (2014)
  • Bioshock

ダーク

  • DOOM
  • Quake
  • NecroVision
  • Painkiller
  • The Darkness

ロボ、乗り物

  • Titanfall
  • Hawken
  • FEAR 2,3
  • Battlefield
  • Planetside 2

RPG、ハクスラ

  • DeusEx
  • System shock 2
  • Destiny
  • Borderlands
  • STALKER

オープンワールド

  • Farcry
  • ArmA
  • RAGE
  • Planetside2
  • STALKER

風変わり

  • Mirror's Edge
  • Portal
  • Zeno Crash
  • E.Y.E: Divine Cybermancy
  • STALKER

※プラットフォームによる分類は考慮してません。また、内容が古くなっている可能性があります。(2014年10月に作成)

参考

関連コミュニティ

個別記事のあるタイトル

  • 7days to die
  • America's Army
  • ArmA
    • DayZ:SA
  • Battlefield(BF)
    • BF1942
    • BFV
    • BF2
    • BFMC
    • BF2142
    • BFBC
    • BF1943
    • BFBC2
    • BF3
    • BATTLEFIELD 4
    • Battlefield Hardline
  • BioShock
  • Borderlands
    • Borderlands2
    • Borderlands:The Pre-Sequel
    • Borderlands:The Handsome Collection
  • Call of Duty(CoD)
    • CoD4
    • CoD:WaW
    • ModernWarfare2
    • Call of Duty: Modern Warfare 3
    • Call of Duty: Black Ops
    • Call of Duty: Black Ops Ⅱ
    • Call of Duty: Black Ops Declassified
    • Call of Duty: STRIKE TEAM
    • Call of Duty: Ghosts
    • Call of Duty: Advanced Warfare
  • Chivalry:MedievalWarfare
  • CoC:DCotE
  • CODED ARMS
  • Condemned
  • Counter-Strike(CS)
  • Crysis
  • DEAD ISLAND
  • Destiny(FPS)
  • DeusEx
  • DOOM
  • DUST514
  • FARCRY
  • F.E.A.R.
  • FFoW
  • The Forest
  • GUN-KATANA(銃刀) ―Non-Human-Killer―
  • Half-Life(HL)
    • Half-Life2
    • Garry'Smod
  • HALO
    • Halo 2
    • Halo 3
    • Halo 3: ODST
    • Halo: Reach
    • Halo 4
    • Halo:TMCC
  • Haze
  • Homefront
  • Killing Floor
  • Killzone2
    • Killzone3
  • Left4Dead(L4D)
    • LEFT4DEAD2
  • Marathon
  • MASSIVE ACTION GAME
  • メダルオブオナー
  • Metro2033
  • Mirror's Edge
  • Operation FlashPoint(OFP)
  • Painkiller
  • PAYDAY
    • PAYDAY2
  • Portal
  • Postal2
  • Quake
    • QUAKEⅢARENA
  • Rainbow Six
  • RedOrchestra(RO:O)
    • RedOrchestra2:HeroesofStalingrad
  • The Regiment
  • Serious Sam
  • S.T.A.L.K.E.R.
  • SOLDIER OF FORTUNE(SoF)
    • SOLDIER OF FORTUNEⅡ
  • SWATシリーズ(ゲーム)
  • TeamFortress2(TF2)
  • Titanfall
  • Unreal
  • Unreal Tournament(UT)
  • Vietcong
  • WARSOW
  • Wolfenstein
    • Wolfenstein: Enemy Territory
  • X operations
  • ゴールデンアイ007
  • パーフェクトダーク
  • ガングリフォン
  • サイバーダイバー
  • メトロイドプライム

※記事はアルファベット順、オンラインFPS、MMOFPS、F2P、MODタイトルは該当記事参照。

関連項目

  • ゲームジャンルの一覧
  • オンラインFPS
  • MMOFPS
  • F2P
  • MOD
  • マルチプレイ
  • Co-Op
  • PCゲーム
  • 洋ゲー
  • Valve
  • Bungie
  • Infinity Ward
  • Treyarch
  • Respawn Entertainment
  • CryENGINE
  • Source engine
  • UDK、UE4
  • フラグムービー
  • プロゲーマー
  • Fatal1Ty
  • kenny(fps)
  • ダステル
  • FPS症候群
  • 芋虫スナイパー
  • マスターチーフ
  • マクミラン大尉
  • ETVIP
  • コンボラ
  • デデンデッデデンデン
  • 敵の潜水艦を発見!
  • バールのようなもの

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/fps
ページ番号: 172312 リビジョン番号: 2161045
読み:エフピーエス
初版作成日: 08/05/29 14:46 ◆ 最終更新日: 15/02/14 03:21
編集内容についての説明/コメント: 誤字脱字と一部文体とhtmlの修正、タイトルリストと関連項目の追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

FPSについて語るスレ

795 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 11:22:25 ID: 6rVwjZCGPS
>>794
いくつか挙げよう

・バトルフィールド1942
第二次世界大戦モノならこれ
古めのゲームなのでグラフィックは今ほど良くはないが、良い意味でシステムが簡素で遊びやすい
ただ、一人で遊ぶモードがAIとの対戦みたいなものなので、
他のFPSのような派手な演出があるゲームがやりたいなら不向き

・コールオブデューティ4
現代戦ならこれ
あらゆる面で非の打ち所がない名作
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
796 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 12:33:56 ID: V3fs6x6ICJ
ADS中の移動が高速、高速化する手段がある(例としてCoDのストーカー・ストックなど)ってのは、
良くない癖を付けてしまうよなぁ…手段としてあると依存性高い、別ゲーでもモヤると言うのも聞く
そんなのよくあると思うし、スポーツ寄り・リアル寄り とやるゲームにもよるだろうけども…
結局は、有りから無しになっても慣れるものだ。に尽きるけど、さぁはたして…
797 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 00:42:12 ID: DVFf2sZBqe
>>793
日本で流行ってるといえるFPSは2シリーズ
CoDとBFな
CoDは超近距離での打ち合いが多くてBFは中遠距離戦闘が多い
あとBFは兵器に乗れるってのがある
BFの方が近年は評価高いけど初心者ならCoD以外に選択肢は皆無
BF中遠距離戦が基本だからエイムおぼつかないと凄まじい初狩りに遭う
798 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 13:31:08 ID: QAxKzjrV2t
すごい気持ちいい勝ち方すると、達成感(満足感)とその余韻に浸りたいから
1日1〜2戦して終わることが多い
799 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 15:32:56 ID: Tu6D4Vbjmz
>>793
格ゲーほとんどやったことない自分から言わせてみれば「どれも拳で殴り合うゲーム」みたいな印象だがな
800 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 16:57:59 ID: +5G7s9QrwB
PCメインの物をCSに移植する形態の時はそこまでじゃなかったけど

CSが開発のメインターゲットになってからというもの
コントローラーでプレイすることを前提に作られてるせいか
全体的にもっさりしていて、痒い所に手が届かないのばかりになってしまったな…
801 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 18:46:23 ID: rjZIYibeeJ
>>793
バイオハザード7  国内外で高評価の国産FPS
>>sm30503128


あと割りと前のだけどPortal  パズルや考察が中心で、銃撃戦無し
>>sm1250328
802 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 15:29:00 ID: JATo0NrVDF
>>800
CoDシリーズなんかはムービーゲー扱いで揶揄されまくってるからね…
FPS界のFFと言ってもいい
ファンを切り捨ててビジネスに走ったタイプ
803 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 23:20:36 ID: 6rVwjZCGPS
RPG要素のあるFPSなら3以降のFalloutとかボーダーランズとかも良いぞ
804 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 04:42:00 ID: DVFf2sZBqe
マウスとパッドの入力の違いを考慮しなかったCoDは愚か
パッドだと咄嗟の入力効かないからマウス相手には手も足も出ない
それなのに更にクリアリング範囲増える立体戦闘をゴリ押し下からな
そりゃ客は付いて行けずに辞める
本来ならBFよりCoDの方がかなりライト寄りな作りだったものを
というかBFはライト寄りから少しはみ出してる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015