単語記事: Funkot

編集

概要

90年代中頃、欧ハウスミュージックの影を受け、インドネシアでは大衆歌謡のジャンルであるDangdut(ダンドゥット)のRemixが流行する。初期は4つ打ちのRemixと非4つ打ちのRemixが混在していたが、とある時期にBarakatak(バラカタ)というグループ「Bergoyang Lagi」が大ヒットする。

この曲のビートファンキービート)が現地の人々の心を捉え、ジャカルタのコタ地区を中心に流行。様々な曲に使われていく中、2000年頃には遂にファンキービートの勢いが4つ打ちを打ち負かし、Funkotとして定着していった。

もともとはFunky Kota(ファンキーコタ)と呼ばれており、日本に初めて伝わった当時はこの名前で呼ばれることが多かった。
それ以外にもFunky House Kota、Indonesia HouseHouseFunkyなど、いくつかこのジャンルがあったが、現在ではFunkotが正式名称として扱われている。

インドネシア内で局地的に流行しており、これまでほとんど外に出てくることがかった。
他の様々なジャンルから要素を貪欲に取り入れ、現在もなお進化を続けている。

明期から活動する伝説DJに「JOCKIE SAPUTRA」「DJ TOMMY FAN'S」「CRAZY SANDY」がいる。

主な特徴

...というものがあるが、それぞれ必須というわけではなくネタの全くない曲なども存在する。オリジナル曲はもちろんのこと、最新の洋楽日本邦楽特撮曲のRemixトランスハードコアテクノネタなども続々と生まれており作は幅広い。


ヤバえもん

Funkotを体現した存在

関連用語

Mandarin コタ地区と関係の深いの客向けに作られた、中国語ヒット曲のRemixのこと。
Hardfunk よりミニマリズム・陶酔感を追求した曲をいう。インストボーカルし)ものも多い。
最近ではの定義をFunkot自体の総称とする例も見られる。
Kencang 読みは「クンチョン」。インドネシアで「速い」、DJとしては「ブチ上げ」を意味する。
Pumpin 曲の途中で4つ打ちに変化するものをす。
Prokot
(Progressive Kota)
近年、現地ディスコにおいて西洋的なProgressiveHouseなどの影が大きくなってきたことに対抗して作られた。
ProgressiveFunkot流にアレンジしたもので、Funkotダウンビート部分だけを取り出したようなもの。
最近ではProkotという呼び方はあまりされなくなったものの、独立した一つのジャンルとして確立している。
Breakbeat
Breakfunk
Dugem 読みは「デュゲム」。インドネシアで「遊び・ディスコ」。dunia(世界・~界) + gemerlap(きらめく・やかな)の略語
Bagus 読みは「バグース」。インドネシアで「とても良い・美しい・最高」などを意味する。
Enak 読みは「エナッ」。インドネシアで「おいしい・楽しい・気持ちいい」などをす。
ティッケー! よく使われるボイスサンプルのひとつ。「Deeejaaaaay!」らしい。
さかさま 高野氏が作成したFunkotを現地DJが初めて聞いた際「さかさまだな」と言われて曲を切られたというエピソードが発端。ベースビートバランスが悪いことをしている、と言われているが詳細は不明。

日本のFunkotシーンとその周辺

より詳しくはDUGEM RISINGブログ「funkot基礎知識」などを参照。

歴史

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

Funkotオンリーパーティ

高野氏がオーナーをつとめる渋谷の『ACID PANDA CAFE』では、に1度ほどのペースFunkotパーティ「DUGEM RISING」が開催されている。
そのほか北海道愛知京都など、日本各地のクラブにおいてもFunkotオンリーパーティが徐々に増えつつあり、認知度の高まりがえる。
詳しくは検索、または外部リンクの項にある「ティッケー情報」などを参照のこと。

国産音源の入手

関連商品の項に掲載したものはニコニコ市場Amazon.co.jp)上で買うことができるが、同人CDとしてのリリースされているものについてはコミケM3などの即売会や各種同人ショップGUHROOVYの通販及び店頭での購入などが基本となっている。
また、ACID PANDA CAFE店内でも一部が販売されているほか、DUGEM RISING DJ TEAMはbandcampでのDL販売も行なっている。

日本国外での動き

日本以外のに在住しているDJにも、Funkotの存在に気付く人々が出はじめてきた。
多くは日本的なハードコアテクノ、「J-CORE」のシーン興味を持っていた人々で、その延長でFunkotにたどり着いたようである。
あるオランダDJアニメ漫画日本文化のイベント『Abunai!』のクラブイベントスペースFunkotを回していたりする。

DUGEM RISING DJ TEAM

日本の代表的DJトラックメーカー

結論

で聞こう!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/funkot
ページ番号: 4619304 リビジョン番号: 1941268
読み:ファンコット
初版作成日: 11/04/27 03:33 ◆ 最終更新日: 13/12/15 22:44
編集内容についての説明/コメント: Dugem Risingメンバーが増えました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

Funkotについて語るスレ

33 : ななしのよっしん :2013/09/25(水) 18:22:09 ID: KBYwwm0p3C
>>32
まんまのがあったw
ありがとうw
34 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 13:07:24 ID: bZ4nxnhoeA
>>31
どっちも買ったけどテクニックって現地の人のだけじゃない。
そんなかんじのがもっと増えればいいのになって。
35 : ななしのよっしん :2013/09/29(日) 21:42:02 ID: wJkAjUQlHA
原地曲は取り扱いが難しいからなー。

とりあえず次のM3ではF4Jが原地曲ゴリゴリのコンピ出すとは聞いてるが。
36 : ななしのよっしん :2013/10/03(木) 20:45:04 ID: bZ4nxnhoeA
>>35
まじか!
最近twitter見てなかったから知らんかった。
Mixじゃないことを祈ろう.....
37 : ななしのよっしん :2013/10/19(土) 14:39:22 ID: bZ4nxnhoeA
誰かFunkoters.comに登録出来てる人いる?
38 : ななしのよっしん :2013/11/14(木) 17:03:57 ID: 8PItuMZres
beatmania IIDX SPADAFUNKOTの曲が収録されたっぽい
39 : ななしのよっしん :2014/04/10(木) 14:35:38 ID: kjZIqtkVcP
>>24
あたりでも触れられていたが、日本におけるファンコットは狭い価値観の人が独占している。このことを自称古は自覚していない。頭の堅い人らが運悪く集ってしまい着している悲劇のジャンルと言えよう。
は現地で学んできたという立な経験があるらしいが、その経験をに帰すほどネット上での印が悪い。「は本物のファンコットの作り方を知っている」と新参に触れ回っていく連中のカタマリである。ジャンル愛しているのであれば、口を噤み音楽に専念して頂きたい。
40 : ななしのよっしん :2014/04/10(木) 21:24:03 ID: mDyqLvvL9O
適当なこと言ってイメージ下げるのやめたら?
直接現場で本人かツイッターとかで作り方とか質問してみん?丁寧に返事帰ってくると思うよ。
てか、現場までいって常に作り方勉強してる人たちだから「は本物のファンコットの作り方を知っている」なんてことは絶対言えない人達だよ。
41 : ななしのよっしん :2014/04/10(木) 21:26:23 ID: 3fXTBV4CW/
>>39
ファンコットやってる人は色々親切に教えてくれるし、頭が硬いとか価値観が狭いとかって印いけど。
どういうところでそう感じたの?
42 : ななしのよっしん :2014/04/14(月) 19:25:51 ID: wJkAjUQlHA
>>39
MEGA DUGEMも行っていろんなDJトラックメイカーと話したけど、そんなこと言ってるいなかったよ。
日本人トラックメイカーとしてはインドネシアで一番人気のShisotexですら「FUNKOTの作り方わっかんねぇ」ってぼやいてて、
JETBARONやJMBSがそれを受けて「シソくんにわかんねぇんだったら俺らなんなんだよwww」って言ってるのが現状なんだけどな。
むしろ「は正しい作り方を知っている」なんて触れ回ってるがいたら教えてほしい。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015