単語記事: Funkot

編集

Funkot(ファンコット)とは、インドネシア発祥の高速ダンスミュージックである。

概要

90年代中頃、欧米のハウスミュージックの影響を受け、インドネシアでは大衆歌謡のジャンルであるDangdut(ダンドゥット)のRemixが流行する。初期は4つ打ちのRemixと非4つ打ちのRemixが混在していたが、とある時期にBarakatak(バラカタ)というグループ「Bergoyang Lagi」が大ヒットする。

この曲のビート(ファンキービート)が現地の人々の心を捉え、ジャカルタのコタ地区を中心に流行。様々な曲に使われていく中、2000年頃には遂にファンキービートの勢いが4つ打ちを打ち負かし、Funkotとして定着していった。

もともとはFunky Kota(ファンキーコタ)と呼ばれており、日本に初めて伝わった当時はこの名前で呼ばれることが多かった。
それ以外にもFunky House Kota、Indonesia House、House、Funkyなど、いくつかこのジャンルを指す語があったが、現在ではFunkotが正式名称として扱われている。

インドネシア国内で局地的に流行しており、これまでほとんど国外に出てくることが無かった。
他の様々なジャンルから要素を貪欲に取り入れ、現在もなお進化を続けている。

黎明期から活動する伝説的DJに「JOCKIE SAPUTRA」「DJ TOMMY FAN'S」「CRAZY SANDY」がいる。

主な特徴

  • BPMが180~190あたりと非常に高速。DJプレイ時にはBPM190~200あたりにさらに上げてプレイされる。
  • 独特の「ドッタドッドタ!」といった感じのビート(ファンキービート)。
  • 太い定型ベースライン。音色は3つほど重ねて作られているらしい。
  • サンプリングボイスを多用する。「アーユーレディー!」とか「ティッケー!」とか。
  • カウベル系のパーカッションがスッコンスッコン鳴ってる。
  • 曲の中ほどで急激にBPMが落ちて別の曲のように変化する(ダウンビート)。

...というものがあるが、それぞれ必須というわけではなく声ネタの全くない曲なども存在する。オリジナル曲はもちろんのこと、最新の洋楽、日本の邦楽や特撮曲のRemix、トランスやハードコアテクノネタのRemixや近年では世界的な流行となったEDMの手法を取り入れた楽曲やEDMアンセムネタのRemixなども続々と生まれており作風は幅広い。

Funkotの楽曲構成や音作り・サンプリング音源の元ネタに関しての情報は国内で活動しているFunkot DJ・トラックメーカーであるJockie"MASTA BASS"SuamaDJ tagosakuのブログに詳しく書かれています。

関連用語

Mandarin コタ地区と関係の深い華僑の客向けに作られた、中国語圏のヒット曲のRemixのこと。
Hardfunk よりミニマリズム・陶酔感を追求した曲をいう。インスト(ボーカル無し)ものも多い。
最近では語の定義をFunkot自体の総称とする例も見られる。
Kencang 読みは「クンチョン」。インドネシア語で「速い」、DJ用語としては「ブチ上げ」を意味する。
Pumpin 曲の途中で4つ打ちに変化するものを指す。
Prokot
(Progressive Kota)
近年、現地ディスコにおいて西洋的なProgressiveHouseなどの影響が大きくなってきたことに対抗して作られた。
ProgressiveをFunkot流にアレンジしたもので、Funkotのダウンビート部分だけを取り出したようなもの。
最近ではProkotという呼び方はあまりされなくなったものの、独立した一つのジャンルとして確立している。
Breakbeat
Breakfunk
Dugem 読みは「デュゲム」。インドネシア語で「夜遊び・ディスコ」。dunia(世界・~界) + gemerlap(きらめく・華やかな)の略語。
Bagus 読みは「バグース」。インドネシア語で「とても良い・美しい・最高」などを意味する。
Enak 読みは「エナッ」。インドネシア語で「おいしい・楽しい・気持ちいい」などを指す。
ティッケー! よく使われるボイスサンプルのひとつ。「Deeejaaaaay!」らしい。
さかさま 高野氏が作成したFunkotを現地DJが初めて聞いた際「さかさまだな」と言われて曲を切られたというエピソードが発端。ベースとビートのバランスが悪いことを指している、と言われているが詳細は不明。褒め言葉ではない。

日本のFunkotシーンとその周辺

ファンコットに関する詳細な情報はDUGEM RISINGブログの「funkot基礎知識」「Funkotの情報を集めるブロマガ」を、インドネシアのクラブシーン・DJなど現地のファンコット情報についてはブログ「FUNKOT 4EVER JEPANG」などを参照。

歴史

2009年

  • 8月15日 TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』、「ファンキーコタ」特集において、テクノグループ「レオパルドン」の高野政所により紹介されたことで初めて全国的に知られる。

2010年

  • 1月2日 『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』において2回目のファンキーコタ特集が組まれる。
  • 4月14日 Saori@Destinyのアルバム『WOLD WILD 2010』に「Lonely Lonely Lonely(FUNKOT.JP remix)」が収録された。国内のメジャーリリースCDにFunkotが乗ったのはこれが初。
  • 12月8日 ライブストリーミング放送DOMMUNEにて『FUNKOT BANGET-Ampun DeeJay- ~謎のインドネシアン・ディスコ史!』『BROADJ♯215/270%FUNKOT ONRY!!!!』が配信される。
  • コナミの音楽ゲーム『pop'n music 18 せんごく列伝』の隠し曲に「ファンキーコタ/AKATSUKI」が収録された。

2011年

  • 1月1日  『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』にて3回目のファンキーコタ特集。
  • 2月15日 東京新聞朝刊『みやこDEプチブーム』に高野氏へのインタビュー記事が掲載される。
  • 3月2日  スクウェア・エニックス作品のBGMアレンジCD『More SQ』に、ShisotexによるチョコボのテーマFunkotアレンジ「Dugem de チョコボ」が収録された。
  • 7月9日 東京でFunkotオンリーパーティー『DUGEM BAYANGAN』がスタートする
  • 8月28日 TOKYO FM『トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ』にて、「2011夏の終わりのファンコット」と題しFunkot特集が組まれる。

2012年

  • 2月11日 京都でFunkotオンリーパーティー『DUGEM DI BARAT』がスタートする
  • 8月29日 グライム系ユニットROLL DEEPがあやまんJAPANをカバーした楽曲『POI☆POI☆POI』のFunkotRemixが配信リリースされる。
  • 11月10日 『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』にて4回目となるファンキーコタ特集。
  • 11月14日 9nineのシングル『イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール』が発売された。既存楽曲のRemixでなく、オリジナルのFunkotでメジャーリリースされたものはこれが初めて。
  • 11月30日 美少女ゲームリミックスアルバム『SUPER SHOT5 Special edition』にRichterによる「恋愛0キロメートル (Richiter FUNKOT REMIX)」が収録される。
  • テレビ朝日のクイズ番組 アタック25の漢字当てクイズのBGMにFunkotが使われている。初期の日本産のものが使用されている模様。
  • チョーヤ梅酒のCM『泡立つウメッシュ 泡DANCE編』のBGMにFunkotアンセム「Lembang」を意識したと思われる曲が使用されている。

2013年

2014年

2015年

Funkotオンリーパーティー

東京では渋谷で「DUGEM RISING」「DUGEM BAYANGAN」「ENAK MONDAY」
神田で「DUGEM FRIDAY」高円寺で「BAYANGAN OBAT」が定期開催されている他

京都「DUGEM DI BARAT」 大阪「DUGEM DI OSAKA」 愛知「Yang Penting Funky」
北海道「Funkoters Jepang UTARA」が不定期で開催している。

ファンコット関連のイベント情報は「ファンコット関連イベントまとめ」「FUNKOTERカレンダー」等のサイトで。より速報性の高い情報はツイッターアカウント「ティッケー情報」で確認できる。

国産音源の入手

関連商品の項に掲載したものはニコニコ市場(Amazon.co.jp)上で買うことができるが、同人CDとしてのリリースされているものについてはコミケやM3などの即売会や各種同人ショップ、GUHROOVYの通販及び店頭での購入などが基本となっており、最近ではタワーレコードの大高店モレラ岐阜店でも音源の取扱いが始まっている。また2014年にはインドネシアのネットレーベル「Kota Records」が楽曲の配信を開始、国内外のアーティストの楽曲を購入することができる。

日本国外での動き

日本以外の国に在住しているDJにも、Funkotの存在に気付く人々が出はじめてきた。
多くは日本的なハードコアテクノ、「J-CORE」のシーンに興味を持っていた人々で、その延長でFunkotにたどり着いたようである。あるオランダのDJはアニメ・漫画・日本文化のイベント『Abunai!』のクラブイベントスペースでFunkotを回していたりする。

近年では国内のファンコットDJと現地インドネシアのファンコットDJとの関わりも生まれており、国内でリリースされた音源にインドネシアのDJチームである「NRC DJ Team」のリミックスが収録されたり、DJ Shunによって「NRC DJ Team」の楽曲を集めたコンピレーションアルバムの製作と頒布が日本国内で行われている
また2014年にはDJ JETBARONとShisotexがインドネシアのバリ島・バンジャルマシン・ジャカルタでのクラブイベントに出演している。

日本のFunkot DJ・トラックメーカー

DUGEM RISING DJ TEAM

  • DJ JETBARON
  • Shisotex
  • Jockie "MASTA BASS" Suama
  • カズヤP
  • totsumal

DUGEM BAYANGAN DJ TEAM

  • 床上中
  • TAHU
  • DJ Shun
  • JT
  • sige
  • WAKU
  • りす

DUGEM DI BARAT DJ TEAM

  • Richiter
  • hayabusa
  • ともゆ
  • ned
  • Sam
  • Tagosaku

NINJA REMIXING

  • DB SASUKE
  • totsumal
  • Jockie Chan

Funkoters Jepang UTARA

  • DJ Silkworm
  • 十三夜
  • 森田レオン
  • DJ Ika

海外/その他

  • IYOchang
  • Take
  • るえ
  • DJ KUBUS
  • Joe.K
  • さえー
  • りゅっぱち
  • みやまい
  • N4OKI
  • 百合蔵
  • Aki
  • LEX
  • NAO
  • talo
  • おーれん
  • DJ YAMA
  • 瑠兎
  • もんじゃ

結論

箱で聞こう!

関連動画

現地産Funkot

日本産Funkot

Funkot関連のクラブイベントの様子

タマフルFunkot特集

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/funkot
ページ番号: 4619304 リビジョン番号: 2368604
読み:ファンコット
初版作成日: 11/04/27 03:33 ◆ 最終更新日: 16/06/03 09:59
編集内容についての説明/コメント: DJについて編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Funkotについて語るスレ

83 : ななしのよっしん :2016/03/05(土) 18:55:00 ID: vGn4Vt8ggM
>>81
巣から出てくんじゃねえぞカスが
お前らみたいなのが来たらFunkotが汚れるだろ
84 : ななしのよっしん :2016/03/07(月) 01:18:30 ID: NL5g469dNV
>>83
目くじらを立てる理由が正直よくわからないですけど
とりあえず落ち着いてください
85 : ななしのよっしん :2016/04/27(水) 20:08:48 ID: OQeUmmyChB
好きで聞いてる気持ちより、聞いてる俺カッコイイって気持ちのほうがずっと強いやつほど
自分が嫌いな誰かがそれを歌ったり演奏したりすると「汚された」とか言うんだよね
86 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 14:47:06 ID: BnXDDh/tj+
INSOMNIAとかすら払ってねぇ自称ファンコッターにボロクソ言われてたしなぁ
本当口うるせぇ大麻のおっさんが逮捕されてよかったわ
狭量なマニアはジャンルを衰退させるだけだっつうの
87 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 21:51:55 ID: lXcatY9evI
ファンコットも結構知られてきてうれしいよ
88 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 16:19:54 ID: NL5g469dNV
>>sm29303617

暫く見ないうちにアイマスのファンコットが何曲も投稿されてる
89 : ななしのよっしん :2016/08/12(金) 05:32:53 ID: IVnDGXFlhF
funkotのパイオニアであった高野氏の事件のあとも、結局funkoterは相変わらずenakしつづけ、今では若いクリエイターや新しいイベントも活発になって、まだまだ成長を続けている。というか高野さんはナードコアに戻るそうだし。
そんで日本のfunkotは若い人達に受け継がれた影響でアニメとかとの繋がりが強い曲も増えてJCOREみたいな感じの独特の発展とげている。
古参ぶった人が現地のfunkotはこうだからこっちもこうあるべき!なんて話はめったに聞かない。
まだまだマイナーなジャンルではあるものの年々勢いを増すfunkot。
最近は関東以外にもあちこちでちらほらfunkotイベントが開催されはじめている!全く知識がなくたって大丈夫さ、大らかでブチアゲな空気の中、一緒に楽しい音楽と酒で盛り上がろう!
まずは現場へ!それがfunkotを理解する一番の近道だ
90 : ななしのよっしん :2016/08/12(金) 05:40:16 ID: IVnDGXFlhF
あと個人的な感想なんだけど、他のイベントに比べてファンコットおじさんすげえ優しい。
初めてだし一人で来たけど平気かな……って思いながら行ったけど普通に向こうからフレンドリーに話しかけてくれて、なんか居酒屋みたいな雰囲気だった。
多分ファンコットの雰囲気がカッコいい、クールってんじゃなくアガる、楽しい!って感じだからみんなフレンドリーなんだと思う。
そういった意味でもクラブ初心者にとってもおすすめです。
91 : まんじゅ(´ん`) :2016/11/14(月) 21:56:09 ID: I0wcl6wVf1
糞雑魚DJです。
DJを初めてやる人にもFunkotは個人的にはオススメかなと思ってレスしました。

なぜかというと、やはり曲のイントロとアウトロがどの曲もある程度のお約束があるというところで一番繋ぎやすいなと思ってる次第でございます。

あと声ネタが無いならその場で声を自分で入れるという荒業も(きっと)許されるので。

しかしトラック作りとなると、打ち込むよりやっぱり現地の音をサンプリングした方がそれらしくなって悔しい今日このごろです。

日記みたいになってすみません。
92 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 14:45:01 ID: if0AmoTywY
SDVXに3y3sのFunkotリミが収録されたね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015