単語記事: G11

編集

G11とは、西ドイツ(当時)のH&K社によって開発された莢(ケースレス)弾を用いた自動小銃アサルトライフル)である。

概要

口径 4.73mm
身長 540mm
使用弾薬 4.73mm×33ケースレス
装弾数 45発/50発(弾倉)
全長 750mm
重量 4300g
発射速度 460発/分(フルオート
2000発/分(バースト
口初速 930m/秒
有効射程 400m
開発年代 1980年代


普通で使用する弾薬鍮や軟製の莢を使用するために、それだけで大量の資を必要とする。
特に鍮の材料となる亜鉛は、電機部品や配管等にも使用する為に重要な物資であり、有事ともなれば優先して収集される物品の一つである。
それを莢として戦場にばら撒いて帰るのは非常にもったいない。
また、金属製である為に運搬の際の重量的負担にそれなりに影し、莢の散乱は隠密行動では命取りになる事もありうるし、そうでなくともできれば床はきれいな方がいい。
このような面を考え、莢をくせばコストパフォーマンスが高く、軽便で、更に排莢のプロセス銃器から取り除く事ができれば構造も単純化できるのでは?という発想から、ケースレス弾とその運用G11は誕生した。

ケースレス弾を使用する事によって莢が出なくなり、排莢プロセスい事でバーストで毎分2000発という極めて高い連射を得、さらに弾丸の携行量が増え、弾薬製造のコストが安く抑えられるというまさにいいことづくめ。
まさしく究極のアサルトライフルが誕生しませんでした・・・

結局当時の技術では、てか多分今の技術でも莢は必要なのである。
まず、射撃による熱の問題。
通常の弾薬なら莢で熱が遮断され、逃がされる為に相当な撃ち方をしなければ熱問題に因る暴発などは起きない。
かしこの場合装むき出しで、しかも弾倉の配置が身上であり熱の影を受けやすく、暴発の危険性が高かったようだ。
そして、保存問題である。
弾薬はデリケートなもので、例えば通常の莢式の物でも、保管の際は密閉された缶詰等の湿気を遮断できる状態で、ある程度の調、最低でも日陰通しの良い場所で保管しなければならない。
それを装むき出しにしているのだから耐侯性はよいと言えるものではなく、弾込めクリップを兼ねた密閉の専用ケースでの保管であったとはいえ、前線に出たら通常のと変わらない弾倉で弾を持ち運ばねばならず、軍務に耐える動作確実性を得る事はできなかったようである。
更に、期待されていた生産性も良いとは言えず、本格量産前とは言え1マガジン弾薬コストが約5万円と言う価格となってしまい、結局この計画自体中止された。

いらないと思った物をくしたら、自分自身がいらない子になったG11なのであった。
必要になるケース(事例)がレスだったんやなwww(渾身のギャグ

しかし、ケースレス全に捨てられた訳ではなく、21世紀にもMR-Cと呼ばれるケースレス弾を使用するアサルトライフルが開発されたようだ。もちろんG11と同じ問題で消えたが(ケースレス弾的な意味で)。
また、この4.73mm弾を転用したのがMP7用の4.6mm弾とされており、研究自体は実があったようである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/g11
ページ番号: 4920411 リビジョン番号: 1573146
読み:ヘッケラーアンドコッホジーイレブン
初版作成日: 12/07/06 21:05 ◆ 最終更新日: 12/07/08 15:23
編集内容についての説明/コメント: ウィキペのリンクを切る。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

G11について語るスレ

7 : ななしのよっしん :2013/02/14(木) 00:26:25 ID: TagmHX8TL6
EoEで戦自が装備してた
何故か撃ったときに莢が地面に落ちたような音がしてたけど
8 : ななしのよっしん :2013/02/26(火) 18:01:42 ID: Zzc8XTqxDq
米軍で軽量小火器技術プログラムの元に新機関銃が作られてるそうですが
その中にテレスコピック弾なるものがあるようで
莢の代わりになるものを作るという意味でケースレス弾から現実的な線で発展している模様
まあG11ケースレス前提機構で高レート高精度3点バーストを実現していたわけですが・・・
9 : ななしのよっしん :2013/03/08(金) 20:46:45 ID: Zzc8XTqxDq
最終タイプK2モデルでは
通常の装填されているマガジンの横に2個並べてマガジンを即応交換しやすいように配置されてますが
3マガジン撃ち切った後はそれぞれ専用のクリアーカートに詰められた
10発クリップを一々マガジンに詰めないといけない仕様だそうです。
動画でも様子がありますが最前線でこんな長なことやってられそうもいですね、ハイ
10 : ななしのよっしん :2013/05/13(月) 19:10:03 ID: GHyzvKZJTx
なんかsm17988239にNEWと書かれた9mm仕様G11とか色々新しいのも出てるらしい
11 : ななしのよっしん :2013/08/03(土) 14:14:30 ID: HjVu3Nmz3F
エヴァ旧劇場版日本の戦略自衛隊が使っていたな
特殊な形状だから、オリジナルだと思っていたわw
12 : ななしのよっしん :2013/08/27(火) 16:41:32 ID: ++Rdn1VXYv
携帯のほうのG11使ってるんだが
13 : ななしのよっしん :2014/01/01(水) 14:45:52 ID: PXbl/IHLJH
MGSPWで出てたね
まだM16とAKくらいしか知らない頃だったから、オリジナルだと思ってたわ
14 : ななしのよっしん :2014/07/18(金) 09:01:56 ID: PWzFSGeQgy
P90みたいに独特の形状だからすぐに覚えたな
みてくれがロケランっぽいし
15 : ななしのよっしん :2014/08/18(月) 19:03:11 ID: +oXvQtNKN1
>高い連射を得、さらに弾丸の携行量が増え、弾薬製造のコストが安く抑えられるというまさにいいことづくめ。
>まさしく究極のアサルトライフルが誕生しませんでした・・・


勢いにワロタ
16 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 17:25:46 ID: MVAKc53dds
今全で研究したら少しはましなのできるかな

いくらなんでも三十年以上、素材関係で何の技術進歩もないってことはないよな?
…いや、最近の経済誌で、「はもうあらゆる化学物質を試してしまって、もう既存に別の効がないか試してるだけ」って話もある。
冗談抜きで、この宇宙でできる科学技術はもう打ち止めという可性が…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015