単語記事: GNドライヴ

編集

GNドライヴとは、機動戦士ガンダム00に登場する、動力や機体制御に用いられる主要機関のことである。

TVシリーズ開始当初は1種類のみだったが、のちに亜種(擬似太陽炉)や複数のドライヴを使うシステム(ツインドライヴ)など、種類やバリエーションが増えていった。

本項目においては以下のものについて記述する。

 なおネーミングは「GUNDAM NUCLEUS DRIVE」(ガンダムの中核のドライヴ)の略。そしてGNドライヴから出るからGN粒子である。冗談のようだが「00P」で示された公式設定である。

GNドライヴ(オリジナル)

イオリア・シュヘンベルグが開発した、これまでのMSの動力の概念を覆す新型の動力炉。重粒子を崩壊させることによってエネルギーを得るため半永久的に稼動させることが可能で、生み出される特殊粒子「GN粒子」は、推進力のほか機体制御、装甲の防御力増加、火器への利用、周囲の電波妨害など幅広い用途に用いられる。

高重力下で長い年月をかけて造られており、作中では木星で5基製造された。三大勢力と国連軍側においての名称は、提供された際に伝えられている「GNドライヴ」で通っているが、CBのように精通した者の間では「太陽炉」とも呼ばれている。1stシーズンでは4基の太陽炉をソレスタルビーイング(CB)が運用する4機のガンダムが使用。残りの1基はCBのサポート組織「フェレシュテ」へと供与され、第2世代ガンダムの動力として運用された。

しかし、2ndシーズンの最終決戦において、セラフィムガンダム、Oガンダム、ガンダムエクシアリペア2のドライヴが破壊されたため、オリジナルのGNドライヴで現存しているものは2基である(※第2期終了後のダブルオーは、失われたGNドライヴの代わりに粒子貯蔵タンクを搭載することで運用している)。

劇場版で、ツインドライヴ専用のものとして、新たに2基が製造された。ELSとの最終決戦にて、ハルートが撃破され、ダブルオークアンタが地球圏を離れたため、地球圏に存在しているオリジナルGNドライヴは、サバーニャに搭載されていた1基のみとなった。しかし、エピローグに登場したMSサキブレの一部(大半はコンデンサーか、疑似GNドライヴ)では、オリジナルのGNドライヴが使用されていて、新たに生産は行われているものと推測される。

擬似GNドライヴ

最初に登場した4機のものとは異なるGNドライヴ。CB側の持つオリジナルが緑色の粒子を放つのに対し、こちらは赤い粒子を放つ。また、オリジナルと同様にGN粒子を供給する機能こそ持つものの、構造にいくつか異なる点がある。
正式名称は「GNドライヴ〔T〕(タウ)型」だが、劇中でその名称が使われる事はなく、地球連邦ではこれが標準のGNドライヴである。CB側からは「擬似GNドライヴ」または「擬似太陽炉」と呼ばれている。

第1期中盤より登場のチーム・トリニティが乗るガンダムスローネに搭載されており、終盤ではアレハンドロ・コーナーの裏切りにより、三大勢力の側にも30基が譲渡された。またアレハンドロ自身が乗るMA「アルヴァトーレ」にも擬似太陽炉が使用されている。

セカンドシーズンにおいては擬似太陽炉は一般的な物として認知されている。科学技術の進歩により改良された擬似太陽炉が量産され、粒子の色も赤色から赤っぽいオレンジ色へと変わっており、ドライヴの調整によって生じるGN粒子の色も変化するようである。資料によっては「改良されて毒性が無くなった」とされるが、「毒性は維持されている」とする資料もあり、どちらなのかははっきりしない。

更に時代の進んだ劇場版では、粒子自動車なるものまであるとかないとか。

トレミーチームの使うGNドライヴが「オリジナル」と呼ばれていることもあってこちらが偽物のような扱いを受けているが、実は粒子生成手段として最初に作られたのはこちらであり、そこから発展して作られたのがオリジナルのGNドライヴである。

  • 【オリジナルとの差異】
    • 炉心にTDブランケットという部品がない
    • GN粒子の生成には外部からの電力供給が必要
    • ドライヴの起動には始動機が必要
    • 粒子量と活動時間には限界が存在する
    • 赤いGN粒子には細胞障害を引き起こす毒性がある[※1]
    • オリジナルのGNドライヴの粒子は緑色なのに対し、GNドライヴ〔T〕は赤色
    • 地球圏の技術でも生産できるよう設計されているため、大量生産できる

[※1] ただし、圧縮率によってはオリジナルのGN粒子にも毒性がある → 「プルトーネの惨劇」を参照

 

ツインドライヴ(ダブルオー)

ヴェーダが占拠・破壊されることも想定に入れていたイオリア・シュヘンベルグのシステムトラップにより、トランザムシステムとセットで、CB側へ送られてきた、切り札ともいうべきシステム。

2つのGNドライヴを同調させることで粒子生産量を二乗化させるという驚異的な性能を引き出し、同調率が上がればさらに特殊な現象も引きおこす。これまでのGNドライヴを大幅に上回る力を引き出すこのシステムにより、CBは、第2期においてもイノベイターおよびアロウズ側との数の差を覆す戦いを見せたが、終盤にドライヴの情報がイノベイター側に流れたことから、同等の機能を持つMS(リボーンズガンダム)などがイノベイター側にも登場する事となった。

なお、ドライヴ同士には相性があるらしく、CB内ではエクシアのものと0ガンダムのものが最も同調率が高かったが、基本的に安定はしておらず、初期起動の際にも刹那がトランザムを使用することで強引に起動させていた。なお安定しない状態でトランザムを使った場合オーバーロードをおこしてしまう危険性があったが、支援兵器オーライザーと合体することによりこれらの問題が解決した。

→「ダブルオーライザー」を参照

 

ツインドライヴ(ダブルオークアンタ)

劇場版にのみ登場する、ダブルオークアンタ用に開発された最新型のGNドライヴ。

"来るべき対話"に備えて開発していたクアンタに載せるため、モスボール(再使用を前提とした凍結・保管)させていた施設を再稼働させて開発した。

ダブルオーの頃は単体のドライヴを組み合わせていたが、新たに開発したクアンタ用のものはツインドライヴとして動かすことを前提に稼働時から同調するよう作られており、オーライザーがなくても安定した運用が可能になっている。

しかし、「時間も人も足りない(CBメンバー談)」ため、新しいドライヴは2年間で2基しか作ることは出来なかった[※1]

[※1] 第2期終了時点で「エージェント」や「監視者」などの有力なスポンサーがかなり消えており、また、王留美の死亡により最大手のスポンサーだった王商会からの支援も受けられなくなり、常に資金不足に悩まされている。

 

その他

トランザムシステム
オリジナルの太陽炉のみに備わっていた機能
GNコンデンサー
発生したGN粒子を大量に蓄積して使用する装置。粒子生成は行わないので貯蔵量に限界あり。
GN電池
プトレマイオスにGN粒子を供給し、必要に応じてトランザムするだけの簡単なお仕事です。

関連動画

MMDモデル

関連商品


それぞれGNドライヴに発光ギミック搭載

関連コミュニティ

関連項目

  • 機動戦士ガンダム00
  • プルトーネの惨劇
  • ガンダムナドレ
  • ダブルオーガンダム
  • ダブルオークアンタ
  • GN電池

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/gn%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4
ページ番号: 4389411 リビジョン番号: 1954891
読み:ジーエヌドライヴ
初版作成日: 10/06/17 20:40 ◆ 最終更新日: 14/01/09 19:41
編集内容についての説明/コメント: プルトーネ関連を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GNドライヴについて語るスレ

66 : ななしのよっしん :2014/05/11(日) 10:15:42 ID: dlshRJpXcZ
無理に機体数分のドライブ[T]を生産するより、機体稼働そのものはGNコンデンサーにまかせた方が良かった気がする・・・
67 : ななしのよっしん :2014/06/19(木) 22:45:40 ID: rteg3GuqdR
メカニック本であるけどCBガンダムはGN粒子は光子を発生させてるから、それを元に電力に変換しているためバッテリー(メイン)は不要らしい。
電子機器の補助用や蓄電のバッテリーなりはあるだろうけど
(電気生産は粒子でやってるのはほぼ確定。実際は無理だけどオリジナルの普及ができれば太陽光発電すら不要になる可能性もある)

駆動自体ははっきり書かれてないけどGN粒子のチェックがついてた気がする。油圧駆動ならぬ粒子圧駆動なんだろうか。
スローネ・ジンクス系統はフレームに直流しだった気がする(コード技術までコピーしてない?)。ついでにビルドストライクのRGも直流しで共通。
ただ、電気生産してるならアヘッドとかハイブリットでバッテリー積む必要ないから、CBガンダムほどの生産量がないか技術がないということになる。
68 : ななしのよっしん :2014/08/28(木) 19:43:08 ID: KF5bqlympe
ケーブルに流してないならケーブルが発光したり切れた所から噴出す描写は何やねんって話にならね?

イオリア「どうしよう凄い動力の理論発見したはいいけどこんなん発表したらマジで第X次大戦起きかねんな…」
見たいな所から始まってたり
69 : ななしのよっしん :2014/12/21(日) 22:01:58 ID: tQ8WhW2EQf
>>67
第3世代のケーブルは粒子運搬用。ただスローネを見れば分かるように、1期の時点で装甲やフレームに直接流す技術自体はある。
強度的には装甲で覆わなくても問題ないし、エクシアなんかは慣性制御に利用する為に肩周りとかは余分にしてるけど、第3.5世代機以降は直接流す方式に移行しただけ。たぶん旧式相手には問題無くても、アロウズや連邦はビーム主体の太陽炉搭載型が主力になってるからケーブル剥き出しは危険視されたのだと思う。

あとアヘッド開発時はまだ連邦側でのGN粒子関連技術の信頼性が低いから、補助電源も兼ねてバッテリー駆動になってる。というか武装と推進系以外は大体旧式MSと変わらないバッテリー駆動だったはず。
アヘッドのフレーム設計のベースがティエレンなのも、「デカイくて頑丈だからGN関連の部品を後付けする余裕がある」のが理由だったり。ティエレンに鹵獲したキュリオスから得た技術を組み込んだ機体だし。
70 : ななしのよっしん :2015/01/14(水) 16:08:51 ID: bPhjoVjlPG
ミノ粉+サイフレオールドSF風味。
ツインドライヴの共鳴はサイコフレームの共振をかなり意識してる感じ。
躯体であるサイフレと違って推進剤で、バンバン外界に放出してるのが対比として面白いと思った。
71 : ななしのよっしん :2015/02/08(日) 16:43:08 ID: tQ8WhW2EQf
>>67
>>69で言い忘れてた部分があったけど、アヘッドがバッテリー積んでるのは疑似太陽炉は「電気でGN粒子を発生させる」から。オリジナルは一度稼動すれば自前のエネルギーで粒子を生成出来るけど、疑似は常に電力を供給しなければならないんだ(疑似太陽炉の粒子生成量が有限なのもこのため)。

スローネやジンクスを見る限り疑似太陽炉そのものにもバッテリーは内蔵されてるけど、連邦内では技術的信頼性が低い故の補助も兼ねて別枠で更に積んでる。
72 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 12:00:19 ID: xr5kWhEEqM
これほどかっこいいエンジンは波動エンジン以来だわ、やっぱり永久機関って男のコだよな。
しかし新作に進むに連れてオリジナルを割りとぽんぽん作ってるけど作るのにめちゃくちゃ時間かかるんじゃなかったっけ?
73 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 22:36:29 ID: aBxi4h1spY
>>72
映像媒体(00世界の正史中の正史)の本編では劇場版で2基だけがオリジナルの新造
60年後の世界でようやく連邦(つまりCB以外)もオリジナル製造できるようになってるが、それでも数は少なくてサキブレ(劇場版の最後のころに出たカラフルなMS)のごく一部にオリジナルが それ以外は疑似もしくはコンデンサー稼働

作るのに時間がかかったのは木星までの移動時間も含んでる(劇場版ではトランザムの艦船への実装等で短縮されてる)ことやノウハウがあるかないか とかもあるから一概には言えない

まぁ基本的に時間かかるってことは間違いないね
74 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 22:50:14 ID: d5A2GL8rA0
オリジナルのGNドライヴは作るのに時間かかる上に、
一基ずつ細かな個性が残るから、運用上ではその辺も地味に困りもの

擬似太陽炉と違って、安定した生産ラインに乗せて作ってるものじゃないから
個々に性能差がバラけるのは避けられない問題だが…
75 : ななしのよっしん :2015/07/04(土) 20:49:02 ID: 9jdsvBElvE
>>72
最初の5基が数十年かかったのは>>73の指摘した製造に適した木星に行くまでの時間に加えて製造施設・工程を含めた生産基盤の確立、実機の生産まで1から全部をやる必要があったからで、生産技術がヴェーダから開示されて移動時間はトランザム航行で短縮、生産施設は最初の建造に使った物を流用出来、GN粒子関連の基礎技術が進んだ結果、2ndから劇場版までの2年程度で製造できてる。
量産数が増えないことへの課題は技術よりもTDブランケットの中枢になるモノポールの採取量の限界とかもあるだろうなぁ・・・。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015