単語記事: GODZILLA(アニメ映画)

編集  

シンゴジからアニゴジ

 G O D Z I L L A 

この<地球>を必ず取り戻す
×

絶望進化する

GODZILLA(アニメ映画)とは東宝による2017年から2018年までに開される日本アニメ映画シリーズである。

本作は“三部作”構成であるとし、第一章の「怪獣惑星」は2017年11月19日開、第二章の「決戦機動増殖都市」は2018年5月18日開、完結編となる第三章「を喰う者」は2018年11月開予定。

公式略称は「アニゴジ」。一部では虚淵玄メインクリエイターの一人である事から「ウロゴジ」とも。

概要

日本ゴジラシリーズとしては初となるアニメ映画シリーズ作品。

制作告知は『シン・ゴジラ開から約20日後の2016年8月19日で、初報ではティザーサイトが解説され、そこでタイトルおよび開予定年、そしてメインスタッフ表された。

本作はダブル監督体制を採用しており、それぞれ『シドニアの騎士』や劇場版名探偵コナン』などを監督した静野孔文、『亜人』を監督した瀬下寛之が本作に置いての監督を担当。さらに脚本およびストーリー原案においては『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』などを手がけて有名になった虚淵玄が携わる[1]という事で大きな話題を呼んだ。そしてアニメーションポリゴンピクチュアズが製作しており、本作もキャラクターを含めて全体的に3Dグラフィック体とした作品になっている。
なお、静野の方はこれまでゴジラシリーズを全く観た事がなく、ゴジラマニアの瀬下、虚淵両氏が色々と暴走するのを静野監督が部外者の線からバランスを取る形で制作されたという。

出演キャスト宮野真守花澤香菜櫻井孝宏梶裕貴杉田智和諏訪部順一が入っている事が発表され[2]、さらに同26日に開催されていた「AnimeJapan2017」のイベントにて開時期が11月になる事、そして全三部作シリーズとしての制作である事、そしてストーリーキャラクターを含めた本作の大まかな内容も新ティザービジュアルと共に明かされた[3]。続く8月14日には登場キャラクターおよびそのキャストが追加発表され、そして同16日には正式な予告編映像も解禁となった。

第一章開と同時に第二章の副題およびティーザービジュアル開されている。

ちなみに今まで日本におけるゴジラシリーズアニメ系作品と言えば子供向け短編アニメの『すすめ!ゴジランド』くらいしかなかったが、海外では1978年アメリカハンナ・バーベラ制作によるオリジナルTVアニメGodzilla』が放送されており、その後の1999年には前年に開されたハリウッド映画版『GODZILLA』の続編として制作されたTVアニメGODZILLA: The Series』がそれぞれ放送されている(後者は後に「日本映画専門チャンネル」などで日本でも放映された)。

元はテレビ放送およびネット配信用のアニメとして制作し、その後で内容を劇場版としてまとめる予定だったとされるが、2016年の『シン・ゴジラ』の成功を受けて最初から三部作の劇場用アニメという形で作られる事になったという。[4]

シリーズにはNetflix制作に協しており、劇場開後に同社の動画サービスによる全世界への配信が想定され、第一章は2018年1月17日より配信中。

DVDおよびBlu-rayは第一章が2018年8月15日発売予定。

作風

本作はゴジラシリーズとしては本邦初のアニメーション作品であるという事もあって過去の同シリーズの中でも取り分け大胆な世界観設定に基づいたコンセプトの作品になっており、発表当初のティーザービジュアルでは宇宙船らしきメカでボディスーツヘルメットに身を包んだ3つの人影が崖下のジャングル一帯を見下ろしている”というが描かれていただけという、一見するとゴジラ映画のそれとはわからないものであった。

その後に開されたイメージアートイラストも“密林の中を進むパワードスーツおよび多脚戦車を含む歩兵部隊”や“宇宙船と思しきメカの内部”など、今までのシリーズ以上にSF的なイメージビジュアルが多く、しかも登場キャラクターには異人も存在するという情報もあって一時期は過去作におけるいかなる前例が適用されない異を舞台とした作品になるという可性も囁かれた(ただし、従来のゴジラシリーズでも宇宙船や宇宙人が登場していたり、宇宙を舞台に怪獣の戦いが描かれる事はあった)。

実際、作品全体の雰囲気も“地球規模のSF”というだけでなく、人類全体がゴジラの手で滅亡寸前まで追い詰められたハード世界観を下敷きとした“終末もの”あるいは“ポストアポカリプス”的な要素も強く、それに加えて本編においてもホバーバイクパワードスーツと言ったハイテクなガジェットが数多く登場するなど徹底的な現代劇が特徴であった前作の『シン・ゴジラ』とはあらゆる面で対照的なコンセプトとなっている(同じSF寄りの作品としては『怪獣総進撃』や『GFW』などがそうだと言えるが、本シリーズはそれ以上にSF要素が盛り込まれていると言える)。

またアニメーション化に際して従来の着ぐるみCGの実合成では困難だった描写も可となったという事でか、本作のゴジラは前作『シン・ゴジラ』に登場した個体をもえる歴代最大級のスケールで表現されている。[5]

作品一覧

GODZILLA 怪獣惑星
2017年11月17日開。
GODZILLA 決戦機動増殖都市
2018年5月18日開。
GODZILLA を喰う者
2018年11月開。

スピンオフ

GODZILLA 怪獣黙示録
2017年10月25日出版 / 著:大 / 監修:虚淵玄
GODZILLA プロジェクトメカゴジラ
2018年4月25日出版 / 著:大 / 監修:虚淵玄

あらすじ

<20世紀最後の。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った。>

1990年代後半より出現しはじめた“怪獣”と呼ばれる巨大生物による災害が頻発するようになった地球
その怪獣達の中でも2030年に現れた最強の存在「ゴジラ」の猛威の前に地球人類は滅亡寸前まで追い詰められ、当時人類と同盟関係を結んでいた異文明種族の「エクシフ」および「ビルサルド」の協の下、人類は恒星宇宙船を建造して地球を脱出し、新地となる他系の惑星に移住する計画を実行した。

その移民船の一つである「アラトラム号」も選ばれた一部の人間を乗せ地球から約11.9光年離れた惑星「タウe」へと立ったが、それから約20年かけて辿り着いたそのはとても人類の入植に適した場所ではなく、船内の間でも地球帰還をめるが高まった事もあってアラトラム号は地球へ引き返す事を決定。さらに時間短縮のため危険と言われる長距離亜空間航法を用いてのワープ移動を敢行し、船は出立の時よりもかに短い時間で地球圏に戻る事に成功する。

だが、ワープ航法の影かアラトラム号の時間と現実間の時間には大きなが生じており、戻ってきた地球は既に2万年もの歳が流れたゴジラを中心とした生態系の広がる人類にとって未知の世界へと変貌を遂げていた。

登場怪獣

ゴジラ
2万年後の地球における生態系の頂点に君臨する覇者
本作のゴジラ植物を起に持ち、電磁波を放つ金属に酷似した体組織をしている。
今作本編で登場するゴジラについては「フィリウス」も参照(ネタバレ)。
セルヴァム
ゴジラ97の遺伝子を共有する亜種。長い首をした翼竜とそれらに捕食されるワームが存在。
ラテン語で「奴隷」を意味する名を持つが、劇中でその名は呼ばれない。
メカゴジラ
2万年前に地球連合が対ゴジラ最終決戦用に開発した怪獣ロボット兵器。
自立思考機を持った微小金属体である“ナノメタル”でボディを構成している。
三種族にとって最後の希望になるはずだったが、原因不明の事故で起動せず建造施設ごと放棄されていた。

登場キャラクター

地球人

かつて怪獣出現以降も国家民族間の争いを繰り返していたが、異人2種族の助けにより団結し「地球連合」を立。しかし抵抗も虚しくゴジラ地球における霊長の座を奪われ、故郷から追いやられていた。

ハルオ・サカキCV宮野真守
24歳の日本人。階級は大尉。本作の主人公
ゴジラによって地球を追われる際に両親を亡くしており、ゴジラに対して人一倍強い憎悪を燃やす。
地球降下作戦において対ゴジラ戦術を立案。
演じた宮野氏は「ハルオにはどこか革命的な資質がある」とる。
彼のアキラサカキ地球連合情報軍総合情報部の調官。人々へのインタビュー記録を残した(怪獣黙示録)。ハルカはかつての欧州奪還軍の戦車隊長としてジラの群れやゴロザウルスを撃破した。
ハルオアキラの名前の由来はそれぞれスーツアクター中島春雄俳優の宝田明と思われる。また、ハルカの旧姓ヤシロは「ゴジラ×メカゴジラ」の釈由美子が演じた主人公か。
ユウコ・タニ (CV花澤香菜
19歳の日本人。階級は曹長。
ハルオ幼馴染。外見は奢だが、兵器の設計、改造パワードスーツの腕前などで実を発揮する。
ダイチ・タニ(元極東陸軍一曹、ビオランテと交戦)にハルオと共に育てられた。
アダム・ビンデバルトCV梶裕貴
21歳のドイツ人。階級は少尉
揚陸艇のパイロットハルオに憧れを抱く。
マーティン・ラッザリ (CV杉田智和
34歳のイタリアアメリカ人。階級は少佐
環境生物学者でもあり、2万年後の地球環境に強い興味を働かせる。
エリオット・リーランドCV小野大輔
32歳のイギリス人。階級は大佐
地球降下作戦の総令。ゴジラ討伐によって「中央委員会」からの権交代を論む。
怪獣黙示録」に登場した英国情報機関(SIS)職員マーク・リーランドの子孫と思われる。
ウンベルト・モーリ (CV堀内賢雄
56歳のイタリア人。階級は大将。アラトラム号艦長にして地球人代表。中央委員会の一人。
怪獣黙示録」にも登場。かつて数々の怪獣深海で戦ってきたサブマリナーであり、欧州奪還作戦“オペレーション・エターナルライト”において潜水艦一番艦「」の副長としてマンダを撃破した。

エクシフ

ペルセウス座BD+48°740恒星系第4惑星「エクシフルカス」から来た異人。
く彼らのもまた怪獣、あるいはそれに類する何かの出現によって滅ぼされた事が示唆されている。
ゲマトロン/ゲマリア演算という数学的な未来予測技術と、他者への献身を教義とする独自の宗教を持つ。
彼らに救われた地球人の中には、その教えに帰する者も少なくない。
密かに太古から地球人と接触していたと噂されており、古代の数秘術や預言者などはその名残だという。

モデルは「怪獣大戦争」などのX星人である。[6]

メトフィエスCV櫻井孝宏
50歳(外見年齢25歳)。階級は中佐/大司教
エクシフの教義を体現する人格者で、ハルオの理解者。
エンダルフ (CV山路和弘
105歳(外見年齢50歳)。階級は中将/枢機卿。エクシフの族長で中央委員会の一人。
メトフィエスの上官。教団運営からは退いている。
山路氏く「自己中心的な宗教家の欺瞞を感じられるよう演じた」とのこと。

ビルサルド

ブラックホールにより滅んだ白鳥座V1357恒星系第3惑星「ビルサルディア」から来た異人。
長年の生存競争により培った高度な科学、工業技術そして軍人精を持ち、それらを地球人に授けた。
かつて地球への飛来時にはエクシフと共に自らの身を顧みず地球人を怪獣の脅威から救い出した。
一方で元より過酷な環境宇宙生活の影のため極めて強い科学至上義と合理性優先義が浸透しきっている。

モデルは「ゴジラ対メカゴジラ」などのブラックホール第3惑星人である。

ムルエルガルグ (CV諏訪部順一
60歳(外見年齢35歳)。階級は中佐/技術士官。
科学技術で強化されたビルサルドの中でも屈強な体格を誇る。
地球降下作戦におけるハルオの戦術を科学的に支える。
リルエル・ベルベ (CV三宅健太
55歳(外見年齢35歳)。階級は少佐/軍事教官。
豊富な経験を持ち種族の隔たりなく人に接する、ハルオたちの教官。
ハルエル・ドルド (CV中井和哉
70歳(外見年齢40歳)。階級は中将。ビルサルドの族長で中央委員会の一人。
常に冷静で懐疑義的な人物。中井く「の前の事に対してネガティブな発言が立つが、それがただの臆病に見えないよう、理論的な考えの元での発言だと意識して演じた」という。
怪獣黙示録」に登場。地球への初来訪時にロンドンのバッキンガム殿におけるEUらとの会食に出席し、ビルサルドの意外な一面を見せた。

フツア

第2章から登場する環境変した2万年後の現在地球で生活している人種族。
移民船団が地球を脱出した後に地上に残っていた旧人類の末裔と推測され、体内に昆虫類の遺伝子を取り込んでいる。
以前の地球は失われており、他の種族との交流にはテレパシーを用いるが、当時のものでも簡単な単や言葉なら発音できる。
かつてこのフツアにとってに当たる存在がいたが、それもゴジラとの戦いの末に敗れてしまったとされ、現在ではそのが残されているだけだという。
ハルオ宇宙から帰還した人間達の事を「ワタリガラス」と呼ぶ。

ミアナ (CV小澤亜李
フツアのを守る巫女好奇心旺盛な性格で、ゴジラに襲われて負傷したハルオを助け出した。
マイナ (CV上田麗奈
フツアのを守る巫女ミアナの双子で、ミアナと違って冷静で警心が強い。

登場メカニック

恒星移民船「アラトラム号」
揚陸艇
電磁加速搭載多脚戦車
パワードスーツ / ヴァルチャー
バーバイク(45航空偵察艇)
歩兵用電磁気誘導小銃(ブルパップライフル)
電磁パルスプロブスピア(EMPプローブ)
メカゴジラティ

スタッフ

主題歌

余談

関連動画

特報・予告編

メイキング

関連商品

Blu-ray

書籍・メディア

トイ・グッズ

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目

滅びるのは、人か、ゴジラ

ゴジラシリーズ
ゴジラシリーズ 昭和 ゴジラ(1954年) | ゴジラの逆襲 | キングコング対ゴジラ | モスラ対ゴジラ | 三大怪獣 地球最大の決戦 | 怪獣大戦争 | ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 | 怪獣島の決戦 ゴジラの息子 | 怪獣総進撃 | ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 | ゴジラ対ヘドラ | 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン | ゴジラ対メガロ | ゴジラ対メカゴジラ | メカゴジラの逆襲
平成 ゴジラ(1984年) | ゴジラvsビオランテ | ゴジラvsキングギドラ | ゴジラvsモスラ | ゴジラvsメカゴジラ | ゴジラvsスペースゴジラ | ゴジラvsデストロイア
ミレニアム ゴジラ2000 ミレニアム | ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 | ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 | ゴジラ×メカゴジラ | ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS | ゴジラ FINAL WARS
2010年代 シン・ゴジラ | GODZILLA(アニメ映画) - GODZILLA 怪獣惑星 - GODZILLA 決戦機動増殖都市
海外作品 GODZILLA(1998) | GODZILLA(2014) | Godzilla: King of Monsters | Godzilla vs. Kong
ゲーム・書籍 怪獣王ゴジラ(ゲームボーイ) | ゴジラ怪獣大決戦 | ゴジラ列島震撼 | ゴジラ-GODZILLA- | ゴジラ-GODZILLA- VS | 『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation®VR | 怪獣王ゴジラ(漫画) | ゴジラ:アウェイクニング<覚醒> | GODZILLA 怪獣黙示録
関連作品 宇宙大戦争 | フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ | モスラ(1961年) | モスラ(1996年) | モスラ2 海底の大決戦 | モスラ3 キングギドラ来襲 | キングコング:髑髏島の巨神
企画ファンメイド ゴジラ対エヴァンゲリオン | しんのすけ対シン・ゴジラだゾ | ゴジラvsガメラ | ゴジラ対若大将 | ゴジこれ | しんごじくん | シンゴジ実況
グッズ シン・ゴジラ音楽集 | ジ・アート・オブ シン・ゴジラ
怪獣 ゴジラ | アンギラス | キングコング | モスラ | ラドン | キングギドラ | エビラ | ミニラ | カマキラス | クモンガ | ゴロザウル | バラゴン | バラン | マンダ | ガバ | ヘドラ | ガイガン | メガロ | ジェットジャガー | メカゴジラ | キングシーサー | チタノザウルス | ビオランテ | ゴジラザウルス | バトラ | MOGERA | スペースゴジラ | デストロイア | ゴジラジュニア | オルガ | メガギラス | MUTO | Shinomura | フィリウス | ジャイアント芹沢博士
兵器・技術 放射火炎 | 大戸島 | オキシジェン・デストロイヤー | 轟天号 | メーサー | ゴジラ塔 | スーパーX | タバ作戦 | ヤシオリ作戦 | 無人在来線爆弾
登場人物・組織 小美人 | X星人 | 黒木特佐 | 三枝未希 | 矢口蘭堂 | 赤坂秀樹 | 泉修一 | 尾頭ヒロミ | 牧悟郎 | ハルオ・サカキ | Gフォース | 巨災対 | MONARCH
楽曲・効果音 モスラの歌 | 怪獣大戦争マーチ | かえせ!太陽を | Persecution of the masses | 11174_rhythm+melody_demo | EM20 | Black Angels | Fob_01 | Who will know | Under a Burning Sky | WHITE OUT(XAI) | 東宝特撮の爆発音
台詞キャッチコピー 薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん! | やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな | We call him…ゴジラ | 私は好きにした、君らも好きにしろ
俗語 ゴジラ岩 | やっぱりマグロ食ってるやつは違うな | やっぱり放射能食ってるやつは違うな | 蒲田くん | やっぱり霞を食ってるようなのはヤバいな | 内閣総辞職ビーム | ニン・ゴジラ
ニコニコ関連 MMDゴジラ | ゴジラゲームリンク | シンゴジラ感想リンク | ゴジラシリーズのお絵カキコ
制作・配給会社 東宝 | ワーナー・ブラザーズ
スタッフ 監督 大森一樹 | 金子修介 | 庵野秀明 | 静野孔文 | ローランド・エメリッヒ | ギャレス・エドワーズ
特技 円谷英二 | 川北紘一
脚本 虚淵玄 | デヴィッド・S・ゴイヤー
音楽 伊福部昭 | 宮内國郎 | すぎやまこういち | 服部隆之 | 大谷幸 | 大島ミチル | 鷺巣詩郎
演技 中島春雄 | 野村萬斎
効果 白組 | スタジオカラー
その他 特撮 | 特撮作品一覧 | 映画 | 映画史 | 映画の一覧 | 怪獣 | ゴジラシリーズ | モンスターバース | ゴジラシリーズの関連項目一覧

脚注

  1. *ニトロプラス代表取締役のツイートによると虚淵玄の所属するニトロプラスへは2年前に打診があり、脚本は2016年8月19日時点ではすでに脱稿済みの状態であった。
  2. *劇場アニメ『ゴジラ』梶裕貴さんら出演声優の一部が明らかに | アニメイトタイムズ
  3. *アニメ版『ゴジラ』11月公開へ!2万年後の地球“怪獣惑星”が舞台
  4. *ダ・ヴィンチインタビューより。
  5. *東宝製作アニメ版「ゴジラ」のビジュアル公開、逞しいフォルムに
  6. *ルサルドと共に虚淵氏がパンレットインタビューで明言。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/godzilla%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E6%98%A0%E7%94%BB%29
ページ番号: 5438849 リビジョン番号: 2591378
読み:アニメゴジラ
初版作成日: 16/08/21 11:38 ◆ 最終更新日: 18/05/21 03:14
編集内容についての説明/コメント: 情報の更新、第三章副題追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GODZILLA(アニメ映画)について語るスレ

2299 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 06:32:58 ID: v+F0olnQLO
言われてみると、侵食してない状態でも身体の不調が出てるのに
侵食なんてされたらもっと大きな反応が出てもいいはずだな

何で反応が出なかったんだろう?
2300 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 07:39:28 ID: cG8eKRbC8E
>>2299
推測だがやはり痛みとして表れていたと思う
ナノメタルに取り込まれる際に痛みが生じる事は、ベルベの発言やユウコの反応で察せられる
ハルオは取り込まれてはいなかったわけだけど、ガルグからそう言われるまでは取り込まれていると思っていたことから察するに
ナノメタルに覆われた箇所が痛みを訴えていたのだと思われる
2301 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 07:39:39 ID: 8ItxrqaSXa
治療のためにちょっとつけただけの鱗粉なんて有限の作用しかできないものだからでいいんじゃないかね、モスラの鱗粉からして伝統的に使い切りの切り札だし
緊急性がないときにはちょっとおなか痛くするとかしてその場を離れることを促すけどナノメタル浸食に対しては使い切る勢いで全防御するみたいなに対応を切り替えてるとかさ
2302 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 10:06:07 ID: 6VVAbvw8fu
>>2285
コントロールルーム破壊されてナノメタルも機停止したから生存絶望的でしょ
2303 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 10:15:49 ID: SzdF4hook1
鱗粉とナノメタルはどちらかに優位性があるとかではなく性質が相反してるようなもんかな
ナノメタルの支配環境下だと鱗粉の治癒効果が薄まるように見えた
2304 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 10:54:48 ID: vJYm1Oxm2R
メカゴジラ自身が死んだ人間を取り込んで思考のパターンを解析して取り込んだ結果ヒューマンエラーのようなものを頻発するようになった。。というざっくり推測。人種族を取り込んだ時点で機械として璧じゃなくなった説。
2305 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 12:55:16 ID: OBylu4mGcf
が乗ったのでギドラ予想。

決戦機動増殖都市の最初に開されたビジュアルメカゴジラの残骸の前に数人が立ってるアレ)が、
終わってみれば本編のまんまだったことから類推して、ギドラもあのビジュアル通りの姿、
つまりはを発するガス様の高エネルギー生命体ではないか。

全体像としては巨大なガス戦闘時に3つの頭部が生える。ロケットエンジンみたく
行方向の逆側にあたるガスの位置からガスを噴出して移動、そのとき排出された
ガス尻尾のように見える。三つ首を出したまま移動すると、首を構成するガスの一部が
引きはがされて軌跡を描き、それは薄くて巨大なにも見える。

この移動方法にかかる膨大なエネルギーを賄うため、ギドラエネルギー事実上の貯蔵体である
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2306 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 13:03:41 ID: nhl3z66IJb
怪獣惑星掲示板で「レールガン発射音以外いいところなしのチープすぎるお話」とボロクソに貶した者だが……


なんだよ決戦機動増殖都市最高じゃねぇか!
怪獣惑星微妙加減はなんだったんだ、と思えるレベルで大満足映画でした
種族間の相容れぬ倫理観、説得があって(冷静に粗を探せばいくらでも出せるが、普通に観る分には気にならん)王道でくさ過ぎないシナリオ、展開が読めない次作への引き

ゴジラらしい展開」とかそんなあいまいな概念は知らん
2307 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 14:08:17 ID: d626lfyh3g
ストーリーは冗談抜きで面かった
怪獣と人間のあり方についてここまでガッツリ踏み込んでじっくり描いた作品ってそうそういんじゃなかろうか
怪獣映画ならではの人間ドラマ」としてこれほど魅的なものが作れると分かっただけでも大きな収穫だと思う
それだけにメカゴジラ関連の描写はもうちょっと頑って欲しかったな...ガッシャガッシャン変形してゴジラを全で殺しにかかる所が見たかった
ちなみに一緒に観に行った人は「そのままメカゴジラ出すよりこっちの方がSFしててずっと面い」と絶賛してた
やっぱり感想は人それぞれだなぁ
2308 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 14:26:16 ID: s6buU559Kz
みてきたー。
色々評価をにするけど、自分は面かったしメカゴジラ特撮じゃあ表現できにくいだろうな感じだったし、アレはあれでよかったと思う。

ラストユウコはやっぱ助からなかった?
メカゴジラの逆襲サイボーグ少女も助からなかったし、その辺のネタだったかな…。

メトフィエスハルオギドラの名を告げるシーン身長差ハルオの態度のせいで、あっち系のシーンぽくてあそこだけなんか嫌(ぉぃ)

フツアがちょっと影薄かったのが残念…。もうちょっとハルオミアナとマイナと一緒にいるシーンがあるのかと思ってた。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829