単語記事: HOS

編集

HOSとは、

  1. 名古屋市にあるソフトウェア会社 株式会社 エイチ・オー・エス
  2. Hyper Operating System(ITRON仕様OS)
  3. 機動警察パトレイバーにおけるHyper Operating System(篠原重工OS)

等を現す。本記事では3を解説する。

概要(3)

attach cd 01 /
enter author password
pass: E.HOBA










Go to, let us go down, and there confound
their language, that they may not understand
one another's speech.















BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL BABEL

機動警察パトレイバー」の漫画版・劇場版小説版において古教室の出身「帆場英一」が作成した対レイバー向けOS(Hyper Operating System)の事。

漫画版

漫画版では開発をしている描写は数ページに載っているのみであり、性の描写としては「対レイバーに対する性ソフトウェアの性一杯引き出しを30%向上させ操作を共通化する」と言うものであった。

主人公である特二課第二小隊HOSを紹介された際には、多くの第二小隊メンバーたちは機を眺めるどころか暑さにやられてぐったりとうなだれていたのみであった。

しかし後藤喜一隊長は期待はずれでありつつも「使えると言ってくれ」や「第二小隊HOSを乗せたら最強じゃないですか」などと発言しており、レイバーである「グリフォン」を呼び出すための撒き餌としては使えると考えていたようである。

劇場版

これに対し劇場版ではHOSの開発が終わり帆場一が方舟から飛び降りる描写からスタート

HOSを搭載したレイバー暴走し第二小隊の出動が増える中、篠原遊馬HOSに致命的な欠陥があると摘(後藤隊長HOS搭載レイバーが数台暴走した所でにらんだらしいが・・・)、後にMITの解析を得たところトロイの木馬ウィルスが組み込んであった事が判明した。

上のBABEL文字列はHOSに対しパスワードを複数回間違えたとき、または解析作業を行った場合の自己防衛プログラムが作動した時の画面文字列であり当時トラウマになった人もいる。なお、自己防衛プログラムと聞こえは良いがプリンタ・モニタなどありとあらゆる出に対しBABEL文字列を出するたちの悪いウィルスである。

劇場版開された92年には、実際にNEC PC-9800シリーズMS-DOSプログラムで同様のソフト(BABEL/起動画面)を出すなどのソフトが開発されていた。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/hos
ページ番号: 4949182 リビジョン番号: 2352321
読み:ホス
初版作成日: 12/08/21 01:56 ◆ 最終更新日: 16/04/21 00:05
編集内容についての説明/コメント: パスワード入力文字列およびバベルの塔の逸話を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HOSについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/05/12(日) 17:44:31 ID: ArmaPIOS+1
記事作成乙
結局漫画版と劇場版HOSって何かしらの共通点ってあったのかねえ?
設定上、OVA1→劇場版1→劇場版2って時系列だし。

漫画版の方はただ出てきただけで終わっちゃったからなあ。
2 : ななしのよっしん :2013/07/23(火) 14:27:59 ID: dNaixxJMnK
漫画版の帆場さんは暗いオタク系ってだけで特に問題なさそうだったしねぇ
多分BABELウィルスなんて仕込んでないからごく普通に性上げたOSじゃないかと

で例えるとSOSマニュアルHOSオートマって考えでいいのかな?
3 : ななしのよっしん :2014/05/09(金) 07:59:09 ID: jAVWqM6cZe
え?漫画版に帆場出てたの?
4 : ななしのよっしん :2015/01/12(月) 07:04:52 ID: J7qPmsHafP
漫画版の帆場は古レイバー技術の基礎を作ったとされる先生教室異端児と呼ばれ、変人だが優秀なプログラマーとして登場している。
まあ、映画版からのゲスト出演くらいの立ち位置(実際出てくるのはほんの2,3ページぐらいで台詞もない)
5 : ななしのよっしん :2015/02/07(土) 02:20:14 ID: Bu7uI6YVIX
「2.」の元ネタは間違いなく「3.」
http://homepage3.nifty.com/ryuz/hos/index.html
6 : ななしのよっしん :2015/09/21(月) 20:37:33 ID: +7J2wJO+BL
何年か前に見たっきりなんだけど帆場さんがやったことの動機って結局のところ不明なんだっけ
7 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 00:27:14 ID: DZzo2CZBBM
>>6
当人が遺書もなにもなくさんになっちゃったんだから、正確には知りようがないわなw

ただ、松井さんと片岡が帆場の足跡を追う中で察していたことや、後藤が思い描いていた想像は、どちらも似たような内容であり、ある程度は当たっているのだろう。
直接的な跡を全て消しつつも、消しようのない住処の跡に一貫性を持たせたことは、「その跡を追う者の中にもしも物好きが居れば、の思っていることに気づくかもしれない」といった程度の、帆場の遺言だったのかもしれない。
帆場はただ、虚構の繁栄を嘲笑し、そこに冷やぶっかける準備を周到に行い、そのトリガーを引いて(=HOSリリース)、笑って死んでいった。冷やぶっかけることが的だから、結果を見とどける必要もない。HOSを世に送り出し、期待通りに暴走事故が起き始めた時点で帆場の勝ちだ。

劇場版パトがバブル時代末期に作られた作品だと思うと、いかにもなシニカルな視点を、帆場を通じて盛り込んだのだなと思う。

#では、バブル後の世相で、帆場のような感性
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015