編集  

J・ガイル単語

ジェイガイル

くやしいかぁ~ くやしいだろーなあ~

J・ガイルとは、ジョジョの奇妙な冒険Part3「スターダストクルセイダース」の登場人物である。

概要

どーやってオレに殺してもらったかをなぁああああ~~~ッ

DIOの配下の一人であり、同じくDIOの部下として従していたジャン=ピエール・ポルナレフを殺した本人。この件でポルナレフは復讐心が煮えたきっていた。

顔中にあざがあり顔は縦に長く髪の毛は生えておらず、は半開きで白目を向けているなど不気味貌をしている。また両方の手が「右手」の格配置となっており、これはであるエンヤ婆の遺伝と思われる。

性格も人と離れたような形をしており、自分の快楽のために弱い女を弄ぶことに楽しみを感じており、ポルナレフを「泣きわめくのがうまかった」などと評している。花京院にも「クズ野郎だった」と評された一方、エンヤ婆には「心が清い息子」といわれるあたり、親子二代で「吐き気を催す邪悪」を体現した存在となっている。 

元々ホル・ホースタッグを組みジョースターたちを攻撃するためにジョースターたちの先回りをしてインドに来た。そこで一足ポルナレフスタンドられた男」を撃し、J・ガイルスタンドであると分かったやいなや仲間の注意を視して単独行動に出る。そこでJ・ガイルよりも先にホル・ホースと対面したポルナレフアヴドゥルに追いつかれるがこの機会を待っていたJ・ガイル姑息にもアヴドゥルが気づいていないうちに背中を刺してしまう。ここでポルナレフは自分の行きすぎた行動にショックを受け、さらにられた男の挑発を受けてしまう。
この場にきていた花京院はわざとポルナレフエメラルドスプラッシュを撃ち、ポルナレフをこの場から突き放していったん退避することに成功する。当然花京院アヴドゥルの死を悲しんでたため、二人でJ・ガイルを倒すことを決意する。(ちなみにこの時、J・ガイル相方であるホル・ホースは、相方が敵側に立て直しや逃走する時間を与えないようダメ押しを図っていると勘違いし、敢えて単独行動に異を唱えなかったが、当の本人は舌めづりするなど、慢心混じりな事をしていた。)

ついにポルナレフられた男の弱点を見つけJ・ガイルに一杯喰わせることに成功するが、当のJ・ガイルは傷を負ったものの致命傷ではなかったため、動く余裕があった。そこで全く関係のい一般市民物で切り付け、あたかもその人が負傷したJ・ガイルであると思わせこませてしまう。
しかし今度は花京院J・ガイルスタンドに攻撃を与えるきっかけを作り、今度こそ「銀の戦車」が切り裂いた。ここでポルナレフは今まで溜りに溜まった恨みをはらすべく、地獄閻魔にも任せることはできないと言い、自分のスタンド銀の戦車」による刺しの刑を執行した。

かしこの死が、親であるエンヤ婆の怒りの炎に油を注ぐ結果となる…
ちなみにここでエンヤ婆がうろたえるシーンでは、両手が「左手」になるという作画ミスがある。

名前の由来は、アメリカ出身のロックバンドJ・ガイルズ・バンドThe J. Geils Band)』より。

ハングドマン(吊られた男)

【破壊:C / スピード:A / 射程距離:A / 持続:B / 精密動作性:D / 成長性:D】

J・ガイルスタンド。体中が包帯にまかれており、手首には物を隠し持っている。
名前は「吊るされた男」という名のタロットカードから。

に反射されてうつされた部分にだけ居座る特殊なスタンドであり、当然ながら現実世界にはスタンドは存在せず、かといってを直に破壊してもダメージを与えたことにはならない。
さらにからまた別のに移動することもでき、それはが別のを伝って反射する速度に匹敵するスピードで移動するため、とてもでとらえられるスピードではない。
一方で、られた男側は、に映っている物体を攻撃することで一方的現実世界の物体を攻撃することもできる。

しかし、確かにスピードは速いもののから別のに移動するときの軌一直線になっており(は直進しかできない)、回したりほんの少しであっても軌を曲がることはできない。その為移動するタイミングが判明すれば、軌読みその軌を攻撃することで、一切攻撃を回避することができないハングドマンにダメージを与えることができる。
また、遠距離スタンドの悲しい性か、に映っている物体のみ攻撃するためか、の門や錠などをすぐには壊せない。生物に対する殺傷や威もあまり高くないため、貫通のあるホル・ホーススタンドなどとの連携があってこそ活きるスタンドのようである。

担当声優

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

 ホル・ホースエンペラー

ネーナ(エンプレス 


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/j%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%AB
ページ番号: 5132556 リビジョン番号: 2614902
読み:ジェイガイル
初版作成日: 13/08/21 15:36 ◆ 最終更新日: 18/08/10 20:15
編集内容についての説明/コメント: スタンドの特性追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


どーやってオレに殺してもらったかをなぁああああ~~~ッ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J・ガイルについて語るスレ

76 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 01:31:26 ID: QDP4pOg0Hk
静画から飛んできたけど
特定の人物画に付くことがある々などの補足はないんだな
77 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 12:59:59 ID: lFSBH7e1Z7
>>特定の人物ではく、両方右手(左手)になっている
作画ミスを通称J・ガイルと呼ぶ場合がある
78 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 18:21:40 ID: 7c/fBPSz/1
コンビなら突っ走って一人になったポルナレフを殺せたのに
今度はJガイルが突っ走って一人になりポルコンビ敗北するという
79 : ななしのよっしん :2017/08/09(水) 09:04:16 ID: i38B5PNmqp
>>69,>>73
多分ポルナレフジョースターたちに気を使って、辱めを受けたと短く言ったか、被害を見た本人も、当時はまだ少年だったから、年が経つまで理解しきれなかったからかだな。
攻防の時にわざわざ不特定多数のパンピースタンド攻撃の巻き添えを受けかねない搦め手を用いてるし、同情しようがねえと思う。

80 : ななしのよっしん :2017/09/05(火) 21:57:28 ID: AtvsWwlCe0
性格がとことん最果てまで歪み歪みきっていたけど実はエンヤ婆に対しては本当に「良い子」だったのかも知れない

だからと言ってポルナレフ達の怒りを買ったことに関して一切弁護は出来ないがなw
81 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 04:23:57 ID: mtE29hYkSX
>>58

同意見。

『自分が潜む面』に映っているものなら影現実にも反映できるだと思う。

しかもトイレでの描写(ではを開いているが、現実では閉まっている)を見る限り、現実に反映するかどうかを任意で変えられるっぽい。

アブドゥルが苦手なのは面自体を破壊されるのはもちろん、面に炎しか映らなくなったら実質なにもできないからかな?

だとすると、DIO戦前承太郎ポルナレフのような『狭い範囲の物理攻撃しかできないタイプ』には無敵に近いけど、アブドゥルイギーのような『広範囲かつ視界を遮る攻撃ができるタイプ』相手だと存在を感知されたら完封されかねない。

そういう意味でも、関知持ちで、広範囲かつ視界を遮断する攻撃が可マジシャンズ・レッド敵だったりするね。
82 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 14:50:41 ID: 98t3TO5u/f
Jガイルが心の清い息子っていうのは、エンヤ婆DIOに忠を誓ってるようなだし悪人ほど誉める基準だったんだと思ってる。
価値観んでるってのも敵キャラらしいし
83 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 15:17:20 ID: lThjqjCZuz
>>81
マジシャンズ・レッドが苦手なのは等のを映っている物を破壊されると
次の場所まで強制的に直進せざるをえない特性のせいで等が破壊されたら
マジシャンズ・レッドの炎に自分から突っ込む事になるからじゃね?
視界というより進路を遮る様に広範囲に残る攻撃が敵なんじゃないか。
84 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 22:07:41 ID: VCq09+ocNS
J・ガイルのJはなんだろう…ジョンジャック
もしかしてジョナサンとか?
85 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 20:50:45 ID: 39+G+v2PPS
>>84
普通に「ジェー」でいいと思う。
スージーQも「キュー」だし。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829