単語記事: J-PHONE

編集

J-PHONEとは、かつて存在した携帯電話キャリアの名称である。国鉄鉄道通信インフラを引き継いだ日本テレコムの系列会社であった。

今日、会社は親会社の日本テレコムともどもボーダフォングループを経てソフトバンクグループ入りし、ソフトバンクとなっている。

概要

日本テレコムによる携帯電話事業への参入は1991年1992年のことであったが、当初は関東/甲信・東海関西の3都市圏に限ったサービス展開で、ブランド名は「デジタルホン」を採用していた。

その後、同じく3都市圏をカバーエリアとして携帯電話事業を始めていた日産自動車系のツーカーTU-KA)とデジタルホンは共同で、両者がカバーしていない地域(北海道東北北陸中国四国九州/沖縄)での携帯電話事業を行う会社を設立し、デジタルホンツーカーがその会社とローミングを行うことで全ネットを構築することが当時の郵政導もあって決まり、1994年1995年デジタルホンツーカーの両者から名前を取ったデジタルツーカー各社を設立、サービスを開始した。

J-PHONEの呼称はそのような状況下、関東地方での事業を行なっていた東京デジタルホンコミュニケーションネーム称)として1997年に採用したことで生まれた。この名称は東海関西でも追って採用され、デジタルホンに変わるブランド名として定着していくことになった。

そして1999年日産が経営不振により携帯電話事業からの撤退を決定、これによりツーカーDDI(→KDDI)へ、デジタルツーカー日本テレコムへ譲渡された。日本テレコムは結果として自社系列のみで全ネットワークをもつ会社となった。

日本テレコムツーカーとの共同出資関係消滅(デジタルツーカーでのローミング関係は継続)を契機とし、デジタルホンデジタルツーカーの名をして全国統一携帯電話ブランドを作ることを決定した。そこでJ-PHONEの名が採用され、この称は遂に正式社名(登記上は「ジェイフォン」表記)となった。

2000年には元デジタルホンデジタルツーカーの各社を再編、全3社体制を構築する。翌2001年には日本テレコムJRとの資本関係を断ち、イギリスの通信事業者であるボーダフォングループ入りを果たす。この時、J-PHONEは更に再編されて1社での全カバー体制となった。

しかし、2003年には親会社の意向によってそのブランド名と社名を親会社と同じ「Vodafone」に変更し、ここに「J-PHONE」の呼称は誕生6年で消滅することとなった。

後、ボーダフォングループは事業をソフトバンクグループに売却(2006年)、日本携帯電話事業者であるボーダフォンはソフトバンクモバイル日本テレコムソフトバンクテレコムに社名変更された。現在では両者がワイモバイルソフトバンクBBと共にソフトバンクへ統合され、今日に至っている。

J-PHONE東海の躍進

デジタルホン時代より3番手キャリアに甘んじていた面が有るJ-PHONEであるが、実はある地域においては、IDOau営をぐ2番手キャリアとして存在感を示していた。東海地方である。

この地方を担う地域会社のJ-PHONE東海は、東海デジタルホン時代よりマーケティング戦略に優れており、携帯の5%のキャッシュバックするクレジットカードJ-PHONE東海カード」の発行、携帯電話からFAXを送信できる「SKY FAX」など独自サービスの実施、家族割引の先駆けとなる「ファミリーパックゴーゴー」など割引・格安料プラン提供等で顧客の心を掴み、他の地域では5060%えていたNTTドコモシェア40%台後半に抑え、15%未満のシェアしか取れていないIDOに、25%以上ものシェアJ-PHONEが獲得していた。

この東海地方での奮闘も一因となってか、2002年J-PHONEは全シェアでも一時auを上回り、業界2位となっていたことがある。
しかしJ-PHONEを買収したボーダフォンは魅あるサービスを打ち出せず、以後auの躍進を許してしまい、この地位をみすみす手放すこととなった。

東海地方というとトヨタ自動車のお膝元という環境から、そことIDO設立時より資本関係にあるauが強い印があるが、実際には今なおこの時代からの顧客を引き継いだ形で、ソフトバンクモバイルユーザーが結構な割合を占めている状況にある。

2011年現在でも、この地方のNTTドコモシェアは全一低い準にあり(40%台前半)、一方auソフトバンクシェアは共に28%程度でほぼ拮抗状態にある。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/j-phone
ページ番号: 4734207 リビジョン番号: 2413531
読み:ジェイフォン
初版作成日: 11/10/01 23:56 ◆ 最終更新日: 16/10/05 21:06
編集内容についての説明/コメント: ソフトバンクへの改名
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

J-PHONEについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/01/08(火) 22:14:21 ID: X7POvvfXc4
J-フォンの頃は本当に良かった。
初めてのカラー液晶携帯(J-SH02)
初めてのカメラ付き携帯(J-SH04)
初めてのTFTカラー液晶搭載携帯(J-SH05)
初めてのSDカード対応携帯(J-SH51
初めてのフラッシュ付きカメラ付き携帯(J-T06)
初めてのQVGA液晶携帯(J-T08)
初めてのテレビ付き携帯V601N)

と今ではどの携帯会社でも当たり前の機を付けて当時は時代の最先端を行くキャリアだった。

Vodafoneの時は3G端末はVodafone統一UIを採用して大不評だったり、端末の不具合連発やら他社の新しいサービスに付いていかなかったり3Gの電波エリアがずさんすぎてとかで解約祭りだったなぁ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 : ななしのよっしん :2013/03/01(金) 21:52:46 ID: 2NARTXRQnq
写メール」って言葉も本来J-PHONEのものだしね。

vodafoneの頃にすでにスマホノキア)出してたし。
3 : ななしのよっしん :2013/03/11(月) 18:37:06 ID: F2HRb7qTiv
>>1
電波は仕方ないよ…不利な周波数帯域を掴まされてるんだもの。
実は基地局の数が一番多いことはあまり知られていない。
昔にべりゃだいぶ善したとは思うよ。
(J-PHONE時代から機種変しつつ、ずっと使ってます)
4 : ななしのよっしん :2013/04/17(水) 18:35:30 ID: X7POvvfXc4
>>3
その基地局数にはフェムトセル(室内用とかの基地局)が含まれている事実
あと、他社では大きい鉄塔で大きい範囲でカバーするけど、
ソフトバンクに限ってはやたらコン柱タイプの基地局(というか中継局)を立てている。このタイプが建設費が圧倒的に安いしすぐ立てられる。だから基地局数がいっぱい増やせる!ただしこのタイプカバーエリアが極端に狭い。

三大都市圏周りはエリア善したかもしれないが、それ以外の地方ではJ-PHONE時代とエリアが大して変わらない。

とここまで文句を言いつつ未だにソフトバンクモバイル使ってるのは私。腐れ縁かな。
5 : ななしのよっしん :2013/04/17(水) 18:42:32 ID: mp8r8OUiAL
高校時代にJ-PHONE使ってた友人は「『海外はもう圏外じゃない』ってキャッチコピーなのに自宅が圏外になっている」とよく嘆いていたよ。
6 : ななしのよっしん :2013/10/01(火) 20:50:38 ID: kCNyawfrdB
J-SH53最強すぎた、間違いなく最強シャープだった。<BR>
今のシャープスマホに足りないものはなんなのか
7 : ななしのよっしん :2014/02/18(火) 23:57:57 ID: BjZLtyodOB
>>5
無線LAN(これがYahoo!BBなんだよなぁ)のせいにしていたが、の中では圏外になっていた。
ソフトバンク買収後に善された。(2G時代)

偶然にもソフトバンクになってからだが、iPhone日本で最初に取り扱うようになった。(※アルファベット順だとIの次はJ)
8 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 20:09:30 ID: zXffYEmeeq
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ゚ )< 圏外圏外!Jフォン圏外
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚゚)< 世界で使えて、自宅が圏外
  圏外~~~~! >( ゚゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829