単語記事: K(アニメ)

編集

K』とは、GoHands制作テレビアニメシリーズである。

2012年10月12月に、MBSアニメイズムほかにて放送された。全13話。
世界54でもほぼ同時に放映された。とあるではエンディングに出てくるネコがほぼ全裸のため顔以外の部分が隠されて放送されたらしい。

2014年7月劇場版『K MISSING KINGS』が開される。

2015年10月12月に第2期『K RETURN OF KINGS』が放送された。

宣伝としてインターネットラジオ『K of Radio』(略称 KR)がアニメイトTVで放送された。度々復活している。
それ以外の展開として書籍化やゲーム化され、舞台化もされた。

概要

7人の小説家からなる覆面作家集団「GoRA」によるオリジナル企画テーマは「キズナ」。

舞台は現実よりも技術などが発展した現代日本

それ以外の展開として書籍化、舞台化、ゲーム化が決定している。

サブタイトルには基本的にKから始まる言葉が使われている。

用語

王を喚ぶの石盤「ドレスデン石版」により選ばれた、強大なカリスマを持った七人の異者。死亡により代替わりもあるが、次の王が選ばれるまでは席と成る。それそれが聖域たるサンクトゥムの展開と固有のを持つ。

クラン

王の元に構成される集団や組織。

クランズマン

王から異を授かる儀式「インタレーション」によりを受け取ることで成る。儀式の成功か否かを決める原理はハッキリしていない。の王の儀式は失敗すると全身を炎で焼かれるが他の王も同様かは不明。基本的に王のに準ずる異を得るが、大小は人によって異なる。また、「の王」のクランズマンは「才」が引き出されるため異覚めるとは限らず、「色の王」のクランズマンは王の性質と同じく全く異なる異を得る。王との従関係は強制されておらず、別のクランに移ってもは消えない。王が死亡しても同様である。

サンクトゥム

王が異により形成する結界であり効果範囲。結界内ではクランズマンのが強化される。

ストレイン

クランズマンになることなく異を得た者。感応や意識干渉、身体の向上などそれぞれ固有のを持つ。王のなりそこないとも言われるため石版由来のと思われる。

ヴァイスマン偏差

による「因果歪みの度合い」を数値化した標。数値が大きければ大きいほど強大な異が行使されていることになる。名前の由来はこの数値を理論化したアドルフ・K・ヴァイスマンの名前から。

ダモクレスの剣

王が一定以上のを行使する際に頭上に顕現する巨大なエネルギー結晶体。その名の通りの形で王ごとに色や形が異なる。王のや危険性の徴でもあるため、王の状態も表しており、限界状態だとも崩壊していく。王が死ぬ時には消滅する。

ダモクレスダウン

王が暴走限界に陥った場合、ダモクレスが王に落下し、大爆発を引き起こす現。王権暴発とも呼ばれる。

迦具都クレーター

作中時期より十数年前に当時の「の王」具都玄示が起こした「ダモクレスダウン」の大爆発によって形成された跡。半径数十㎞の範囲が壊滅し、70万人以上の犠牲が出た。詳細は不明だがこの際に四人の王権者が集う事態になっており、当時の「の王」が死亡する間接的な理由にもなった。

登場キャラクター

葦中学園高等学校

セプター4

吠舞羅

jungle

その他

スタッフ

主題歌

第1期

オープニングテーマKINGS
作詞atsuko / 作曲atsuko、KATSU / 編曲KATSU / 歌:angela
エンディングテーマ「冷たい部屋、一人」
作詞atsuko / 作曲atsuko、KATSU / 編曲KATSU / 歌:小松未可子

第2期

オープニングテーマアシメトリー」
作詞atsuko / 作曲atsuko、KATSU / 編曲KATSU / 歌:堀江由衣
エンディングテーマ「解」
作詞宮沢龍生 / 作曲GRP、Shun Kusakawa / 編曲GRP / 歌:カスタマイZ

放送局

第1期

放送局 放送開始日 放送時間
MBS 2012年10月4日 木曜日 25:30~26:00
TBS 2012年10月5日 金曜日 25:55~26:25
CBC 金曜日 27:05~27:35
AT-X 2012年10月13日 土曜日 20:3021:00
(リピート放送あり)
BS-TBS 土曜日 24:00~24:30

第2期

放送局 放送開始日 放送時間
MBS 2015年10月2日 金曜日 26:10~26:40
TBS 金曜日 25:55~26:25
CBC 金曜日 26:43~27:13
AT-X 2015年10月3日 土曜日 24:00~24:30
(リピート放送あり)
BS-TBS 土曜日 24:00~24:30
配信サイト 配信開始日 更新時間
バンダイチャンネル 2015年10月4日 日曜日 12:00
楽天ショータイム 2015年10月7日 水曜日 12:00
ビデオマーケット
dアニメストア
U-NEXT
アニメ放題
dビデオ
GYAO!
ニコニコ生放送 水曜日 22:00~22:30
ニコニコチャンネル 水曜日 2230

各話リスト

第1期

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第1話 Knight 古橋秀之 金澤洪充
鈴木
工藤 鈴木/石/田裕美
動画
第2話 kitten 鈴木 古田/鈴木祥子
動画
第3話 KITCHEN 宮沢龍生 松本卓也
動画
第4話 Knock-on effect 来楽 工藤 古田/鈴木祥子
動画
第5話 Knife あざの耕 松本卓也/古田/内田孝行
土岐由紀/鈴木祥子/美幸
動画
第6話 Karma 来楽 工藤 /松本卓也
古田/内田孝行
動画
第7話 Key 古橋秀之 金澤洪充 井元一/松本卓也
土岐由紀/鈴木祥子/美幸
動画
第8話 Kindling 高橋弥七郎 横峯 内田孝行/土岐由紀
鈴木祥子/美幸
動画
第9話 Knell 古橋秀之 工藤 古田/鈴木/坂上
立花之/植木理奈/河田
動画
第10話 Kaleidoscope 来楽 金澤 井元/内田孝行/松本卓也
土岐由紀/鈴木祥子/美幸
動画
第11話 Killer あざの耕 横峯 古田/内田孝行/坂上
立花之/植木理奈/河田
動画
第12話 Adolf・K・Weismann 金澤洪充 松本卓也/古田/内田孝行
土岐由紀/鈴木祥子/美幸
動画
第13話 King 井ユカコ 工藤 鈴木/古田/松本卓也
坂上介/立花
植木理奈/河田
動画

第2期

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 動画
第1話 Knave 宮沢龍生 鈴木
金澤洪充
横峯 鈴木
古田
岡田直樹
第1話「Knave」
第2話 Kindness 来楽 鈴木
古田
武本大
第2話「Kindness」
第3話 Kismet 鈴木 島津裕行 横峯
金澤洪充
鈴木
古田
松本卓也
植木理奈
第3話「Kismet」
第4話 Knot 高橋弥七郎 鈴木
島津裕行
金澤洪充 鈴木
古田
立花
第4話「Knot」
第5話 Ken 横峯 鈴木
古田
内田孝行
植木理奈
第5話「Ken」
第6話 Keeper 宮沢龍生 鈴木
金澤洪充
金澤洪充 鈴木
古田
松本卓也
武本大
第6話「Keeper」
第7話 Kickdown 古橋秀之 横峯 鈴木
古田
内田孝行
武本大
植木理奈
第7話「Kickdown」
第8話 Kaput 井ユカコ 鈴木
島津裕行
金澤洪充 鈴木
古田
松本卓也
武本大
第8話「Kaput」
第9話 Kids room 古橋秀之 鈴木
金澤洪充
立花 鈴木
古田
植木理奈
第9話「Kid’s room」
第10話 Keystone 来楽 鈴木
島津裕行
金澤洪充
山岸徹一
鈴木
古田
岡田直樹
第10話「Keystone」
第11話 Kali-yuga 鈴木 鈴木
金澤洪充
横峯 鈴木
古田
岡田直樹
武本大
第11話「Kali-yuga」
第12話 Knuckle bump 井ユカコ 鈴木
島津裕行
金澤洪充 古田
岡田直樹
植木理奈
立花
武本大
第12話「Knuckle bump」
第13話 Kings あざの耕 鈴木
金澤洪充
横峯 古田
岡田直樹
立花
植木理奈
第13話「Kings」

劇場版

第1期の第13話(最終回)のエンディングのあとに、キャラクターの後日談と思われる台詞が次々と表示され、最後に「続編製作決定」と発表された。
そして2013年5月には、その続編作品は劇場版となることが発表された。

2014年3月11日に正式タイトルが「K MISSING KINGS」であることが公式Twitterより発表。
2014年7月12日より全開された。題歌はアニメに引き続きangelaが担当している。

関連動画

関連生放送

イベント関連

先行上映・一挙放送

舞台版

関連商品

アニメ

主題歌CD関連

ラジオCD

ドラマCD

ゲーム

コミック

小説

設定資料集

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

MBSアニメイズム」 B1
2012年4月9月 2012年10月12月 2013年1月3月
エウレカセブンAO K ビビッドレッド・オペレーション
2015年7月9月 2015年10月12月 2015年1月3月
Classroom☆Crisis K RETURN OF KINGS 亜人(第1クール

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/k%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29
ページ番号: 4963652 リビジョン番号: 2387211
読み:ケイ
初版作成日: 12/09/13 20:39 ◆ 最終更新日: 16/07/25 01:51
編集内容についての説明/コメント: アニメイズムリンク修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

K(アニメ)について語るスレ

564 : ななしのよっしん :2015/12/26(土) 12:13:24 ID: OEIEvSmUUe
綺麗にめて爽やかに終わったな

最後に戻ってこれたのは確か元の体を中尉が回収して保管してたからだっけ?
何にせよ乗っ取られた少年シロもあるべき姿で生き残ってよかった
565 : ななしのよっしん :2015/12/26(土) 14:33:23 ID: BmpOBdSCiz
漫画カウントダウンアンナちゃん、燃やすべきか考えたり、今は燃やさないって結論出したりしてたけど。
遂に今回燃やせに至ったのは燃えた。
566 : ななしのよっしん :2015/12/26(土) 17:17:20 ID: vsbUP4YEpB
飛び抜けて面いってわけでもないけど毎週楽しみな不思議な魅を持ったアニメだったな
この大団円はちょっと涙腺に来た
しかしエンドロールの集合写真は笑わせにきてんだろwww
567 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 02:32:10 ID: EUTlBX1Dw+
>>564
良く残ってたよねあれwwwしかもそのまま戻ったんかな?元の少年はまあ・・・何も知らないほうがいいなww
体年齢は中尉(常路)とお別れした頃だろうから当分寿命は尽きないな。

登場人物達が大体満足そうな最後で良かったと思った。コトサカとスクナは微妙だろうが。
石版破壊の辺りでの回想主人公サイドサイドも小部屋で卓囲んで笑って食事して、
思想の違いで戦いはするけど日常パートで根が変わらない事が分かるシーンかな、あれ好きだわ。
ただダモクレスダウンするのは宗像さんのかと思ってたんだけどね。
568 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 10:22:00 ID: 1AhMzgUy2C
綺麗に終わったね。いや、一期からずっと見てたけど中々楽しませてもらった。

>>567
あの卓袱台って色々考えると切ないよね。
一緒に卓袱台囲んで食事しあえるような家族が欲しかったというのと、それを茶番でしかないと否定しようとして、普通の部屋ではなくセットのような物にしたのかなぁとか…
569 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 14:04:51 ID: mPbFMp/imA
そういや石壊れた後にクロや忍者使ってたけど
消えるのに時間差があったということかな?
あと、の面々ってヤクザとかに恨み買ってるけど消えたら面倒な事になりそうな気が
570 : ななしのよっしん :2015/12/29(火) 01:00:27 ID: 2KC8vXBNrM
7話ぐらいまで→これ終わるペースで話進んでるの?
10話ぐらいまで→これ終わるペースで話進んでるんだよな……?
13話→終わった!大団円

1期もこんな感想だった気がする
571 : ななしのよっしん :2016/01/02(土) 08:48:16 ID: ODp+IU+y4V
個人的に思うのは白銀の王との王が石を解放しようとしなかったのは
新世界を一番夢見ていた人であり二人にとって一番大切な人がしんでしまったからかな。
572 : ななしのよっしん :2016/01/02(土) 10:03:53 ID: TjopHBWqwe
>>571
「みんなを幸せにする」と信じて三人で研究してた石版が
が死ぬときには何もしてくれず、本格起動した後もに人類を進化せようとする代物だったから
ヴァイスマンは絶望して逃げて、中尉は石版のを抑えて三人が願った世界に近づけるために頑ってた感じじゃないかね
573 : ななしのよっしん :2016/02/09(火) 16:08:49 ID: TFhxdpRsoi
>>lv250349122

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015