単語記事: Kalafina

編集

Kalafina(カラフィナ)とは、梶浦由記プロデュースによる女性ボーカルユニットである。
現在のメンバーは、WAKANA、KEIKO、HIKARUの3名。

概要

「空の境界」関連

作曲家・梶浦由記が劇場版アニメ『空の境界』の音楽を手がける際、その主題歌を制作するために結成された。
Kalafinaは造語であるが、特に意味はない。梶浦由記が”耳に残るような響きの良い名前を”と考えて名付けた。
愛称や略称は特にないが、鷲崎健からは親しみを込めて「カラフィナーズ」と呼ばれている。

初のリリースはシングル『oblivious』。2008年1月23日に発売され、オリコン週間ランキングで最高8位を記録した。これは、空の境界第一章「俯瞰風景」の主題歌であり、同シングルには第二章「殺人考察(前)」の主題歌『君が光に変えて行く』と、第三章「痛覚残留」の主題歌『傷跡』の3曲を収録している。

同4月23日、『Re/oblivious』をリリース。1stシングル『oblivious』のリミックスCDをと位置づけられているものの、曲間の小品が前後の楽曲を繋げる鍵になっていたりと、コンセプチュアルなミニアルバムの作りがなされている。2011年10月22日現在は廃盤となっている。

同7月30日には、2ndシングル『sprinter/ARIA』をリリース。第四章「伽藍の洞」の主題歌『ARIA』と、第五章「矛盾螺旋」の主題歌『sprinter』を収録した両A面である。3曲目には、なぜか『oblivious』のボーカルレス・トラックが収録されている。オリコン週間ランキング最高10位を記録。

同12月24日、3rdシングル『fairytale』をリリース。第六章「忘却録音」の主題歌であり、カップリングにはKalafinaとしては初の非タイアップ曲『serenato』、そして前作『sprinter』のボーカルレス・トラックを収録している。オリコン週間ランキング最高9位を記録。

2009年3月4日には、待望の1stアルバム『Seventh Heaven』をリリース。これまでリリースされた「空の境界」主題歌の6曲と、シングルリリースされなかった第七章主題歌『Seventh Heaven』、その他新曲等、梶浦節の光る多彩な14曲を収録している。オリコン週間ランキング最高8位を記録。

「Seventh Heaven」以降

本来、Kalafinaは「空の境界」専用ユニットとして結成されたものであり、1stシングル『oblivious』の初回特典BOXも、上記の3枚のシングルのみを収納する仕様であった。これは、この3枚(とアルバム)をリリースした後にユニットを解散する予定だったためである。

しかし、1stアルバム『Seventh Heaven』と同時に、4thシングル『Lacrimosa』をリリース。アニメ『黒執事』のED主題歌であり、「空の境界」以降も、梶浦由記のボーカル・プロジェクトの主たる担い手として、Kalafinaの活動が続けられていくこととなった。

2009年7月1日にリリースされた5thシングル『storia』は、Kalafinaとしては初のノンタイアップ・シングルとなる。NHKのTV番組「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲のカバーであるが、同番組の劇伴を梶浦由記が手がけていることから、ある意味セルフカバーのようなものとも言えるだろう。

2010年3月17日、前作からほぼ一年ぶりとなる2ndアルバム『Red Moon』をリリース。オリコン週間ランキング最高5位を記録した。4th~7thシングルの他、劇場アニメ「イヴの時間」ED主題歌の『I have a dream』、ゲーム「信長の野望Online ~新星の章~」イメージソングの『星の謡』を収録している。なお、同年5月にはこのアルバムを引っ提げて全国ツアーを敢行した。

2011年2月16日発売の9thシングル『Magia』は、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のED主題歌としてリリースされ、アニメ本編の爆発的な人気も相まって、自身最高のオリコン週間ランキング7位を記録している。なお、アニメ本編の劇伴音楽も梶浦由記が手がけており、各シーンのインパクトとともに高い評価を得ている。

また、同曲を収録した、同9月21日発売の3rdアルバム『After Eden』が、オリコンデイリーランキングで最高1位、週間ランキングでも最高3位を記録。シングル・アルバムを通じてKalafinaの最高記録となったばかりでなく、梶浦由記が手がけたCDでも過去最高の順位となった。

ライブ活動について

Kalafinaはライブ活動も活発であり、1stアルバム『Seventh Heaven』の初回特典として、Kalafinaのライブ映像を収録したDVDが付属している。また、2ndアルバム『Red Moon』リリースを機に、全国4箇所でのライブツアーを敢行している。

2010年12月1日には初のライブ映像集『Kalafina LIVE 2010“Red Moon” at JCB HALL 〜Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR〜』を、DVD・Blu-rayの2形態でリリースしている。

サウンドトラックへの参加

Kalafina名義のCDリリースだけでなく、梶浦由記の手がけたサウンドトラックにボーカルで参加することもある。NHKの歴史番組「歴史秘話ヒストリア」のサウンドトラック第2弾には、2011年度EDテーマとしてKalafinaの歌う『symphonia』が収録されている。

また、「空の境界」最終章の主題歌『snow falling』もKalafinaが歌っており、日本語版と造語版の二種類が存在する。日本語版は9thシングル『Magia』のカップリングとして収録されており、造語版は「空の境界」サウンドトラックの総集編『the Garden of sinners-劇場版「空の境界」音楽集-』に、最終章の劇中音楽とともに収録されている。

なお、上記の2曲はいずれも3rdアルバム『After Eden』にも収録されている。

メンバーの変遷

結成当初、梶浦はKalafinaを「定員のいない流動的なユニット」と位置づけていた。

1stシングル『oblivious』リリース時点ではWakanaKeikoの2人の参加が表明されていた。二人はいずれも「FictionJunction WAKANA」「FictionJunction KEIKO」として、以前から梶浦由記にその才能を見出されていた歌手である。

2ndシングル『sprinter/ARIA』からは、3万人が応募したオーディションを経て新たにHikaruMayaが参加した。その後、1stアルバム『Seventh Heaven』リリース時にMayaが脱退し[1]、以降はWakanaKeikoHikaruの3人によるユニットとして、現在に至るまで活動している。

リリース一覧

シングル

  • 2008/01/23: 1st 『oblivious』(映画「空の境界」第一章・第二章・第三章主題歌)
  • 2008/07/30: 2nd 『sprinter/ARIA』(映画「空の境界」第四章・第五章主題歌)
  • 2008/12/24: 3rd 『fairytale』(映画「空の境界」第六章主題歌)
  • 2009/03/04: 4th 『Lacrimosa』(アニメ「黒執事」ED主題歌)
  • 2009/07/01: 5th 『storia』(ノンタイアップ・シングル、TV番組「歴史秘話ヒストリア」テーマ曲のカバ[2]
  • 2009/10/28: 6th 『progressive』(ノンタイアップ・シングル)
  • 2010/01/20: 7th 『光の旋律』(アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』OP主題歌)
  • 2010/09/15: 8th 『輝く空の静寂には』(アニメ『黒執事II』挿入歌、ED主題歌)
  • 2011/02/16: 9th 『Magia』(アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」ED主題歌)
  • 2012/04/18: 10th 『to the beginning』 (アニメ「Fate/Zero」第2期OP主題歌)
  • 2012/07/18: 11th 『moonfesta〜ムーンフェスタ』 (NHK「みんなのうた」6・7月放送曲)
  • 2012/10/24: 12th 『ひかりふる』 (映画「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語」主題歌)
  • 2013/10/02: 13th 『アレルヤ』 (劇場版「空の境界 未来福音」主題歌)
  • 2013/11/06: 14th 『君の銀の庭』 (映画「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」主題歌)
  • 2014/08/06: 15th 『heavenly blue』(アニメ『アルドノア・ゼロ』OP主題歌)
  • 2014/11/19: 16th 『believe』(アニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』ED主題歌)
  • 2015/05/13: 17th 『ring your bell』(アニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』第2期ED主題歌)
  • 2015/08/12: 18th 『One Light』(アニメ『アルスラーン戦記』第2期ED主題歌)

アルバム

オリジナルアルバム

  • 2009/03/04: 1st 『Seventh Heaven
  • 2010/03/17: 2nd 『Red Moon
  • 2011/09/21: 3rd 『After Eden
  • 2013/03/20: 4th 『Consolation
  • 2015/09/16: 5th 『far on the water

ミニアルバム

  • 2008/04/23: 『Re/oblivious

ライブアルバム

  • 2013/01/23: 『Kalafina 5th Anniversary LIVE SELECTION 2009-2012

ベストアルバム

  • 2014/07/16: 『THE BEST "Red"
  • 2014/07/16: 『THE BEST "Blue"

DVD・Blu-ray

  • 2010/12/01: ライブ映像集 『Kalafina LIVE 2010“Red Moon” at JCB HALL 〜Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR〜
  • 2012/03/21: ライブ映像集 『“After Eden” Special LIVE 2011 at TOKYO DOME CITY HALL
  • 2013/12/11: ライブ映像集 『Kalafina LIVE TOUR 2013 “Consolation” Special Final
  • 2015/07/15: ライブ映像集 『Kalafina LIVE THE BEST 2015 "Red Day" at 日本武道館
  • 2015/07/15: ライブ映像集 『Kalafina LIVE THE BEST 2015 "Blue Day" at 日本武道館

関連商品

シングル

アルバム

DVD/BD

サウンドトラック

関連生放送

放送日 番組タイトル URL
2012年03月21日 Kalafina ライブDVD/Blu-rayリリース記念 ミュージックビデオ一挙放送!
2012年04月26日 電波研究社~アニメ・ゲーム・アニソン~
2012年06月03日 【出演:Kalafina&春奈るな】 「Fate/Zero」OP&EDスタジオLIVE第2弾
2012年08月06日 ニコニコ神社 in お台場合衆国2012 [24日目]
2012年10月13日 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」公開記念「Kalafinaスタジオライブ&公開インタビュー」
2013年03月20日 【Kalafina】 4th ALBUM「Consolation」発売記念特番 トーク&スタジオライブ
2013年10月26日 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」公開記念 特別番組
2014年06月12日 電波諜報局 【MC】May'n、鷲崎健
2014年07月14日 これを見ればKalafinaの全てがわかる!Kalafina『THE BEST』発売記念3夜連続SP!第一夜「Red NIGHT」
2014年07月15日 これを見ればKalafinaの全てがわかる!Kalafina『THE BEST』発売記念3夜連続SP!第二夜「Blue NIGHT」
2014年07月16日 これを見ればKalafinaの全てがわかる!Kalafina『THE BEST』発売記念3夜連続SP!第三夜 スタジオトーク&ライブ

関連項目

  • 梶浦由記
  • 空の境界
  • FictionJunction

外部リンク

脚注

  1. *特にMayaは『sprinter/ARIA』をリリースするために選抜されたメンバー、という色合いが強かったことが公式サイトにも明記されており、ここにも当時のKalafinaの持つ「流動的なユニット」としての性格が強かったことが垣間見える。
  2. *2013年1月からは同番組のオープニングテーマとして使用されている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/kalafina
ページ番号: 284554 リビジョン番号: 2276196
読み:カラフィナ
初版作成日: 08/06/26 13:33 ◆ 最終更新日: 15/10/17 16:29
編集内容についての説明/コメント: 「One Light」、「far on the water」、「Red Day」、「Blue Day」を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Kalafinaについて語るスレ

189 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 21:55:00 ID: zukZKOLJdv
ライブでも結構中高年の方多いんだよなぁ
190 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 06:25:17 ID: Ab83weT+oo
>>azB01FK5NNF8

>>azB01E7OTJ6A


楽しみ


>>187
自分も何度か行ったけど、急に閉めちゃってかなC。
一度値上げしたけどそれでも厳しかったのかなあ…。
191 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 20:36:23 ID: Xr1hXtosoa
アニソン歌手に全く興味を示さないうちの親父が「よく知らんけどこの人ら歌上手いな」っていう位に凄い人達
192 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 05:30:15 ID: 0ZIDjsWBsw
最近CDまとめ買いした。それで、ライブと普通のと聴き比べしてて気づいたんだけど、
progressiveてライブの方がKEIKOパートはっきり聴こえるような気がする。
むしろCDよりいいなって曲は他にもあるんだけど、特にこの曲はそう思う。
193 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 08:44:42 ID: Ab83weT+oo
>>azB01LPOV7LK


アコステはいいぞ
194 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 08:41:51 ID: //FUCX07X0
月厨のマイナーグループだったのにいつの間にか出世してて嬉しいながらも悲しいなぁ・・・
195 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 16:50:57 ID: ZoiLnP66nm
今更ながらNHKの番組の主題歌も歌ってるのね
196 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 08:36:37 ID: 0ZIDjsWBsw
紅白って意見もあるけど、個人的にはそのイメージあんまりないなぁ。もちろん出たら嬉しいんだけど…
水樹奈々はバラエティ番組とかが一定の頻度でアニメ・ネットネタ取り上げるようになり始めた頃に紅白初出演だったと思うんだけど、なんとなくオタク文化代表的な立場を任されてる気がする。
なんていうか、若手なら歌唱力とか音楽性よりも、まず社会的知名度あってお茶の間がワイワイ出来る基本無難なのを選曲してる印象。もちろんkalafinaだって有名だしNHKとも縁あるけど、紅白で求められる有名さとはちょっと違うような気がする。
197 : ななしのよっしん :2016/12/24(土) 16:26:19 ID: qky1vPdtXp
keikoの音域と声質ってアルトとしてはどう思う?
声楽に造詣の深い人の見解を聞きたい
198 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 00:55:35 ID: 2EESgK3u8Y
亀だが>>192はライブいく事お勧めするよ
Kalafinaはライブの方が総じて評価が高いからね。
DVD買うならConsolationのファイナルか武道館Blue Dayがお勧め。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015