単語記事: Kar98k

編集  

Kar98kとは、1935年に制式採用されたドイツボルトアクション小銃である。

銃の一覧

概要

正式名を「Karabiner98k」といい、ドイツ語読み表記では「カラビナーアハトウントノインツィヒクルツ」となる。

Karabiner」は「騎兵」を意味し、アメリカで言う「カービン」と同じ意味と考えてよい。騎兵に乗るときの取り回しの良さが要されるので、騎兵は必然的に短めのということになる。また、ドイツでは背負った際の安定性のため、短さに加えてスリングを側面に配しているKarabinerと呼ぶこととなっている。
98」は元となった1898年に採用されたGewehr98(Gew98)であることにちなんで引き継いだものであり、Kar98k自身の採用年ではない。
末尾の「k」は「kurz」=「短い」の意であり、Karabinerと合わせると「騎兵」という、とにかくスッゲェ短けぇことを強調した名前になっている。

第二次世界大戦期におけるナチス・ドイツ小銃であり、現在でも儀として使われているのみならず、発展途上では二級火器に制定されていることもある元気なおばあちゃん。名前は短かったが寿命は長い。

実際のところWW2時代にはボルトアクション式から半自動式への移行が始まっており、ナチス・ドイツ自身もワルサーGew41の採用をしたり末期には全自動射撃までできるStG44を投入したりしている。
しかし、Kar98kは高い信頼性と生産性を有しており、騎兵ではあるものの非常に優れた命中精度を誇ったことから狙撃銃としても活躍し、結局ドイツ敗戦まで小銃であり続けた。総生産数は1400万丁をえると言われる。

メカニズム等は体となったGew98から変わっておらず、後に大きな設計変更も行われなかった。もともとGew98メカニズムはいわゆる「モーゼルアクション」と呼ばれる形式であり、今日ボルトアクションのデファクトスタンダードでさえある極めて優秀かつ完成された形式である。ナチスの科学は世界一チイイイイ!!Gew98開発にナチスは関係ねえけどな!
なお末期には着装置等が省略されたKriegsmodellというが存在する。

であるのみならずナチス・ドイツの装備ということもあって人気はある程度高い、と思う。
なおモーゼル社はGew98およびKar98kアクションを再現したMauser M98猟銃として民間向けに販売しており、日本でも免許と経歴がえば所持できる。また、中国北方工業コピー品を販売している。
本物のKar98kも三八式等と同様に必要な改造を施せば内で所持許可が下りる可性もあるかもしれないが、まあ現実的ではないだろう。

関連動画

関連静画

1945年Kriegsmodellのもの。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/kar98k
ページ番号: 4860883 リビジョン番号: 2495060
読み:カラビナーアハトウントノインツィヒクルツ
初版作成日: 12/04/05 02:25 ◆ 最終更新日: 17/05/31 04:47
編集内容についての説明/コメント: 関連項目「銃器関連項目の一覧」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Kar98kについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 03:01:40 ID: yNvWsQheLp
更に短いGew33/40チェコ併合時に接収)なんてのもあったけど
身を短くし過ぎて発炎がしすぎたり
初速が落ちて精度が下がったりあんまり一般的ではなかった模様
だがその取り回しのよさから山岳猟兵には用されたらしい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829