編集  

M1 エイブラムス単語

エムワンエイブラムス

M1 エイブラムスM1 Abrams)とは、アメリカ合衆国をはじめとした、西側諸戦車MBT)の一つである。

概要

開発はクライスラー・ディフェンス(現:ジェネラルダイナミクス・ランドシステムズ)で、第3世代戦車90式戦車T-80など)に属する戦車である。1981年に正式採用された戦車であり、現在までに複数のバリエーションが存在している。

開発経緯

1957年アメリカ内不況以降、財政赤字が膨らむ一方であり、議会より開発予算が付かない陸軍は第2世MBTM60パットンので長らくお茶を濁していた。陸軍のMBTは控えに見ても旧式化が進む一方、東側諸ではMBT更新が着実に進み、1965年5月9日115mm滑腔を搭載したT-62モスクワの広場での「対ドイツ戦勝20周年祝典パレード」で々しくデビューをした。

アメリカ1965年からのベトナム戦争の泥沼に嵌り、回復基調だった経済に打撃を受け、次世代MBT開発予算確保が更に困難となる。

ソ連T-62の配備、次世代戦車T-72開発を察知していたアメリカ1965年1月、同じ西側営のレオパルド1を開発した西ドイツと共同で次世代戦車開発計画、MBT-70計画を開始。二間で同一のMBTを開発・配備運用する事でコスト削減を狙ったものである。様々な開発案が検討されたが必要な仕様の取捨選択を行う際の運用思想の擦り合わせに失敗し、両は意見の対立の末1970年に計画を中止、西ドイツアメリカMBT独自開発のを選んだ。

アメリカは新開発計画XM815を開始し、ゼネラル・モータース社(GM)とクライスラー・ディフェンス社(現:ジェネラルダイナミクス社)の二社に試作車両の競作をさせ、1976年クライスラー・ディフェンス社案を選定、1980年に第3世代MBT M1 エイブラムズとして制式採用・配備した。

主砲

クライスラー・ディフェンスが開発元となって完成されたM1は、開発当初から120mm滑腔の搭載が念頭に置かれて開発薦められていたものの開発が遅れたため、当初のM1M1IPIPM1)にはロイヤル・オードナンスL58 105mmライフル(制式名:M68)を搭載して実戦配備された。結果的に、M1A1を初めとした火力強化にはラインメタルL44 120mm滑腔(制式名:M256)を搭載する事となる。

装甲

開発中に第4次中東戦争RPG-7等の歩兵兵器の一種、対戦車ロケット弾が戦車に対し猛威を振るった事を受けて装甲の研究も開始された。イギリスのチョバム研究所で開発された積層装甲(チョバム・アーマー)、間装甲等、様々な新しい装甲開発の成果も取り込まれたが、最終的にはアメリカではその後の複合素材装甲の開発に頓挫したのもあり、重に近い劣化ウランを積層化した装甲が採用された。

エンジン

米軍MBTで使われて来た燃料であるガソリンより廉価で航空機用(戦闘ヘリ用)の燃料ケロシンに標準対応、高出・軽量で信頼性が高い1500のハネウェルAGT1500Cガスタービンエンジンを採用した。ガスタービンエンジン故、特別なメンテナンスを必要とするものの非常時には軽油ガソリンも転用可である。アイリング中に湯の様に燃料を消費する燃費の悪さは折り紙付きであり、世界有数のアメリカ軍兵站を以てすれば解決できるものの、燃費の悪さを補う為に、待機中にエンジンを停止させて燃料節約が出来る様に、ディーゼルエンジンガスタービン発電機の補助動装置(APU)が湾岸戦争以後に装備された。

仕様変更・実績

M1良が進められ、M1A1で120mm滑腔の搭載。M1A2では劣化ウランを使用した装甲化を行っている。

開発当初はガスタービンの燃費の悪さや高の高さ等の色々な欠点が摘され、評価も同時期開発のレオパルド2に離されていたものの、1991年湾岸戦争にて実戦に投入され、期待値以上の戦果を収めた。

レーガン政権下などで大量のM1が生産されていたこともあり、本向けM1A2も含めて1992年、トータル8322両(!)で終了。中東などでの輸出版(従来のディーゼルエンジンに換装、装甲は鋼ともいわれるが定かではない)は1997年まで生産が続けられた。

M1とはいえないがM1の設計思想を受け継いだものとして、開発下のチームが携わった韓国のK1(88戦車)がある。

その後、M1A2ベースC4I機を搭載したM1A2SEP、戦闘に特化したTUSKキットを搭載したM1A2TUSKなどのバリエーション開発が進むが、これらの車輌はすべてM1M1A1などの旧車輌を回収し、修作業を行って配備という形をとっている。フレームドンガラ)まで解体したあと錆や塗装を落としてもう一度組み立てるようなもので果たして修といっていいものか悩むレベルのではあるのだが、こうすることで予算に厳しい議会に対して「新しく作ってるわけじゃないよ。修だよ修」と言い訳出来るんだとか。

湾岸戦争、そのあとのイラク戦争などそのを実戦において明(コンバットプルーブン)したM1A2現在ではその性を高く評価されているが、M1A2+TUSKで重量が70トン近くなってしまうなど順調に肥大を続けており、これ以上の際限ない重量増大にはいかなアメリカ軍としても懸念を示しつつあるのも実情である。

2017年に、トロフィーという名称のアクティブ防護システムAPS)が採用されるという報道がなされた。これはレーダーセンサーで周囲をモニタリングし、衝突コースを取っている敵のミサイルロケットに対して金属製の複数の物体をショットガンのように発射することで撃ち落とすシステムになっている。[1]

逸話[2]

湾岸戦争中、1両のM1A1が泥にはまり込み、身動きがとれなくなった。部隊はそのまま進撃し、回収を待っている間、イラク軍の戦車小隊T-72が3両)に襲われた。

1両距離1000mでHEATを発射し、M1A1の正面に命中したがダメージを与えられず、次の間にM1A1の反撃で撃破。ほぼ同時に2両HEATが命中したが、やはりの装甲を貫通せず、Uターンして逃げ始めたT-72は背後にM1A1の弾が命中し炎上した。3両はそのまま突進し距離400mでAPFSDSを撃ったが、MIA1の正面の複合装甲をませただけだった。3両T-72はそのまま近くにある砂丘の背後に隠れたが、M1A1の乗員が熱線映像照準装置で砂丘の上にエンジン排気の陽炎が上がっているのを発見し射撃、APFSDSは砂丘を貫いてそのままT-72を撃破してしまった。

戦闘後に2両の回収が到着して回収を試みたが体を引き揚げることができず、やむなく救援隊のM1A1ので破壊することにしたものの、2発の120mm弾はの正面装甲で跳ね返されしまい、別の位置から撃った3発は装甲の薄い後部を貫通して弾庫の弾薬誘爆させることに成功したが、ブローオフネルと自動消火装置が設計通りに作動し、乗員区画に延焼しなかった。

結局3両の回収が到着して引き上げることができたが、内部を調べると照準装置に損傷があっただけで、は射撃可だった。この車両はその後、を交換して戦線に復帰したという。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1085702.html
  2. *湾岸戦争戦車戦 上」河幸英 イカロス出版 2011 pp.346-388

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/m1%20%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B9
ページ番号: 2591588 リビジョン番号: 2612559
読み:エムワンエイブラムス
初版作成日: 09/03/30 13:04 ◆ 最終更新日: 18/08/02 00:53
編集内容についての説明/コメント: 仕様変更を更新しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

M1 エイブラムスについて語るスレ

218 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 03:46:35 ID: F7b4PmHt/s
実は補修といいつつもこっそり体も新規製造されたりもしてる子
輸出用に最近たくさん作ったりしてたね。
219 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 20:50:36 ID: 6GLsGI+byl
ポルシェ博士ガスタービン回してモーターで動かせばいいじゃないか。」
220 : ななしのよっしん :2018/01/18(木) 19:51:20 ID: F7b4PmHt/s
申し訳ないが駄に故障の要因と重量を増やすのはNG
221 : ななしのよっしん :2018/01/18(木) 19:57:52 ID: IPy5VJmqLi
MGS1で手榴弾投げ込んで破壊するってボス戦があったけど、ゲーム補正で数発耐えきるモンだと思ってたらリアルでも相当の耐久性があったびっくり
222 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 10:12:49 ID: ppI+glhthF
手榴弾じゃ電子機器と乗員の破壊が精々じゃないですかね破片が散らかるだけで
弾食らっても飛ぶだけで事というダメージコントロール設計だしモニター類死ぬだけでハードはそのまま動きそう
223 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 21:51:01 ID: T93sOWZYe0
最近の対戦車ミサイルって西側戦車弾薬庫の隔ぶち抜くそうだけど
技術の進歩って怖いっす
224 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 19:12:05 ID: 6nprI8myFD
装甲の劣化ウランって、メッシュという説と、いや、ただの状じゃね? という反論を見るけど、どっちなんだろ?

そもそもメッシュってどんな感じのメッシュなんだろうという疑問もあるけど。
225 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 13:09:48 ID: +6zr7quP9w
そもそもメッシュがどう言う原理で装甲として機するのかが分からないな
226 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 16:30:56 ID: iFwTLGg4Zd
>>223
っていっても西側戦車弾薬庫って後部だろうから、
側方、後方ないし上面からの攻撃になるからなあ。
227 : ななしのよっしん :2018/08/14(火) 00:23:49 ID: sh/padOoWd
>>226
西側戦車後部の即応弾薬庫以外にも体に弾薬あるの多いでよ、多いのが操縦手の隣、しかも防爆隔離されてないのがほとんどだから誘爆したら吹き飛ぶ
エイブラムスはA1以降に弾薬架を防爆隔離しちゃったけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829