単語記事: Me262

編集

Me262とは、ナチスドイツ第二次世界大戦において開発・運用したジェット戦闘機である。

概要

 Me262世界初の実用ジェット戦闘機ジェット爆撃機である。1939年にメッサーシュミット社が開発計画を立ち上げ、技術的、運用的、総統閣下的紆余曲折を経て1944年に実戦配備された。武装は30mm機関4門にロケット24発を搭載、飛行での最高速度が870km/h(at 高度6000m)に達し、その恐るべき火力速度を活かして連合軍をドーバー峡とウラル山脈の向こうに追い返す大活躍!・・・・・・とはいかず(それでも爆撃機迎撃に相当に活躍はしたが)、ベルリンにはソ連の旗が掲げられた。

開発経緯

 Me262の開発は、1939年BMW社が開発中ジェットエンジンを搭載するジェット戦闘機の開発計画をメッサーシュミット社が立案したことに始まる。
 初期プランでの設計は完成度が高かったが、BMWジェットエンジンが当初より大きく重たくなることが確定し、設計通りに搭載すると重量バランスが狂うことが判明。苦の策としてに18.5度の後退をつけて重量バランスを取っている。つまり空気力学的な機とは全く別の理由で後退がつけられており、飛行性に対する利点はほとんどないと言ってよい[1]。他にも、エンジンの搭載位置が桁から下部に変わり、正面から見た胴体形状も楕円形から三角形に変更され、武装が20mm機関3門から30mm機関4門に変更させられるなど、原のげの字もさそうなレベルでの設計変更を余儀なくされている。
 それでも何とか1941年には試作1号機の試験飛行にこぎつけるが、BMWジェットエンジン未完成だったため機首に従来と同じレシプロエンジンを搭載しての初飛行になってしまった。一応、この試験で操作性は良好だと判断されている。その後、BMWジェットエンジンを搭載しての試験飛行も行われるが、このエンジン信頼性?何それおいしいの?状態だったため、ついに1942年にユンカース社製ジェットエンジン、ユモ004に換装された。ついでに機首のレシプロエンジンもようやく撤去され、代わって20mm機関3門が搭載された。同年には試作2号機(翌年事故で大破)、試作3号機も製作され、問題点の洗い出しと善が続けられていくこととなる。そして1943年に試作4号機がドイツ軍首部に開され、同年7月にはパンゴーグルとマフラ―で出撃する変態男ことアドルフガーランドが試乗して「天使とダンスだ!天使に後押しされているようだ」と絶賛。レシプロ機からジェット機への転換をした。
 これでMe262ドイツ軍次期ジェット戦闘機としてのを確約されたかに思えたが、ここで登場するのがらが総統閣下アドルフ・ヒトラーである。194311月Me262の実物を見たヒトラーが「これ(Me262)は爆撃機として使え」とまさかのジェット機の利点をブチ壊す宣言を下す[2]。これに対してデ○ズニーも恐れぬ男ことガーランド然と戦闘機隊総監の権限を活用し、独断でMe262戦闘機として開発することを続行させ、生産も戦闘機のみ行わせた。その後、Me262戦闘機として開発・生産されていることを知ったヒトラー激怒し、Me262戦闘機と呼ぶの禁止!」「今後は爆撃機Me262のみ生産しろ!」と厳命。ジェット戦闘機Me262は断たれたかに見えた。
 しかし、1944年6月に入ると状況が一変する。ノルマンディーに英連合軍が上陸し、ドイツは本格的に二正面作戦を強いられることとなる。これを受けてヒトラーは前言を撤回、ガーランドに対してMe262一部戦闘機として運用することを許可し、ジェット爆撃機Ar234の生産が軌に乗ればMe262全てを戦闘機として運用することを認めた。

 こうして、Me262爆撃機を迎撃するための戦闘機として本格運用されることとなる。

性能

 Me262の性において特筆すべきは、その速度火力である。まず速度について、Me262最高速度は高度6000mで870km/hであるが、これを1944年に各で運用された戦闘機最高速度と較すると以下の表のようになる。

所属 機種 最高速
ドイツ Me262 870km/h
Bf109G-6 640km/h
Fw190A-8 640km/h
アメリカ陸軍航空 P-51D 703km/h
アメリカ海軍 F6F-5 612km/h
イギリス スピットファイア Mk.IX 650km/h
赤色軍(ソ連 La-7 680km/h
大日本帝国陸軍 四式戦闘機 疾風 660km/h
大日本帝国海軍 紫電改 594km/h

 この表から、最高速度の測定条件がそれぞれの戦闘機で違うことを考慮に入れても、Me262速度が隔絶したものであることがわかる。当時の中戦闘では30km/h相手より速ければ一方的に優位を保つことが可だと言われており、実際にMe262はその高速を活かした運用が行われた。
 速度の次に特筆すべきが火力の高さである。Me262は武装として30mm機関Mk108を4門、さらに追加でロケットR4Mを24発搭載できた。両方とも対爆撃機用に開発されており、機関は4発、ロケットなら1発命中すれば爆撃機を撃墜可なほどの火力を有していた。これ以外の武装としては、50mm機関を搭載した試作機が試作されている。[3]

しかし、この圧倒的性は多くの欠点にをつぶって得られたものである。

 搭載するジェットエンジンには大量の問題があった。低速時における加速が致命的に低く、最高速度を活かすには十分な加速距離を取る必要があり、急旋回など速度を失う機動は厳禁とされた[4]。低加速を補うためにスロットルを全開にして燃料を過剰に投入したところで効果は薄く、逆に高温で燃焼室が溶かして破壊する恐れがあった。また、このことはスロットル操作に対する機体の反応が鈍いことを意味しており、機体設計のまずさによる下方視界の悪さや、降着装置の脆弱性と相まって着陸を困難なものとした。他にも、燃費の悪さによる航続距離低下の問題や、ジェットエンジン特有の高温排気に耐えられるのはコンクリートで作られた滑走路のみであり、ドイツ航空基地でしか運用できないなどの問題もあったが、これらの問題はMe262が実戦配備された時期には戦線がドイツに近づいていたため重要視はされなかった。とどめにエンジンの寿命は良くて70時間であり、実戦運用ではこの半分以下の時間でエンジンは寿命を迎えてしまうため、飛行中に片方もしくは両方のエンジンが故障することなど日常茶飯事であった。

 結局のところ、Me262の長所も短所もエンジンの先進性に起因したものだったと言えるだろう。

実戦

 1944年に実戦配備され、当初はMe262の機体特性を十分に把握活用することができるベテランパイロットのみに与えられた。が、戦況が切羽詰まってベテランも少なくなった1945年には新米パイロットにも与えられるようになる。また、1945年3月には戦闘機隊総監の地位を追われていたスピットファイアを欲しがる男ことアドルフガーランド隊長として、ドイツトップエース達を集めてMe262に乗せたドリームチームJV44が編成されている。
 実戦においては、機体特性を理解したベテランの操縦するMe262ならば高速で護衛機を振り切って爆撃機のみを攻撃し、戦果をあげることが可であった。しかし新米パイロットは連合軍機の挑発に乗って禁断の格闘戦に誘い込まれて速度を失い、撃墜されてしまうという事態が続出した。また、ベテランが操縦するMe262にしても離着陸時を狙われるとどうしようもなく、撃墜されるしかなかった。このため、Me262が離着陸する時にはレシプロ戦闘機Ta152などが滑走路上で護衛するなどの戦術がとられた。
 Me262キルレシオはだいたい4対1(敵機4機を落とすのにMe262は1機落とされる)であり、これはドイツ軍が想定した数値であった。
 対する連合軍は高速を出しているMe262バカ正直に戦いを挑むことは避け、格闘戦に引きずり込んで速度を落とさせる、離着陸時や基地で駐機中のMe262を狙う、Me262関係の工場や基地を爆撃するなどの戦術で対抗した。ジェット戦闘機にはジェット戦闘機で対抗するみたいなハードウェア勝負をする気はかったようである。

 結局、脆弱で繊細なジェットエンジンを搭載したMe262は戦略爆撃を受けるドイツにおいて十分な数や運用体制をえることができず、戦局に影を与えることはできなかった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *空気力学的な利点を得るには30度以上の後退が必要であるとされる。
  2. *一応、Me262は理論的には爆撃機としても運用できるようには作られていたし、ヒトラーの「爆撃機として運用可か?」という質問に対してゲーリングも開発担当と打ち合わせの上で「理論的に可」と返答している。
  3. *逆に言うと、火力が高くないと対処できない敵機(この場合は4発の大爆撃機)が多数ドイツ本土に侵入していたということであり、ドイツ軍ジリ貧を示す武装でもある。実際、アメリカ軍戦闘機はそのような大爆撃機に対処する気はもとよりく(実際、日独共に大爆撃機は実戦配備していない)、搭載する武装も対戦闘機用の軽量なものが流だった
  4. *とは言え、低速時の加速の低さは初期ジェットエンジン共通の問題であり、これの解決は二軸式とアフターバーナーの登場を待たねばならない。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/me262
ページ番号: 5080041 リビジョン番号: 1828219
読み:エムイーニーロクニ
初版作成日: 13/05/02 04:26 ◆ 最終更新日: 13/06/07 19:23
編集内容についての説明/コメント: 記述追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Me262について語るスレ

10 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 19:10:51 ID: Iq3Ob6FmDF
>ベテランが操縦するMe262にしても離着陸時を狙われるとどうしようもなく、撃墜されるしかなかった。
レシプロ戦闘機で護衛させてたこともあるみたいだけど
11 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 07:09:10 ID: Ng5vXH7PZD
>>9
戦略爆撃機にとっちゃこいつは敵だが、制戦闘なんてできない機体だからねえ。
東部戦線の制権を取り戻せない限りは戦争には勝てない。もちろん戦略爆撃を追い返せれば飛行機イパーイ作れるというのは事実なんだが、それでソ連に勝てるかっつーと……切ないよなあ。
12 : ななしのよっしん :2014/11/08(土) 01:53:23 ID: 5rphF347Ib
文中のガーランドの言われようが地味にヒドい件wwww
13 : ななしのよっしん :2015/01/02(金) 18:21:36 ID: UCdhc/H0Dm
Me262自体の爆撃機転換はともかく、「強爆撃機が必要なんだよ!」という戦略面での要請は正しかったんだろうか?
14 : ななしのよっしん :2015/02/04(水) 22:22:08 ID: HGKFMaYYdb
爆撃機というか、敵の迎撃を高速で突破できる爆撃機だな。
敵の策地をくというのは前線部隊を撃退するよりもずっと効率的に敵の侵攻を阻できるんで、発想そのものは間違いとは言いにくい。

まあ、この高速爆撃機構想がAr234Bという形で結実する頃にはドイツは既に詰んでたんだけどね。
15 : ななしのよっしん :2015/07/18(土) 17:43:34 ID: sS4K35huC0
飛行可なやつがあると思ったらGEエンジンのレプリカだった
16 : ななしのよっしん :2015/07/18(土) 22:15:16 ID: HGKFMaYYdb
そらまあ当時の設計図通りに当時の製法で作ったら
とてもじゃないが現代の航空法規クリアできそうにないシロモノしか出来てこねぇもん
17 : ななしのよっしん :2015/08/02(日) 12:23:10 ID: HO7mqgKtjz
タービンブレード空気流して冷却する構造だったようだけどあれって排気側のタービンで吸気側のタービンはただのファンだよな?
18 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 11:13:08 ID: 95U3N6mRg5
要するに足の速い屠
19 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 07:14:36 ID: wl1/7OA5c7
燃焼を下げてターボファンもどきにすりゃ多少はよかったかもな
日独共通の欠点として、妥協を良しとしないが故の失敗に見える
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015