単語記事: MGSV

編集

MGSV』とは、コナミから発売されるメタルギアシリーズナンバリングタイトル5」にあたる作品群の略称である。

序章と本編の二部構成であり、シリーズで初めて、これらが分割されて発売されているため、ニコニコ大百科においても記事が分割されている。
本項では、二部に共通する『MGSV』の特徴などを述べる。それぞれの内容や特徴については、下に挙げた各記事で述べる。

なお、本作は過去ナンバリングと異なり、アラビア数字ではなくローマ数字「」を用いるが、機種依存文字のため、記事内ではローマ字の「V」を使用する。

概要

の二作品で構成される。メタルギアシリーズ最新作にして、コナミが開発した独自エンジンFOX ENGINE」で製作される初のゲーム作品。「オープンワールド」がゲームデザインの要となっている。

作品テーマは「Race人種)」そして「報復」。
メタルギアソリッド ピースウォーカー』(以下MGSPW)の正統続編となる。

GROUND ZEROES』(以下GZ)は、作品全体のプロローグに当たり、スネークは『MGSPW』に引き続き、マザーベースを拠点に活動している。トレイラーでは「XOF」という単や新たなキャラクターが登場している。
『THE PHANTOM PAIN』(以下TPP)は、その9年後の物語で『MGSV』の本編である。
病院で9年間睡していたスネークらしき男が覚醒したところから物語が始まる。

ストーリーの位置付けとしてはMGSPWから初代メタルギアの間のものとなる。
小島秀夫監督るところによれば「スネークが堕ちるところまで堕ちる物語」になるという。

また小島秀夫の新プロジェクトとしてTwitter等で度々言及されていた「Project Ogre(企画)」とは今作の事である。

現行機(PS3Xbox360)では30fpsで、次世代機(PS4XboxOne)では60fpsで稼働する。
マーケティング上の都合により、Xbox360版はダウンロードのみの販売となっているため、Xbox360で遊ぶことを検討しているユーザーHDDき容量に注意する必要がある(それに伴いXbox360版のみパッケージおよび限定パッケージ版は未発売となる)。 

「V」の意味

冒頭でも記したとおり、メタルギアシリーズナンバリングタイトルアラビア数字で続いていたにも関わらず、本作では「METAL GEAR SORID V」とローマ数字が用いられた。

オープニング
Here's to you(勝利への讃歌)」は映画Sacco e Vanzetti (死刑台のメロディ)」の曲である。この映画ニコラバートの二人の移民冤罪で処刑される史実を基にした映画で、『GZ』作中でも会話にあがる。

これについて小島監督は「パスとチコ、あるいはスネークカズ。そしてニコラバートの姿を重ね合わせると色々分かることがある」「そして『Here's to you』の歌詞、“Triumph”(勝利、つまりVictory)と『5』をかけている」と、この「V」が勝利という言葉にかかっていることを示している(「あまり言うと面くないですけどね」と言葉を濁してもいる)。

また、『GZ』が「平和(ピース)が終わる、Vが覚める。」というキャッチコピーを掲げている通り、ビッグボスのことをしている一面もある。
前作である『MGSPW』で、ビッグボス仲間達に「勝利のボスVIC BOSS)」と称されるシーンがあるからである。

だがE3 2014での最新トレイラーにて初めて、Vの答えを公式が示した。
それは「VENOMが覚める」。つまり、である。

主な特徴・従来作品からの進化

今作は、オープンワールドゲームデザインの要としている。
従来にべて、行動の自由度が高く、潜入経路や手段などを自由に選ぶことができる。

しかし、スカイリムのような大きな一つの世界攻略するオープンワールドではなく、それぞれがサンドボックスとして独立しているステージを、ヘリコプターで移動しつつ攻略するという、いわばステージ攻略ゲームになる。つまり、『MGSPW』のスタイルの延長線上にあるといってよい。
そのため、狭義の「オープンワールド」(例えば『スカイリム』や『ゼルダの伝説』、あるいは『GTAV』のような作品)には該当しない。

リアルな時間・天候変化

ゲーム内ではリアルに進行し、フィールドの明るさや、影の具合が時間によって刻々と変化する。
も同様で、砂漠にある基地(?)に潜入する際に砂嵐に襲われる描写がトレイラーで確認された。晴れている状態では使用が難しい潜入ルートも、砂嵐にまぎれれば有効なルートになるのかもしれない。

ヒデラジでの発表によれば、現時点では、現実での4倍程度のさ(=ゲーム内での24時間が、現実では6時間ほど)で進行するように調整しているという。

FOX ENGINEのテックデモにおいては、当初発表した『GROUND ZEROES』のトレイラーと時間を、の降るから、よく晴れに変更してそのまま上映するというデモも披露されている。

さまざまな乗り物

本作ではジープ装甲車戦車に乗ることが出来ることが確認されている。

乗り物に乗っている間もアクションをとることが出来る。
例えば、に乗って敵集団の横を通過する際には、の体に隠れるように敵の反対側にぶら下がり、通過した後にはまた上に戻る、といったものや、敵のトラックが一時停止している隙に荷台に乗り込むといったものがある。

新たなアクション

建物と建物の間を飛び越えたり、中腰での移動から飛びのいて匍匐に移行したりといった、従来作品にはないアクションが追加されている。
敵と至近距離で正対した状態から銃器を奪いすぐさま撃を行うなど、CQCパターンも変化しているようだ。

敵に発見された間、一時的にスローモーションになり、その間に敵兵にカウンターをかけて排除することで、危険フェイズへの移行を防ぐ「リフレックスモードの要素がある。

便宜的に「危険フェイズ」と記述したが、本作では「フェイズの残り時間を示す数字」は表示されない。
しかし、作中の「戦闘態勢」「捜索態勢」「態勢」は、それぞれ従来の「ALERT」「EVASION」「CAUTION」に相当するため形としての「フェイズ」は存在しており、「ノーアラート」のやりこみは可である。

また、敵兵を視界に収めることでマーキングすることが可であり、一度マーキングした敵はその頭上にマークが表示され、位置を把握しやすくなる。同じくステルスアクション要素の強い『FarCry3』などには、先んじて、非常によく似たシステムが登場している。

逆に、『MGS3』から登場していたカモフラージュ率、LIFEゲージ、スタミナゲージなどの要素は、本作では導入されていない。
これはインターフェイスを極排除することでリアル感、緊感を高める小島監督の思惑から来ている。

その他

自称「レンズフレアフェチ」の小島の意向か、サーチライトなどがプレイヤーを捉えている状態ではそのフレアを画面内に発生させる。これは、敵がこちらを視界に収めてはいるものの確認してはいない、という状態を表すシステムで、この状態で動くと見つかる。

今作にもマザーベースが登場し、アイテムや武器の製造を行うことが可(ただし、トレイラーの描写や、発表されているあらすじを見る限りでは、従来のMSFマザーベースは『GROUND ZEROES』にて壊滅するため、新たなマザーベースが『THE PHANTOM PAIN』で作られることになる。

ファミ通でのインタビューによると、従来のような、大量のムービーシーンを使用して、順番に伏線られ回収されていくという作からは路線変更している。フィールドに存在するカセットテープをはじめ、資料ファイルを自で回収することで、それぞれの人物の物語背景明らかになっていくという、物語展開の新たな形がとられるという。

また、スマートフォンとの連携が可で、スマートフォンタブレットがレーダーマップ代わりになってくれるという。
ただし、「Wi-Fiが使える環境」でないと利用できないとのこと。 
詳細は公式サイトへ。 

略歴

今作は、まったく別のタイトルゲームとして一部を発表するなど、非常に凝った手法でその内容が発表された。その様子を、現在に至るまで以下にまとめる。

関連動画

グラウンド・ゼロズ


※当初発表された『GROUND Zeroes』の映像

ザ・ファントムペイン

↑が2014年トレイラー


※こちらは開時、MGSVであることも小島作品であることも伏せられていた。

トレイラーミュージックについて

MGSシリーズメインテーマなどをBGMにしてきたこれまでのシリーズ作品と違い、現時点では、発表されるトレイラー毎に、特定ボーカル曲をBGMに使用している。

関連商品

グラウンド・ゼロズ


ザ・ファントムペイン



関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

公式サイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/mgsv
ページ番号: 5064878 リビジョン番号: 2256535
読み:メタルギアソリッドファイブ
初版作成日: 13/04/01 22:11 ◆ 最終更新日: 15/09/04 01:22
編集内容についての説明/コメント: 発売に合わせて一部内容変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MGSVについて語るスレ

216 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 11:34:23 ID: uX0v13WZ1l
そういやどっちも寄生虫絡んでるなw
217 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 03:54:33 ID: 4Cptm4F05E
機密情報データのテープのピーガー音をデコードしたらポートピア殺人事件のソースが出てきたってのはあまり話題にされてないの?
218 : ななしのよっしん :2017/06/17(土) 15:32:37 ID: o4Hm5fbSlq
Vはストーリーよりもゲーム性重視だったな
ゲーム性だけならMGS全作品の中でも間違いなくトップ
ただは多くはらずただただ悲しい物語ダークソウルの様な)が好きだから個人的にはストーリーも一番よかった
コナミじゃなければの王プレイできたんだろうと思うと悔しくて仕方ない…
219 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 19:14:34 ID: u53F7/2csV
復讐ってテーマスカフェイスの話についていけなくてどういうことだ・・?ってなってたけど現実イスラム国の報復問題見てああってなった
やっぱすげーわ、小島監督日本ゲーム監督の中じゃってか世界監督の中でも頭一つ抜けてる
説教ゲーって言われることもあるけどこんな深いテーマを描ける人が他におるやろか
220 : サンズ :2017/09/01(金) 00:35:53 ID: dfKu1/PQft
すごい発見をしてしまった
ただOSTに入ってるだけでは違和感のあったこの曲
https://www.youtube.com/watch?v=wlp8GimssgI
(A phantom pain)

なんだが、この歌の歌詞意味深すぎる
内容はどうやらヴェノムビッグボスのお互いの心を歌っているもののようだけど
つべコメントにもある通り(英語だが)、ヴェノムは実はビッグボスについていったことを後悔しているのでは?と
MG1でヴェノムが送り込まれたソリッドに討たれるのはビッグボスの誤算ではなく、ビッグボス意だったと
ヴェノムMG1までにビッグボスを怒らせる”何か”をしてしまい、ビッグボスに間接的に討たれる
だからこそ「パニッシュド(消された)スネーク」なのでは?と
今日からお前ビッグボスだ」の通り、ビッグボスビッグボスと認められたヴェノムは、己が思うビッグボス像(=己が思う正義)を遂しようとした?
221 : サンズ :2017/09/01(金) 00:37:55 ID: dfKu1/PQft
そこで核エンドヴェノムセリフを思い出してみると
たちに明日はない。だが、未来を夢見ることは出来る・・・と。
けれど、たちが今を必死に生きようとするほど・・・
未来は遠くなって行った。
もう生きてるうちには理だろう。
だからこそ・・・今すぐに始めなければならない。
いつかたちがいらなくなる。
人を傷つける具も。
自分の中のを捨てて、今日より良い明日を創る。
それがの・・・たちの、生きたになる。そうだな・・・ボス?」

というセリフが違ってきたものに見える
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
222 : ななしのよっしん :2017/09/05(火) 12:15:56 ID: JdILt8U+Ky
>>220
この曲って他の80年代曲と同じ版権物かと思わせといてオリジナルなんだよね
あくまで「MGSV世界80年代にある曲」って設定で。MGSでは恒例のネタw
223 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 14:20:10 ID: cs0BafP3Pw
>>221
い解釈だな、それ
ヴェノムってMGS3の記憶が曖昧、つまりザ・ボスという大切な人を殺めた記憶がないんだよね
あるのはそれ以後のビックボスという人格だけ
あくまでザ・ボスの意志にたどり着けたのは暗示と催眠の中でかすかに残されたメディック個人の意志って見方もできるが個人的にはザ・ボスを殺さなかったもう一人のビックボスがたどり着いたってのがいいな
それをもう一人のビックボスが殺すと。まさにの罪だな
224 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 10:26:01 ID: thg9yiOC89
パニッシュドスネークには消された(られなかった)スネークという意味だけではなく
罰されたスネークという訳し方も出来る
225 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 22:04:17 ID: uSH4PHrYpn
>>223
すごい泣ける
その意図の中にはヴェノムビッグボスと認めつつも自分を本当の意味でえられてしまうというか
ザ・ボスが生きていたら自分よりヴェノムビッグボスとして受け入れるのではないだろうかという焦燥感もありそう
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829