単語記事: MOLA

編集

MOLAとは、神奈川県に本拠を置くエンジニアリング会社であり、SUPER GT参戦しているレーシングチームである。

概要

2014年チーム体制




SUPER GT
エントラント MOLA
監督:大 俊臣  チーフエンジニア根岸
カーナンバー 46 カテゴリ GT500
マシン S Road MOLA GT-R
ドライバー 本山哲 / 柳田
ベース車両 日産 GT-R
搭載エンジン NR20A 2リッター直列4気筒直噴ターボ
タイヤ ミシュラン

1988年に会社設立。レーシングカーメンナンス・設計業務を行う。
F3JGTC戦車両のメンテナンスを担当する傍ら、スーパー耐久F3000などに、自社チームとして参戦していた。

2005年よりSUPER GT300クラスフェアレディZで参戦。日産支援を受けており、日産系のドライバーが所属していた。
初期は2台体制を布いていた時期もあった。

2008年には星野安田裕信組でドライバータイトルチームタイトルの2冠を制覇した(同シーズン第6戦・鈴鹿1000kmレースで優勝)。
ただし、このシリーズチャンピオンが決定した最終戦富士での出来事で、レース終了直後から揉め事が起こることとなり、正式にチャンピオンとして認定されたのはそれから一ヵ月経った後だった。

2010年は、横溝阿部コンビで、GT500から“移籍”したハセミモータースポーツ日産GT300への支援の重点が置かれ、尚且つ前年まで所属してたドライバー二人がそのハセミへ移籍。加えてメインスポンサー不在の状況に開幕直前まで参戦が危ぶまれたが、2年ぶりのSUPER GT参戦となるコンビで出場がった。

シーズン開始後はそのハセミを差し置き開幕戦で2位、2戦で優勝を成し遂げ、幸先のいいスタートを切ったが、3戦以降失速。最終戦までチャンピオン争いに加わっていたが、最終的には6位でシーズンを終えた。

2011年シーズン。前年、4台体制から3台にGT500戦車両を減少させていた日産営には、4台に戻す、と言った噂が流れていた。その4台チームについて、くから前年王者のハセミではなくMOLAであるという情報が流れ、実際にMOLAGT500昇格となった。
ドライバーは、前年に星野と共にハセミモータースポーツチャンピオンとなった柳田孝(星野GT300A speedへ移籍)とロニー・クインタレッリ。
GT500昇格初年度ということもありどれぐらい戦えるかと言われていたが、始まってみればミシュランタイヤとの相性が抜群に良く優勝は1回だけだったが2位4回と安定した成績を残し、GT500チャンピオンを獲得した。

2012年シーズンも同じ体制で挑むも、開幕から3戦では思うようにポイントを挙げられなかった
しかし第4戦のSUGOで3位表台を獲得すると、続く鈴鹿1000kmで優勝、富士300kmで2位、さらにオートポリスで優勝を飾り、4連続で表台に上がる成績で、史上初同じドライバーコンビニよる2年連続チャンピオンを獲得した。

2013年チャンピオンドライバーが二人がってNISMOに移籍、代わってNISMOからエースドライバー本山哲が移籍、パートナーには全日F3チャンピオンで、昨年はNDDPGT300に参戦していた関口雄飛が昇格する形で移籍した。
メインスポンサーは長らく務めていたS Roadに代わってパチンコホールの麗都(REITO) となった。開幕戦岡山の予選では関口が好タイムを記録したものの、スピンし旗要因を作ってしまいタイム消となった。第4戦の予選では、Q1・Q2共にトップタイムを出しポールポジションを獲得。決勝では38号立川と接触し勝負権を失った。最終戦以外は全て入賞したものの、ドライバーチームラキングは12位シーズンを終えた。

2014年GT500クラス車両ドイツツーリングカー選手権車両規則を統一化。それに伴い、規定に合致した日産・GT-Rで参戦。ドライバー本山哲NISMOから移籍した柳田孝。メインスポンサーは、S Road

戦績

参戦年 カテゴリ No. 車両名/ベースマシン(タイヤ) ドライバー 優勝 順位(D/T)
2005 GT300 46 Dream Cube's ADVAN Z
日産フェアレディZ Z33(YH)
星野青木孝行 1(Rd.5) 5/5※1
47 CCI リカルデント ADVAN Z
日産フェアレディZ Z33(YH)
清水剛/藤井 - 18/5※1
2006 GT300 46 吉兆宝山 DIREZZA Z
日産フェアレディZ Z33(DL)
佐々木孝太/番場 1(Rd.5) 7/8
47 吉兆宝山 DIREZZA Z
日産フェアレディZ Z33(DL)
長島安田裕信 - 20/15
2007 GT300 46 宝山 DUNLOP Z
日産フェアレディZ Z33(DL)
佐々木孝太/横溝 - 7/7
47 宝山 DUNLOP Z
日産フェアレディZ Z33(DL)
一/密山祥 - 9/8
2008 GT300 46 MOLA レオパレス Z
日産フェアレディZ Z33(MI)
星野安田裕信 1(Rd.6) 1/1
2009 GT300 46 エスロード MOLA Z
日産フェアレディZ Z33(YH)
星野柳田 1(Rd.6) 7/6
2010 GT300 46 MOLA Z
日産フェアレディZ Z33(YH)
横溝阿部 1(Rd.2) 6/6
2011 GT500 46 S Road MOLA GT-R
日産 GT-R (MI)
柳田孝/ロニー・クインタレッリ 1(Rd.4) 1/1
2012 GT500 1

S Road REITO MOLA GT-R
日産 GT-R(MI

柳田孝/ロニー・クインタレッリ 2(Rd.4,7) 1/1
2013 GT500 1

REITO MOLA GT-R
日産 GT-R(MI

本山哲関口雄飛 - 12/12
2014 GT500 46

S Road MOLA GT-R
日産 GT-R(MI

本山哲柳田
 備考: タイヤYHヨコハマ DLダンロップ MIミシュラン
      ※1チームポイントは合算方式

2008年シーズンのチャンピオンマシン

2008年終戦MOLAは参戦車両・“MOLA レオパレス Z”のカラーリング鏡音リン・レン仕様にし、最終戦のサーキットに搬入した際にその姿が披露され、周囲を驚かせた。

 MOLAホームページ「チャンピオン獲得を目指す当チームに強力な応援が!」
 星野一樹オフィシャルブログ「鏡音リン・レン」
 安田裕信オフィシャルブログ「NEWスポンサーGET」

結果として「SUPER GT300クラスを制覇した初の痛車」となり、2008年チャンピオンカーとして、その姿で雑誌などに取り上げられる事となった。

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/mola
ページ番号: 4136587 リビジョン番号: 2073596
読み:モーラ
初版作成日: 09/08/05 23:56 ◆ 最終更新日: 14/08/21 14:11
編集内容についての説明/コメント: vaververeveve
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MOLAについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2009/08/06(木) 00:07:23 ID: 1RL0dbgJlb
記事立ち上げ。
この勢いでじゃんじゃん行くよ。

安田選手は何故ミクZ4のピットに来てくれるんだろうか?
2 : ななしのよっしん :2012/03/17(土) 14:30:53 ID: jm4UqUvGE7
なのはSロードの輸入販売店だから
サーモンのS
3 : RERA_X :2013/04/22(月) 02:41:17 ID: 78v1B3PB8d
チャンピオンチームなのに2年近く更新されてないのはどうかと思う。
ということで更新
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015