単語記事: MOTHER

編集

3535
(このおんがくをききながら きじを およみください)

MOTHERとは、1989年7月27日任天堂から発売されたコンピュータRPGである。
キャッチコピーは「エンディングまで泣くんじゃない」。

概要

ゲームデザインコピーライター糸井重里。開発はパックスソフトニカエイプ。

新すぎるアイディアが盛り込まれており、著名人等にもファンが大勢いる作品になった。

当時のコンピュータRPGDQ)が中世ヨーロッパ魔法ファンタジー世界を舞台としていたのに対し、本作では現代を舞台にしており、普通の人・動物(中盤以降は宇宙人・怪物)が敵として出現するが、「敵を殺す」ということはく、撃退すると「われにかえった(人の場合)」「おとなしくなった(動物の場合)」と表示される。

ポケットモンスターの元になったゲームでもある。
元祖ポケットモンスターゲームボーイMOTHERを再現するのが的であり、ポケットモンスター主人公帽子をかぶった少年は、この「ぼく」がモデルである。(自転車を乗るシーンネスモデル)→参照

舞台

1980年代1988年)のアメリカのある架の田舎町・マザーズディから物語は始まる。ある日突然起こったラップをきっかけに、世界で起こる怪奇現を調べる為に主人公に出る。

ストーリー

 

1900ねんだいの はじめ


アメリカのいなかまちに くろくものようなかげがおち

ひとくみの ふうふが 

ゆくえふめいに なりました。

おっとのなは ジョージ。 つまのなは マリア

2ねんほどして ジョージは いえにもどりましたが

どこにいっていたのか なにをしていたのかについて

だれに はなすこともなく

ふしぎなけんきゅうにぼっとうするようになりました。

つまの マリアのほうは

とうとう かえっては きませんでした。

 

登場人物

ぼく

マイホーム周辺主人公マザーズディの北東に住んでいる。
ご近所さん(なのだがかなり距離がある)に、行方不明になった女の子ピッピがいる。
不思議な研究に没頭した曽祖…よりも曾祖マリアの方の血を受け継いだのか、テレパシーが使える。

武器はバットで、打撃をこなす一方で回復・補助のPSI超能力)を覚える万タイプ
ただし喘息持ちで、排気ガスを吸うと喘息の発作が起こってしまい、攻撃できなくなる為、等の排気ガス攻撃を使う敵は対策がいと何も出来ない。

ロイド

サンクスギビングティンクル小学校に通う少年機械興味があるが、気弱な性格な為、いじめられている。
スウィートリトル工場にあるペンシルロケットを渡すと仲間になってくれる(その際、教室爆発する)。

PSIは使えないが、エアガン等の武器を使って戦う。
ロイドの武器は2種類しかないため貧弱だが、消費系の攻撃アイテムにはロイドにしか使えないものが数多く存在する。

いじめっ子から逃げる為に屋上にあるゴミバケツに入っている。因みに父親も何故か湿地帯でゴミバケツに入っている。

アナ

スノーマンの教会のレインディア帽子を忘れており、それを届けると仲間になってくれる。
母親宇宙人に攫われている。

主人公同様PSIが使える。
こちらは所謂魔法使いタイプで、本人の攻撃等は低い(最強非売品武器でも、ショップで買える「ぼく」の武器と同レベル)が、「ぼく」にはい攻撃系PSIが多数使用できる。

テディ

バレンタインに住む、不良達のリーダー
ライブハウス主人公とのタイマンの後、ロイド入れ替わり仲間になる。
両親を宇宙人に殺されたらしく、それが影ですさんだらしい。

PSIいがが強く、武器も実戦的な物(ナイフ等)を使うため、戦闘力が非常に高い。

ピッピ

主人公お隣さん。序盤で行方不明になっており、発見してからに帰るまでの間だけ一緒に戦ってくれる。
ステータスの伸びが恐ろしく優秀で、うっかりすると主人公を追い越しかねない。
に帰ったあと、お礼として主人公フランクリンバッヂをくれる。元ネタは童話「長靴下ピッピ」。

イヴ

終盤で仲間になる巨大なロボット。その見た通り非常に強で、主人公達が苦戦するラストダンジョンの敵を片っ端から薙ぎ倒してくれるが、すぐに離脱してしまうため活躍の期間は短い。
あるテクニックを利用することで彼女を連れ回すことも可だったが、リメイクで修正された。

フライングマン

幻想的な世界マジカントに住んでいる鳥人間。五人兄弟で、そのうち一人が主人公と一緒に戦ってくれる。
戦闘力はさほど高くなく、また回復させてやることが出来ないためすぐに倒れてしまう。
そして、彼らだけは本作の登場人物の中で死ぬ。倒れたら死ぬ。それっきりである。
その後彼らのに行くと横に墓が建っており、中にいる他の兄弟に話しかけると全滅するまで仲間にできる。

「アニハ ウツクシク タオタト キキマス。」

ギーグ

 

全てがに包まれている存在。どこから来て、何を的としているのか…。

主人公の名前について

主人公の名前は様々な名前が付けられている(マザー科では「ニンテン」。小学館以外のある攻略本では「マリオ」だったり「しぶちん」「CROSS」だったり、小説版では「ケン」だったり、ゲームブック版では「ダグラス」だったり、Wiiゲーム大乱闘スマッシュブラザーズX」では「にんてん」だったり、と様々)。

当時のファミコン攻略本では、会社の名前を主人公の名前にすることが多く、「ニンテン」で写真を載せた攻略本も多々あった(例:エニックス→えにくす スクウェア→すくえあ 任天堂→ニンテン)。

この主人公デフォルトネームについて、GBA版の「1+2」が発表された時、各種媒体に出回った画像では名前が「ネス」になっていた。 これは、海外ファミコン称がネスNES)だった為、そこからとられた2の主人公称。当事のファン達から「『にんてん』ではないのか?」という問い合わせが任天堂に殺到(?)した結果、その後出回った画像は「ネス」の部分が「ニンテン」に差し替えられていた…と言う逸話がある。

だが、「ニンテン」も「ネス」も正確なデフォルトネームではく、多数あるデフォルトネーム名前のうちの一つ。MOTHER1+2任天堂公式サイトでは主人公の名前は「ぼく」である。

なのでプレイするときは、あなた自身の名前かあなたの好きな名前を付けて遊べば良いと思うよ。

リメイク作について

2003年6月20日に、GBAソフトとしてMOTHERMOTHER2セット移植したMOTHER1+2が発売された。
本作では変更点や追加要素がある(『北米版MOTHEREarthBound Zero』について』も参照すること)。

「MOTHER」こぼればなし

(他に何かあったら追加して下さい)

北米版MOTHER『EarthBound Zero』について

EarthBound Zero』は海外版『MOTHER』の名称とされているが、MOTHER』は日本以外では発売されていないので誤りである。以下にその概要を記す。

MOTHER』『MOTHER2』『MOTHER1+2』『MOTHER3』のうち、正式にローカライズされたのは『MOTHER2』だけであり、北市場では『EarthBound』という名称で発売された。海外ユーザーが合法的に『MOTHER2』以外を遊ぶには、個人輸入した上で日本語と格闘しながら遊ぶしかなかった。

1998年インターネット上のある掲示板で、Mariottiと名乗る人物が『EarthBound NES』なるプロトタイプ版(ROMイメージではなくカートリッジ)を100ドルで販売するという投稿を行った。しかし、このカートリッジをどう入手したかは明言されておらず、NOANintendo of America)の関係者から譲り受けたか、あるいはこっそり持ち出したものではないかと推測されている。結局このカートリッジには買い手がつき、Kenny Brooks が100ドルで購入している。

それと同時期に、Neo Demiforceと名乗るグループが『MOTHER』の英語翻訳ファン翻訳)に取り組んでいた。やがて彼らは知られるようになり、接触を試みるようになる。しかし Kenny はこのカートリッジを Demiforce に売却(あるいは貸し出し)すると、ROMイメージを吸い出されることで希少価値が低下することを恐れていた。

結局、Kenny400ドルでカートリッジを貸し出すことに同意した。Demiforce の元には複数のユーザーから出資が行われ400ドルに達している。そしてROMイメージは吸い出され、オンライン上で拡散されることとなった。

ROMイメージは、当時流だったエミュレータでは正常動作しなかったが、TrelaneQプログラムを少し修正することでその問題を解決した。さらに、『MOTHER2』と『EarthBound』とのタイトル混乱を避けるために、タイトル画面を『EarthBound Zero』に変している。

以上が『EarthBound Zero』が生まれるまでの経緯である。

プロトタイプ版については『MOTHER』をハックして英語翻訳したものをROM交換して作られたフェイクではないかという意見が多く見られた。しかし2003年に発売された『MOTHER1+2』では、『EarthBound Zero』に見られる様々な仕様変更(カラスタバコを持っていないなど、北タバコの表現規制が厳しい)と一致する箇所が多く、プログラムレベルでも一致する箇所が確認されている。そのためプロトタイプは限りなく本物であるということ、そして『MOTHER1+2』に収録されている『MOTHER』は海外版の逆移植であるいうことがほぼ確実視されるようになった。

余談として、海外版のMOTHERプロトタイプカートリッジは5本存在していることが確認されている。しかし eBay にはプロトタイプ版なるものが多数出品されているが、これらは全て偽物である。また、プロトタイプGBA版ではスタッフロールBGMが異なり、GBA版だとパラダイス鉄道テーマになっている。ちなみにゲーム中では区間によって最大1ループ程度の曲だが、スタッフロールでは2ループ程度まで聞く事ができる。

『EarthBound Beginnings』

2015年6月14日(現地時間)、E3に合わせて開催されていたイベント任天堂ワールドチャンピオンシップ2015」が始まる直前、本作の公式海外版「EarthBound Beginnings」が、Wii Uバーチャルコンソールで配信されることが糸井重里ビデオメッセージによって明らかにされた。海外ファン待望の移植発表に、会場は大歓に包まれた。

同日、北欧州日本において配信が開始された。

関連動画

↓当時のMOTHERCMニコニコ動画で現存する最古のMOTHER動画でもあります)

関連静画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

ピコカキコ

520
3612
3668
3679

きこえたかい?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/mother
ページ番号: 230309 リビジョン番号: 2220695
読み:マザー
初版作成日: 08/06/11 23:50 ◆ 最終更新日: 15/06/17 22:04
編集内容についての説明/コメント: 概要にRPGの舞台などについて少し加筆、関連項目3件追加、ほか細部の修正を行いました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


アースバウンドゼロ

ぼく

MOTHER

ギーグ

Mother's Day

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

工場
イースター(途中)
Wisdom of...
humoresqu...
[FC] MOTH...

MOTHERについて語るスレ

415 : ななしのよっしん :2016/03/05(土) 07:02:47 ID: vAGrUfxvxj
>>413
ドット絵も細かいしBGMストーリーもいい。
ただ当時の新は今の古典。当時は中世ファンタジーが多い中で現代を舞台にした作品というのは新だった。

思い出補正ってやつとはまた異なる。このゲームクオリティ自体は今でも高い。
ただマクドナルドが上陸した時は「こんな美味いもの食べたことがない」と言ったわけよ。洋が上陸した時はみんな「洋しく」見えたわけよ。先駆者ってのはそんなもんだ。
416 : ななしのよっしん :2016/03/08(火) 16:00:31 ID: 5achJIni7v
前から思うけど映画はいつ開するんだろう
417 : ななしのよっしん :2016/03/14(月) 22:32:19 ID: bQZqGFGAI+
子供の頃に探検ごっことかしてたかどうかでだいぶ評価変わると思う
大人になって久しぶりにやったら、何かありそうで特に何もないフィールドの広さが
何か起きるんじゃねーかなってワクワクながら見知らぬ場所を探索して
結局特に何もなかったなーでもあのワクワク感が面かったわ~っていう
その頃の郷愁を想起させて素晴らしいと思った、そういう意味ではこれぞRPGって感じ
418 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 00:04:05 ID: nikuYVPWHZ
>>417
自分は以前から最近のRPGに物足りなさを感じてたんだけど、うまく表現する事ができなかったんだ。なんでだろーなんでだろーと思っててもなぜだか説明できなかった。でも417さんの文章を読んで
モヤモヤ感が吹き飛んだ。まさに自分もそう思う。気付かせてくれてありがとう
419 : ななしのよっしん :2016/04/21(木) 23:12:23 ID: HM8PN+aB4l
いいね!
420 : ななしのよっしん :2016/04/27(水) 20:42:51 ID: 2A8xtcNCHq
MOTHER主人公達が飛び入りで歌を歌うイベントがあるけど、アメリカではオープンマイクって言う客が店のマイクで飛び入りでパフォーマンスを行うスタイルがあるらしいから、あのイベントってオープンマイク主人公達がやってたんだな。アメリカが舞台のMOTHERらしい。
421 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 16:07:34 ID: VzGVxzXWAV
>>sm869591
※視聴注意
昔、この動画に出会って興味を持って「未使用キャラ」とか「没敵」とかで検索をしまくっていたら、
マザーの没敵画像にピッピが居た」という記事に辿り着いた。
そのピッピと思われる少女の敵グラは、ゲーム中に表示されるピッピキャラよりも頭身が子供よりに見え、
何よりカラーリングがおかしかった、肌がかった。

で、最近ある考えに辿り着いた。
上記の動画の内容は所謂「未使用の敵キャラ画像」なのだが、未使用になった理由は諸説あるが、
総じて「キツい」からというものだった。
上記動画の出典元であるマザー3自体が既に結構きついシナリオなのに、没敵没シナリオの方では、
それに輪をかけてキツイものに仕上がる予定だった、が、それじゃあんまりだと、
終盤に少しでも幸せな方向へ持って行く為に上記の敵キャラを未使用にし、シナリオを書き換え完成させた。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
422 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 23:45:21 ID: 3KROwV+X2s
曖昧さ回避として、英単の意味を記事トップに追加してほしい。
423 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 00:45:45 ID: OvVJLtxm5Y
>>421
記事も見てきたけど、ガチっぽい。
確かにこれはゾンビ化したピッピと考えるのが妥当じゃないか?
そしてそれを倒すという事は・・・・・
そりゃあ没にもなりますな。
424 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 22:20:11 ID: gAIF1eFV6Q
>>423
ピッピの初登場が棺桶の中だからゾンビ化したピッピを元に戻すって事じゃないのか?どこかの没ネタをまとめたサイトでそういう解釈してそれっぽいゲーム画面とセリフ作った人いたけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015