単語記事: MOVIE大戦

編集
ネタバレ注意 この項は、各作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
(特に開中の作品)
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

MOVIE大戦とは、平成仮面ライダーシリーズの登場人物たちが競演する、劇場用のクロスオーバー作品のシリーズ名である。

概要

その年に放映中の仮面ライダーと前年度に放映された仮面ライダーの各エピソード、および両仮面ライダーが共演するクロスオーバーエピソード、という計三部構成を基本とした「お祭り映画」的なシリーズとなっている。

シリーズ劇場版というと8月頃にスーパー戦隊シリーズとの同時上映が通例であったが、本シリーズが始動してからは仮面ライダーは少なくとも二回、多い時は四回以上も劇場版に登場する事になる。東映さん映画作りすぎでしょ

各作品共通の要素として「複数の章で構成」「最終章は二大ライダーが共演」「放送中の新ライダー・新フォームの先行お披露」などがある。

ニコニコ動画ではアルティメイタム以降の作品を有料公式配信中。

仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010

主要登場人物

仮面ライダーディケイド

仮面ライダーW

ゲスト

スーパーショッカー

第1ステージ<仮面ライダーディケイド 〜完結編〜>

本放送で物議を醸した最終回後に本章の予告編が「本当の終わり」として開され、これがMOVIE大戦の予告となった(この時既にWの劇場版開する事が決まっていたが、共演パートはない予定だった)。
ただしこの予告は予告として流すためだけに撮影されたもので、本編では一秒も使われていない。ダークディケイドと思わしきライダー本編ではも登場しない。その代わりのようなライダーとして「仮面ライダーディケイド情態」「仮面ライダーキバーラ」が登場する。
その他、放送でも共演した九つの世界ライダーも集結する。

余談だが、本章も最終回以上に中途半端な形で一旦幕を下ろしたため劇場で然とした人が多くいたとか。

第2ステージ<仮面ライダーW 〜ビギンズナイト〜>

第一話の一年前、左翔太郎フィリップが初めてWに変身したな舞台となる。二人はこの日の事を「己の今の生き方が始まった日」という意味を込めて「ビギンズナイト」と呼んでいる。
ゲストに本放送では一話の冒頭、後ろ姿しか映らなかったおやっさんこと鳴海荘吉/仮面ライダースカルが登場する。

本章では後に登場する「仮面ライダーW ファングジョーカー」がテレビ放映に先駆け先行お披露となった。

第3ステージ<MOVIE大戦2010>

ディケイドとWがそれぞれの運命と向き合った時、世界は繋がり、2人のライダーい踏みする。強大な敵・スーパーショッカーを倒すため、各世界ライダーも再び集結。
そして最終進化を遂げたネオ生命体を倒すべく、ディケイドは切り札を取り出す…。

二つの東映マーク(荒波のアレ)が並び立つという衝撃的なアバンで幕を開けたMOVIE大戦2010は二つのライダー世界が繋がり、ディケイドとWがを合わせて強敵と戦う。お互いに違う敵を追っていたが、ディケイドの相手があまりにも強大であったためか、Wが追っていたダミー・ドーパントはほぼ放置されてしまった。
この章ではディケイドがWに対してFFRのカードを使いWをサイクロンサイクロンジョーカージョーカーの二人に分離させ、必殺技を放った。ジョーカージョーカーサイクロンサイクロンを基にCG加工されており、ジョーカージョーカー単体のスーツは存在しないとのこと。

ちなみにディケイドとWは以前「オールライダー大ショッカー」で共演しており、お互いにそれを覚えているという設定であった。他にも随所で「オールライダー大ショッカー」と繋がっていると見受けられる場面が存在する。また、これ以降のMOVIE大戦でも映画と連動し、二人のライダーは知り合いであるパターン確立されている。

エンディングラストは後に仮面ライダーアクセル変身する照井竜メモリだけ持って登場している。

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE

主要登場人物

仮面ライダーW

仮面ライダーオーズ

ゲスト

グリード

「仮面ライダースカル メッセージ for ダブル」

風都ヤミーが出没するという中途半端なクロスオーバー要素を携えた事件から物語は始まる。
本作も前作と同じく過去にスポットが当てられており、前作のゲストキャラだった鳴海荘吉/仮面ライダースカル過去=ビギンズナイトが明らかになる。故にWが活躍する機会はどないと言える。
本作のオリジナルライダーとして壮吉の未熟な思いが表れた「仮面ライダースカルクリスタル」が登場する。

本作に登場するプテラノドンヤミーはメモリーメモリを持ち「仮面ライダーの記憶が溢れる場所」をめて風都を訪れた様で、これがMOVIE大戦COREに繋がっていく。

あらすじは「仮面ライダーW」の該当項を参照。

「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」

本作の脚本は本放送のメインライターである小林靖子ではなく、平成仮面ライダーシリーズでほぼ毎年脚本として関わっている井上敏樹が担当している(小林は脚本監修を担当)。
おまけに脚本は本放送の撮影前に完成させないといけなかったため、主人公火野映司を始めとした登場人物のキャラクターとてもちょっとおかしい、という感想が見受けられた。
ちなみに変身者が違うものの、後に本放送に登場する仮面ライダーバースが初お披露となる。また恐竜系のヤミーも先行お披露となったが、このヤミーを生み出したとされる恐竜グリード(「ギル」という名前で呼ばれていた)はTVシリーズでは「現代で新たに生まれたグリード」だったため、本作は設定の違いによるパラレルワールドと推測される。

本作に登場する「ノブナガ」は甲殻類コアメダルとしており、これがMOVIE大戦COREに繋がっていく。

あらすじは「仮面ライダーオーズ/OOO」の該当項を参照。

「MOVIE大戦CORE」

プテラノドンヤミー()の持つガイアメモリノブナガの身体を構成していたコアメダルにより悪な怪物・仮面ライダーコアが誕生した。コア暴走を止められるのはWとオーズ、二人の仮面ライダーしかいない!
地球の核(コア)で最も熱い戦いが始まる!

オーズとWが共演し、共通の敵である仮面ライダーコアに立ち向かう。その一方で仮面ライダーアクセル仮面ライダーバースが共闘する場面もあるので、一号ライダーと二号ライダーの共演が実現したとも言える。
この時のバース装着者は後藤慎太郎で、当初は本放送でも後藤変身するものと大半の人が思っていたが、実際は新キャラクター伊達明であった。後藤バース変身はこれより半年後となる。

本章に登場する大ボス仮面ライダーコア全にCGで作られた初のライダーである。コアを倒すためにオーズアンクの持つメダルでタジャドルコンボに変身した(本編に先駆けてお披露)。Wはその勢いで映画AtoZ)で登場したサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム変身している。

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX

主要登場人物

仮面ライダーオーズ

仮面ライダーフォーゼ

仮面ライダーW

栄光の7人ライダー

ゲスト

財団X

第一章<幕開け 戦え! 伝説の七人ライダー>

巨大隕石群が地球に飛来した。にあるラビットハッチに滞在していた如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼや、世界中を放浪している火野映司/仮面ライダーオーズもその様子を撃していた。
時を同じくして「財団X」が動き出した。的は隕石に付着した物質「SOLU」を回収するため。これを阻止するべく、世界中で「伝説の七人ライダー」が財団Xしい戦いを繰り広げ始めた。果たして財団Xは何を企んでいるのか?

本作より全三部構成であったMOVIE大戦プロローグパートともいえる「序章」が追加された。
全ての事件の切っ掛けが描かれており、地球危機をいちく察した1号2号、V3、ライダーマン、X、アマゾン、ストロンガーの7人の仮面ライダーが登場する。二号のマスク仕様になっており、これはストロンガーに客演した時の再現である(監督を担当した坂本浩一く「マスクくないと栄光の7人ライダーじゃない」とのこと)。

第二章<仮面ライダーオーズ アンク復活と未来のメダルとつながる希望>

隕石落下による時歪みが生じ、現代と40年後の未来が繋がってしまった。未来より現れた仮面ライダーポセイドンは現代のライダーを倒す強欲望を持ち、ポセイドンを倒すために召集された二人のバースが立たなかった。
コアメダルを失い、仮面ライダーオーズ変身できなくなった火野映司もまた召集を受け、日本に帰ポセイドンに立ち向かうが、そこには消滅したはずのアンクの姿もあった…。

オーズ/OOO映画作品としては初めて本編と連動したストーリーになっており、アンクが消えた最終回から数カ後を描いている。MOVIE大戦パートは全体を中島かずきが脚本を担当しているが、オーズパートのみ本編と同じく小林靖子が脚本を担当している。

本作のオリジナルライダーとして湊ミハル変身する「仮面ライダーポセイドン」「仮面ライダーアクア」が登場する。未来からやってきた仮面ライダーで、財団Xポセイドン変身に使用している「未来コアメダル」を手に入れようと論む。
また、本放送で一流れなかったシャウタコンボのテーマソングShout out」も劇中で初めて使用された。

第三章<風都 暗躍する陰謀 颯爽! 仮面ライダージョーカー>

風都の私立探偵左翔太郎財団Xが何かを輸送している現場に遭遇する。これを阻止せんと翔太郎は仮面ライダージョーカー変身し、財団に立ち向かった。
一方、伝説の七人ライダーは首謀者であるレムカンナギを追い詰めるが…。

仮面ライダーWパートとも言えるブリッジパートオーズフォーゼ物語を繋ぐ役割を果たす。とはいえW自体は登場せず、せんべい汁にのめり込んでるフィリップに代わり、左翔太郎単独で「仮面ライダージョーカー」に変身する。いずれもTVシリーズと同じく桐山漣菅田将暉友情出演として演じている。

作中に登場するバイクハードイルダー」は昨年のMOVIE大戦において「スカルボイルダー」として使用するために塗装を変えていたが、本作のために再び元通りに塗り直した、という逸話がある。

第四章<仮面ライダーフォーゼ 撫・子・降・臨>

学園高校文化祭っただ中。如月弦太朗の所属する仮面ライダー部も研究発表を行う予定だったが、突然から女の子が落ちてくる。学生から「美咲撫子」という高校生であると判明したが、彼女を受け止めた弦太朗は今まで感じた事のない感情=心に見舞われる。
しかしなぜか撫子ゾディアーツに狙われているらしく、彼女を守るために弦太朗は仮面ライダーフォーゼ変身し、ゾディアーツに立ち向かう。その様子を見ていた撫子突然フォーゼドライバーによく似たドライバーを取り出し、仮面ライダーなでしこ変身したのだった…。
なぜ彼女はゾディアーツに狙われ、仮面ライダー変身できるのか?そして弦太朗の行方は…?

常々「そのうちやるだろう」と予想されてきた「学園祭」「恋愛」というテーマにスポットを当てる。フォーゼに限った話ではないが、本作はアクションを入れており、変身前の役者も多アクションを披露する。特に学園祭の中でのゾディアーツとの乱戦は弦太朗役の福士蒼汰お気に入りのシーンだという。

本作のオリジナルライダーとして美咲撫子変身する「仮面ライダーなでしこ」が登場する。同じくMOVIE大戦に登場した「仮面ライダーキバーラ」以来、シリーズ史上6人女性ライダーとなった。また、劇場版オリジナルフォームとして、「仮面ライダーフォーゼ ロケットステイツ」が登場する。

第五章<MOVIE大戦MEGA MAX 集結せよ! 栄光の戦士たち>

オーズフォーゼが追っていた共通の敵、財団Xレムカンナギはコアメダルとコズミクエナジーを秘めたスイッチを手に入れた。の野望を阻止するべくオーズフォーゼ、そしてWの三人の仮面ライダーカンナギ=銀河王に立ち向かう!

オーズフォーゼ、そしてTVシリーズより因縁のあったWが財団Xを倒すために夢の共演を果たす。さらにアストロスイッチオーメダルシリーズとして発売している(していた)ライダースイッチライダーメダルがまさかの劇中登場を果たし、物語において重要な役割を果たす。

オーズ側の新フォームとして、未来コアメダル変身した「仮面ライダーオーズ スーパータトコンボ」が登場する。オースキャナーのボイスを担当した串田アキラによる最後(?)のコンボボイスは必聴の価値あり。

本編ラストにはフォーゼの二号ライダーに当たる「仮面ライダーメテオ」及びその変身者である朔田流星クレジットでは「高校生」表記)がテレビ放送に先駆けて登場した。

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

主要登場人物

仮面ライダーフォーゼ

仮面ライダーウィザード

仮面ライダーW

仮面ライダーオーズ

怪人同盟

ゲスト

アクマイザー

  • ザタン
  • イール
  • ガーラ / ガーラッチョ

プロローグ

地底に封印されていたアクマイザーが復活し、ゲートから怪人を生み出す装置を開発した。
ファントムが訝しげに見守る中、アクマイザーの地上侵略計画は着々と進んでいた…

アクマイザーリーダー、ザタンは題歌も担当しているデーモン閣下を担当。
残りの二人も困ったときの関智一三ツ矢雄二である。

仮面ライダーフォーゼ

ゾディアーツとの戦いから5年後、新・学園高校の新人教師となった弦太朗のクラスには超能力を扱うグループ怪人同盟」がいた。ある日、リーダー格の三郎宇宙飛行士となったユウキの乗るシャトルの爆破を宣言した。
怪人同盟」を裏で操る男、番場を追って日本へ戻ってきた流星と共に仮面ライダー部は再び活動を始めるのだった。
しかし、番場の裏にはアクマイザーの影が…

フォーゼ本編から5年後、佐竹先生校長となった新・学園高校での騒動が舞台となる。
怪人同盟のメンバーの他、黒幕の番場、宇宙仮面ライダー部一の部員である美代子を含め、全体的にイナズマンオマージュが多い。

インガ・ブリンクや美咲撫子の再登場等、TVシリーズ劇場版を含めたフォーゼの集大成となっている。

仮面ライダーウィザード

アクマイザー達のアジトに乗り込んだ人達だったが、アクマイザーゲートアンダーワールドへ逃げ込んでしまう。
人、凛子も追ってアンダーワールドに入り込むが、そこは特殊な「美少女仮面ポワトリン」の世界だった。
人はゲートめさせ、限に生み出される怪人の群れを止めることが出来るのか!?

美少女仮面ポワトリンの登場ということで、脚本を原作メインライターを務めた浦沢義雄が担当している。
フォーゼパートより時系列が前である為、このパートの中では物語全体に跨る伏線り巡らされている。

MOVIE大戦アルティメイタム

アクマイザーの一人、イールを追って現代へ迷い込んだ弦太朗、流星撫子アクマイザーの野望を砕くため、ウィザードの待つアンダーワールドへ三人は飛び込む。更に、映からゲートに託されたリングで、W、アクセルオーズバースも駆けつけた。
今ここに、アクマイザー率いる怪人軍団と、8人ライダーによる大戦が始まる!

メインキャラ全員アンダーワールドに行ってしまったため一人取り残されたコヨミを守るために映も駆けつける。
フォーゼ側の新フォームとして、メテオフュージョンステイツになでしこを加えた「仮面ライダーフォーゼ メテオなでしこフュージョンステイツ」に、ウィザード側は「仮面ライダーウィザード スペシャルラッシュ」(姿はオールドラゴンに酷似しているが別物)に変身した。

バトルシーンは前年以上に手なアクションが繰り広げられるが、そんなものを吹き飛ばす程の沢脚本の頂が笑撃のラストを巻き起こす。・・・だろ・・・

また、例年通り最後にはウィザードの二号ライダーである仮面ライダービースト本編に先駆けて登場。

2013年8月11日より、東映ニコニコしあたーにおいて公式配信が開始されている。

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦

主要登場人物

仮面ライダーウィザード

仮面ライダー鎧武

ゲスト

仮面ライダーウィザード-約束の場所-

ある日、安0課の凛子と木崎、仁達は、人造ファントムの研究所を発見。そこで製造されていたカーバンクルを倒すために突入するが、ファントムオーガ乱入され、オーガカーバンクルを吸収されてしまう。喰ったファントムが物とするオーガの最後の狙いは、仮面ライダーウィザード人の中にいるウィザードゴンだった。
一方、グレムリンとの最終決戦の後、人はコヨミの形見であるホープウィザードリングを眠らせる場所を探し、を続けていた。そこにオーガが現れ、圧倒的な人を倒し、人はホープウィザードリングを奪われてしまう。
ホープウィザードリングを取り戻すために仁達と合流する人だったが、彼らの前に現れたのは、死んだはずのコヨミであった。驚愕する彼らのの前で、コヨミは白い魔法使いへと変身し・・・

仮面ライダーウィザード、最後の物語を描く後日談。映画オリジナル要素として、コヨミが変身する白い魔法使い、新登場のファントムオーガが登場。

仮面ライダー鎧武-戦極バトルロワイアル!-

沢芽最強のアーマードライダーを決める『戦極バトルロワイアル』が開催。鎧武バロン玄らアーマードライダー達がしい戦いを繰り広げる中、突如開いた時の裂けから現れた怪人。舞を連れ去ろうとした怪人を追い、紘汰達が飛び込んだ裂の先では、多くの仮面ライダーが『武神』と呼ばれ、下をして戦いを繰り広げている人々の守護者となっている世界が広がっていた。
戸惑う彼らの前に立ちふさがるのは、武神でありながら自らの意思で下をす『武神鎧武』。多くの武神ライダーを打ち倒した武神鎧武は、紘汰達にそのを向ける。
やがて人と仁もこの世界に現れ、最終決戦の幕が上がる。下を制するのは、果たして!?

クウガからフォーゼまでの歴代ライダーゲスト出演し、各作品に出演した歴代平成ライダーシリーズ俳優友情出演する。753最高です! さぁ、振り切るぜ!
映画オリジナル要素として、い装甲の鎧武武神鎧武』が登場。 また鎧武バロン玄、の4人のアーマードライダーがそれぞれウィザードオーズ、W、フォーゼレジェンドライダーアームズに変身する。

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

主要登場人物

仮面ライダー鎧武

仮面ライダードライブ

ゲスト

仮面ライダー鎧武 進撃のラストステージ

人類滅亡の危機を救った紘汰は、舞とともに遠く離れたで新たな世界を創造しようとしていた。しかし、そのに異変が。機械生命体メガヘクスが出現し、自らと融合してしまったのだ。メガヘクスの次なる標的は地球紘汰メガヘクスを追うが、その圧倒的な強さに敗れる。今や戦極ドライバーを持つのは実ただひとり。実と虎は、人類を救うことができるのか?そして、その時紘汰は―!?

仮面ライダードライブ ルパンからの挑戦状

伝説怪盗アルティメットルパンが出現した。サイロイドZZZのボディを手に入れ、重加速を自在に操ることが可となったルパン的は、“仮面ライダー”の称号を奪い取り英雄になることだった。進ノ介はルパンを追ううちに、ある古へと辿り着く。そこには誰も知らない仮面ライダー”の重大な秘密が! 果たしてその秘密とは?そして今、ルパンが驚くべき“変身”を遂げる―!

本編に先駆けて『仮面ライダーマッハ』も登場!

MOVIE大戦フルスロットル

メガヘクスはサイロイドZZZを取り込み、究極の機械生命体へと進化した。地球最大の危機ドライブ鎧武仮面ライダーたちが大集結を果たす。だが全体となったメガヘクスは彼らの前に、意外な存在を出現させた。人類の未来を懸けた戦いは、ついに宇宙へ!

劇場版オリジナルフォームとして「仮面ライダー鎧武 ドライブアームズ」「仮面ライダードライブ タイプフルーツ」が登場する。

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

主要登場人物

仮面ライダードライブ

仮面ライダーゴースト

ゲスト

超MOVIE大戦ジェネシス

一度死んでり、期限付きの命を燃やす青年天空寺タケル。彼は英雄を得て戦う仮面ライダーゴーストだ。そして、ロイミュードとの争いを終え、ベルトさんに別れを告げた泊進ノ介仮面ライダードライブ
共通の敵・眼魔を追う中で出会った2人の仮面ライダーは、突如巻き起こった時のゆがみにより、10年前の世界へ飛ばされてしまう!そこには進ノ介と知り合う前のベルトさん、今は亡きタケルの姿があった。

一方、過去へ“異物”が迷い込んだ影で、現代では何とロイミュードが復活を遂げていた!マコト、剛、そして大切なものを守って散ったあの男も現れ、必死に食い止めるが、ロイミュードはより強まっていた。2人が現代に戻らなければ、人類が危ない。しかしタケルの命を奪う魔の手が迫ることに気づいていた…!彼は過去に残り、を救う決意を固める。それが眼魔の手によってった「世紀の大天才レオナルド・ダ・ヴィンチ」が仕掛けた“”と知らず…。

劇場版オリジナルフォームとして「仮面ライダーデッドヒートドライブ」「仮面ライダーゼロドライブ」「仮面ライダーゴースト トウサン魂」が登場する。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

主要登場人物

仮面ライダーゴースト

仮面ライダーエグゼイド

レジェンドライダー

ゲスト

関連動画

MOVIE大戦アルティメイタムより東映ニコニコしあたー(公式)にて有料配信中。

関連商品

映像ソフト

CD

玩具

関連チャンネル

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/movie%E5%A4%A7%E6%88%A6
ページ番号: 4780805 リビジョン番号: 2443154
読み:ムービータイセン
初版作成日: 11/12/11 00:42 ◆ 最終更新日: 16/12/29 19:56
編集内容についての説明/コメント: 関連商品の追加など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MOVIE大戦について語るスレ

845 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 17:56:24 ID: mAUCzgLPzr
今回の映画ライダー映画最駄作なぐらいに酷かったな
監督先輩ライダー達をコケにしすぎだろ
846 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 18:32:43 ID: Hxyc5RHtSb
>>845 映画見てきた勢(注:各ライダーネタバレストーリーは知ってるが本編未視聴)としては個人的に満足だったんだけど、あなたがそう思う理由一応お聞きしていい?
いや、煽ってるとかじゃなく「本編知ってるならこんなシーン書けるはずがない」とかあるのかと思って
847 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 18:51:08 ID: gQMjnp1+DA
>>845
コイツどこの世界線からレスしてるんだ…。

>>843
2008年仮面ライダーW、ビギンズナイト(同時にスカル/鳴海壮吉死亡)
2009年仮面ライダーW本編開始。同年MOVIE大戦2010にてディケイドと共闘。
2010年オーズ本編開始。
2011年仮面ライダーフォーゼ本編開始。MOVIE大戦CORE(W側、10年前に壮吉がスカルに変身オーズ側パラレル?)→オーズ終了→MOVIE大戦MEGAMAX
2012年3月サバト発生。半年後、フォーゼ本編終了&ウィザード本編開始。MOVIE大戦アルティメイタム
2013年ウィザード本編終了、特別篇で鎧武邂逅鎧武時系列イチゴアームズ取得後?鎧武本編開始。MOVIE大合戦。キャラ同士の関係から、鎧武側はパラレル寄り。
2014年グロバルフリーズ発生。鎧武本編終了、ドライブ本編開始。MOVIE大戦フルスロットル(鎧武本編と地続きだが、共闘パート台詞から、本編映画の要素を混ぜたパラレルの可性あり)
2015年ドライブ本編終了、特別編でゴーストと関わる。(特別編の時系列は、ゴースト1話~3話前)ゴースト本編開始。MOVIE大戦ジェネシス、進ノ介結婚。時変の影あり?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
848 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 07:18:35 ID: 9jbbuoJ2YP
今回凄いのは先輩ライダーがいなくても面い話だったこと
849 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 15:19:38 ID: Hxyc5RHtSb
>>847 ぬおおありがとうございます!感謝かつ素晴らしいッ!会長
レス来ると思わなくて見た間変な出たわ・・・ありがとう
ただ、すごいわかりやすい書き方してくれて助かったが何がどう起こってるか訳分かんねえなこれ・・・これに映画やVシネ・小説足した状態とか考えたくないけど「パラレル」って公式が言った&どう考えてもパラレルにしか見えない状況以外は一応実際に繋がってるはずなんだよな?ドライブ小説公式年表見た感じだとそれっぽいし
あとW最終回本編1年後)はCOREの少し前くらいなんだろうか
850 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 02:39:08 ID: b5qCLrKwOy
MEGAMAX平成二期前期組大集合なら、
本作は平成二期後期組大集合、ってとこかな

エグゼイドゴースト ゴーストドライブ
ドライブ鎧武 鎧武ウィザード と渡してきたバトンが繋がった感じがして、とても良かった
ウィザードフォーゼ間に断絶があるわけではないが)
851 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 23:03:44 ID: vbnSszjyXv
>>849
公式でパラレルって扱いでなければ世界観はほぼつながっていると思ってよいかと。
ドライブアクセルを通じてWともつながっていますし、平成二期の世界観はほぼつながっていそうな気がします。

・・・そう考えると、エグゼイドから後二作品くらい先の平成二期十作品はW~その年のライダーの十人勢ぞろいの映画とかもやるんでしょうかね?
役者さん的には厳しい人もいるかもしれませんが、本人変身でぜひとも見たいところですけど。
852 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 20:07:03 ID: Hxyc5RHtSb
>>851 さんきゅ
平成二期もW開始時に「次の10年」って言ってたし本人全員集合映画見たいよなぁ
フィリップ・弦太朗・進兄さんあたりが今のところ特に難しそう?3人とも作品に思い入れあるし時間さえ作れれば出てくれそうだけど・・・むしろ他の面では大丈夫なのに会社の自己満と忙しさで理そうだけど
853 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 09:33:23 ID: Dzlgvltuft
この作品単体でも十二分に面かったけど、本編に先駆けた
永夢先生の実態に触れられたり、整合性の関係でゲンムとしての
出番がかった社長も後日談のスピンオフに繋がる暗躍をしていたりと、
他の媒体と連動し続けて本当に楽しませてくれるね。

>>852
オリジナルキャスト呼ぶとなると現状でもその3人がとりわけ
門だろうし、また翔太郎がジョーカーでの孤軍奮闘を余儀くされるんだろうか…
…そういや映任天堂で元気にポケモンバトルやってますね(白目)
854 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 23:22:17 ID: 8O5HNGan5w
ジェネの構成はホント良かった。進兄さん変身出来ない状態でも自分に出来る事をしていくのはほんとに良かったし、人は相変わらずだったし、一素面じゃなかった絶許も美味しい所はちゃんと持って行くのも良かった

ゆっくりと歩いてくる極アームズは見てて恐怖を覚えたわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015