単語記事: MSV

編集  

MSV(モビルスーツバリエーション)とは、サンライズアニメ機動戦士ガンダムシリーズ』において劇中に登場したモビルスーツ(以下MS)という人型機動兵器を元にデザインされた特殊なバリエーションMSを扱った作品、およびその特殊な機体群のことである。
アニメで登場した機体の試作機、もしくは、あるいは特定パイロット用にカスタマイズされた機体をす。

概要

U.C.0079
オデッサ戦終了後に舞台が宇宙に移りつつあった頃、連邦ジオン棄した兵器の調を開始した(終戦暫く経ってから大規模な調に発展したが、それまでは小規模に留まった)。

一年戦争終結後も連邦上層部は宇宙移民者とジオン軍残党に恒常的に悩まされており、モビルスーツ体とした軍備増強が必要不可欠となっていた。MSVとはジオン残党を含む各方面に対し、“連邦の技術的優位を喧伝するために開した情報”とされる。

MSVはあくまでも戦中から暫く行われたMSV調一部表したものであり、他にもペズンで開発計画が進行したジオン軍の異質なバリエーションMS-X」や、機密にかかわるため秘匿され続けたバリエーションM-MSV」に分類される機体が存在する。
更に調組織「FSS」の発足と発展に伴い、ネオジオン戦争後に第二次MSV調MSV-R)が行われた。

MSVという括り自体は単なるメカニックデザイン企画の総称と思われているが、作中世界では兵器調開されたという背景を持つ企画なのである。

そもそもの「MSV」とは

簡単に言えば色んな人達の案をバンダイが採り入れ、リリースしたリアル向のガンプラ、およびその副読本的な設定資料のことである。

バンダイの「ノーマルタイプ」の模型展開が全て終了し、バンダイは商品展開に行き詰っていた時期に「リアルタイプシリーズ」の展開を開始する。この一部はゾゴックなどファンからジオン水泳部と呼ばれる機体、つまり富野のラフスケッチを基に大河原クリーンナップした、後の『MSV』に分類される本編の没機体である。この時の展開がMSVシリーズとしての商品化への前段階となった。

その後バンダイ・ホビーはガンダムほかザブングルシリーズの技術蓄積から必要充分と判断し、83年にMSVシリーズの展開を開始した。機体作例、設定資料など付属品要素も充実したMSVシリーズは従来のガンプラ常識を覆し、ミリタリー感あふれる機体がよりニッチな層の心をつかみ、ガンダム界にMSVの地位を確立させた。
ちなみに第1弾の機体はMS-06R高機動型ザクⅡ」である。以降、バンダイザクバリエーションシリーズを暫く展開させ、軌に乗らせた。

また、コミックボンボンプラモ狂四郎に登場する模型オリジナル機「パーフェクトガンダム」をMSV用にリファインし「フルアーマーガンダム」としてMSVに輸入したりするなど、ボンボンとの連動企画も行われている。

かくして軌に乗ったMSVを筆頭に、MS/MAは「宇宙世紀兵器」という観点・設定から独自の兵器体系を構築していったのである。

MSVの原点

ガンダム70年代においては視聴率も振るわない打ち切りアニメに過ぎなかった。しかしプラモデルの販売、再放送などを重ねて80年代にはガンダムは飛ぶを落とす勢いの民的大人アニメとなっていた。だがそれも映画三部作が終わってブームが落ち着いてしまったのだという。

ここでヒット商品の仕掛け人であった編集者安井ひさし氏がガンダムに関わる。安井氏はウルトラマン仮面ライダーなどの特撮モノのリバイバルブーム仕掛け人であり、ガンダムライダーウルトラ御三家も彼がいなければ現在人気はなかった…とは言いすぎかもしれないが、少々違うものになっていた可性がある。
特に、ガンダムに与えた影と言えば後世のガンダムと偉人と称しても過言ではないだろう。

安井氏は仮面ライダーウルトラシリーズで得たノウハウをガンダムに注いだ。この時期、講談社からは『劇場版 機動戦士ガンダム アニメグラフブック』、『講談社ポケットシリーズ15 機動戦士ガンダム』、『テレビ機動戦士ガンダム ストーリーブック』等が発刊されているが、これらの執筆を氷介氏に依頼したのも安井氏であった。

81年5月発刊の『劇場版 アニメグラフブック』で描かれた大河原氏によるザクバリエーション設定画稿は、現在も続くMSVシリーズの原点とされている。

ガンダムセンチュリー~コミックボンボン

刊OUT別冊『ガンダムセンチュリー』にて、設定文だけだが数多のMSバリエーションが設定された。特にMSVシリーズの代表機であるMS-06R高機動型ザクⅡ」や8機のRX-78、ミノフスキー物理学なども大まかにはここでの創作設定を取り入れていると言っていい。

そして81年10月号に創刊されたコミックボンボン。創刊から大河原が毎号オリジナルイラストを描き下ろしており、このイラストストリームベースが立体化するという企画があった。これはSFプラモマガジンという企画である。これも安井氏が大きく関わっている。
ガンダムセンチュリーで設定されたMS-06R高機動型ザクⅡ」はSFプラモマガジンにて、大河原によるデザインが描き起こされることとなる。この企画は「SFプラモブック1 機動戦士ガンダム REAL TYPE CATALOGUE」として別冊化された。こうした流れがMSV誕生のきっかけを作った物として知られている。
その後『HOW TO BUILD GUNDAM 2』にてストリームベースザクⅡRタイプ模型が掲載され、MSVへ繋がる改造プラモ熱も一気に高まっていくのである。

ちなみに翌年82年に安井ひろしクラフト団を原作とした『プラモ狂四郎』の連載が始まった。

MSVという分類

アニメ作品に登場する機体はほとんどが設計された通りに作られた完成品であるが、まれに先行で作られた試作機だったりだったり未完成品だったりもする。しかしそれらはアニメ作品として必要に応じてデザインされ設定をつけられているだけであり、MSVには分類されない。
あくまで劇中に登場した機体から生し、MSVという括りのためにデザインされたものだけがMSVと分類される。

例外として、富野のラフスケッチを基にしている物も存在する。というよりはMSVの一部機はTVアニメガンダムの初期案を基に大河原が描き起こした物である。

これらは本編ではまともな出番を得ることはまれで、たまに出演してもゲスト扱いで数カットだけなのがほとんど。そのサプライズ出演も根にはプラモデルを売りたいという大人の事情があることは想像に難くない。

宇宙世紀という初代に連なる世界観の作品において使われるが、機動戦士ガンダムSEEDでも機動戦士ガンダムSEED MSVという呼称が使われ生作品を生み出している。

また、MSVという名称は使われていないものの、機動戦士ガンダム00では機動戦士ガンダム00外伝というがそれに相当するものとして存在する。

漫画・小説の機体

たまに勘違いされるが、漫画小説作品とそこに登場する機体をしてMSVと呼ぶのは間違いである。

ただし逆輸入されることもある。
ガンダムシリーズを扱った作品を多く輩出しているために版権元と密接な関係を持つ角川関連の会社がガンダム関係の作品も多く輩出しているためごちゃ混ぜになりやすいが、あくまで版権元がMSVであると定義したものだけがMSVに分類される。
ネットではガンダムに関わる情報があちこちで事細かに記述されているが、それらの多くは版権元に許可を取って作られた作品の内容を含めてしまっているのがほとんどである。しかし前述の通りの角川関連の本は自社で扱っただけの作品を年表に含めていることすらある。

30年以上に渡り多数の関連作品と書籍が出ている為、もはや正確な情報だけをえり抜くのは困難となっている。

 

地球連邦軍の兵器

ボール系

ガンタンク系

ガンキャノン系

ガンダム系

ジム系

ジオン軍の兵器

ザクⅠ系

ザクⅡ系

グフ系

ドム系

ゲルググ系

ビショップ計画/サイコミュ系

ジオン水泳部

モビルアーマー系

 

MSVシリーズ

宇宙世紀

アナザー

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/msv
ページ番号: 5268653 リビジョン番号: 2463733
読み:モビルスーツバリエーション
初版作成日: 14/09/13 19:52 ◆ 最終更新日: 17/02/27 19:33
編集内容についての説明/コメント: 細部の修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MSVについて語るスレ

17 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 00:02:10 ID: 8MtgkVS1D1
HGUC化されてない・・・MGならポツポツとあるけど。
フルアーマーガンダムジムキャノン位はあってもおかしくなさそうなのに・・・。
欲しければ旧キット+ベース機のHGUCでミキシングビルドか。
18 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 00:15:37 ID: J+kTRtshhd
HGUCではないが微妙デザインや設定違うけど
MSD版ならHGが出始めてるし
19 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 03:39:03 ID: qqi0F+idVN
ガンプラでもミリタリーができるよとミリタリー塗装を広めようとしたものでもある。
20 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 22:58:51 ID: 92MJUKoZP5
昔のスパロボMSV出展の機体も多く参戦してたけど、最近じゃ大分沙汰…
やはり版権管理の都合があるんだろうか?
21 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 21:21:32 ID: cA1w+clJ9j
GAME'S MSVなる物を発見。ガンダムエースで連載されたらしい。
22 : ななしのよっしん :2017/03/07(火) 01:45:30 ID: IkPtns/KMr
>>17
MGはランナー数が多いので、ベース機体のをランナーごと流用できるが
HGUCはランナーが少ないのでバリエーション機でも別のを作らにゃならんというのが理由かと
HGで出荷数が少なそうなマイナー機体が出ると異様に高価になるのもその理由と思われ0
23 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 15:00:57 ID: qqi0F+idVN
後からつけた前付け設定だったり、ただの後付設定だったり
少しややこしい話
24 : ななしのよっしん :2017/07/04(火) 17:49:26 ID: OXntDLbW2K
ROBOT魂が結構MSV出すようになったな
プレバンメインだけど
25 : ななしのよっしん :2017/12/23(土) 09:44:37 ID: qqi0F+idVN
プラモの作例でするストーリーMSVに入るのか?
26 : ななしのよっしん :2018/01/23(火) 12:52:42 ID: qqi0F+idVN
>>25入るよ 原点がそこだし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829