単語記事: Nゲージ

編集
加筆依頼 この項目は、Nゲージに25年以上触れていない編集者がたたき台として作成したものです。全面改修、または加筆・訂正をして下さる協力者をめています。

Nゲージとは、鉄道模型における規格の一つである。

概要

縮尺1/140~1/160の鉄道模型を9mm軌間のレールの上で走行させ、速度や進行方向、ポイントの切り替えなどをコントロールすることでリアリティのある運行シミュレーションが可能である。

細部まで作りこまれた鉄道模型をリモコンで操作できる、大人向けプラレール、と言えばイメージし易いかもしれない。乾電池駆動で自走するプラレールの車体に対し、Nゲージの車体は属製のレールから電力が供給されこれを動力に変える。レールにはパワーユニットと呼ばれるコントローラーを接続し、ユーザーが任意で出力を調整することで車体の走行スピードを操る仕組みとなっている。

駅舎や山岳、鉄橋などの周辺環境を再現するためのキットも数多く販売されており、この点でジオラマ・箱庭と密接な関係にあるホビーである。
尚、上述のプラレールはトミー(現タカラトミー)の商品であり、Nゲージ製品は同社からTOMIXブランドで1976年ごろから発売された(現在は子会社のトミーテックに移管)。日本国内においてはこのほか関水属・グリーンマックス・ワールド工芸などがプロダクトを持つ。

主なメーカーと特徴(かなり主観入ってます)

  • TOMIX
    日本のNゲージメーカーではかなりの老舗。113系や115系などの近郊型に定評がある。
    走行性能も申し分なく、KATO程ではないがラフな使用にもある程度耐える。
    JRの車両は大半手がけているが、蒸気機関車だけは車種が少ない。
    しかし、最近発売されているC57シリーズは概ね高評価であり、製品化発表されたC61 20号機の
    出来にも期待が寄せられている。
    そして、私鉄車両は大手私鉄の特急車両が中心のラインナップ。通勤型の製品化例は非常に少ない
    細かなディテールに目を惹かれるが、ユーザー取り付けの部品が比較的多い上に値段も少し高め。(特にHG製品)
    常点灯システムに対応した車両が大半を占めるが、高出力パワーパックの線路で故障したという報告アリ。
    また、一部のセットを除き、基本的に電車や客車等の車両番号はインレタで転写させる必要がある。
  • KATO
    同じく老舗のNゲージメーカー。ラインナップの殆どを国鉄・JR車両が占める。
    一応、東京メトロや近鉄、富山ライトレール等の私鉄・三セク車両も発売されているが、極めて少数派である。
    TOMIXと比べるとリーズナブルだがその分ディテールは少し劣る部分もある。
    例を挙げると、TOMIXの113系はクーラーやベンチレーターが別パーツで交換可能だが、
    KATO製は屋根と一体整形となっている。他にもいろいろと劣る点はあるが挙げていくとキリが無いので割愛。
    走行性能に関しては文句のつけようが無く、連続運転にも余裕で耐えうる耐久性を誇る。
    高出力のパワーパックも製造しており、長大編成も難なく走行可能。
    ただし、登坂力に関しては他社と比べると少し劣る事もある。長大編成のセットでも動力車が1両しかないケースが多いので、空転しやすいのがその理由。
    最近は蒸気機関車のリニューアルが盛んで、D51やC62の完成度の高さは目を瞠るものがある。
    車両番号は殆どの車両で印刷済みとなっている。チマチマしたインレタ転写をしなくて済むが、単品売りの客車等も
    番号が印字済みのため、大量に増備すると番号がエライ勢いで被ってしまうのが困りどころではある。
  • グリーンマックス
    通称GM。KATOとは反対に、ラインナップの大半が私鉄車両で占められている。
    通勤型から特急型まで何でもゴザレ。このメーカーだけでとある私鉄の車両が全種揃う・・・なんてことも。
    走行性能に関してはお世辞にも良いとは言えないというのが正直なところ。未だにフライホイール未実装なのはここぐらいである。
    走行性能を求めるのなら、KATOやTOMIX、マイクロエースで同型車があるなら間違いなくそちらを買った方が良いだろう。
    そんな動力だが、何故か急曲線には強く小型レイアウトでも走行可能な車両は多い。
    ぶっちゃけ、他所が製品化してないから買う、そんなメーカー。そして値段は結構高め。足元見やがって…
    また、旧型国電や旧客、荷物電車等の未塗装組立キットも製作しているが、いずれも組立難易度は高い。
    名鉄850系など、素組みできないものまで存在する(現物合わせの切り継ぎ必須)。
    塗装済キットも存在するが、こちらは大手私鉄の通勤型がメイン。組立難易度もかなり下がっている。
  • マイクロエース
    それなりに歴史のある模型メーカー。アリイと言えばピンと来る人もいるだろう。JR私鉄関係なく、幅広いラインナップを誇る。
    バリエーションもかなりり多いが、「腰高」と言われる蒸気機関車をはじめ、ディテールはあまりよくない部類に入っていた。
    最近の製品はディテール、走行性能共にかなり改善されてきており、KATOやTOMIXに匹敵するほどの製品もリリースされている。
    まぁ蒸気機関車は相変わらずの腰高スタイルだが…(9600やC52、C54等の例外は存在)。
    が、たまに地雷が混ざっているので予約購入はオススメしない。
    しかし、基本的に再生産しないので、欲しい製品は発売日に店頭でしっかり吟味して買うべし。(但し、製品発売当日でも事前予約のみで完売するケースがあり、店頭に並ばない場合もある。ケースバイケースってことだねー)
    急曲線も難なく曲がる車両も多いため、小型レイアウトもそれなりに走行可能。C56やC62でもミニカーブレールを走行できたとの情報も。
    こちらも値段はグリーンマックスほどではないが高め。
  • MODEMO
    こちらもそれなりに歴史のある模型メーカー。ハセガワと言えばピンと来る人もいるだろう。
    以前は、キハ30系シリーズやJR東海313系、小田急RSE車などを販売していたが、
    現在は江ノ電や箱根登山鉄道、名鉄美濃町線や東急世田谷線等の小型車・路面電車がラインナップの中心になっている。
    走行性能は並だが、急曲線にかなり強いので小型レイアウト、路面レイアウトのお供に最適。
    連接車はR140程度が限界だが、路面電車はそれよりも急なスーパーミニカーブやユニトラムすら通過可能な車両も多い。
    値段も小型車はかなり安価だが、ヘッドライト等の点灯機能がない車両が大半。
    中の人曰く、古い製品も順次ヘッドライト点灯化等のリニューアルをしていきたいとのこと。
  • ワールド工芸
    上記5社と違い、属製の模型を制作している。属製ならではの細かなディテールが特徴。
    ラインナップとしては昭和前半のレトロな車両がメインで、現役の車両の製品化は非常に少ない。
    塗装済み完成品、未塗装組立品の2種で販売しているが、属製だけあってどちらもかなり値が張る。
    一番高い製品で…なんと8万円弱。
  • 天賞堂
    同じく属製の製品がメインの会社。NよりもHOゲージやZゲージのほうが製品が充実している。
    Nゲージでは蒸気機関車のみ製品化されている。ディテールに関しては最高峰と言って良い…が
    値段が超高い。機関車1両で10万円突破するのはここぐらい。ワールド工芸の完成品でもここまで高くないぞ。
  • リアルライン
    比較的新しめの会社。D51のラインナップが豊富。というかD51以外作っていない気がするぞこの会社…
    肝心のディテールだが、スケールは1/150になっており良い線を行っているものの、技術不足なのか組み付けのアラが目立つ。
    まぁそれでも腰高のマイクロエースよりは遥かにマシであるが…。ただし、曲線通過性能に難ありとのこと。
    今後の発展に期待したいメーカー。
  • 河合商会
    主に国鉄時代の貨車を製造している会社。多種多様な貨車を製品化しており、タンク車に至っては各荷主毎の塗装を
    しっかり再現しているという手の込み様。貨車のラインナップで右に出るものはいない。
    国鉄時代のデコボコな貨物列車を再現したいなら、ここの製品をオススメする。
  • (オマケ)鉄道コレクション
    トミーテック(TOMIXもここのブランド)が展開している『ジオコレ』の一種。通称鉄コレ。
    別売りの動力ユニットかトレーラー化パーツに換装することで鉄道模型として走らせる事が可能となる。
    ブラインドパッケージの通常シリーズとオープンパッケージ版が存在し、通常シリーズは、既に引退した地方鉄道の旧型車、地方私鉄に移籍した大手私鉄の中古車がラインナップの大半を占める。
    オープンパッケージ版は、移籍元の大手私鉄の車両やカラーバリエーション、後述する限定品の地方私鉄譲渡仕様、果ては101系や201系10両編成まで、多種多様なラインナップがある。ぶっちゃけ公式サイト見たほうが早い。
    また、イベント限定品、販売箇所限定品等も多数存在するが、大半の製品は動力組込を想定されていない。
    公式サイトでの販売アナウンスも殆ど無いため、各私鉄やイベント等のホームページで情報収集する必要がある。
    なお、中の人の趣味なのか、製品化される鉄道会社に結構偏りがあったりする。
    具体的には、大井川鉄道、豊橋鉄道、富士急行、銚子電鉄、一畑電車、秩父鉄道などの製品化例が非常に多い。
    これらの鉄道会社は大手私鉄からの譲渡車の割合が多く、バリエーション展開させやすいというのも理由の一つかもしれない。
    中古車の供給元である大手私鉄(東急、京王、名鉄、西武等)も限定品だったりはするものの、製品化例は多い。
    余談になるが、この鉄コレ動力、安価かつ高性能なため、他社製キットや自作車両等の動力に組み込まれる事も多い。
    GM動力から鉄コレ動力に換装なんてのは日常茶飯事である。
  • (もいっちょオマケ)Bトレインショーティー
    バンダイから発売されている組立キット群。スケールは1/150だが、長さ方向をデフォルメした独特のスタイルをしている。
    これもバンダイ、KATO両社から動力ユニット、トレーラー化台車が販売されており、これらに換装することで走行可能となる。
    ショーティーなだけあってスーパーミニカーブレールも余裕で通過できるほど小回りが利くが、模型の性質上、普通のNゲージ車両と混在させないほうがいいだろう。
    小さな専用レイアウトを作り、そこをトコトコ走らせるのがベターかな?癒されるぞ~。
  • (さらにオマケ)アンレール
    ㈱赤い電車が展開している鉄道模型…のようなもの。第二の鉄コレになれなかった存在。
    現状、仙台空港鉄道SAT721系、JR東日本E721系500番台、そして名鉄&会津鉄道キハ8500系…のようなものをリリースしている。
    初期のマイクロエース以下なディテール、ボッテボテの塗装、再塗装としようと思ってIPAにぶち込んだら車体崩壊…
    楽しみにしていた鉄道ファンを地獄のどん底へ叩き落した罪は重いぞテメーラ
    そして今度は何をトチ狂ったかアンレールネクストなるシリーズの製作を宣言
    専用動力を誂えてもらうのはいいが、最初の生贄製品がよりによって名車、東急5000系青ガエルの地方私鉄譲渡仕様…
    無駄にバリエーションだけは多いがやっぱりディテールは以下略…大人しくマイクロエース製買っておきましょう。
    それかTOMIXが青ガエル再生産予定なのでそれまで待ちましょう。

    また、マイクロエースからキハ8500系の発売も予定されている。市場に残っているアンレールのキハ8500系…のようなものは見向きもされなくなるだろう。ざまあみろ。
    ここまでボロクソに言われるメーカー、ここ以外では今は無き東京堂ぐらいなもんである(あそこもいろんな意味で酷かった…)。

 いろいろな楽しみ方

Nゲージの楽しみ方には主に「車両を走らせる」「車両を集める」「レイアウトを作る」「車両を作る」の4つがある。

車両を走らせる場合も駅舎や踏み切りなどを組み込んだレイアウトを作成して走らせる場合もあるが、関連商品にあるセットを購入すればNゲージに初めて触れた人でも買ったその日に車両を走らせる事が出来る。また、TOMIXからはカメラを搭載したキハ187系も発売されている為、自分のレイアウトをテレビに映す事も出来る。

ただ、どの楽しみ方であっても本気になるとかなりのお金が必要となるので、家族の理解がないと難しい面もある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • 鉄道関連項目一覧
  • 鉄道模型
  • レイアウト
  • ジオラマ
  • プラレール
  • TOMIX
  • KATO
  • MODEMO
  • グリーンマックス
  • Bトレインショーティー

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/n%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B8
ページ番号: 3771577 リビジョン番号: 1628615
読み:エヌゲージ
初版作成日: 09/06/22 22:25 ◆ 最終更新日: 12/09/08 22:18
編集内容についての説明/コメント: ちょいと表現を変えてみた どうかな?
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Nゲージについて語るスレ

19 : ななしのよっしん :2013/09/14(土) 20:56:13 ID: Icxs2Fk4yQ
>>18
>走行させるわけでも造形や機構の説明をするわけでもない開封動画とか、誰得だよ・・・参考にすらならん
まさにそれ。最近のニコ動じゃNゲージどころか鉄道模型タグの動画すらそればっかり。まだレンタルレイアウトで走らせてきました的なのなら普通だけど、顔出しまでしてやってる事がトミーテックやBトレレベル程度のものの開封・説明な奴いるよな。
他にも畳やマットの上に線路置いて走らせただけの何の意図も見えてこない見るのもアレな動画ばっかり。おまけに迷うp主の鉄道模型買えなかったって言う内容も編集も・・・な釣り動画まで出てきている事態・・・。
20 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 18:47:15 ID: e13i1JWPwD
最近は多くの人を惹きつけるって動画が無くなってしまったね。検索妨害でしかない動画ばかり。レンタルレイアウトで走らせる動画ならカメラアングルやピントちゃんとして欲しいし、自宅のお座敷レイアウトなら部屋の明るさぐらいは調整しろと思う。

正直言ってニコニコ動画じゃ鉄道模型動画は終わってしまったな。今後も良作は現れないだろう・・・。
21 : ななしのよっしん :2014/12/15(月) 23:08:34 ID: 06/mOdCnKq
>多くの人を惹きつけるって動画

KATOのEF71とED78の製品化を記念してスイッチバック時代の板谷峠を
限界まで再現した動画の製作を企画している。
今人気の列車ではないから再生数は大して伸びないだろうけど
当時の板谷峠に興味がある人だけでも見てもらいたい。
ついでに「Nゲージで赤岩駅の複線スイッチバックはできるのか?」のコーナーも入れようかと思う。
EF71・ED78の発売から何ヶ月かかるかわからないけど完成させたい。
22 : ななしのよっしん :2015/02/03(火) 20:25:54 ID: e13i1JWPwD
>>21
頑張ってくれ。とりあえず再生数多くて賞賛多い動画参考にして
完成品走らせてるだけとかのでもカメラワークや見せ方上手い動画ある
当然そう言う動画はちゃんと再生・コメント数見て分かるように人を惹きつける
あとサムネも大事かな?ゆっくりは好き嫌い分かれるから字幕のが無難かも

最近上がる動画は畳やじゅうたんの上でピントも合わさずブレブレで、
しかも全く模型動画に合わないp主の趣味誇示みたいなBGMチョイスばかりで、
尚且つお笑いセンス皆無なセルフボケ&ツッコミな動画ばかりで萎えるわ・・・。
せめてレンタルレイアウトで画質はある程度でピント合った動画を投稿しろと。
最近の動画って模型誌で言えばTMSは勿論トレインにすら落選するものばっか。
23 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 06:25:13 ID: q/FROPMllH
今は無き河合商会の名を目にしてちょいと懐かしい感じになる
24 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 06:25:51 ID: OZUXPjwRQk
記事には記載無いけど今はHOしかないエンドウも昔はNをやっていた
道床付レールは実はTOMIXとほぼ同時期(むしろ古いかも)だったり0系新幹線出してたり
(国内基準1/150スケールに1/160(国際的には標準)は当時タブー視されていて大手は手を出さなかった)
ただ肝心の道床がプレス板にゴム貼ったような造りでフィーダー線抜き差ししてるうちに剥がれて漏電するような代物であまり良い出来では無かったな
後年TOMIX互換のプラ道床品に切り替えたけど時すでに遅し
車両も真鍮製でKATOやTOMIXより高級品感覚(但し天賞堂には及ばない)
フル編成で0系揃えるととんでもない額にww
その割に塗装が浮いたものが有ったり仕上げ悪いものが有ったりムラも多かった
パッケージも当時としても古臭くて萎えるベタ刷りボール紙・・売れねぇよw
25 : ななしのよっしん :2016/02/10(水) 08:37:58 ID: OZUXPjwRQk
ついでに
グリーンマックスは元々キット販売の会社
組立・塗装が全く出来ない子が増えて仕方なく完成品を出し始めた経緯が有る
難易度高い、と言ってもプラモの組立塗装出来る程度なら十分組めるし、ジオラマレイアウト造れる腕なら全く問題ない
プラレール上がりが多いNゲージャーには通じ難いのかもしれないが完成品の性能云々の評価は何か違う気がする

マイクロエースは元々しなのマイクロという会社が有って天賞堂やエンドウ同様HOの真鍮製モデルを作っていた
当時作り込みは同じ真鍮のエンドウより良かった記憶が有る
Nは1978年あたりに参入、直後1980年に倒産したのをプラモ作ってた有井が買収、倒産直前にNのプラ品(マイクロックスというシリーズ名の予定だったらしい)を作り始めていてそれを有井販路でマイクロエースとして出し始めたという経緯がある
今じゃプラモが全く売れなくなって親子ひっくりかえった状態になってるけどね
造形的に真鍮製時代と区別するためにアリイとか蟻とか呼ぶのはわかる気もするが、再生産云々は企業体力的にも厳しい面も考慮の必要が有る

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
26 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 23:59:07 ID: e13i1JWPwD
>>25
知人とかでも碌にシール貼りや別パーツすら取り付けられないっての多いからなあ…。
何て言うか幼い頃からモノを弄らず文面や画面上だけでの事で済ます人間が増えたのかな?
まあ俗に言う悪い意味での文系人間ばっかりになってしまったんだろうねこの国は…。

そんな中で若手の工作意欲や技術競争心を煽る鉄道模型コンテストは期待してたが運営がダメ過ぎる。
27 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 00:45:18 ID: x2m0oKtkJX
リアルラインは休業から廃業になるかな
休業後しばらくブログは続いていたけどいつの間にか消滅していたわ
28 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 18:14:47 ID: Hm0qgtfUPu
昔は学研もNゲージを作っていた。
知っている人はほとんどいなくなっているのだろうか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015