単語記事: Nintendo Switch

編集

Nintendo Switch ロゴ

Nintendo Switchニンテンドースイッチ)とは、2017年3月3日任天堂から発売された家庭用ゲーム機である。

概要

据置機としても携帯機としても遊ぶことができる、両者のハイブリッドとも言うべき新しいコンセプト家庭用ゲーム機。任天堂のプレゼン資料では「持ち運びができる据え置きゲーム機[4]」と位置づけられており、分類上はあくまで据置機であるとしている。

Nintendo Switch本体はタブレット端末であり、これに脱着可コントローラーJoy-Con」(L) (R)のふたつと、電HDMIを備えたスタンドNintendo Switch ドック」を組み合わせて遊ぶ。

テレビなどの外部モニターと接続されたドックに本体をセットすることでモニターに映像が出され、据え置き機のように遊ぶ事ができる。

また、ドックから本体を取り出し、Joy-Conを端末の両端に接続することで、Wii Uゲームパッドに似た形状の携帯機として遊ぶこともできる。

プレイヤーはこのふたつのスタイル自由に選択することが可で、両者の映像先は、ドックへの脱着で時に切り替えられる。この機により、自宅ではモニターを見ながらプレイし、外出時やモニターから離れる時はドックから取り外して本体の画面を見ながらプレイする、といったプレイスタイルが実現する。

発表から発売まで

2015年3月17日任天堂DeNAの業務連携を発表する記者会見の場において、コードネームNX」として、事前の告知なしにその存在が発表された[5]岩田聡社長(当時)によれば、任天堂ゲーム専用機の未来に対して情熱を失っておらず展望も持っている、という旨の意思表示として開発計画が存在することを発表したものであった[6]。この時点では詳細は不明であったが、インタビューなどで「ニンテンドー3DSWii Uをそのまま置き換えた形ではなく、今のゲーム業界のニーズに見合った新たなハードウェア」という情報を出しており、単なる携帯機・据置機ではない可性が考えられた。

2016年4月の決算報告説明会で、2017年3月に発売を予定していることを発表。同時に、Wii Uでの発売を予定していた『ゼルダの伝説』最新作が、NX向けにもリリースする予定であることも明らかとなった。

2016年10月20日、正式名称と共にコンセプト映像が発表され、据置機でありながら携帯機にもなる新時代のゲーム機としての姿がとなった[7]。併せて、詳細な情報を翌2017年1月の発表会にて発表することがアナウンスされた。

2017年1月13日東京ビッグサイトにて発表会「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」開催。本体とコントローラーの詳細や発売日、および発売タイトルの発表が行われた[8]。翌1月14日1月15日には「Nintendo Switch 体験会 2017」と称し、一般向けの体験イベントが開催された[9]

2017年1月21日より、各ゲームショップWeb上で予約受付開始。同日のうちにほぼ予約受付終了の状態となった。

2017年1月23日に、任天堂が直販する公式WEB通販サービスマイニンテンドーストア」がオープンし、ここでもNintendo Switchソフト、周辺機器の予約が受付開始された。同ストア限定のバージョンとしてカスタマイズカラー版が取り扱われており、これをめたユーザーたちの殺到により、一時的にストアがダウンするトラブルなどが発生した(記事「ニン・ゴジラ」も併せて参照)。

2017年2月8日ごろより、Nintendo Switch日本CM地上波YouTubeなどで放送開始。

2017年3月3日任天堂から発売。

3つのプレイスタイル

Nintendo Switchは場所や状況に応じてハードの形態そのものを変えることで、どこにいても快適にゲームプレイ出来るように設計されている。

タブレット端末であるNintendo Switch本体、脱着可分割コントローラーJoy-Con」、電HDMIを備えたスタンドNintendo Switch ドック」を組み合わせることで3つのスタイルを実現している。

TVモード携帯モードテーブルモードとの切り替えはシーレスに行う事が可で、プレイ中のゲームを終了(シャットダウン)する必要がなく、そのままの状態で遊び続けられる。

TVモード

TVモード。本体をドックへセットしテレビモニターでプレイする
TVモード。本体をドックへセットテレビモニターでプレイする。

本体をドックへ挿し、テレビモニターに画面を映した状態。

従来の据置ゲーム機と同じ状態であり、この状態になるとドックの電や有線通信などの機が働くと共に本体もフルパワーを発揮できるようになり、出解像度などが向上する。

テーブルモード

テーブルモード。本体を任意の場所に置いてプレイする
テーブルモード。本体を任意の場所に置いてプレイする。

本体のスタンドを立ててテーブル等の上に置き、Joy-Conを取り外した状態。

テレビやコンセントがない環境下でも本体の画面をテレビ代わりにして、据置ゲーム機に似た感覚でプレイが可になる。これにより、「本体をどこでも好きな場所に置き、専用コントローラーを使ってプレイできる」という、これまでの据置ゲーム機携帯ゲーム機のどちらにもない特徴を持つ。

携帯モード

携帯モード。外出先などでゲームをプレイできる
携帯モード。外出先などでゲームプレイできる。

本体左右に「Joy-Con」を挿し、そのまま手にもって使用する形態。

据置ゲーム機向けタイトルと遜色ないクオリティゲームが遊べる性と6.2インチの大画面を持つ、携帯ゲーム機として本機を使用することが可

機器構成

Nintendo Switch本体

本体。Joy-Con装着レールやUSB Type-Cポートなどを備える
本体。Joy-Con装着レールやUSB Type-Cポートなどを備える。

6.2インチの静電容量方式タッチスクリーン液晶を採用した、当製品の中核をなす機器。

左右部分にはJoy-Conを装着するためのレールが、底面にはNintendo Switch ドックなどと接続するためのUSB Type-Cポートが搭載されている。このほかにも、音量ボタンやスピーカーゲームカードスロットなどのインターフェースを備える。

前述の通り、Joy-Conやドックを付け外しして様々なプレイスタイルに対応することが可

Nintendo Switch ドック

Nintendo Switch ドック。本体とテレビモニターとを繋ぐ
Nintendo Switch ドック。本体とテレビモニターとを繋ぐ。

Nintendo Switch本体を設置し、テレビモニターへと映像を出する機器。

本体と接続してデータのやり取りや充電を行うUSB Type-C端子のほか、テレビモニターへと接続するHDMI端子、ACアダプター接続ポートなどを有する。

なお背面USB端子においては、リリース当初はUSB2.0への対応に留まるが、将来的にはアップデートにてUSB3.0にも対応する予定。側面USB端子はUSB2.0のみの対応となっている。

Joy-Con

Joy-Con (L)とJoy-Con (R)
Joy-Con (L)とJoy-Con (R)。

Nintendo Switchコントローラーである「Joy-Con」は、(L)と(R)のふたつで1セットスタイルに合わせて結合しても分割しても使用できるユニークコントローラーである。

この分割機構により、Wii以降の課題であった独自性のあるコントローラーと業界標準的なコントローラーの乖離を解消し、ゲーム機の標準的なコントローラーとしての機携帯機のグリップとしての機、体感ゲームコントローラーとしての機を併せ持つ。

Wii Uゲームパッドの左右部分を切りとったような形状をしており、Nintendo Switch本体と接続するためのレールが設けられている。どちらのコントローラーにも4つのボタン・ふたつのトリガーボタン・ひとつのジョイスティックを搭載し、(L)と(R)のふたつを合計すると他社の現行機と同様の入系統を持つ。また、WiiUからボタンスティックの配置が見直されており、現行世代機で言えばXboxコントローラーと同様の形状とボタン配置となっている。その一方で、前述のレール部分にもふたつのボタンがついており、各種センサーを備えるなど、分割しての使用や体感コントローラーとしての使用するための機構も保持している。

Joy-Conの内蔵機能

Joy-Conには、内蔵機として加速度センサージャイロセンサー、およびNFC通信を搭載しているほか、新機として「HD振動」「モーションIRカメラ」「キャプチャーボタン」を搭載している。

NFC通信
Joy-Con (R)のアナログスティックの位置にNFC通信機を搭載しており、Wii Uニンテンドー3DSシリーズと同様にamiiboを利用することが可
HD振動
名称の通り、高精細な振動を発生させる機。(L) (R)共に搭載。その微細な振動で、コップの中に氷や液体が注がれるような感覚をプレイヤーへ体験させることが可となっている。Nintendo Switch プレゼンテーション及び体験会では「の中に金属球が何個あるのかを当てるミニゲーム」を実演しており、それが解るほどの振動表現が可である模様。
モーションIRカメラ
Joy-Con (R)に搭載されたカメラ。物の形や距離を判別することができる。「1-2-Switch」ではJoy-Con(R)をハンバーガーに見立て、食い競争を行うミニゲームなどで同機を採用している。
キャプチャーボタン
Joy-Con (L)に搭載されているボタンプレイ中のゲーム画面の静止画撮影を行い、SNSなどでシェアすることができる。将来のアップデート動画撮影にも対応する予定。

Joy-Conの利用スタイル

ひとつのコントローラーとして使用する
Nintendo Switch本体から取り外し、Joy-Conグリップに(L) (R)を取り付けてひとつのコントローラーに見立てた形態。「TVモード」「テーブルモード」で使用。Wii U及び他社のコントローラーと同様のボタン数と形状となる。なお、グリップに装着しないままでも分割コントローラーとして使用でき、搭載された各種センサーによってWiiのような体感ゲームコントローラーとしても使用可。今回はポイティングデバイスではなく、モーションプラスのような加速度センサージャイロセンサーを用いたものとなる。
ふたつの独立したコントローラーとして使用する
Nintendo Switch本体から取り外し、(L) (R)をふたつの独立したコントローラーとして使う形態。「TVモード」「テーブルモード」で使用。この形態の場合、かなりSFCコントローラーに近い恰好となる。これにより、ディスプレイコントローラーふたつを確保し、どこでも1台で2人対戦ができるゲーム機として使用することができる。
本体に直接取り付ける
Nintendo Switch本体両端に装着した形態。「携帯モード」で使用。ゲームボーイニンテンドーDSニンテンドー3DSシリーズといった従来の携帯機のような感覚で使用することが可となる。全く同じコントローラーを装着していることになるため、文字通り据置機と変わらない操作感が実現される。

Joy-Conストラップ

Joy-ConをNintendo Switch本体から取り外してふたつの独立したコントローラーとして使用する際に装着するアタッチメント。手から落とさないためのストラップ及びレール内面にあるLRボタンを押しやすくするグリップを持つ。(L) (R)両方に対応。Joy-Conのレールへスライドインさせるレールの形状をしており、そこからストラップが伸びている。

Joy-Conグリップ

Joy-ConをNintendo Switch本体から取り外してひとつのコントローラーとして使用する際、持ちやすくするために装着するアタッチメント。左右にはグリップが、中央部分には(L) (R)をスライドインさせるためのレールが設けられており、ここへJoy-Conを取り付けて使用する。

なお、Joy-Conグリップと同形状で充電機付きの「Joy-Con充電グリップ」が周辺機器として別売されている(後述)。

周辺機器

Nintendo Switch Proコントローラー

Joy-Conとは別に、Wii以降の恒例として「Nintendo Switch Proコントローラー」も別売りとして用意されている。

左右にグリップが設けられており、搭載されているボタン類や機はモーションIRカメラを除きJoy-Conと同様。Joy-Con (L)で4つに分かれていた方向ボタンは、同コントローラーでは十字キータイプとなっている。TVモードだけではなく、テーブルモードでも使用可

Joy-Con充電グリップ

Joy-Conグリップ」と同形状で充電機を追加したアタッチメント。上部にUSB Type-C端子が設けられており、ここに付属のUSBケーブルNintendo Switch本体のACアダプターを接続することで、Joy-Conを充電しながらゲームプレイすることが可となる。

Joy-Conハンドル

Joy-Conをはめ込むための溝が設けられたハンドルのアタッチメント。2個セットでの販売となり、はめ込む溝はJoy-Con(L) (R)両方に対応している。

かつて任天堂から発売されていた「Wiiハンドル」と同様の製品となっており、「マリオカート8 デラックス」のようにJoy-Conを傾けてハンドル操作するタイプゲームと相性が良い。

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)

単三電池2本を使い、Joy-Conのバッテリー持続時間を延ばす(簡易的に充電する)アタッチメント。(L)(R)セットでの販売で、Joy-Conストラップと一体になっており、ARMSなどの握って操作するタイプゲームと相性が良い。

システム

ユーザーアカウント

Nintendo Switchの利用には、ユーザーアカウントの作成が必要となる。

最大で8人分のユーザーアカウントを作成することができ、それぞれ個別にゲームソフトセーブデータが保存・管理される。ユーザーアイコンは、マリオシリーズゼルダの伝説シリーズなどあらかじめ用意されたものを選択できるほか、Miiを作成して用いることも可

作成したアカウントは、任天堂アカウントサービスニンテンドーアカウント」と連携させることで、後述のオンラインサービスの利用が可となる。

オンラインサービス

ゲーム業界のオンラインサービス巨大化・高コスト化に伴い、Nintendo Switchではオンラインサービスの加入利用が有料となる。支払い方法及び価格等はまだアナウンスされていないが、正式オープンする2017年まではオンラインプレイ無料サービスされる。2017年3月時点でアナウンスされているサービスおよび未加入との較については下表の通り。

サービス・機別対応一覧
オンラインサービス
加入 未加入
オンラインプレイ -
スマートフォン向け「オンラインロビー&ボイスチャットアプリ -
懐かしのソフトを配信 -
利用者限定の割引 -
ゲームニュース」の受信
ニンテンドーeショップ」の利用
フレンドの登録・管理
撮影したゲーム画面のSNSでのシェア
Nintendo みまもり Switch」の利用

Nintendo Switchでの「ゲームニュースの受信」「ニンテンドーeショップの利用」「フレンドの登録・管理」「撮影したゲーム画面のSNSへのシェア」「Nintendoまもり Swich」の利用はオンラインサービス未加入でも可。ただし、今回から全てのオンラインサービスにはニンテンドーアカウントが必要となる。なお、購入したダウンロードソフトニンテンドーアカウントに紐付けできるようになるとのこと。

ゲームニュース

Nintendo Switchオンラインサービスのひとつ。ゲームソフトおよび体験版リリースのお知らせや、Nintendo Switchに関するトピックスなどを受信・閲覧できる。購入時点であらかじめいくつかトピックスが格納されているが、追加で内容を受信するためにはインターネットへの接続が必要。

ニンテンドーeショップ

詳細は記事「ニンテンドーeショップ」を参照。

Wii U / ニンテンドー3DSに搭載されていたものと同様の機で、Nintendo Switchオンラインサービスのひとつ。インターネットに接続することで、ゲームソフトダウンロード購入を行うことができる。購入には、ニンテンドープリペイドカードまたはクレジットカードにてチャージした残高ポイントを使用する。

Nintendo みまもり Switch

詳細は記事「Nintendo みまもり Switch」を参照。

Nintendo Switchオンラインサービスのひとつ。同ゲーム機ゲームプレイを管理・制限することができるペアレンタルコントロールゲームを遊び過ぎている子供に対して、保護者がNintendo Switchの画面上に警告を出す、といったアクションを行える。また、スマートフォンアプリと連動しているため、それら操作を外出先などでも行うことが可となっている。

アップデートによる機能追加

インターネット経由によるアップデートにて、本体機の追加や善が行われている。現在配信されている最新のバージョンは「2.2.0」(2017年4月18日配信)。

アップデート内容の詳細は公式サイト本体更新情報|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo」を参照。

これまでのアップデート内容は下記の通り。

アーキテクチャ

開発にはNVIDIAが深く関わっており、同社のリリースでは「任天堂NVIDIAの共同開発」と表現されている。その体制の最も大きな産物として、カスタムされたTegraプロセッサーが搭載されているが、SoCのみならず、アルゴリズムコンピュータアーキテクチャシステムデザインシステムソフトウェアAPIゲームエンジン、周辺装置といったゲーム機を構成する要素のほとんどが任天堂NVIDIAとの共同開発によって一から研究され作り上げられた、とのこと[10]

開発環境

Nintendo Switchは、「unreal engine 4」「Unity3D」などのゲームエンジンおよびミドルウェアをサポートすることが発表されている。また、Wii Uニンテンドー3DS時代から引き続いてインディー開発者へのサポートを行っており、開発機材は5万円程度で提供する[11]など、サードパーティおよびインディーの参入を容易にしようと考えている模様。

仕様

2017年1月13日に行われたNintendo Switch プレゼンテーション 2017にて、本体仕様開された[12]

Nintendo Switch本体

本体仕様
サイズ 102mm x 横239mm x 厚さ13.9mmJoy-Con装着時)
重量 約297g
ディスプレイ 静電容量方式タッチスクリーン 6.2インチ液晶
720p(1280 x 720ピクセル
CPU / GPU NVIDIA カスタム版Tegraプロセッサー
本体保存メモリー 32GB
通信機 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
Ethernet[13]
映像[14] 1080p(1920 x 1080ピクセル
60fps
リニアPCM 5.1ch
スピーカー ステレオ
ボタン ボタン
音量ボタン
入出端子 USB Type-C x1
ヘッドホンマイク端子 x1
ゲームカードスロット Nintendo Switchソフトゲームカード専用
microSDカードスロット microSD / microSDHC / microSDXC[15] 対応
UHS-I規格のUHSスピードクラス1 対応
センサー 速度センサー
ジャイロセンサー
明るさセンサー
バッテリー リチウムイオンバッテリー / 電池容量 4,310mAh
バッテリー持続時間:約2.5~6.5時間
バッテリー充電時間:約3時間(本体スリープ時)

Nintendo Switch ドック

Nintendo Switch ドック仕様
サイズ 104mm x 横173mm x 厚さ54mm
重量 327g
入出端子 USB:側面 x2(USB2.0)、背面 x1USB2.0[16]
本体接続端子
ACアダプター接続端子
HDMI

Joy-Con

Joy-Con 仕様
Joy-Con (L) Joy-Con (R)
サイズ 102mm x 横35.9mm x 厚さ28.4mm
重量 49g 52.1g
ボタン Lスティック / Lスティックボタン
上 / 下 / 左 / 右 / L / ZL / SL / SR / -ボタン
キャプチャーボタン
取り外しボタン
シンクロボタン
Rスティック / Rスティックボタン
A / B / X / Y / R / ZR / SL / SR / +ボタン
HOMEボタン
取り外しボタン
シンクロボタン
通信機 Bluetooth 3.0 Bluetooth 3.0、NFC
センサー 速度センサー
ジャイロセンサー
速度センサー
ジャイロセンサー
モーションIRカメラ
振動機 HD振動
バッテリー リチウムイオンバッテリー / 電池容量 525mAh
バッテリー持続時間:約20時
バッテリー充電時間:約3.5時間[17]
カラー

Joy-Conストラップ

Joy-Conストラップ仕様
サイズ 101mm x 横14.6mm x 厚さ13.9mm
重量 約18.7g
カラー

Joy-Conグリップ / Joy-Con充電グリップ

Joy-Conグリップ / Joy-Con充電グリップ仕様
Joy-Conグリップ Joy-Con充電グリップ
サイズ 101mm x 横144mm x 厚さ40.1mm
重量 97g 106g
入出端子 - USB Type-C x1

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー仕様
サイズ 106mm x 横152mm x 厚さ60mm
重量 246g
ボタン Lスティック / Lスティックボタン
Rスティック / Rスティックボタン
A / B / X / Y / L / R / ZL / ZRボタン
キャプチャーボタン
シンクロボタン
通信機 Bluetooth 3.0
NFC
センサー 速度センサー
ジャイロセンサー
振動機 HD振動
入出端子 USB Type-C x1
バッテリー リチウムイオンバッテリー / 電池容量 1300mAh
バッテリー持続時間:約40時間
バッテリー充電時間:約6時間

主なゲームタイトル

ゲームソフトに関しては「ゲームカード」と呼ばれるカートリッジを採用しており、Wii Uニンテンドー3DSとの互換性はい(後継機ではないためとしている)[19]

ソフトの発売形式は前述のゲームカードによるパッケージ版のほか、「ニンテンドーeショップ」でのダウンロード版も用意されている。なお、同ショップにてバーチャルコンソールの発売も予定されているが、2017年3月3日のローンチタイトルには含まれない[20]

下記タイトル一覧について、ニコニコ大百科に記事があるゲームは太文字で表記し、タイトル横の括弧は発売日およびメーカー名などを記載している。並び順は発売日順→五十音

任天堂

サードパーティ

新規タイトル

移植タイトル

分類未定タイトル

関連動画

紹介PV・CM

プレゼンテーション

Switch体験会 ステージイベント

ソフトステージイベント動画については、各ソフトの記事を参照。

関連商品

本体

コントローラー

その他周辺機器

関連コミュニティ

外部リンク

関連項目

任天堂据置型ハード一覧
第1世代 カラーテレビゲームシリーズ | テレビゲーム6 | テレビゲーム15 | テレビゲーム112 | ブロック崩し | コンピュータTVゲーム
2世 -
第3世代 ファミリーコンピュータ | ファミリーコンピュータ ディスクシステム
第4世代 スーパーファミコン | スーパーファミコン ジュニア | サテラビュー
第5世代 バーチャルボーイ | NINTENDO64 | 64DD
6世 NINTENDO GAMECUBE
第7世代 Wii | Wii mini
第8世代 Wii U
第9世代 Nintendo Switch
その他 任天堂 | 任天堂ハードの一覧 | 据置型ゲーム機一覧

脚注

  1. *携帯としても使用可
  2. *本体カラーグレーのみ。Joy-Conのカラーが異なる
  3. *マイニンテンドーストア限定で、Joy-Con (L) (R)のカラーを「ネオンブルー」「ネオンレッド」「グレー」の3色から自由に組み合わせ可
  4. *Nintendo Switchは“二人三脚”で盛り上げる 任天堂とカプコンのタイトル開発の取り組みを報告【GCC’17】 - ファミ通.com
  5. *任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表 スライド26
  6. *2015年5月8日(金) 2015年3月期 決算説明会 質疑応答 A4
  7. *ニュースリリース:2016年10月20日
  8. *Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 | 任天堂
  9. *Nintendo Switch 体験会 2017 | 任天堂
  10. *NVIDIA の技術が任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」に採用されました | NVIDIA
  11. *Nintendo Switchはインディーズ開発者に向けても開放。開発機の価格は「5万円程度」 - GamesIndustry.biz Japan Edition
  12. *機能・仕様 | Nintendo Switch|Nintendo
  13. *TVモード時のみ。ドックのUSB端子に販のUSB - Ethernetアダプターを使用
  14. *TVモード時のみ
  15. *本体更新が必要
  16. *今後のアップデートUSB 3.0に対応する予定
  17. *本体およびJoy-Con充電グリップに取り付けて充電する
  18. *Nintendo Switch本体付属のみのカラーで単体販売なし
  19. *Wii U、3DSとの互換性は? 同梱内容は? Nintendo Switchに関する任天堂の回答を公開! - ファミ通.com
  20. *Nintendo Switchのニンテンドーeショップご利用案内 | トピックス | Nintendo

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/nintendo%20switch
ページ番号: 5347668 リビジョン番号: 2481826
読み:ニンテンドースイッチ
初版作成日: 15/06/30 02:54 ◆ 最終更新日: 17/04/22 00:28
編集内容についての説明/コメント: 本体バージョンを最新版に更新 内容の薄い「関連静画」の項を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Nintendo Switch(アイコン・白地に赤色)

Nintendo Switch(アイコン・赤)

Nintendo Switch(アイコン)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Nintendo Switchについて語るスレ

12585 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 19:50:25 ID: LM9vKfuJaR
>>12579
どこでも信長の野望ができるのは嬉しいよなぁマジ
12586 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 21:28:40 ID: 5jdnLCEQId
>>12582
前のニンダイカービィは今年中に全新作出すって発表があったよ
12587 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 21:33:38 ID: WYlGsaUXFA
ニンダイで言ってたのって
3DS向けの対戦アクションだっけ?カービィ
12588 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 21:39:21 ID: 1GFKRtVx6B
まぁカービィは毎回据え置きでなんか出してるし今度の3DS作品が対戦ゲーなら次の本家スクロールswitchという可性も十分あると思う。25周年に間に合うかはわからんけど
12589 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 21:54:12 ID: awFo5u9vUw
よく考えたらカービィWiiであったいつでもインいつでもアウトがめちゃくちゃスイッチと相性いいじゃないか
出してほしいなあ…
グラフィックWii3DSみたいなやわらかなままがいいなあ
もしくはタッチ系みたいな独特ながら相性のいいグラフィック
12590 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:23:37 ID: 4LxIJf2/hy
>>12582
いやさぁ…今年だけでハンターズZに吸い込み大作戦、さらに新作の対戦アクションまで出ると予告されてるのにSwitchでの新作までめるのは酷すぎるだろうが
ただでさえ据え置きハードカービィは開発が遅れるジンクスがあるんだからファンならそこは待とうよ、カービィ新作は出して欲しいが
12591 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:27:32 ID: LM9vKfuJaR
ハンターズZと吸込み大作戦
ロボボプラネットミニゲーム移植だから
そんなに苦労はしないんじゃない?
12592 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:44:44 ID: 26OT9DURri
個人的にはメイドインワリオシリーズスイッチに来ないかという期待はある
1―2switchはそれに近いのかもしれないけど、メイドインワリオみたいな下品でくっだらねぇけど楽しいミニゲームをまたやりたい

スイッチの機フルに活かせそうなゲームでもあるし
12593 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 22:48:30 ID: swI5MybZXw
マリオカートで初めてHD振動堪することになるな
12594 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 23:22:11 ID: 8/ACtj6q8l
DLC含めてWiiU版を散々遊んだし・・・と思う反面、大好物のイカマリオカートが出来るって思うとワクワクして購入の秤が揺れる揺れる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015