単語記事: ONI

編集

タイトル画面

ONIとは、バンプレストから発売されたゲームボーイ(GB)用「和風RPG」である。
後にSFCで2作、PSで1作、DSで1作が出ている。

またSaGaアレサ、ONIGB初期の3大RPGと呼ばれている。

概要

第一弾「降魔録 ONI」の発売は1990年GBの発売は1989年なのでGBソフトとしてはかなり初期のタイトルとなっている。発表当時は週刊少年ジャンプなどの雑誌のカラー広告などに載ることもあった。

その後も着々とシリーズを重ねて静かなブームを呼んだものの、いまいち他のRPG(SaGaアレサ)にべてメジャーになり切れないままGB版のストーリー完結することとなった。

余談ではあるが、後に発売されたPSONIの発売元であるパンドラボックス現在のウインキーソフト)はその七転び八起き振りから「不死鳥のようだ」と評価されることもある。

なお、最新作の「ONI~戦乱世百花繚乱」はコレクターアイテムであるらしいので、熱狂的なONIふぁんはがっかりしないように期待すべきではない(詳しくは動画を参照)

本作を原作にしたアニメ「闘魔ONI」も存在する。

ゲームシステム

世界観

現実日本列島に酷似したを舞台としている。作品によっては海外異世界にまで冒険が及ぶこともある。
また登場する地名や敵キャラ、装備品などは(架を含め)実在するものがモチーフになっているものが多い。

ゲーム中に登場する有名な具・名称の例
地名 出雲大社佐渡島夷、富士山、えと、(黄泉
武器 、村正、正宗、フツノミタマ剣、菊一文字草薙剣、沼矛(あめのぬぼこ)
敵・妖怪

河童烏天狗叉、羅刹酒呑童子
※Ⅴではドラキュラドッペルゲンガーなど西洋の妖怪も登場

ただしGBシリーズは地名が実際とは微妙に異なっていたり、いつの時代の話であるか特定されていないなど、意図して曖昧に描写されている点がある。
反面、SFCの二作においては鎌倉時代幕末など時代背景が明確にされ、歴史上に実在した人物が物語に関わってくるなど、史実との違和を大きく縮めている。

西洋RPG魔法呪文などと呼ばれるもの。MPではなく精の数値を消費して使う。
作品によって呼称や種類に差異があり、基本的な“法術”を始め、術・剣術ほか細かく分類される。
他にもを借りて攻撃・回復などの効果を果たすという、召喚魔法に似た概念の“降ろし”がある。

変身(転身)

シリーズ玉とされ、『II』以外の全ての作品に存在するシステムキャラクターが姿を変えることで、攻撃・防御などのステータスが変化する。
特撮ヒーローから着想を得ており、ともすれば地味になりがちな和風世界観にヒロイックやかなビジュアルを与えている。
シナリオ上、ゲーム始めから変身できるパターンと、途中から可になるパターンに分かれる。

変身によるメリットデメリットは作品によって異なっている。
一貫しているのは、変身するとステータスアップの代わりに法術などの特殊が使えなくなってしまうことである。
敵の弱点が通常攻撃なのか術攻撃なのかを判断する必要があるほか、回復の術なども使えなくなる事も視野に入れねばならない。

その一方で、少数のタイトルには変身後のみ使える特殊も存在する。
『I』では“へんしんてん”を消費することで複数のを使うことができ、フィールド上で使用しなければ先に進めない場面も存在する。
『V』では主人公が三段階変身を果たした際に“”が使用可となり、『』では転身後にのみ使える技がある。

ほかタイムリミットの要素として、『幕末降臨伝』は転身している間に“霊”を消費し、これが尽きると自動的に転身が解除されてしまう。
また『』では“心”というパラメータがあり、計10ターンえて転身しているとキャラクター暴走状態になる。

さらに関連システムとして、一部作品では戦闘開始時点でキャラクターが転身している様に設定することが出来る。
特に『I』ではフィールドマップ上で主人公の姿が変わり、そのまま然と町中を闊歩する姿が見られた。

 

ONIシリーズ一覧

関連動画

プレイ動画

ピコカキコ

GB版の作曲者は渡部陽子と西澤洋である。

4296
村 異次元(ONI IV)
3253
フィールド 異次元(ONI IV)
4295
村 日本(ONI IV)
4297
フィールド 日本(ONI IV)
3254
ダンジョン 山(ONI IV)
3379
ダンジョン 洞窟など(ONI IV)
3219
戦闘(ONI IV)
3220
勝利(ONI IV)
3380
戦闘 vsボス(ONI IV)
1299
ラスボス戦(ONI IV)
1300
戦闘 vs西洋妖怪(ONI V)
1780
フィールド 異次元(ONI V)

関連商品

関連コミュニティ

ONIに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/oni
ページ番号: 372835 リビジョン番号: 1176950
読み:オニ
初版作成日: 08/07/19 21:32 ◆ 最終更新日: 11/05/19 20:44
編集内容についての説明/コメント: 術や変身を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ONIについて語るスレ

28 : ななしのよっしん :2010/07/24(土) 14:30:53 ID: elJ3zkFrZh
念のため>>24-26ONI VIの曲
Vはドット絵がすばらしいのでぬり絵するだけで

タイトル:琥金丸(ONI V)
画像をクリックして再生!!
  Twitterで紹介する

29 : ななしのよっしん :2011/04/07(木) 00:44:06 ID: l857khPPZw
いまの時代だからこそ再評価されてもいいと思うんだけど肝心の本家アレじゃあなぁ・・・
30 : ななしのよっしん :2011/04/12(火) 20:31:55 ID: LnQafB+L5h
>>im1063212

以前pixivに上げた物ですが、ここでもひっそりとONIでられていな事に感を受けたので…

IVピコカキコらしすぎ! 本当お疲れ様です!
31 : ななしのよっしん :2011/06/14(火) 17:36:54 ID: dM001jLxDv
このゲームのせいで、どのゲームやるにも初期装備を最後まで捨てずに取っておく癖がついてしまった…
32 : ななしのよっしん :2011/08/22(月) 20:23:12 ID: etMkcWKIhJ
いつも思うけどピコカキコする人のクオリティが高すぎて、
毎度びっくりですわー!元そのものにしか聞こえないw
自分も音楽やる身ですが、こんな再現度www
すばらしいの一言です!
33 : ななしのよっしん :2012/06/09(土) 18:26:53 ID: CPY8R1Q1sG
同じタイトル
>>sm17907944
34 : ななしのよっしん :2013/08/07(水) 16:26:17 ID: MyNCS1EwnP
Saga聖剣伝説などとべるとマイナーだが、西澤洋氏の戦闘曲はかなりクサくて格好良かった
オリジナルサントラ結局出なかったのが残念で仕方ない(´・ω:;.:...
35 : ななしのよっしん :2014/08/02(土) 13:03:11 ID: 7yIRAMTOkp
ちなみにケイブンシャのONI大百科にあるインタビューによると
ONI IIで転身システムを入れなかったのは
"戦隊ヒーローものは好きじゃない。
変身して複数でボコったらもうそれは弱いものいじめだろ"
という飯島氏の好みに基づくものだそうな
36 : 名無し :2015/10/13(火) 13:35:32 ID: ceBGqdWD8r
PS版をプレイした当時、エンディングに次作の予告が入っててく発売しないかなぁと毎週電プレ読んだりファミ通読んだり・・・結局発売されなくてガッカリだったなぁ・・・
37 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 14:18:10 ID: MlZAPmLCMe
EGG MUSICONIサントラHiro’s Game Music AlbumONI 2,3,4 -」配信されてますが「Hiro’s Piano Collection ‐ Heart ‐」に入ってるONI4のラストダンジョンピアノアレンジも秀逸。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015