単語記事: OPS

編集  

OPSとは、On-base(出塁) plus slugging(長打)の略称であり、出塁率と長打率を足し合わせた、野球の新しい標である。

概要

打者の評価を表すものとして、打率、打点、本塁打、という三つの標が長く使われてきた。
しかし、打者の残す数字は
打席、打数、得点、安打、二塁打三塁打本塁打、打点、四球死球、犠打、犠飛、三振併殺、と多岐にわたり、
そのうち、打率は打数と安打、本塁打本塁打のみしか表わさず、打点は打者ごとに機会がバラつき、な評価が出来ないという、大きな欠点があった。
特に、四球に関しては、旧来の標では全くと言っていいほど考慮されず、むしろ四球を選ぶほど、打数が減り、本塁打や打点が減るという傾向まであった。

そこで考案されたのがOPSで、これは、出塁率と長打率を足し合わせたものである。その有用性については、以下の表でなんとなく分かるように思う。

四球 死球 単打 二塁打 三塁打 本塁打
打率 1 1 1 1 ÷ 打数
出塁率 1 1 1 1 1 1 ÷ (打数+四球+死球+犠飛)
長打率 1 2 3 4 ÷ 打数
OPS (1) (1) (2) (3) (4) (5) (出塁率と長打率の分が違うので大体の安)

つまり、旧来の標では表すことができなかった二塁打三塁打四球が考慮されるようになり、打者の実をより適切に判断することができるようになったのである。

そのOPSの基準については、0.8で均よりやや上の打者、0.9を上回れば優秀な打者、1をえれば球界を代表する強打者、となっていたこともあるが、年代によって投手有利、打者有利とプレー環境が一定しないことも考慮されたい。シーズンリーグの違う選手同士を較する場合は、リーグ均からの傑出度を測るOPS+が考案されている。

OPSの問題点

論のこと、OPSも万標ではなく、一概にOPSの高低で全ての打者のを測れるわけではない。

例えば、OPS自体は単純に出塁率と長打率を足し合わせたものだが、出塁率はどんなに優秀な打者でも5割えることはまずいのに対して、長打率本塁打王クラスとなると6割をえることもしくはない(例えば、2010年セ・リーグ最高出塁率と最高長打率はともに中日和田一浩だが、出塁率.437に対して長打率は.624である)。後述するがOPSでは出塁率が過小評価されている問題があり、出塁率が高いが長打率が低いリードオフマンタイプよりも、長打を多く放つ長距離打者の方がOPSの上では有利となってしまう。

また、走塁が軽視されているという摘も多い。二塁打三塁打を放つ上では走は重要な要素であるため、長打率が走を全く反映していないわけではない。が、少なくとも盗塁、出塁後の走塁は全く考慮されないので、やはりOPSにおいては長打べて走塁の占めるウェイトは低いと言える。

他、OPSは単純な足し算であるため、OPSの数字だけでは出塁率の高い打者なのか、長打率の高い打者なのかが解らないという問題もある。例えば2010年青木宣親OPS.944)とアレックス・ラミレスOPS.951)では、青木は出塁率.435長打率.509に対し、ラミレスは出塁率.338の長打率.613でどちらも1割の差があるにもかかわらず、OPSではほとんど同じ数字になってしまう。以上のような問題点があるため、アメリカでは打率/出塁率/長打率をスラッシュで区切って併記しており、そのことからそれら3つの標は「スラッシュラ」と呼ばれ、打率本塁打打点にかわる打撃三冠として評価されている。

上記のようにOPSでは出塁率の占めるウェイトがやや過小評価されている問題があり、出塁率と長打率を単純に足すのではなく、出塁率の3倍と長打率を足したNOIという標も考案されたことがある。

近年は、それらの問題点をし更に細分化した、wOBA、wRC+といった標がセイバーメトリクス世界では流となっているが、それらは計算が色々面倒なこともあり、較的簡単にに打者の実読み取れる総合標として、OPSはやはり有用である(算出が容易でありながらも、チーム得点との高い相関係数を現している)。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/ops
ページ番号: 4279086 リビジョン番号: 2529932
読み:オプス
初版作成日: 10/02/08 17:02 ◆ 最終更新日: 17/10/06 18:14
編集内容についての説明/コメント: 出塁率と長打率、OPSの比較を表に変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

OPSについて語るスレ

62 : ななしのよっしん :2017/08/03(木) 06:54:11 ID: iCWsPWdyWh
別に凡人じゃないと思うけどな
日本時代はきわめて優秀だし
MLBでもキャリア前半はイメージほどではないが結構打ってる
どちらかというと守備走塁にウェイトが向いてる、総合的に見てかなり優秀な部類という感じだけどWARの配分とか確認しても
63 :  ななしのよっしん :2017/09/10(日) 03:51:13 ID: 6BJ71bVhY+
極端な例だけど
10打席で3回2塁打打って7回単打を打つより
10打席で3回2塁打打って7回四球を選んだ方がops的に上って時点で欠陥標にしか見えないんだが

7回単打を打つより7回四球を選んだ方が打者として優れている理由を説明できる人がいたら教えてほしい
64 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 09:01:31 ID: kRTcKGN/x7
普通に単打×7の方が長打率で上回るからOPSで上なんだが…?
どんな計算方法を使えばそんなトンデモ勘違いを起こすのかがわからない
打者として優れているかどうかはしらないが、少なくともOPSでは前者の方が数値で上回るが
四球を過小評価したい気持ちから来る勝手な勘違いなのかしらないけど、出塁率なら同じ数字になるだろうけどそれでも後者が上回ることないだろうし
意味不明すぎる・・・
まあ、今となってはwOBA使った方がいいってのはあるだろうけど
65 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 11:12:57 ID: FMT8PSqJe8
>>64
長打率が10割をえる(単打で長打率が下がる状況)と、長打率が変動しない四球の方がOPS上での価値で上になる

ただ、1か程度の短期なら、大当たり中の筒香やバレがこの状況になったことがあるけど
シーズンだと4割80ペースでも届かないくらいなんで、実用上は気にする必要なし
66 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 13:25:33 ID: iCWsPWdyWh
まずありえない状況でOPSが欠陥てのもイミフだな
その批判をしたいそもそも根本的な部分が説明されないとどうしようもないんだけどね
極端な話でなく日常的な運用でらないと意味でしょフツー
67 :  ななしのよっしん :2017/09/10(日) 15:51:57 ID: 6BJ71bVhY+
64
長打率 =(単打数×1+二塁打数×2+三塁打数×3+本塁打数×4)
単打7、二塁打3 長打率:(1×7+2×3)/10 =1.3
四球7、二塁打3 長打率:(2×3)/3 = 2
なんか間違ってる?

※66
スマン、欠陥標は言い過ぎた。反する。


68 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 16:08:58 ID: QUKAEcAmJM
67
欠陥じゃないってんならもうこの話解決してるしどうでもよくね?(天才
69 : 削除しました :削除しました ID: 6BJ71bVhY+
削除しました
70 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 20:26:24 ID: QUKAEcAmJM
>>69
結局煽り的ってことか…なんだかな
そもそも >>66が言ってるように動機がすぎるわ当初の
敵意なしじゃ欠陥とかまで普通言わないし
71 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 07:06:05 ID: Wr7G1mRLPH
OPSに限らず、セイバー系の標というか日本になじみの薄い標を
「こんな標じゃ○○の場合役に立たない」とか「この標は正確じゃない」って批判する人結構いるけど
そんなのどの標でも同じなんだよな
勝ちや打点はその筆頭だけど、打率や防御率ですらそれ単体じゃ選手のなんて分からない
各種標はそれ一つで選手の全てを正確に評価するものじゃないのは当たり前で、欠陥のない標なんて存在しない
総合標のWARですら参考にはなっても選手の本当の価値そのものというわけではないってことくらい誰だって分かってる

OPSは一標に過ぎないけど簡単に算出出来て、かつ得点との相関が較的高いから便利だから優秀というだけだ
つー特殊部隊について調べてたら何故かこの記事に来ちまったよ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829