単語記事: Pat

編集

Oh,sorry

Pat様とはセンター試験に時たま現れる魔物であり、クソゲーするゲーマーであり、
そしてただでさえ頭に色々詰め込みがちな受験生の頭をかき乱してパトらせる、問題文よりもおぞましい何かである。

概要

初登場は2000年度のセンター試験である。
その鮮デビュー以来、センター試験の難問のあらゆる所に絡んできたためネタになった。

口調や03年・06年から本名Patriciaなる女性であることが判明している。

2000年度

2000年に初登場したPat様は、あるクソゲームの4面の難易度についていけないEmi教授する立場で登場した。
例文が長いのでゲーム概要を簡単に説明すると

・まずもって掲示されているゲーム画面が前衛的すぎる
スタート直後の木の下にあるキノコを踏んだら1ミス
・木から降ってくるどんぐりに当たると1ミス
・「キノコドングリに突すると1ミスなの?」「そうとも言えるし、そうでないとも言えるんだ」
 「落ちてくるドングリがキノコに当たるまで待てば、 ここを突破できる2~3秒の余裕ができるわけ。」
・木から出てくるリスにあたると1ミス
・木にあるスズメバチの巣に当たると1ミス
の軒先にペンキ缶とビンがあるが、ビンに触れるとが落ちてきて1ミス
・「から取ってきたペンキ缶のハケで木の幹を触ると、ドアが現れるよ。」
「木にドアを描くということ? うっわー、すごいやってみたいな。」

という、ドラゴンズレアアイワナもかくやというアメゲーであった。Emiもよくこんなゲームを4面までクリアしたもんだ。
そしてそんなカオスゲーの説明の後に出される設問が「この中でなものを答えよ」。もちろん正答はペンキ缶だが、全文英語な上にペンキ缶までの間にEmiの突っ込みとPatの長ったらしい死に方説明が延々と続くため、頭から読んでいるとこっちの心が折れてしまう。

2003年度

3年後、Patはさらなる進化を見せて帰ってきた。また彼女の迷言『Oh,sorry』も03年の発言から生まれた。

Terry, Pat and Andy have arrived at a campground.

Terry: Let's send up the tent we get the barbecue going.
Andy: Yeah, we'd better do that. Why don't we put it close to the lake near the camping sign? We'll have to have the entrance facing away from the lake, though, to keep the wind out.
Terry: I don't think we need to. It's not so windy. If we set it up facing the lake, we'll get a nice view.
Andy: OK, let's do that.

Later, after setting up the tent...

Andy: Now, where should we put the barbecue?
Terry: How about behind the tent?
Pat: All right. If we put it near the water tap, it'll be easy to wash the vegetables.
Andy: ( 1 ) It's kind of muddy over there.
Terry: Year, you're right. How about in front of the tent?
Pat: But that would block the entrance. I know, why don't we put it at the side? That way it's still not too far from the water tap.
Andy: ( 2 ) You're the boss, Pat. Terry, can you get the barbecue ready while I go and get the things from the car? I'll be back in a few minutes.
Terry: OK....Ouch! I'm getting bittern. There seem to be lots of mosquitos down here by the lake. Have you seen the insect spray anywhere, Pat?
Pat: I think Andy had it. I remember he said something earlier about getting bittern.
Terry: Did you see where he put it?
Pat: Maybe by the camping sign?
Terry: I don't see it there. He must have put it away somewhere.
Pat:( 3 ) He put it in one of the backpacks.
Terry: Which one?
Pat: The big one.
Terry: Where in the backpack?
Pat: In the side pocket.
Terry: The side pocket? Which one, top or bottom?
Pat: The bottom one.
Terry; Let's see... Now, I can't find it. Are you sure it was this backpack?
Pat: Oh, sorry, it must have been the other one.
Terry; The other one? Ah, yes, here it is, but it's in the top pocket. You'd better put some on, too, and then we can start getting the vegetables ready.

(アバウト訳)

Terry,Pat様,そしてAndyの3人はキャンプ地にいました。(中略)Terrymosquitoに噛まれてしまいました。
Terry除けスプレーを探すために大きなリュックと小さなリュックから探そうとしますが…

Terry : どっちのかばん?
Pat : the big one.(大きい方)
Terry : どっちのポケット?
Pat :in the side pocket.(脇の方)
Terry :上か下のポケットのどっち?
Pat : bottom one.(下の方)
Terry : Let's see.... ないよ 本当にこのbackpackなの?
Pat : Oh Sorry, じゃあthe other one
Terry :あー、あったよ、でも入ってるポケットも違うじゃねーかよ!!

問1:冒頭のTerryAndyの会話から、キャンプ地の位置を答えよ。
問2:除けスプレーが入っていたのはどこか

Pat様ら3人がキャンプ中、Terryに刺されたためPat様スプレーの場所を尋ねる。しかしその返答は非常にアメリカンだった。
特にthe other oneが直前のthis backpack?と合わさって「もう1つのポケット」なのか「もう1つのリュック」なのかが判断しづらく、多くの受験生混乱に陥れた。Pat様の言動があまりにもひどいため、Pat様の話題となると03年のコレがよく引き合いに出される。

2006年度

リスニングで登場。女性ということが発覚する。しかし難問ではなく、また同じ科にハァハァおじさんが出現したためインパクトが減少。あまり話題にはならなかった。
また00年→03年→06年と出てきたため、「Pat様は3年おきに出るのではないか」という推測がなされる。

2009年度

大きな難問はなかったものの、問題文の中にPatriciaなる人物が出現。
3年おきの法則が踏襲されたので、この人物こそがPat様なのではないか?と話題になった。

2011年度

この年の英語にはPat様は現れなかったが、代わりに国語の第二問、小説辺暮らし」に登場したお治婆さんが猛威を振るった。
この小説主人公であるお治婆さんは、質汚染の進んだ干潟の側で駄菓子屋を営んでいる。そこへ干潟一帯からの立ち退きを要する役所職員がやってくるのだが、婆さんは汚染された干潟アサリを職員に食わせた挙句、が聞こえないふりをしてしらばっくれる。
その時お治婆さんが発した台詞「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ・ネ」Pat様の「Oh, sorry.」を連想させたこと、またこれ自体が難問だったことから、一部で「ババア」と共に「国語Pat様」と呼ばれていた。 まあ現代文が問だらけなのは毎年のことなのだが。

2012年度

3年おきの法則にしたがって、今年こそPat様の本降臨でカオスになるかと思われた。
そのため、2chを始めとして各地で「Pat様対策」が講じられたのだが…ついにPat様は現れなかった。

ただ、英語リスニング第一問の間違い探しウサミミ仮面変態仮面蝶野攻爵もかくやという出で立ちの変態ヒーローが4人も現れ、受験者の心をしくかき乱した。一応男のようだが、これをしてPat様(もしくはその縁者)ではないかというがあったとかないとか。

2013年度

ごらんのように、Pat様の影は全科のあちこちの難問にちらついていた。また、「3年おきの法則」から2012年センター試験Patが現れると考えていたジュケンシャーも多かった。しかし…彼女は不意を打つかのように2013年に現れた。しかも、一番来てはいけない科に。

以下は13年度数学IAの第2問からの引用である。

座標面上にある点Pは、点A(-8,8)から出発して、直線y=-x上をx座標が1秒あたり2増加するように一定の速さで動く。
また、同じ座標上にある点Qは、点PがAを出発すると同時に原点Oから出発して、
直線y=10x上をx座標が1秒あたり1増加するように一定の速さで動く。
出発してからt秒後の2点P,Qを考える。点PがOに到達するのはt=[ア]のときである。以下、0<t<[ア]で考える。

まさかの二次関数・座標問題、しかも動点PとQが経過時間tにそって定点Aからダイナミックに動く。もちろん設問も鬼畜の極み。
問題文の大意が、色々な意味で余裕のない受験生にとってお分かりいただけるだろうか。
この動点P・定点A・変数tが絡んだ難問をして、Pat様数学にも降臨したと評されている。oh,sorry(lol)

また13年度の問題は「スピンスピン」「555-456-0721」に代表される難問問が多く、色々な意味で試練の年となった。

2014年度

「3年おきの法則」をやぶった2013年センター試験

「もうしばらくPat様が降臨なさることはないだろう」とほとんどの受験生たちが考えたことだろう。

第2問・問2

Ever since they first met at the sports festival , Pat and Pam (   9    ) each other. 

A. ③ have been emailing

なんとPat様友人のPam様とともに旧課程最終年の惜別に訪れた。例年の出現で知名度の高まったPat様に動揺を隠せなかった受験生もいるかもしれない。しかし、受験生の中にはPat対策によって失点を免れたものも多かった。

ところが、らがPat様の撹乱は受験生の考えをはるか駕していた。

なんと、英語リスニングテストPat様が再出現したのである。

2度Pat様の出現に多くの受験生が困惑した。前時間の「オン・ユアー・マーク、ゲットセッ、」「おほほほほほほほほほほ」「あはははははははははは」に引き続き、衝撃を与えた旧課程最後のセンター試験の1日は幕を下ろした。

そして…

現在でもセンター試験の時期になると2ch大学受験板にはPat様対策のスレが立つ。Pat様は永遠なのだ。
一部では残る地理歴史民・理科にPat様が現れるのを心待ちにしている輩もいるとかいないとか…。

関連動画

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/pat
ページ番号: 4358749 リビジョン番号: 1964810
読み:パットサマ
初版作成日: 10/05/12 14:35 ◆ 最終更新日: 14/01/27 18:38
編集内容についての説明/コメント: 関連リンクに再現ゲーム追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Patについて語るスレ

165 : ななしのよっしん :2014/03/26(水) 07:37:09 ID: zibZLtR16n
2014年センターリスニングにpat様がいたらしいけど、どこにいた?

旅行パスワードでそれどころじゃなかったぜ。
166 : ななしのよっしん :2014/05/21(水) 15:18:49 ID: /iTQz6l21+
色々なスレでも言われてるハアハアおじさんがどうしても気になって、センター試験の音サイト2007年ダウンロードしたら本当だったww
第三問のとこにいたw
掲示板では誇してあるんだろうと思ってたけど、違ったw
"Remember?んはぁっ" でさすがにフイタwww
息切れしてるのかとも心配になったけど、フーフー言ってるおじさんが "Daddy" だの "Grandpa" だの言われてるの聞いてたらイキそうなオヤジにしか聞こえなくなったw
リアルで受けてた人ご愁傷さまw
167 : ななしのよっしん :2014/06/11(水) 12:18:16 ID: +STHuxsxfx
>Pat : Oh Sorry, じゃあthe other one
>Terry :あー、あったよ、でも入ってるポケットも違うじゃねーかよ!!

これだけじゃ違うカバンのどのポケットに入ってたかわからないから困るw
168 : ななしのよっしん :2014/07/26(土) 21:46:03 ID: bOwP4uClhA
2000年のは「ドングリに当たると死ぬ」みたいな文章をに読まなきゃいけないのがある意味辛い
2003年のはとちりしなければなんとか…それでもが立つけど
169 : ななしのよっしん :2014/08/10(日) 14:14:45 ID: cm8EjXCfzb
>>168
ドングリはリスニングだぞ
正直言って、解ける気がしない
170 : ななしのよっしん :2014/08/11(月) 22:44:32 ID: DGl+d6dasY
>>165
第2問 問12
女性セリフ "Hey, Pat! Do you have report to hand in?"
171 : ななしのよっしん :2014/09/10(水) 20:38:48 ID: mUZXM6Rq/L
こいつ2003年受けた時になんだこいつは?って思ったの覚えてるわ。
まさかこんな有名人だったとは・・・
172 : ななしのよっしん :2014/10/27(月) 11:26:11 ID: NEeAnh4VQ0
今更だけど、新課程地学の試作問題にPAT様降臨
173 : ななしのよっしん :2014/12/18(木) 10:17:52 ID: o5nsi8qwfw
アキネーターやってみたら出てきた件
174 : ななしのよっしん :2014/12/19(金) 19:42:26 ID: xxfAUYN088
なんかここまで持ち上げられてるとセンターPatに会えると考えれば楽しみになってくる
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015