単語記事: PC-8801

編集

PC-8801とは、1981年日本電気(現NEC)が発売したパーソナルコンピュータおよびその後継機である。

概要

8ビットパソコンとして、PC-8001シリーズの上位機として発売された。
大きな違いとして、本体とキーボードが分離され、本体側の拡スロットが増やされている。

当初はビジネスユースとしても使えることを標榜していたが、翌年に上位機として16ビットパソコンPC-9801が登場すると、PC-8801シリーズはホビーユースへと路線変更した。 

ビジネスユースも念頭に置かれたため、グラフィック表示では64400ピクセルの表示モードを備え、漢字ROMを組み込むことで漢字表示にも対応できた。

1985年に登場したPC-8801mkSRでは全なホビーユースへとシフトされ、グラフィックサウンドの機が強化され、それを活かしたゲームが数多く発売された。特にRPGは「イース」「SORCERIAN」「Xakシリーズなどの名作が生まれている。
しかし、80年代後半になるとゲーム機自体がさらに高性化され、売りとしていた処理グラフィック表示、サウンドなどでも負けるようになったため、1989年を最後に販売を終了。
その後、PC-98DO / DO+という8898のコンパチ機を経て、PC-9801にホビーユースのニーズを収束させていくことになった。

PC-8801 mk II

1983年発売。
全面に5インチFDDベイが搭載され、モデルによって5インチ 2Dドライブが0~2台搭載された。
また、JIS第一準の漢字ROMが標準搭載された。

PC-8801 mk II SR / TR

1985年発売。
ホビーユースとしての大幅な強化が施された。
グラフィック64200ピクセル 512色8色のモードが追加され、従来のモードも高速化された。
サウンドにはYM2203(OPN)が搭載され、FM音源3音+SSG音3音の発が可となった。
このSRによって、美しいグラフィックサウンドを使用したゲームが多数作られ、以降88シリーズの基準機となった。 

同年、SR電話機一体モデムを追加し、電話ソフト、通信ソフトを添付したmk II TRが発売された。このモデムは300bpsとかなり遅く「TRが装備していたのは音カプラだった」と勘違いしている人が未だにいるほどの代物だが、それでも純正のPC-8801シリーズ(PC-88VAPC-98DOを除く)の中では最も高価な機種で、パソコン通信もあまり流行っていなかったために存在意義は薄かった。

なお、CM広告イメージキャラクターに、同社の他機種にも登場した武田鉄矢が起用された。

PC-8801 mk II MR / FR

1985年発売。
JIS第二漢字ROMの搭載など、SRからの強化が行われている。
これ以降、メモリ64kB、FDD対応メディアが2Dの普及価格帯機(頭文字がF)と、メモリ192kB、FDD対応メディアが2HDの高価格帯機(頭文字がM)に分かれて販売されていく。

PC-8801 MH / FH

1986年発売。
CPUが8MHzにクロックアップされ、本体にあったディップスイッチがなくなり、内部のメニューから切り替える形に変更された。また、番表記から(mk II)が外された。

広告イメージキャラクター斉藤由貴が起用された(MA/FAおよびVA2/VA3まで)。

PC-8801 MA / FA

1987年発売。
サウンドチップとしてYM2608(OPNA)が搭載され、サウンドが強化された。
このサウンドは、従来機でも利用できるよう、サウンドボード2として拡スロットに搭載できるようになった。 
このほか、辞書ROMが搭載されている。

PC-8801 FE

1988年発売。
PC-8801FHをベースに、テレビを搭載した。反面、拡スロット止され、コストダウンが図られた。

PC-8801 MA2

1988年発売。
PC-8801 MAのマイナーチェンジで、 辞書ROMの増加とFA並みの低価格を実現している。

PC-8801 FE2

1989年発売。
一部の処理が高速化されたことを除き、FEとほぼ同じで低価格化されている。 

PC-8801 MC 

1989年発売。
筐体が縦置きのタワーに変わり、頂上部にCD-ROMドライブPCエンジン CD-ROM2用相当)が搭載できるようになった(搭載モデルMC2)。
それ以外についてはFE2同様「8MHzHモード」が搭載され高速化されている。

関連動画

関連コミュニティ

SRMCの実機によるゲーム放送がされている。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/pc-8801
ページ番号: 619357 リビジョン番号: 2213311
読み:ピーシーハチハチマルイチ
初版作成日: 08/10/04 16:54 ◆ 最終更新日: 15/06/01 21:31
編集内容についての説明/コメント: M系のメモリ修正およびF系との差異、リズム音源の表記を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

PC-8801について語るスレ

2 : ななしのよっしん :2012/07/09(月) 00:45:24 ID: TO0LEKyLBj
SR以降も400ラインモードモノクロだったはず。
3 : ななしのよっしん :2012/08/14(火) 13:29:58 ID: yQWd6SA5po
TRの事もたまには思い出してあげてください
4 : ななしのよっしん :2012/08/15(水) 09:40:29 ID: YCAvMj1Ec5
カプラはロマン
5 : ななしのよっしん :2013/10/06(日) 23:52:17 ID: E4rKU7UwK9
どのゲーム動画にも動作クロックが8MHzな事にうだうだ言ってるのが必ずいて辟易する
6 : ななしのよっしん :2014/05/18(日) 09:12:28 ID: g13RGGFYpw
CPUとは別にFDCにプログラムを走らせたり、VRAM余り数十バイトを使って描画のやりくりしたり色々工夫しがいがあって意外に面ハードでした
7 : ななしいろ :2014/07/13(日) 01:02:19 ID: AsBuJRAFzN
88VAは、黒歴史
8 : ななしのよっしん :2014/08/26(火) 19:50:28 ID: IRzXVCgP42
88VAもイメージキャラクター斉藤由貴さんじゃなかったけ?
9 : ななしのよっしん :2015/02/15(日) 13:16:35 ID: IRzXVCgP42
「つるちゃんのプラネタリウム」の作者学生の時
PC-8801mkMRで作ったプラネタリウムソフト

http://homepage2.nifty.com/turupura/introduct/preturupura/menu.html
10 : ななしのよっしん :2015/06/01(月) 21:40:51 ID: BuxiBJADEG
400ラインモードなんてあったのか…しらなかった
専用のモニタが必要です というオチやろか
11 : ななしのよっしん :2015/07/13(月) 06:25:06 ID: 9twFWEAFiM
MCの高速モードって10MHzだと記憶してたが
調べたら8HMzノーウェイト動作で正しいみたいだな
「10HMz相当」って書いてあったのをうろ覚えしてたのかな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015