単語記事: POKELOID

編集

POKELOID(ポケロイド)とは、ゲーム内の『ポケモンのなきごえ』を使って演奏した動画に付けられるタグである。

『スタイル』による違い

一口に『POKELOID』といっても、動画によって様々なスタイルを用いて演奏が行われており、楽しみ方が異なってくる。 そこでここでは各スタイルの解説を個別に行うことでタグ全体の概要とさせていただく。

ムクホークスタイル

ピッチ変更を行わず、たくさんのポケモンの鳴きをほぼそのままメロディリズムに合わせるスタイル。詳しい成り立ちは「ムクホークスタイル」を参照。
鳴きをほとんどいじらない=音程が合わないことが多いということなので、原曲も使用するのが前提である。鳴きをそのまま使うので視聴者にも分かりやすい反面、どの部分でどのポケモンの鳴きを使うのか製作者のセンスが問われるスタイルでもある。

ヤブクロンスタイル(仮称)

POKELOIDシュペランカー戦法の組み合わせはムクホークスタイルの一種とされていた。しかし、従来のムクホークスタイルは『リズムとアクセントを重視し、音程はそれほど気にしない』傾向にあるのに対し、シュペランカー戦法は『ピッチ変更こそ行わないものの、音程はしっかり合わせる』というスタンスであるため、別のスタイルとして扱われることとなった。

  1. 音程が合うのでメロディラインがはっきりする
  2. の切り抜きや引き延ばしなどをムクホークスタイルよりも多用する
  3. 音程という縛りによって使われるポケモンの被りが多くなる

といった特徴を持つ。3.のデメリットに関しては、曲調がコロコロ変わったり途中で転調する曲を選ぶことによりある程度緩和されるので、制作時には意識したいところ。

なお、「ヤブクロンスタイル」となっているのはこのスタイルの元の人の動画に「ヤブクロンの人」のタグが付いているためであり、他のスタイルべてヤブクロン立って使われているわけではない。そのため別の呼び方の方がいいのではないかという意見もあることを注記しておく。そもそも、現在のところこのスタイル投稿しているのは一人のみだったり。

アリアドスタイル

ピッチ変更を用いることで、鳴きだけでメロディに加えて伴奏までも演奏できるスタイル。その万さから原曲不使用である動画も多い。
POKELOIDタグが生まれたきっかけとされる『ポケモン×千の風になってシリーズ』を見れば分かるとおり、そのまま使ってもカオスになるポケモンがほとんどなため、基本的には鳴きの一部を切り抜き、一部はループとすることで演奏を成り立たせている。その関係上ムクホークスタイルべると原形を失うが、後述するトリトドンスタイルよりは分かりやすいのでPOKELOIDスタイルの中では中間的存在といえる。一種類のポケモンでは音素が足りないため複数のポケモンを用いて演奏することが多い。また、どうしてもノイズが残ってしまうため、たくさんの音を重ねるとうるさくなってしまう繊細なスタイルでもある。

なぜアリアドスタイルなのかというと、『ポケモン×千の風になってシリーズ』の作者アリアドス動画に多用しているため。その心地よい音色から一部からは歌姫と呼ばれることも。

トリトドンスタイル(仮称)

ピッチ変更や音の切り抜きだけではなく様々なエフェクトをかけることにより、一匹のポケモンから多数の音を作り出すことを可としたスタイルのこと。詳しい成り立ちは『鳴き声で作曲シリーズ』を参照。
大幅に加工するため、「原を留めていない」という摘が多くなってしまうのは避けられないだろう。そのためポケモンは一種類のみ使い、ポケモンの個性を明確にするのが一般的である。また、アリアドスタイルではどうしても残ってしまうノイズを取り除けるため、音色はきれいになり和音を重ねやすくなる。その性質上多量の音素を含むDS以降のポケモンを得意とするが、逆に初代金銀ポケモンは音素が少なく制作が難しいとされる。

 

その他のPOKELOID動画

ポケモン図鑑

ポケモン図鑑タグとしては『図鑑改訂シリーズ』が有名だが、最近のポケモン図鑑MADでは歌詞ポケモン名などを合わせる垰瀬内シリーズに近いものなど、「説明文訂する」という趣旨から外れ『図鑑改訂シリーズタグが付けられないものが増えてきた。そこで、「"ポケモン"図鑑を"VOCALOID"のように歌わせる」という意味でPOKELOIDタグが付けられることがある。もちろん、ポケモンのなきごえと競演している動画も存在する。

ポケモンの音MADとの関係

単純に「ポケモン音MAD」として制作した場合であっても、ポケモンにとってなきごえは切っても切り離せない音素材であるため、POKELOIDタグを付けるにふさわしい場合が多い。

また、「ポケモン関連のキャラクター人力VOCALOIDとして扱っていればそれはPOKELOIDではないか」という意見もあるため、ゲームのなきごえが使われていないポケモン音MADでも問題なく採用されることもある。

←左:アニメスマブラ)のピカチュウの鳴きを使用/右:エメラルドシンガーソングおやじを使用→

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/pokeloid
ページ番号: 4185055 リビジョン番号: 2084862
読み:ポケロイド
初版作成日: 09/10/18 23:18 ◆ 最終更新日: 14/09/12 17:13
編集内容についての説明/コメント: 「ヤブクロンスタイル(仮)」について更新。その他動画差し替え+微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

POKELOIDについて語るスレ

61 : ななしのよっしん :2014/04/20(日) 23:28:01 ID: NuZd2pWzlt
>>sm23011978

これ見て思ったが、アリアドスタイルは、アマルルガがいい感じに化けるな。
てか、アリアドスタイル大百科は作られる可性ってあるのかのぅ。

by:ムクホークスタイル大好きメガネ
62 : ななしのよっしん :2014/05/07(水) 01:51:26 ID: Qstb1foeU0
POKELOIDシュペランカー戦法の人に「ヤブクロンの人」のタグがついてる…。
「これはムクホークスタイルじゃない」って意見も多くなったみたいだし、別の名称がほしいと思ってたけど
反論がなければ「ヤブクロンスタイル」と呼びたいところだけど、どうかな?
63 : ななしのよっしん :2014/05/13(火) 00:17:32 ID: NuZd2pWzlt
>>62
なるほど
>>sm23305359

ヤブクロンの人は例えばこれの6:03あたりからのウソハチはあえて3音出させてたりするし
1つのスタイルとして位置づけるのも良いのかもしれないね。
よって言いたい事。「アリアドスタイル」「ヤブクロンスタイル」の大百科はよ!(図々しい
64 : ななしのよっしん :2014/05/24(土) 15:31:29 ID: B4T6BPH6V7
別に「シュペランカームクホークスタイルの人」にはヤブクロンポケって印は受けないんだよねー。ムクホークの人アリアドスの人と違って。
そこでは「○○スタイル」という既存の名前の焼き直しではなく、「ファーリッソメソッド」などといった新しい形式の名前にする案を推してみる。
65 : ななしのよっしん :2014/06/30(月) 02:36:08 ID: Qstb1foeU0
>>64
確かにこのうp主は「ヤブクロンポケ」という印はないけど、
1つだけ他の名称と違う感じの名前が付いてると仲間外れにしてる気がしてしまう。
だからその案を採用するなら、発祥であるムクホークスタイルはともかく、
焼き直しであるアリアドストリトドンも再考の余地ありかな?

個人的には投稿者名よりはポケモン名の方が初見の人にも抵抗が少ないと思います
66 : ななしのよっしん :2014/09/12(金) 17:16:16 ID: Qstb1foeU0
意味合い的にも掛け言葉としてもVOCAMON(ボカモン)と呼んだ方がよかったのかもしれない。
まあ暴歌ロイド系統の呼び方が定着した以上、ニコニコPOKELOIDの名が定着するのは時間の問題だっただろうけど。
67 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 03:02:45 ID: A+Tju8+9Kf
一番扱いに困るのがまさかのピカチュウという
従来では考えられないようなジャンル
68 : ななしのよっしん :2016/03/03(木) 15:27:26 ID: 8XyfblNi1W
アリアドスタイルトリトドンスタイルの名前自体には賛成
69 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 23:02:48 ID: kIanMvOlTg
>>sm20487806

>>sm25360364

>>sm28923630

こういうごり押し良い意味で)系はポケロイド
70 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 01:27:51 ID: OI1Q9J7C4U
XY以降における大谷ピカチュウは・・・さすがに認められないか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015