単語記事: Queen

編集  
注意 当項では、イギリスロックバンドQUEENについて記載しています。
その他の事項については【クイーン】を参照してください。


 
達は音楽結婚したんだ”



Queenとは、英語女王のこと。ここではイギリスロックバンドについて解説する。

概要

1973年から活動しているイギリスを代表するロックバンド1991年メインボーカルフレディ・マーキュリーが亡くなり、さらにこのことが影してベースジョン・ディーコン引退したが、現在も残ったメンバーで活動している。な活動は、2005年から3年間ほどボーカルポールロジャースを迎えて「Queen + Paul Rodgers」として、2012年からはアダム・ランバートを迎えて「Queen + Adam Lambert」として精的にライブを行っている。

すでにオリジナルメンバーでの活動は終了しているが、今なお世界的な人気を博しているバンドである。日本でもその人気は高く、現在でも多くのCMBGMとして使われているほか、ドラマF1メインテーマとしても使われていた。

また海外バンドでは特に親日的であり、デビュー当時イギリスでそこそこの人気バンドだった彼らが来日した際に、本ではありえないぐらいの熱狂的な歓迎を受けたことが彼らに衝撃を与え、以後ことあるごとに日本ファンへの感謝の言葉を述べるようになる。さらに歌詞日本語を用いた曲「手をとりあって(Let Us Cling Together)」を発表するまでに至った。

曲調は一定ではなく、ポップバラードが多いフレディハードロックとその対極に位置するぐらいの静かな曲を出すブライアン、時代のサウンドを重視するロジャー、寡作ながらも民族えた支持を得るポップスを生み出すジョンという感じで、メンバーの個性によって様々なタイプの楽曲が生まれている。

メンバー

写真左からフレディブライアンジョンロジャー

フレディ・マーキュリー

Freddie Mercury (1946.9.5 – 1991.11.24)
バンドメインボーカル楽器ピアノを担当。ステージではギターを弾くこともあった。日本でもお染みの「Killer Queen」「Bohemian Rhapsody」「We Are The Champions」「Don't Stop Me Now」などは彼の作品。
ビジュアルの変化が大きかったメンバーの一人で、70年代の長子時代と80年代ヒゲマッチョ時代のあまりのギャップに、クイーンフレディをよく知らない人はショックを受けるとか、受けないとか。1991年AIDSの合併症により死去。いわゆる天国へコンサートしに行った男の一人。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第18位。

ブライアン・メイ

Brian May (1947.7.19 - )
バンドサウンドの特徴でもあるギターを担当。楽曲によってはボーカルをとることもある。称は博士世界のスタジアムで鳴りく「We Will Rock You」の作者自作ギターレッド・スペシャル」は二の名器。長年髪型が変わらずにいたが、2011年突然を染めるのをやめたようで、そのはいまやバッハ状態。なんという天パー。最近はミュージカル女優プロデュースしたり、ロンドンオリンピックギターソロを披露するなど、現役バリバリ。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第39位。

ジョン・ディーコン

John Deacon (1951.8.19 - )
ベース担当。空気クイーンにおいては“寡黙なベーシスト”のポジションにあり、強な個性がったバンドの中で一番地味だと思われがちだが、彼もまたフレディと並んでビジュアルの変化がしかった。でも立たない。ステージではよく踊りまわってたが、それでも立たない。衣装も会社員になったり上下青色だったりオレンジ色だったり、なんというかやっぱり地味メンバーによれば怒ると怖いらしい。フレディの死後、クイーンプロジェクトに参加することはほぼい状態で、事実引退現在はご隠居生活中。

ロジャー・テイラー

Roger Taylor (1949.7.26 - )
ドラム担当、なおかつバンドイケメン部門担当。少年時代歌隊で鍛えた高音ハスキーボイスの持ちで、クイーンコーラスの要でもあった。バンドメンバーのなかでは一番ソロ活動が盛ん。いままで太ったり痩せたりを繰り返し、 2004年頃にはサンタクロース転職したかのようなメタボっぷりだったが、近年は落ち着いてきた様子。よかったね。フレディの死後、特に00年代に入ってからはブライアンと一緒にクイーン名義で活動することが多い。

有名な楽曲

ご覧いただいた通り、メンバー全員作曲できなおかつ全員ヒット作を作っている
著名な楽曲を多く作ったフレディギタリストらしい楽曲の多いブライアン、初期のった作から後期は作の幅を広げたロジャーポップな作ジョンと個々の作が異なっていることもあり、多な楽曲が聞ける。

ディスコグラフィ

オリジナル・アルバム

記事の存在する曲は太字表記とした。記事に採用したニコニコ市場の商品はすべて2011年マスター盤の日本盤である。説明文CD帯から引用

1st Album
Queen
戦慄の王女
1973年7月13日 1974年3月25日

1973年7月に発表された、クイーンの記念すべきデビューアルバム。スリリングなサウンドと、幾重にも重なったコーラスが彼ら特有の美学を構築。日本での人気が本に飛び火する逆輸入を演出した一枚。


  1. Keep Yourself Alive
  2. Doing All Right
  3. Great King Rat
  4. My Fairy King
  5. Liar
  6. The Night Comes Down
  7. Modern Times Rock'n'Roll
  8. Son And Daughter
  9. Jesus
  10. Seven Seas Of Rhye...

2nd Album
QueenII
クイーンIIホワイトクイーンブラッククイーンの啓示~
1974年3月8日 1974年6月25日

」をコンセプトにしたクイーンセカンドアルバムハード・ロックを基調にしたドラマティックなサウンドで数多くのファンの心を魅了。クイーンの快進撃の幕開けを飾るに相応しい傑作1974年3月発表。


  1. Procession
  2. Father To Son
  3. White Queen (As It Began)
  4. Some Day One Day
  5. The Loser In The End
  6. Ogre Battle
  7. The Fairy Feller's Master-Stroke
  8. Nevermore
  9. The March Of The Black Queen
  10. Funny How Love Is
  11. Seven Seas Of Rhye

3rd Album
Sheer Heart Attack
シアー・ハートアタッククイーンIII
1974年11月8日 1974年12月21日

全英チャートの二位にヒットナンバーキラー・クイーン」を含むサードアルバムは、クイーンの魅を余すところなく詰め込んだ一枚となった。1974年11月に発表された、彼らの代表作とも囁かれるアルバム


  1. Brighton Rock
  2. Killer Queen
  3. Tenement Funster
  4. Flick Of The Wrist
  5. Lily Of The Valley
  6. Now I'm Here
  7. In The Lap Of The Gods
  8. Stone Cold Crazy
  9. Dear Friends
  10. Misfire
  11. Bring Back That Leroy Brown
  12. She Makes Me (Stormtrooper In Stilettoes)
  13. In The Lap Of The Gods... Revisited

4th Album
A Night At The Opera
オペラ座の
1975年11月21日 1975年12月21日

ロック史に然とく名盤。クイーン美学のすべてを凝縮したロックオペラボヘミアン・ラプソディ」を収録。同曲はシングルカットされ全英一位を獲得。アルバムも全英一位、全四位を記録した。1975年12月発表。


  1. Death On Two Legs (Dedicated to...)
  2. Lazing On A Sunday Afternoon
  3. I'm in Love With My Car
  4. You're My Best Friend
  5. '39
  6. Sweet Lady
  7. Seaside Rendezvous
  8. The Prophet's Song
  9. Love Of My Life
  10. Good Company
  11. Bohemian Rhapsody
  12. God Save The Queen

5th Album
A Day At The Races
麗なるレース
1976年12月10日 1977年1月9日

前作『オペラ座の』と対をなすコンセプトられたクイーンの第五弾は、全英一位、全五位を記録。「愛にすべてを」をはじめ、日本語で歌われた「手をとりあって」など印的な楽曲が並ぶ作品。1976年12月発表。


6th Album
News Of The World
世界
1977年10月28日 1977年11月25日

伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を含む、1977年11月に発表された通算で六枚の作品。不世出のアーティストフレディ・マーキュリー漲るヴォーカルき渡る一枚。全英四位、全三位。


  1. We Will Rock You
  2. We Are The Champions
  3. Sheer Heart Attack
  4. All Dead, All Dead
  5. Spread Your Wings
  6. Fight From The Inside
  7. Get Down, Make Love
  8. Sleeping On The Sidewalk
  9. Who Needs You
  10. It's Late
  11. My Melancholy Blues

■7th Album
Jazz
ジャズ
1978年11月10日 1978年11月25日

1978年11月リリースされた七枚アルバム。「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」などの楽曲を収録。自転車に乗ったヌードの女性を写した付録のポスターが話題となった。全英二位、全六位。


  1. Mustapha
  2. Fat Bottomed Girls
  3. Jealousy
  4. Bicycle Race
  5. If You Can't Beat Them
  6. Let Me Entertain You
  7. Dead On Time
  8. In Only Seven Days
  9. Dreamers Ball
  10. Fun It
  11. Leaving Home Ain't Easy
  12. Don't Stop Me Now
  13. More Of That Jazz

■8th Album
The Game
ザ・ゲーム
1980年6月30日 1980年7月21日

のチャートで同時にナンバーワンを獲得した、クイーン世界制覇物語る一枚。「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」などのヒットシングルを収録した八枚オリジナルアルバム1980年7月発表。


■9th Album
Flash Gordon
フラッシュゴードン
1980年12月8日 1981年1月25日

クイーンが手がけた初のサウンドトラックアルバムブライアン・メイの伸びのあるギターサウンドと分厚いコーラスられたテーマ曲をはじめ、スリリングな楽曲が数多く詰め込まれた作品。1980年12月発表。


  1. Flash's Theme
  2. In The Space Capsule (The Love Theme)
  3. Ming's Theme (In The Court Of Ming The Merciless)
  4. The Ring (Hypnotic Seduction Of Dale)
  5. Football Fight
  6. In The Death Cell (Love Theme Reprise)
  7. Execution Of Flash
  8. The Kiss (Aura Resurrects Flash)
  9. Arboria (Planet Of The Tree Men)
  10. Escape From The Swamp
  11. Flash To The Rescue
  12. Vultan's Theme (Attack Of The Hawk Men)
  13. Battle Theme
  14. The Wedding March
  15. Marriage Of Dale And Ming (And Flash Approaching)
  16. Crash Dice On Mingo City
  17. Flash's Theme Reprise (Victory Celebrations)
  18. The Hero

■10th Album
Hot Space
ホット・スペース
1982年5月21日 1982年5月23日

永遠のロックスタージョン・レノンささげた「ライフ・イズ・リアルレノンぐ」をはじめ、全英一位を記録したデヴィッド・ボウイとの共演作「アンダー・プレッシャー」など話題曲を満載した十作


11th Album
The Works
ザ・ワークス
1984年2月27日 1984年3月16日

全英二位となったシングルRADIO GA GA」を筆頭に、「ブレイクフリー自由への立ち)」など、よりパワフルにそのサウンドを変貌させるクイーンが見せた新地。アルバムも全英チャートの二位を獲得した。1984年3月発表。


  1. Radio Ga Ga
  2. Tear It Up
  3. It's A Hard Life
  4. Man On The Prowl
  5. Machines (Or 'Back To Humans')
  6. I Want To Break Free
  7. Keep Passing The Open Windows
  8. Hammer To Fall
  9. Is This The World We Created...?

12th Album
A Kind Of Magic
カインド・オブマジック
1986年6月2日 1986年6月9日

クイーンにとって四枚となる全英チャート・ナンバーワンアルバムは、それまでにない楽しさで溢れた内容となった。シングルカットされたタイトル曲もベスト3に入る健闘を見せた。1986年6月発表。


  1. One Vision
  2. A Kind Of Magic
  3. One Year Of Love
  4. Pain Is So Close To Pleasure
  5. Friends Will Be Friends
  6. Who Wants To Live Forever
  7. Gimme The Prize
  8. Don't Lose Your Head
  9. Princes Of The Universe

13th Album
The Miracle
ザ・ミラクル
1989年5月22日 1989年6月9日

アイウォント・イット・オール」(全英三位)「ブレイクスルー」(全英七位)を含む貫の一枚。本作制作中にフレディが自信の病状をメンバー告白アルバムは五回の全英一位獲得作となった。1989年5月発表。


  1. Party
  2. Khashoggi's Ship
  3. The Miracle
  4. I Want It All
  5. The Invisible Man
  6. Breakthru
  7. Rain Must Fall
  8. Scandal
  9. My Baby Does Me
  10. Was It All Worth It

■14th Album
Innuendo
イニュエンドウ
1991年2月4日 1991年1月30日

初期クイーンが見せたドラマティックかつ麗なサウンドの復活もさることながら死を直前にしても決して衰えることのないパワフルフレディヴォーカルが、涙と感動を呼ぶ後期クイーンの大傑作1991年2月発表。


■15th Album
Made In Heaven
メイド・イン・ヘヴン
1995年11月6日 1995年11月17日

フレディが死の病に倒れる直前まで録音していたテープを、残されたメンバーが4年の歳をかけて完成させたラストアルバム。美しくも悲しいメロディが二度と訪れぬ永遠の時を演出する。1995年11月発表。


  1. It's A Beautiful Day
  2. Made In Heaven
  3. Let Me Live
  4. Mother Love
  5. My Life Has Been Saved
  6. I Was Born To Love You
  7. Heaven For Everyone
  8. Too Much Love Will Kill You
  9. You Don't Fool Me
  10. A Winter's Tale
  11. It's A Beautiful Day (Reprise)

ライヴ・アルバム

記事に採用したニコニコ市場の商品は2001年マスター盤の日本盤(1、2、4)と現行盤である。

-

1st  Live Album
Live Killers
ライヴキラー
1979年6月22日 1979年6月25日

クイーン初のライヴ盤は1979年1~3月ヨーロッパツアーの模様を収録。ヒット曲満載で結果的に70年代総括する内容であるとともに、スタジオ録音での複雑な楽曲を再現することでその実を知らしめた作品。1979年6月発表。


2nd Live Album
Live Magic
ライヴマジック
1986年12月1日 1986年12月20日

カインド・オブマジック』の発売に伴って行われた《マジックツアー》からウェンブリー、ブダペスト、ネブワースの各音を巧みな構成でまとめた作品。彼らの80年代を集約した内容となった。1986年12月発表。


3rd Live Album
At The Beeb
女王凱旋! ~戦慄のライヴクイーン
1989年12月4日 1989年11月21日
※キャリア一、再販・リマスターされていない不遇のアルバム


  1. My Fairy King
  2. Keep Yourself Alive
  3. Doing All Right
  4. Liar
  5. Ogre Battle
  6. Great King Rat
  7. Modern Times Rock'n'Roll
  8. Son and Daughter

4th Live Album
Live At Wembley '86
クイーンライヴ!!ウェンブリー1986
1992年5月26日 1992年6月24日

フレディの死後半年というタイミングで発売された、ウェンブリ演のコンプリート盤。1986年7月11、12日の2日間で延べ15万人を動員した彼らの集大成ともいえるライヴ作品。1992年5月発表。


5th Live Album
Queen On Fire - Live At The Bowl
 オンファイアー/クイーン1982
2004年10月25日 2004年10月27日

デビューから10年、アルバム『ホット・スペース』を引っさげて行われたツアーの全英最終演、英国ミルトンキーンズ・ボウルにて行われたライヴを収録。2004年10月発表。 


6th Live Album
Queen Rock Montreal
伝説/クイーン1981
2007年10月29日 2007年10月31日

クイーン世界を視野に入れたスーパーバンドとして初めて認識された80年代初頭のライヴ。「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」の全一位によってアメリカをも手中に収めた全盛期ステージ2007年10月発表。


■7th Live Album
Hungarian Rhapsody
ハンガリアン・ラプソディ 
2012年11月5日 2012年12月19日

1986年7月ヨーロッパでの冷戦状態の下、「カーテン」の中であるハンガリーブダペストで行なったライヴの模様を収録。2012年11月発表。


■8th Live Album
Queen: Live At The Rainbow '74
ライヴ・アット・ザ・レインボー '74
2014年9月8日 2014年9月10日

1974年3月11月に行われた伝説クイーン初期のライヴ40年の時を経て初登場!クイーンの初期スタジオアルバム4作を共同でプロデュースしたロイトーマス・ベイカーがレコーディングし、バンドサードアルバム(および初のライヴアルバム)としてリリースされる予定だった未発表音CD2枚に収録2014年9月発表。


Disc 1
  1. Procession
  2. Father To Son
  3. Ogre Battle
  4. Son And Daughter
  5. Guitar Solo
  6. Son And Daughter (Reprise)
  7. White Queen (As It Began)
  8. Great King Rat
  9. The Fairy Feller's Master-Stroke
  10. Keep Yourself Alive
  11. Drum Solo
  12. Keep Yourself Alive (Reprise)
  13. Seven Seas Of Rhye
  14. Modern Times Rock 'n' Roll
  15. Jailhouse Rock
    Stupid Cupid
    Be Bop A Lula
  16. Liar
  17. See What A Fool I've Been 
Disc 2
  1. Procession
  2. Now I'm Here
  3. Ogre Battle
  4. Father To Son
  5. White Queen (As It Began)
  6. Flick Of The Wrist
  7. In The Lap Of The Gods
  8. Killer Queen
  9. The March Of The Black Queen
  10. Bring Back That Leroy Brown
  11. Son And Daughter
  12. Guitar Solo
  13. Son And Daughter (Reprise)
  14. Keep Yourself Alive
  15. Drum Solo
  16. Keep Yourself Alive (Reprise)
  17. Seven Seas Of Rhye
  18. Stone Cold Crazy
  19. Liar
  20. In The Lap Of The Gods...Revisited
  21. Big Spender
  22. Modern Times Rock 'n' Roll
  23. Jaihouse Rock
  24. God Save The Queen

■9th Live Album
A Night At The Odeon - Hammersmith 1975
オデオン座のハマースミス1975
2015年11月20日 2015年11月20日

倫敦女王凱旋!1975年の「オペラ座の」全英ツアーの追加演としてクリスマス・イヴに行われた熱狂と奮のロンドンハマースミス・オデオン演を全収録。2015年11月発表。


Disc 1
  1. Now I'm Here
  2. Ogre Battle
  3. White Queen
  4. Bohemian Rhapsody
  5. Killer Queen
  6. The March Of The Black Queen
  7. Bohemian Rhapsody (Reprise)
  8. Bring Back That Leroy Brown
  9. Brighton Rock
  10. Guitar Solo
  11. Son And Daughter
  12. Keep Yourself Alive
  13. Liar
  14. In The Lap Of The Gods... (Revisited)
  15. Big Spender
  16. Jailhouse Rock
    Stupid Cupid
    Be Bop A Lula
  17. Seven Seas Of Rhye
  18. See What A Fool I've Been
  19. God Save The Queen

関連動画

Queenの音楽を用いた動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

スポーツの場では入場曲の定番である。日本では空手アンディ・フグ(故人)が生前に自身の入場曲として使っていたことで有名。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/queen
ページ番号: 376278 リビジョン番号: 2424265
読み:クイーン
初版作成日: 08/07/20 21:36 ◆ 最終更新日: 16/11/03 01:05
編集内容についての説明/コメント: 楽曲の項に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Queenについて語るスレ

125 : ななしのよっしん :2015/10/27(火) 14:24:41 ID: 7Qv9DkS4H4
ボヘミアンラプソディの項
「始めて」→「初めて」じゃない?
126 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 13:02:25 ID: F1EFwtjICJ
記事にI want to break free女装ネタ欲しいな
127 : ななしのよっしん :2015/12/07(月) 18:16:14 ID: 8orvw/x6dZ
FUN.とコラボしたら絶対いいのになーとずっと思ってたらもうしてた
128 : 削除しました :削除しました ID: 6B/Ya+wNKU
削除しました
129 : ななしのよっしん :2016/10/12(水) 23:20:25 ID: He3LrSyoaA
フレディー・マーキュリー生誕70周年 x オンキヨー創業70周年記念 QUEEN公式コラボレーションモデル 日本限定販売決定
http://onkyodirect.jp/QUEEN.html
130 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 02:18:07 ID: pgVMFboou6
初めて好きになったバンドQUEENで、後々好きになったのがJAM Project聖飢魔Ⅱ
QUEEN好きを言していることを後から知って、ながらQUEEN好きすぎてワロタ。自分の音楽好きの起なのかな
131 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 22:18:13 ID: pYt0b847d0
friends will be friends
=フレンズはずっとフレンズ(友達)だよ!あーはー!
(ミーハー感)
132 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 14:40:18 ID: kc49n32XIx
ブライアンメイ誕生日おめでとう
133 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 23:02:36 ID: KvvV+Qa7ya
普段から洋楽を聴かない人でも、一曲聴いたらこいつ等はタダ者じゃないと分かる。
134 : ななしのよっしん :2018/05/17(木) 19:50:37 ID: gP+tdPx2En
>>sm33215156


【朗報】QUEENの半生を描いた伝記映画ボヘミアン・ラプソディ』が2018年11月日本開決定!!

キャストの人たちはもはや完全に一致
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829