単語記事: R-TYPE FINAL

編集

R-TYPE FINALとは、アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社製作シューティングゲームである。

すべてへの「感謝」。最後の"R"

2003年7月17日アイレムから発売されたプレイステーション2ソフトで、R-TYPEシリーズ第5作にしてシリーズ最終作。

最後の作品という事もあり、過去最大級のボリュームとなっている。
過去アイレムSTG要機体がほぼ勢ぞろいしており、半ば強引とも取れる設定が為されている。
また、STG史上類を見ない数のプレイアブル機体が登場している事でも知られており、その数は101機体にも及ぶ。
基本的なゲームシステムは前作「R-TYPE⊿」から継承されているが、一部名称変更や細分化が図られている。

更には、シリーズ初のテーマソングが採用された事で様々な意味で話題となった。
テーマソングを歌っているのは椎名へきる。また後述するように本ゲームへの内容にも若干関与している。

進行のテンポがやや悪く、色々詰め込み過ぎた事が災いしてかファンの間で評価がっ二つに分かれており、発売から6年が経過した今でもシリーズの復活を望むファンは多い。

アイレムはこの作品を以って以後R-TYPEは作らないと宣言しているが、これはSTGとしてのR-TYPEは作らないという事であり、それ以外のジャンルで出す可性は残されていた。
そして、2007年SLGという新たな舞台を与えられた「R-TYPE TACTICS」が登場するに至る。
なお、XBOX LIVE配信ソフトの「R-TYPE Dimensions」は米国企業により製作されたものであり、アイレム自身は製作に関わっていない為例外となる。

余談であるが、本作にいてしきりに登場する植物は「キンミズヒキ(引)」という
言葉は「感謝の気持ち」である。

今作で変更、追加された要素

ストーリー

バイド”それは、邪悪な生命体……
自己増殖を備えた粒子で構成された生命体。

質量のある物体でありながら、波動としての性質も併せ持ち、
あらゆるものに伝播する。
時には人の思念にさえも干渉し、そして貪る。


22世紀後半
バイドとの初の戦闘から
すでに20年近くの年が経過していた。


過去大規模なものだけでも4度に渡ったバイドとの戦闘は、
その都度人類の勝利で終わった。
しかし、バイドは4度現れ、4度葬られ、そして4度復活したのだ。


バイド全な根絶は不可能なのか?
戦いに終止符を打つべく、対バイド最終兵器の開発が計画された。
それは、「バイドをもってバイドを征する」を旨とする。
そう、作戦名“Last Dance” が発動されたのだ。

 

 

R-TYPE FINAL公式サイトより引用

バイドの完全根絶へ…”最期の舞踏”

バイドとの決着をつけるべく発動されたオペレーション・ラストダンス。ここではその舞台を紹介していく。

ステージ タイトル ボス 備考
1.0 永眠の都市 Xelf-16 突入直後の背景をよく見ると・・・。
2.0-2.4 んだ生態系 ネスグ・オ・シー 初回は2.2。
ボスから生えている色の付いた棒を破壊すると
次回プレイ時にステージが1段階変化。
:→2.0 :→2.4
3.0 巨大戦艦襲来 巨大戦艦 本体波動コア 一部のビルを破壊する事が出来る。
3.5 暗黒の森の番犬 R-13ケルベロス RX-12クロス・ザ・ルビコン」のみ突入可
R-TYPE⊿」のR-13エンドの場所でもある。
4.0 沈黙の研究所 ドブケラドプスマットウシ 今回のドブケラはシリーズ初の養殖モノ。
5.0 跳躍26次元 ファインモーション 機体速度に応じて画面の歪みが変化する。
StF-Aをクリアするとボス本体から分岐棒が出現。
破壊した分岐棒に対応したステージへ移行する。
6.0 宇宙墓標 ゴマンダー 初回、及び分岐棒を破壊しなかった場合はこちら。
ボス戦はゴマンダーの体内で展開される。
6.1 変異と忘却 ノーメマイヤー い分岐棒を破壊すると突入。
中が存在せずいきなりボス戦となる。
6.2 流空 グリッドロック い分岐棒を破壊すると突入する。
い分岐棒はStF-Bをクリアすると出現。
F-A バイドとは… バイド 6.0から突入。本作のメインルート
背景がどう見てもアレです本当に(ry
F-B 夏の夕暮れ R-9Aアローヘッド 6.1から突入。機体がバイドシステムα
(一部機種はメタリック・ドーン)に変異。
論敵はR戦闘機が中心。
F-C どこまでも なし 6.2から突入。22世紀から26世紀へ辿り着けたらクリア
残機没収、コンティニュー不可のおまけつき。

AI対戦モード

本作では初の試みとしてR戦闘機同士を対戦させるAI対戦モード実装されている。
このモードの特徴としてはプレイヤーは大まかな戦闘方針を設定出来るだけで、対戦中は一切機体を操作できないという点である。また、パスワードメモリーカードを持ち込むことで他者との対戦も可となっており、このシステム活用したアイレム催の大会が開催されていた事もある。

なお、CPU戦でチャンピオン機体(R-9/02)を撃墜するとエンディングになる。

R's MUSEUM

R戦闘機の機体情報等を確認できるモードで、博物館を模した物となっている。
本作においてR戦闘機が開発される度に機体情報が追加され、最終的には101機が館内に並ぶ事となる。
なお、一系列が埋まる毎に石碑が追加される。

このニコニコ大百科いてもR戦闘機の記事を開発(作成)する形で運営されている。

今作の舞台

従来のシリーズと違い、時代が漠然とした表現となっている今作だがストーリーから推測すると2183年前後であるとされている。ところが、ゲーム中では2163年スタートとなっている。これはPS2カレンダー活用したもので2003年を基準として日付がリアルタイムに移行する。ちなみに、2009年12月現在では2169年12月という事になる。

要約すると「時代も含めて、今作の舞台はプレイヤー自身により変化する」ということである。

バイドを討つもの

今までのシリーズではバイドを討つものは同じバイド体であるフォースとなっていたが、本作は少しその趣が変わっておりフォースだけではバイドを倒しきれない設定となっている。ではバイドを討つものとは一体何なのか?
詳細解説はここでは書かないでおくが、一つヒントを残しておく。

バイドを以ってバイドを制し、人類の智のを以ってバイドを討て」

R-TYPE FINALトリビア

関連動画

やたらの入ってるOPムービー
登場機体を全て網羅している動画
PROUD OF YOU PV原曲版)
色々と突っ込み所満載な15秒CM
PROUD OF YOUの本作EDVer

関連商品

関連コミュニティ 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/r-type%20final
ページ番号: 4222436 リビジョン番号: 2268891
読み:アールタイプファイナル
初版作成日: 09/12/03 21:13 ◆ 最終更新日: 15/10/02 06:28
編集内容についての説明/コメント: 「すべてへの「感謝」。最後の"R"」の冒頭一行に、プレイステーション2ソフトであることを追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

R-TYPE FINALについて語るスレ

82 : ななしのよっしん :2015/12/15(火) 01:42:16 ID: SJvO2WZ4QX
>>80
R-101が26世紀の人類が倒そうとした「外宇宙生命体」だと思ってたわ
R-101が現れる事でバイドの作成が決定事項になってループ完成するみたいな
83 : ななしのよっしん :2016/01/17(日) 14:35:09 ID: FLC91NAYj3
最近気づいたんだけど、ステージ1の文章

◆永眠の都市

 第一次バイドミッションにより墜落した宇宙都市の内部が舞台。
バイドに侵食された高機動強襲清掃クラフト“ストロバルト”、
大気圏内での戦闘に特化した人型機動兵器ゲインズ”強襲。
そして、付着したバイド体は核廃棄物融合し、物体を模倣するを有する金属ナノ生命体へと進化を遂げていた。

 『第一次バイドミッション時に地上に墜落した人工宇宙都市“エバーグリーン”。
にその身を突き刺し、ただ静かに朽ち果てるのを待っていた過去希望のなれの果て。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
84 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 17:35:41 ID: KqqMZuaXfe
Bルートって別の並行世界に行ったってことなのかな? B-1Dとは戦ってないし
85 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 23:18:12 ID: xQW4okNIQA
漁業系のお隣さんが最新作でRっぽい展開になっていた
86 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 22:11:50 ID: zh0KNnWyLc
現在進行形で、R-TYPE FINAL及びⅠ、Δプレイ中、私的には全部面ゲームだね設定も含めて、R-TYPEの事知れて良かったよ。
87 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 12:02:38 ID: 2DJ0P9y5Jy
R-101はいろいろ考察があって楽しいけど個人的には>>82を推したい
88 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 13:38:39 ID: 0CLyLwsly0
個人的にはその説には否定的
89 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 06:51:56 ID: trtxDDQ2gI
2ch本スレ過去ログより抜

戦闘機、それも単機に対して
惑星級の系内生態系破壊用兵器ってのはどう考えてもおかしいし
銀河系中心域に確認された、明らかに敵意を持った外宇宙生命体」と
F-CのR戦闘機は別物だと思う
個人的にはループじゃなくてパラレルワールド説を考えてる

22世紀A───26世紀A─バイド誕生
                    │
  ┌────異次元────┘
  │
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
90 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 22:48:48 ID: zh0KNnWyLc
>>89
その説の方が可性は有るね
91 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 19:26:59 ID: zh0KNnWyLc
バイドを生み出した26世紀と、バイドに襲撃された22世紀からの26世紀ってどう考えても同じどころか全く違う歴史歩んでると思う。

22世紀にとってい段階でバイドの存在を知った事によりバイドの効率の良い殲滅方法、もしくは弱点を突き止められたとしたら26世紀にはバイド全滅できていても不思議ではないが、そこは人類歴史は繰り返す的に、あるいは本当に敵意を持った地球外生命体が確認された為にバイドをつ来る事になどと想像した
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015