単語記事: RAVE

編集  

RAVE(レイヴ)とは、週刊少年マガジンにて1999年32号~2005年35号まで連載された漫画作品である。
作者真島ヒロ

キャッチコピーは『ポップ&キュートグルーヴ・アドベンチャー』。
連載前の中
広告では『最新救世主は1人と1匹・・・?』といったコピーも使われていた。

2001年から2002年にかけてスタジオディーンによってアニメ化されている。

概要

初代レイヴマスターシバからレイヴを受け継ぎ、2代目レイヴマスターとなった少年ハル・グローリーの活躍を描いた冒険活劇。「ダークブリング」という特殊なを持った敵達と戦うバトルメイン

やや荒削りな面もあるものの、作品としてはそれなりに奇麗にまとまっており、特にジークハルト関連の伏線・演出は非常に評価が高い。

初回は「1999年の新連載攻勢第2弾」として巻頭カラー72ページ掲載という連載デビュー作としては異例とも言える高待遇だった本作だが、そののり自体は決して坦なものではなかった(ちなみに、第1弾は「な、なんだってー!」の台詞でおなじみ、史上最強ギャグマンガと名高い「MMR」(不定期連載からの格上げ)であった)。

特に1990年代後半のマガジンサイコメトラーEIJIや金田一少年の事件簿といったミステリー漫画GTO将太寿司といった現代劇が流で、絵柄も小畑健のようなリアル路線が好まれる傾向にあり、本作のような少年漫画そのものの絵柄で展開される世界を舞台にしたファンタジー漫画が連載されること自体が異例のことだった。

そのため、初期は人気面で苦戦し、いつ打ち切りとなってもおかしくない状態であったが、初めて仲間の生命の危機を描いたジークハルトとの邂逅を描いたエピソードから人気が急上昇。以降、ポップな絵柄とは裏に「生と死」を根本に据えたハードな作へと方向転換されていき、ハルゲイルや六祈将軍レイナの死は、登場人物にこの後大きく影を与えることになる。

原作キング戦~ドリュー戦の頃にはアニメ較的好調に推移し、ゲーム化もされるなど黄金期を迎え、この頃には一挙2話掲載、1話丸々20Pオールカラー掲載なども行われている。

ドリュー戦以降は物語の核心に迫る内容となり、敵味方問わず多くの人物が命を落とす描写が描かれた。心しかけたところを粛清されたジェガン、身体を理矢理機械化されたブランチ、52年の間世界の為に闘い続けたシバなどその描写に心打たれた読者は多い。

シバの死が描かれた回以降は更にその内容もヘビーになっていき、初期のようなギャグ描写は以外ではど見られなくなっていった。前述のジークハルトの最期が描かれたシンフォニアへのタイムトラベルエリーの記憶、シバが何故ハル2代目と決意したのか、といった重要な場面が描かれ、ルシアエンドレスとの最終決戦に至る。最終決戦前の宴会が実質最後のギャグ回となり、以降は最終決戦で戦闘メンバーほぼ全員命を落とすという展開だった。しかし、それではあんまりだとして仲間が助かった理由として描かれたのが現在最終回である。

なお、この最終決戦は各所でバトルが行われたものの、作者最終回の話数計算のミスにより戦闘描写は簡素なものになっている。その代わりに要人物同士のやり取りが多く描かれる結果になった。

本作は作者自身「話が重い」としており、その反点が次回作『FAIRY TAIL』で「登場人物を極殺さない」という点と「話を陽性に展開させる」という点で生かされる形となっている。

アニメ版は未完で終わったが、2013年8月発売の『FAIRY TAIL39巻で2011年に発表され、大好評だった両作品のコラボレーション漫画アニメ化されることが決定し、実に11年ぶりに動くハルたちが見られることとなった。なお、アニメRAVEの絵柄が不安定だった中期をベース製作されたため、若干顔が違っている。後期から現在にかけての絵柄でアニメ化されるのはこの作品が初めてである。制作会社はFTのA1 Picturesになり、キャストルビー以外オリジナルのままである。近々ニコニコCSで放送される日も近い?

2015年8月5日には、原作真島ヒロの自宅から第一話のネーム古文書のような状態となって発見されている。きちんと読める品質のままで現存する事自体驚きであるが、これによると、印的なプルーの初登場シーンは設計図段階でほぼ固まっていたことが伺える。

登場人物

関連動画

関連商品

電子書籍版はこちら

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/rave
ページ番号: 4713470 リビジョン番号: 2242293
読み:レイヴ
初版作成日: 11/09/02 18:15 ◆ 最終更新日: 15/08/05 22:36
編集内容についての説明/コメント: 今日の大発見
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

RAVEについて語るスレ

52 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 22:11:30 ID: nEtr7gCFfS
音楽ジャンルRAVEならハイパーテクノかな
53 : ななしのよっしん :2014/10/14(火) 01:24:12 ID: 2JLXwRxodi
>>45>>49
確かに話の的がはっきりしてる分RAVEの方がいいって言う人多いね
FAIRY TAILも面いとは思うけど

ただどうにもRAVEの印が強すぎてFAIRY TAIL読むたびに
○○○○や×××いつか死んじゃうんじゃ
△△△△大丈夫かな
終盤で敵になるんじゃ
とかって鬱展開があるんじゃないかと思ってしまう
54 : ななしのよっしん :2016/04/24(日) 08:13:05 ID: q3fhrhY3Cm
>>51,>>52
ついでに音ゲー曲のGot more raves? も・・・ってまずいですか
55 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 08:10:38 ID: 99Eo/elhEQ
人魚セリアがすっごい可くて好きだった記憶
56 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 23:23:27 ID: VQDUQeP5eQ
個人的には16巻ラストが一番泣いた
57 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 12:29:25 ID: 1w6czAiV4O
めて読み返すと
キング篇とかハードナー篇はかなり粗が多いけど
ラストのあたりはFAIRY TAILよりかに出来がいいと思う

連載当時は「かかってこいやぁ!!」が散々ネタにされたけど
一応、宿敵との決着って意味では
アクノロギア戦やゼレフ戦はエンドレスルシア戦に遠く及ばない。
ルシアは何故世界を否定しているのかをハルにぶちまけたけど
アクノロギアイマイチそういうのも弱かったし
兄弟対立っていう、七つの大罪と被ったネタも上手に消化できなかった

最後の一撃や過去キャラクター総出演も
同じネタで同じ作者なのにRAVEの方が数段上
58 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 04:05:34 ID: wmhQd0sSze
何十年も見れる作品ではないなぁ
小中の頃に読めたのは良かったけど今読むとコロコロボンボンとさして変わらん幼稚さ
59 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 04:07:27 ID: BdKKxcJ/pK
まあ、終盤がちょっとストーリー性弱いと思う
60 : ななしのよっしん :2017/08/24(木) 17:14:50 ID: cVg0JPBEOg
>>58
要登場人物が人生を賭けて使命を果たし化してなおその場に留まる、
なんてハードシーンコロコロにあるかな?
ボンボン岩本ロックマンとかそういうノリだったが

ちなみにこの化はが好きでたまらないシーンの1つだ
61 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 21:27:17 ID: ZBoAFdVJ5S
>>60
ボンボンは「児童誌のベルセルク」ことデビチルがあるからなあ…
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829