単語記事: REFLEC BEAT

編集  

REFLEC BEAT(リフレクビート)とは、コナミアミューズメント全なるLAを意識した新感覚Rhythm Action音楽ゲームである。

概要

簡単に言えば「リズミカルにパックをタッチして跳ね返すエアホッケー」。

タッチネル搭載。エアホッケーのような画面であり、手前にある判定ラインノーツが来たらそれにタッチして、ノーツ相手ゴールへシュゥゥゥーッ!!跳ね返す。判定ラインにはノーツが曲のリズムに合うように飛んできて、リズミカルにノーツを跳ね返す。このとき普通に跳ね返ることもあるが、

物  凄  い  ス  ピ  ー  ド  で  跳  ね  返  っ  た  り

八 列
 衣 したり

と、超!エキサイティン!!コミカルな演出が見られることもあるぞ。

また、最大2人で対戦可(1人の場合はCOMと対戦)。ローカルバトルは隣の筐体同士、オンラインバトルでは全プレイヤースコアを競うことができるぞ!

2011年11月24日にはiPadにて、2012年8月12日にはユニバーサルアプリ(iOSを搭載しているiPadiPhoneiPod touchに対応)化した「REFLEC BEAT plus」が配信。楽曲はjubeat同様パック形式で配信されている。

limelight以降は、カラフルミニッツジャケットに登場した「パステルくん」というキャラクターが当ゲームマスコットキャラクターを務めている。

システム(リフレシア以降)

画面上部(対戦相手)から丸いオブジェが降ってくるので、オブジェが画面下部の判定ラインに重なった時にタッチする。自分がタッチするオブジェの色は判定ラインの色と同じ。緑色オブジェが出てきたときは、判定ラインよりやや上の丸いタッチしよう。

ここまでは他の音ゲールールが同じ。だがこのゲームでは基本的にレーンが固定されていないため、さまざまな方向からオブジェが来る。押してタイミングが合えば跳ね返す事ができ、曲に合わせて飛んでいくのである。

さらに、他の音ゲーと違うのは、対戦方式なので勝敗が存在する。得点が高かったプレイヤーが勝ちとなる。
タイミングよく跳ね返すと「JUST」「GREAT」「GOOD」のいずれかになり得点が加算される。ロングオブジェクト関連では押し続けると「KEEP」となりそこでも得点となる。相手が跳ね返してきたオブジェを拾えなかったら「MISS」となり減点。最終的にプレーARBASICなら55%MEDIUMなら65%HARD/WHITE HARDなら75%以上で次のステージに進むことができる。

オンラインモードでは楽曲を選ぶと全世界のいずれかのプレイヤーと対戦することができる(マッチングされなかった場合は自分と量にあったCPUと対戦)。また、「マッチング一覧」と書かれたボタンを押すとその時点で対戦相手を募集しているプレイヤー一覧が表示されるようになっており、そこからマッチング待ちプレイヤーに自ら挑むことも可

難易度は(リフシア時点で)1~15の15段階となっている。譜面難易度は4つあり、初心者向けBASIC中級者向けMEDIUM上級者向けHARDWHITE HARDが用意されている。

JUST REFLEC GAUGE

自分のスコア下に表示されたゲージ。跳ね返していくことで自然と溜まっていき、最大5発分溜める事ができる(limelightまでは3発分まで)。
このゲージが溜まっている時にJUSTタイミング色のオブジェクトタッチしスライドする事で、相手に通常より速いオブジェをエフェクト付きで(つまり視認性を悪化させて)送る事ができる(厳密には通常より1回多く反射するオブジェクトを打ちだす)。ボーナススコアも入るため、「どの辺りで打つか」「何回できるか」などが対戦要素に強く関わっている。

limelight稼動により従来までの配置(クラシック)の他、自スコアの右部分に配置できる(limelight初期設定)ようになった。後者の場合、従来のゲージ位置にはクリアゲージ(後述)が表示され、本ゲージクラシック時のクリアゲージの位置に移動されている。リフシア以降はクリアゲージ・JUST REFLECゲージ共にスコアコンボ下に表示されるようになった。

前述の通りcoletteからゲージを5発分貯められるようになり、さらに下方向へスライドすることでオブジェクトを拾えなかった時の挙動を意図的に起こすことができるようになった。

オブジェクトの種類

バージョン一覧

初代REFLEC BEAT

記念すべき1作

仕様

    limelight

2作。前作とべ、いくつかの変更点がある。マスコットキャラクターとしてのパステルくんが初登場。
またDJ YOSHITAKAに代わりQrispy Joyboxサウンドディレクターに就任した。

新システム

colette

3作。季節毎にバージョンが移り変わるという新しい試みをした作品。

新システム (詳しい詳細、その他の要素はここで

  groovin'!! / groovin'!! Upper

4作。本作よりDJ YOSHITAKAプロデューサーに就任し、筐体装飾にも名が刻まれるようになった。

稼動から約半年後にはバージョンアップ版のUpperにリニューアル2015年よりポップンリズミンから移籍したDes-ROWディレクターに就任。Qrispy JoyboxBeatStreamに異動したことにより、DJ TOTTOサウンドディレクターを担当している。

新システム

VOLZZA / VOLZZA 2

ディレクターに引き続きDes-ROWを迎えて送るシリーズ5作groovin'!! Upper稼働筐体へオンラインアップデート形式によりバージョンアップが施された。こちらも1.5バージョンともいえるVOLLZA 2へのアップデートが行われている。

プレールールが大幅に変、既存譜面にも新要素を盛り込んだ。

新システム

リフレ

それは 音楽が導く 永遠の物語

2016年末に稼働した6作にして、”新生リフレク”1作。歴代作から雰囲気を大幅に一新、BEMANIで各機種が導入しつつあるクエスト要素を全面に押し出した。パステルくんをはじめとしたメインキャラクターデザインMAYAが担当している。

TOTTOく、「プログラムを一から作り直した」というギタドラV→XG並の大幅刷新。旧曲も一度譜面を作り直し、対応次第随時追加していく形を採っている。

新システム

コツ

初めてプレイする場合、タイミングを合わせることに熱心になり、TOPオブジェクト(少し上の)を見逃しがちである。視線バーに移すのではなく、広範囲を見ながらすることが大切である。

これも他の音ゲーと違う点だが、リフレク押し・遅押しによるMISS判定がいうえ、判定のGOODの範囲が非常に広い。FAST側は判定ライン一個上くらいだが、SLOW側はとても広い。どれくらい広いかというとに触れる前にタッチしとけば拾ってくれるくらい広い。リズムがわからなかったらとりあえず画面に触ればおk、ということではないが覚えておくと結構役に立つ・・・かもしれない。

又、慣れてくるとPCブラインドタッチをするようにプレイすることが多い。ここのポイントは、タイミングが合っていれば大抵は見なくてもタッチできるという点である。慣れてくればタッチ位置よりタイミングを重視できるであろう。

収録楽曲

楽曲はjubeatのように大半は版権がメインである。コナミオリジナル曲ポイント制で一定のレベルに達するたびに解禁されていく。しかし、中には別の方法で解禁するものがある。
limelightからはコナミオリジナル曲率が上昇。また、他BEMANI機種からの移植や、クイズマジックアカデミーなどKONAMIゲームの楽曲も複数収録されている。groovin'!!以降ではEXIT TUNES東方アレンジなど、これまでSOUND VOLTEXBeatStreamの中核を支えたライセンス楽曲もリフレクに入るように。

また、ギタドラXGに続いて配信システムが採用されており、過去に何回か配信によって追加された楽曲もある。他の音ゲーよりも配信数が多く、時には一度に10曲追加されることも少なくない。また、最近では他のゲームでもありがちだが他機種のボス曲を入れる傾向が高くなっている。coletteからはライセンス(版権)曲も配信されるようになった。

ちなみにリフレク発祥の傾向として、いくつかのコナオリ新曲のジャケットにはコンポーザー本人が出演しているのだが、中にはおかしなことになっている人たちもいる。どうしてこうなった

ここでは記事があるもののみ取り扱うことにする。現行シリーズ削除されたものについては灰色譜面リメイクされたリフシアで収録済みのものについては紫色で表記。

版権

コナミオリジナル

新曲

初代Rb
    limelight
colette

  groovin'!!/groovin'!! Upper
VOLZZA/VOLZZA 2
リフレ

他BEMANIシリーズからの移植曲

収録作見表
Rb:初代 LL:limelight clt:colette grv:groovin'!!
VLZ:VOLZZA :悠久リフシア

beatmania IIDX
pop'n music
GITADORA
jubeat
Dance Dance Revolution
SOUND VOLTEX

※一部を除いてFLOOR INFECTIONイベントによる解禁曲となる

その他BEMANI機種

BEMANIシリーズ以外のKONAMI機種からの収録

麻雀格闘倶楽部

企画からの収録

ひなビタ♪

アルバムからの収録

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/reflec%20beat
ページ番号: 4391946 リビジョン番号: 2515079
読み:リフレクビート
初版作成日: 10/06/19 19:25 ◆ 最終更新日: 17/08/15 08:10
編集内容についての説明/コメント: The Reflesia of Eternity追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

REFLEC BEATについて語るスレ

867 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 04:47:52 ID: 4dVvfDmeEv
く終わってほしい
868 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 18:11:21 ID: SAeadqNEfi
KACから外れるって事はそういう事なんだろうな
869 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 14:30:17 ID: 9Efd2AG8YM
QMAだって一度KACから外れてるしまだ慌てる時間じゃry
870 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 00:07:27 ID: jF5g4h3poG
ステクロやらダンエボやら死に体でも残ってた例はあるし外れるイコール死ではないんだが
やっぱり後で戻ろうがなんだろうが曲の削除はやっちゃいけないんだな
871 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 05:01:47 ID: 8R9L4IxtQt
かがコナミに問い合わせたみたいだけど、稼動終了の予定は今のところないらしい。ソースエコーズさんという人のツイッター。こうなると今年の7thKAC不参加の理由がますます分からなくなってくるな・・・
872 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 05:20:47 ID: WrfT8jxQPV
あと半分以上も復活予定の曲がある状態でKACなんて出せるわけがないわな
873 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 06:16:20 ID: l+FWKLz8LJ
今よりももっと復活曲の数が少なかった6thの時には出てたんだがなあ
6thでは本選曲が特別復活だったけど、やっぱり厳しいんだろうか
874 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 08:08:54 ID: QPi9zKO+cX
問い合わせした人には悪いけど問い合わせに公式発表以上の事答えるとは思えんから終了しないとは言い切れんのよね
ビーストの時やミュゼカに対して同じことを聞くと濁した言い方をしたなら分かるけど
875 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 12:24:34 ID: vLbjkE7KKe
すごい前向きに見て新バージョンの開発が佳KACに出す余裕がないから…だといいなぁ
876 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 17:28:06 ID: hZyt2u5R1b
社員アーティスト名義がBEMANI Sound Team名義に統一されて収録されている現状から、
実はTOTTO自身がKAC出場をボイコットした説もあるね。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829