単語記事: REFLEC BEAT

編集

REFLEC BEAT(リフレクビート)とは、コナミアミューズメントの全なるLAを意識した新感覚Rhythm Action音楽ゲームである。

概要

簡単に言えば「リズミカルにパックをタッチして跳ね返すエアホッケー」。

タッチネル搭載。エアホッケーのような画面であり、手前にある判定ラインノーツが来たらそれにタッチして、ノーツ相手ゴールへシュゥゥゥーッ!!跳ね返す。判定ラインにはノーツが曲のリズムに合うように飛んできて、リズミカルにノーツを跳ね返す。このとき普通に跳ね返ることもあるが、

物  凄  い  ス  ピ  ー  ド  で  跳  ね  返  っ  た  り

八 列
 衣 したり

と、超!エキサイティン!!コミカルな演出が見られることもあるぞ。

また、最大2人で対戦可(1人の場合はCOMと対戦)。ローカルバトルは隣の筐体同士、オンラインバトルでは全プレイヤースコアを競うことができるぞ!

2011年11月24日にはiPadにて、2012年8月12日にはユニバーサルアプリ(iOSを搭載しているiPadiPhoneiPod touchに対応)化した「REFLEC BEAT plus」が配信。楽曲はjubeat同様パック形式で配信されている。

limelight以降は、カラフルミニッツジャケットに登場した「パステルくん」というキャラクターが当ゲームマスコットキャラクターを務めている。

システム(リフレシア以降)

画面上部(対戦相手)から丸いオブジェが降ってくるので、オブジェが画面下部の判定ラインに重なった時にタッチする。自分がタッチするオブジェの色は判定ラインの色と同じ。緑色オブジェが出てきたときは、判定ラインよりやや上の丸いタッチしよう。

ここまでは他の音ゲールールが同じ。だがこのゲームではレーンが固定されていないため、さまざまな方向からオブジェが来る。押してタイミングが合えば跳ね返す事ができ、曲に合わせて飛んでいくのである。

さらに、他の音ゲーと違うのは、対戦方式なので勝敗が存在する。得点が高かったプレイヤーが勝ちとなる。
タイミングよく跳ね返すと「JUST」「GREAT」「GOOD」のいずれかになり得点が加算される。ロングオブジェクト関連では押し続けると「KEEP」となりそこでも得点となる。相手が跳ね返してきたオブジェを拾えなかったら「MISS」となり減点。最終的にプレーAR75%以上で次のステージに進むことができる。

オンラインモードでは楽曲を選ぶと全世界のいずれかのプレイヤーと対戦することができる。(マッチングされなかった場合は自分と量にあったCPUと対戦)また「プレー待ちプレイヤーから選ぶ」と書かれたボタンを押すと対戦を募集しているプレイヤーに自ら挑むことも可

難易度リフシア時点では1~15に割り当てられている。難易度カテゴリは4つあり、初心者向けBASIC中級者向けMEDIUM上級者向けHARDバラエティに富んだWHITE HARDが用意されている。

JUST REFLEC GAUGE

自分のスコア下に表示されたゲージ。跳ね返していくことで自然と溜まっていき、最大5マス分溜める事ができる(limelightまでは3マス)。
このゲージが溜まっている時にJUSTタイミング色のオブジェクトタッチしスライドする事で通常より相手に速いオブジェを相手をおくる事ができる(厳密には通常より1回多く反射するオブジェクトを打ちだす)。ボーナススコアも入り、外した時の減点も大きいため、「どこら辺で打つか」「何回できるか」などで対戦要素に強く関わっている。

limelight稼動により従来までの配置(クラシック)の他、自スコアの右部分に配置できる(limelight初期設定)ようになった。後者の場合、従来のゲージ位置にはクリアゲージ(後述)が表示され、本ゲージクラシック時のクリアゲージの位置に移動されている。

coletteから上にもあるが、ゲージが5マス貯められるようになり、さらに下方向へスライドすることでオブジェクトを拾えなかった時の挙動を意図的に起こすことができるようになった。

オブジェの種類

バージョン一覧

初代REFLEC BEAT

記念すべき1作

仕様

    limelight

2作。前作とべ、いくつかの変更点がある。マスコットキャラクターとしてパステルくんが初登場。
またDJ YOSHITAKAに代わりQrispy Joyboxサウンドディレクターに就任した。

新システム

colette

3作、季節毎にバージョンが移り変わるという新しい試みをした作品。

新システム (詳しい詳細、その他の要素はここで

  • このゲームの特徴とも言える『JUST REFLEC』に新しい軌として下方向が追加
  • 今までのJRは横軸方向に高速化(&反射回数が+1)したのに対し、下方向のJRは縦軸方向に高速化する。厳密に言うと下で1回多く反射する。つまりミスったときと同じ挙動をする。

  groovin'!!/groovin'!! Upper

4作。本作よりDJ YOSHITAKAプロデューサー就任となり筐体装飾にも名が刻まれるように。

稼動から約半年後にはバージョンアップ版のUpperにリニューアル2015年よりポップンリズミンから移籍したDes-ROWディレクターに就任。Qrispy JoyboxBeatStreamに異動したことにより、DJ TOTTOサウンドディレクターを担当している。

新システム

VOLZZA/VOLZZA 2

ディレクターに引き続きDes-ROWを迎えて送るシリーズ5作groovin'!! Upper稼働筐体へオンラインアップデート形式によりバージョンアップが施された。こちらも1.5バージョンともいえるVOLLZA 2へのアップデートが行われている。

プレールールが大幅に変、既存譜面にも新要素を盛り込んだ。

新システム

リフレ

それは 音楽が導く 永遠の物語

2016年末に稼働した6作にして、”新生リフレク”1作。歴代作から雰囲気を大幅に一新、BEMANIで各機種が導入しつつあるクエスト要素を全面に押し出した。パステルくんをはじめとしたメインキャラクターデザインMAYAが担当している。

TOTTOく、「プログラムを一から作り直した」というギタドラV→XG並の大幅刷新。旧曲も一度譜面を作り直し、対応次第随時追加していく形を採っている。

新システム

コツ

初めてプレイする場合、タイミングを合わせることに熱心になり、TOPオブジェクト(少し上の)を見逃しがちである。視線バーに移すのではなく、広範囲を見ながらすることが大切である。

これも他の音ゲーと違う点だが、判定のGOODの範囲が限りなく広い。FAST側は判定ライン一個上くらいだが、SLOW側はとても広い。どれくらい広いかというとに触れる前にタッチしとけば拾ってくれるくらい広い。リズムがわからなかったらとりあえず画面に触ればおk、ということではないが覚えておくと結構役に立つ・・・かもしれない。

又、慣れてくるとPCブラインドタッチをするようにプレイすることが多い。ここのポイントは、タイミングが合っていれば大抵は見なくてもタッチできるという点である。慣れてくればタッチ位置よりタイミングを重視できるであろう。

収録楽曲

楽曲はjubeatのように大半は版権がメインである。コナミオリジナル曲ポイント制で一定のレベルに達するたびに解禁されていく。しかし、中には別の方法で解禁するものがある。
limelightからはコナミオリジナル曲率が上昇。また、他BEMANI機種からの移植や、クイズマジックアカデミーなどKONAMIゲームの楽曲も複数収録されている。groovin'!!以降ではEXIT TUNES東方アレンジなど、これまでSOUND VOLTEXBeatStreamの中核を支えたライセンス楽曲もリフレクに入るように。

また、ギタドラXGに続いて配信システムが採用されており、過去に何回か配信によって追加された楽曲もある。他の音ゲーよりも配信数が多く、時には一度に10曲追加されることも少なくない。また、最近では他のゲームでもありがちだが他機種のボス曲を入れる傾向が高くなっている。coletteからはライセンス(版権)曲も配信されるようになった。

ちなみにリフレク発祥の傾向として、いくつかのコナオリ新曲のジャケットにはコンポーザー本人が出演しているのだが、中にはおかしなことになっている人たちもいる。どうしてこうなった

ここでは記事があるもののみ取り扱うことにする。現行シリーズ削除されたものについては色、譜面リメイクされたリフシアで収録済みのものについては紫色で表記。

版権

コナミオリジナル

新曲

初代Rb
    limelight
colette

  groovin'!!/groovin'!! Upper
VOLZZA/VOLZZA 2

他BEMANIシリーズからの移植曲

収録作見表
Rb:初代 LL:limelight clt:colette grv:groovin'!!
VLZ:VOLZZA :悠久リフシア

beatmania IIDX
pop'n music
GITADORA
jubeat
Dance Dance Revolution
SOUND VOLTEX

※一部を除いてFLOOR INFECTIONイベントによる解禁曲となる

その他BEMANI機種

BEMANIシリーズ以外のKONAMI機種からの収録

麻雀格闘倶楽部

企画からの収録

ひなビタ♪

アルバムからの収録

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/reflec%20beat
ページ番号: 4391946 リビジョン番号: 2434907
読み:リフレクビート
初版作成日: 10/06/19 19:25 ◆ 最終更新日: 16/12/06 00:41
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

REFLEC BEATについて語るスレ

824 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 11:40:44 ID: G7KMnsOOYq
ホワイトハード譜面)って難易度弐寺黒譜面に対抗して命名したのかな?
825 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 20:05:59 ID: NXyn/gXMmI
取り残された美術の新譜面BASICしかやってないんだけど、ビッグバンに合わせてEXHの直音の幻聴が聞こえるのはなぜだろう?

……うん、が振り向きまくってる動画の見すぎだなw
826 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 06:03:53 ID: zkSe1gM6hU
リフシアモードはこれレベル上げてHP底上げしないとミスりそうで怖いな

回復きつかったgroovin'!!の段位よりはマシではあるんだが
827 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 13:23:56 ID: e5hjX884Ye
今後調整掛かるとは思うが、強化アイテムドロップ制ってのは時間限られてるプレイヤーにはかなりキツイ。
規定回数クリアで必ずアイテム入手できるドロップゲージとか実装してくれると有り難いんだがなぁ
828 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 13:51:03 ID: IEGqbzLHTi
今言えるのは「まだ熟してない!ぎたんだ!」なんだよなぁ。

オブジェクトタッチ判定とスクロールスピードと判定幅及び位置の変更をまとめてしようとすれば
譜面を全て作り直しなのは当然の話。せめて1,2作挟んで並行しながらリフシアの準備をすれば
まだ半数近くの削除で済んでいたものを初心者を呼び戻そうと焦った結果、
ほとんどの曲が消えてデータID残して消えたからコアユーザーも離れた。
まさに「二を追う者は一をも得ず」な状態なんだよね。
829 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 10:14:44 ID: e5hjX884Ye
>>828
まだ稼働1週間でリフシアモードも手探り状態のまっさら環境だから何とも言えないな。
KAC明け辺りまで不安定な状況が続くし、今は静観あるのみ。
830 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 13:48:18 ID: gVRrdI2HJv
何ていうかβ版のままリリースしたのかなって感じ
最初だからこんなもんか
831 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 02:08:06 ID: xQLRmZVbOL
グルービンからシステム面を弄ろうとしたのが最悪だったと思うよ
やれスコア算出方法が変わるたらオブジェクトが増えるたらSP譜面たら速度調整たら……そういうのはめてないから
初代で既にゲーム性が完成されてたから!

スライドやスイッチはまあいいだろう、そういう変化球アリだ。ビッグバンとか誰得だよ
挙句の果てに曲の一斉削除スコア削除譜面定とかゲーマーめとんのか!?
のソーサー時代の大不評とか知らんのか?曲増やせば人戻ってくると?
音ゲーからユーザーがこつこつ貯めてきた「積み重ねの」を抜いたら何も残らん
一回でもそれやったら人が離れるのは当然だろアホwwwこれにゴーサイン出したカス誰だwww
832 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 00:11:23 ID: e5hjX884Ye
>>831
もういいよそういうの…

KACではMASTER判定なるものでプレーするみたいだな。
初代ばりの辛判定でLv15とかヤバくないか・・・?
833 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 06:07:46 ID: k2clGCfs0J
失敗スレでも全く同じ書き込みしてたな
そんなにその文に自信があるのか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015