単語記事: SCP Containment Breach

編集  

SCP Containment Breachとは、海外製のフリーゲームである。日本語非対応
略称SCP-CB。Containment Breachは「収容違反」を意味する。

シェアードワールド創作wikiSCP Foundation」を元として制作されている。
より詳細な設定や世界観を知りたい場合、当該記事および日本支部wikiを参照されたし。

概要

制作独立ゲームスタジオのUndertow Games
作者Regalis11ことJoonas Rikkonen氏で、他にも多数の有志が開発に携わっている。

2012年1月30日、「SCP-087 - The Stairwell (吹き抜けた階段)」を元としたフリーゲームSCP-087-B」が発表。これが好評を博して「他にもSCPが見たい」という要望に応える形で制作された。
2012年4月15日、v0.1が開。以後たびたびアップデートが行われている。

最新のバージョンv1.3.9(2018年3月3日現在)。v1.1以降、新規要素が追加されている。
しかしながらまだベータ版に近い状態のため「SCPの挙動がおかしい」「マップの生成エラー」「進行不になる」などのバグが散見される。随時最新版のチェックおよびアップデートが推奨される。

2016年10月14日Unityを使用したリメイク版「SCP: Containment Breach Unity Edition」がリリースZornor90氏を始めとした有志により、グラフィックの向上や新たなSCPが登場、継続してアップデートが行われている。

システム

一人称視点による探索ホラーゲーム

故によって収容違反が発生し、さまざまなSCP(後述)がランダムする(または保管されている)研究施設を探索して生存・脱出することが的。
武器と呼べるものは存在しないため、危険を察知したらひたすら回避して進まなければならない。

マップは自動生成のため、プレイするたびに構造が変わる。多数のドアによって隔離されており、特定ドアを開けるにはセキュリティクラスに応じたカードキーやパスコードが必要となる。

プレイヤーには「スタミナ」ゲージが設定されており、ダッシュなどの特定の行動で大きく消費される。
また「まばたき」ゲージが存在し、これは時間経過に伴って減少し、ゼロになると「まばたき」して一画面が暗転する。任意のキーでまばたきする事も可
通常は特に問題はないが、あるSCPとは「だるまさんがころんだ」をやりながら逃げる必要があるなど、状況によってはシビアな「まばたき」管理を強いられる事になる。

ストーリー

舞台はSCP Foundationと呼ばれる「財団」の施設、通称「サイト」。
世界各地に存在する「サイト」では、この世ならぬ異常な存在「SCPオブジェクト」の隔離に加え、調・研究が日々行われている。

死刑囚のあなたは「財団」と取引し、死刑の代わりに「Dクラス」として財団に「雇用」されることを選んだ。あなたには番号「D-9341」が与えられ、今日がその初仕事となる。
これから1ヶ間、サイト内でSCPオブジェクトに関するさまざまなテストの補佐をするのがあなたの仕事だ。仕事には危険が伴うが、従事して任期が終了すれば見返りとして釈放されるという。

威圧するようにを携行した保安員に促され、連れていかれた先には「お仲間」が2人。
入室したのは照明に照らされたコンクリートの一室で、そこには奇怪な彫刻がの方を向いて置かれていた。床はところどころがく汚れており、それをあなた達は「掃除」するよう命じられる。

しかし、次の間……

SCP財団

SCPオブジェクト「確保、収容、保護 (Secure, Contain, Protect)」を標に掲げる団体。

SCPオブジェクトの隔離や監視、効果的な運用法などについて研究する、世界的な秘密組織である。
その性質上、研究者・軍人・諜報員などが多く在籍し、各政府にも密かな繋がりを持っている。

SCPオブジェクト及び財団の存在は一般社会に対して秘匿されており、SCPオブジェクトに遭遇した一般人や任期を終えた職員への記憶処理、及び「解雇」は厳密になされている。またSCPオブジェクトの収容違反や、SCPオブジェクトを狙ってくる他の組織への対抗のために、大きな武を保有している。

全ての職員にはセキュリティクリアランスレベルが振り分けられている。
一般的な職員にはレベル0からレベル5までが振り分けられ、レベルが上がるに従ってより強い権限や重要な情報へのアクセス権を得られる。
最下層のDクラス主人公もここに該当)は原則として死刑囚から選ばれ、減刑と引き換えにSCPオブジェクト異常特性について調に当たる。ごく単純なルーチンワークから、死んだ方がましと言えるほど悲惨な任務に投入されるモルモット「使い捨て(Disposable)の捨て駒である。
財団の最高位には監督官として全データアクセスする権限を持つ理事「O5(オーファイブ)」が存在する。また特定SCP専門の機動部隊や、財団内部を監する部門もあり、秘密裏に活動している。

SCPオブジェクト

SCP財団が確保したこの世ならぬもの(超常現象異常な物体、特異な生命体など)のこと。
Special Containment Procedures(特別取扱方)の頭文字から呼称されている。アノマリーとも。

オブジェクトはその封じ込め可程度に応じ、原則として3種類のクラスに分類されている。

Safeセーフ
こちらから積極的に干渉しなければ安全、あるいは安全な取扱い方について方法が確立されている。必ずしも危険度が低いというわけではなく、取り扱いを誤った場合は大惨事になることも。
Euclidユークリッド)
安全な取り扱いが確立されていないか、あるいはその方法を模索中。発現する条件が不確定であったり、起こりうる細なミスが人的損に直結するものなどがここに分類される。
Keter(ケテル
放っておくと周囲に対して甚大なを与えるなど、特別な対策を必要とするもの。あるいは現時点で有効な対策を採ることが不可能なもの。世界の崩壊を招きかねないほどの強なものも含まれる。

クラス分けはあくまで確保、収容、保護という財団の基準に照らし合わせたもので、Safeならば生命を脅かさないというわけではない。
また他にもにもNeutralized(効化)Joke(お遊び記事)EX(収容の必要がなくなったもの)など、特殊なクラスも存在する。

ゲーム中に登場するSCPオブジェクトの一例

現在、36種類のSCPゲーム内に登場する(一部はレポートのみ)。その中から一部を紹介。
説明はゲーム準拠で、本家とは微妙に異なる場合もあるので注意。

SCP-173 - The Sculpture-The Original(彫刻-オリジナル
クラスEuclid

最初に出会うSCP。最も注意しなければならない存在のひとつ。
施設の一室に隔離された、かろうじて人をした異形の彫刻。見ている間は動かないが、見ていない間は動いているらしく、臼をひくような音がする。かが見ているとそのままだが、一でもを離した間、犠牲者との距離を一で詰めて首をへし折り殺する。
血と排物を垂れ流すため、定期的にDクラスが投入されて清掃しなければならない。基本的に3人で入室して施錠、2人がSCP-173を見続ける間、1人が清掃する。その際2人同時にを閉じないよう、互いにをかけながらまばたきしなければならない。
言葉を発することはないが、知性はある模様。

SCP-096 - The "Shy Guy"(シャイガイ
クラスEuclid

2.38mの長身、常人の四倍まで開く、長い手足、色素のない肌の怪物。
は着ておらず、普段はおとなしい。しかし「恥ずかしがりや」で、その顔を見られた途端に顔を覆って悲鳴を上げ、撃者に襲いかかり殺する。
いる場所は限られているが、逃げるのは困難。絶対に顔を見てはならない。

SCP-500- Panacea(万能薬
クラスSafe

カプセル
飲むと体の異常が回復する。単なる二日酔いからエイズなど治療方法が確立されていない疾病、果てはSCPによる感染さえも、名前通りに副作用なく打ち消す。しかし中身の成分が何なのかは不明で、数も限られている。
他のSCPの影も排除できることから、SCPに対する実験も行われている。

SCP-714 - The Jaded Ring(翡翠/疲衰の指輪
クラスSafe

外観は緑色指輪。嵌めると急な疲労、運動の低下、体の新陳代謝が鈍化する。
動きが鈍くなりスタミナの回復も遅くなる反面、学・化学的な反応が遅くなったり、認識障や精的なショックにも鈍感になるという副次的な効果がある。

SCP-012 - A Bad Composition (不吉な曲)
クラスEuclid

未完成楽譜一式。「ゴルゴタの丘」というタイトルがついており、血で書き込まれている。近くにいる人間は認識障を引き起こして発狂、自らを傷つけて迸る血で楽譜完成させようとして自殺する。
うっかり近づくと雑音まみれの「音楽」が幻聴として聞こえ、強制的にそちらに視線が向いてふらふらと引き寄せられる。更にそのまま近くにいるとの笑いが聞こえ始め、発狂したプレイヤー自殺してしまう。ただしSCP-714を装備していた場合、離れるのは容易。

SCP-106 - The Old Man (オールドマン)
クラス:Keter

全身がく染まってところどころ腐敗した、老爺の姿をしたSCP。非常に動きが鈍いが、触れたものすべてを腐食させるという特性がある。
生物はおろか耐腐食合も腐食し、や床、も通り抜けてい腐食性の液体を後に残す。捕まった人間は「ポケットディメンション」と呼ばれる異間に引き込まれ、その後[データ削除済]
おびき寄せて再度収容する必要があるが、その際に用いられる手段はかなりエグい。

関連動画


関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/scp%20containment%20breach
ページ番号: 5103926 リビジョン番号: 2586778
読み:エスシーピーコンテインメントブリーチ
初版作成日: 13/06/20 10:23 ◆ 最終更新日: 18/05/06 17:19
編集内容についての説明/コメント: UnityEditionについて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SCP Containment Breachについて語るスレ

385 : ななしのよっしん :2017/08/16(水) 22:07:34 ID: kr6ZTFezin
ポケットディメンションの「何か」が飛んでいるところが妙に塹壕っぽいと思ったらthe old manにそういう設定があったのか…
386 : ななしのよっしん :2017/12/08(金) 17:41:34 ID: pXIhIzqbVp
進行不バグ多すぎて途中で投げてたけど、今公式見てみたらアプデされてんのね、0.7.Xから1.3.9まで進んでる
387 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 14:03:57 ID: ZOK+h9dXZH
新しいのが出るみたいだな
http://store.steampowered.com/app/700330/SCP_Secret_Laboratory/
388 : ななしのよっしん :2018/01/24(水) 21:18:03 ID: mMutmYebsk
>>303
v.1.3.9ではrtaに使われてた↓
https://www.youtube.com/watch?v=31xrhFO-bPU
ボルトガル?で良く分からないが・・・
389 : ななしのよっしん :2018/03/25(日) 14:26:30 ID: U8iKgowxBC
SCP294Amnesiaって入れるとダニエルとか言い出すみたいだけど、もしかしてamnesia the dark discentダニエルのことか?
390 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 08:47:34 ID: bf0WP2Ftaa
タイトル見てSCPBLEACHクロスオーバー物かと思ってしまった
391 : ななしのよっしん :2018/05/05(土) 11:02:42 ID: iHtGtLFjus
いつの間にかContainment Breach - Unityっていうのが出てるじゃーん
いわゆるリメイク版ってやつだね、画像が滅綺麗でリアルになった上に
新たなSCPも出てる
392 : ななしのよっしん :2018/05/25(金) 17:28:12 ID: +4gONbg7ZY
SCP本家(というのか?)は特に重たさも感じずたまにとか床消える程度で快適にプレイできてたんだがリメイク版のUnityに至っては重くてゲームロードすらまともにできない・・・。
設定が悪いんだろうか
393 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 18:28:52 ID: mKWiLNi3aR
Steam3dゲーがなんとか動くレベルPCだけど0.5.7の段階ではめちゃくちゃ重たいね
プレイ開始→設定で解像度1280以下にすると較的軽くなるけど、開始までのロード解像度の設定が重くてスムーズにいかない

現段階では、アイテム実装はほぼなし。マップ旧作の1/4くらい
173ちゃんが理不尽なくらい急に出るから難易度高めかな
394 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 16:10:36 ID: +4gONbg7ZY
Unity版は一通歩いてみた感じだとまだ脱出とかはできない感じだな
開発費募って少しずつ進めてるみたいだし完成版かなり先だろうなあ・・気長に待つか
>>393 173もだけど106CBより足くなってる気がする スリリング
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829